2008年07月31日

「京都・市バス80周年〜市民しんぶん」

市バス

こちら、8月1日付けの市民しんぶんの一部です
京都市内にお住まいの方には『なんや、これかいな』
市内以外にお住まいの方には、
なかなか興味深い画像ではないかと思うのですが・・・

昭和37年までの市バスのデザインって、
すごくレトロで可愛いと思われませんか?
私、車には乗りませんが、車のデザインは
レトロ&クラシックなのが好きです

昭和3年のヨーロピアンなデザインはすごく特徴的なので、
これをアレンジしたようなものが、
観光用や、一部、園バスのようなもので見られるのですが、
それ以降のものって、すごく珍しいと思います

いいですね〜〜〜可愛いですね♪
こんなバス、なんで復活しないんでしょ

ところで、80周年記念事業として、
カードの発行や、バス型目覚まし時計の発売、
バス停や案内書で記念スタンプを集めて
オリジナルグッズが抽選で当たるなど色んな企画があるようですが
面白いなと思ったのがこちら・・・
紙面から引用します

8月31日(日)まで
保護者同伴時の市バス子ども運賃が2人まで無料!
市バスeco(エコ)サマー
合言葉は「エコサマー」

 降車の際に、大人分の運賃をお支払いいただき、
運転手に合言葉「エコサマー」と告げてください。


もっと気の利いた合言葉はなかったのかと思わないでもないですが・・・(^^;
でも、なかなかユニークですね
ちょっと恥ずかしい気もいたしますが・・・(^^;

これから京都にご旅行のご予定がある方も、乗物マニアの方も・・・
ちょっと楽しい企画ではないでしょうか

お問い合わせはこちらです♪
交通局企画課(п`075-863-5065)

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

「おわびと御礼」

私の昨日の記事に対してたくさんのコメント誠にありがとうございます

色々と楽しいご想像&臆測があるようですが
とても現実的な問題であるだけに結論がなかなか出せず
二転三転一進一退の毎日が続いております

一番ご想像の中で多そうな素敵な問題ならば、
何を迷うこともないのですが・・・(++;

華麗なるご報告をできるような日常ではなくて
申し訳ございませんm(_)m
元々がそうなのですが、色気とは無縁の毎日
もはや卒業かも?(;;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

「人生の選択」

やはり迷っています
人生の選択を・・・

ここまで迷うのは、今までの人生の中で初めてかもしれない

やはり女が一人で生きていくことはとても大変なことだと思う
否、一人じゃないから大変なのかも・・
今までは、何でも迷わず決めることが出来た
でも、今は迷っている

あと一人と一匹と一羽の小さな命
そしてたくさんの大切な仕事
日々美しい姿を見せてくれる生命力に溢れた花たちも・・

背負っているものが大きすぎて簡単には決められない
でも、これらが決して、負担と言うことではないのだ
要するに・・・少しは大人になったのかな・・私

それが何なのか、どういうことなのかは誰にも言えない
でも、何となく、今、感じているのは、
迷ったときは動かないことかなと・・・
とりあえず、現状のまま、もう少しいることかなと・・

今までは、迷ったらまず動いていたけれど、
やはり今は出来ないな・・・
何となくそんな気がする

人生の選択・・・
あなたはどうやって選びますか?

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(12) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

「今日の京都」

お昼頃、ちょっと所要でご近所まで出たのですが
その途中でにわか雨に襲われました

たまたま室内にいたのでよかったのですが、
すぐに止むだろうと思ったら甘かった・・・
止むどころか雷が鳴り出して・・
時間が経つごとに激しさを増し・・・
そのうち、すぐ近くに落ちたような音がしました

後で聞くところによると、近くの大きなマンションの
避雷針の上に落ちたそうで、
それを見てしまったオジサンが、怖くて動けなくなった・・・と
言っていらしたのですが、見てしまうと怖いでしょうね
だって・・目の前ですよ!怖いはずです

雨が小降りになった頃、ようやく家に着いたのですが
その後も止む気配なく・・・
夕方頃まで雷雨が続き、あちこちで警報も出ていたようです
こんな大荒れのお天気も珍しい・・・

ちなみに今は、すっかり落ち着きました
雨に冷やされて、いつもよりも幾分涼しく感じます・・・

ところで、昼間、ちょっと大降りの様子を写真でも・・・
と思ったのですが、先日申しましたようにデジカメは故障中・・・

後でふと気が付いて・・・
そうか〜〜携帯にカメラが付いていたなぁと・・・(^^;
携帯の画像はどのくらいの大きさなのだろうと見てみると・・・
デジカメとそんなに変わらないくらいの大きさが撮れるのですね
自分がどれだけアナログ人間かよくわかりました(^^;
今度、大きな画像でケータイ写真撮ってみます・・・(^^;

追伸・・・そういえば、こんな曲がありましたね
この・・・パッパッというトランペットの音が
いかにも昭和の歌謡曲っぽくてそそられます・・・(^^;



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

「吉川ク〜〜ン♪」

すみません・・
貼り付けばかりの安直な記事で申しわけないのですが〜〜(^^;

〜〜〜〜〜A面●都会の哀愁●〜〜〜〜〜

プレイバックpart.U【山口百恵】
横須賀ストーリー【山口百恵】
港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ【ダウンタウン・ブギウギ・バンド】
欲望の街【ダウンタウン・ブギウギ・バンド】
ダンシング・オールナイト【もんた&ブラザーズ】
大都会【クリスタルキング】
め組のひと【ラッツ&スター】
ランナウェイ【シャネルズ】
勝手にシンドバット【サザンオールスターズ】
東京ららばい【中原理恵】
私だけの十字架【F・チリアーノ】


〜〜〜〜〜B面●青春の歌声●〜〜〜〜〜

さらば涙といおう【森田健作】
友達よ泣くんじゃない【森田健作】
夕日が泣いている【ザ・スパイダース】
サザエさんのテーマ
私は忘れない【岡崎友紀】
あなたの心に【中山千夏】
ありがとう【水前寺清子】
柔【美空ひばり】
太陽がくれた季節【青い三角定規】
ふれあい【中村雅敏】
帰らざる日々のために【いずみたくシンガーズ】
ここに幸あり【大津美子】


〜〜〜〜〜C面●永遠の昭和のアイドル●〜〜〜〜〜

夏ひらく青春【山口百恵】
17才【南沙織】
純潔【南沙織】
ひとりじゃないの【天地真理】
恋する夏の日【天地真理】
瀬戸の花嫁【小柳ルミ子】
情熱の嵐【西条秀樹】
裸のビーナス【郷ひろみ】
花とみつばち【郷ひろみ】
憎みきれないろくでなし【沢田研二】
空に太陽がある限り【にしきのあきら】
ひまわり娘【伊藤咲子】
イルカに乗った少年【城みちる】
処女航海【優雅】
ダンデライオン【原田知世】
愛情物語【原田知世】
ギザギザハートの子守唄【チェッカーズ】
星屑のステージ【チェッカーズ】


〜〜〜〜〜D面●ニューミュージック●〜〜〜〜〜

君は天然色【大滝詠一】
恋するカレン【大滝詠一】
夏休み【吉田拓郎】
夕立【井上陽水】
心の旅【チューリップ】
虹とスニーカーの頃【チューリップ】
夕暮れ時はさびしそう【N.S.P】
君の誕生日【ガロ】
怜子【中島みゆき】
海鳴り【中島みゆき】
あざみ嬢のララバイ【中島みゆき】


こちらは昨年連載していた過去ログの、7月25日の記事から・・

・・・この季節、聴きたくなる、歌いたくなる♪
私、マロニエのこみち・・・。が、独断と偏見で選ぶ
ロマンティック&ノスタルジックな昭和歌謡史に残る名曲の数々・・・
題して、【こんなアルバム、あったらいいのに・・・盛夏編】・・・


のコピペなのですが、この中の一曲に関連したこちらの動画を・・・

懐かしい・・・♪
そうそう!!
この窓をガラッと開けてお話をするシーンにはかなり憧れました
なんでここで切れるかな〜〜〜!

それにしても●●クンって、五月みどりさんに似ていません??


posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

「今日一日」

まあ、なんと申しますかその〜〜
今、人生の選択を迫られているのだなぁと思います
このところ、忙しくてもよく絵を描いていたのは、
ちょっとした現実逃避だったのかも・・・

あれやこれや、結構大変なのですが、今日も朝からあれこれ
体温を超える(今日は37.5度)連日の猛暑日の中
炎天下を歩き回っておりました・・(^^;

最初は喜んで、一緒に付き合わされた子供も
後はかなり嫌気がさしていたようですが
とにもかくにも水分補給の一日でした・・・(汗;;

意味深な言い方で申し訳ないのですが
そのうち、またご報告できるかと思います
(・・・な〜んて言うと気になりますよね^^;)

帰ってからシャワーを浴びた後、ケイの学校の納涼祭へ・・・
昨年は、丈をつまんでいた糸を全部解いて
用意していた浴衣に着替え、草履履きで出かけましたが
本当に子供って元気ですね
昨年と同じく、よさこい踊りにかなりテンション上がっておりました

先生が、こうおっしゃいました
『去年も来られてましたよね 浴衣で思い出しました』
去年もノリノリだったのでもしや印象的だったのでしょうか(^^;
今年もせっかく写真を撮ったのに・・・(泣
ついにデジカメが壊れてしまったようで・・・


納涼祭

デジカメも買いかえなっくっちゃ・・・
何かと物入りな毎日です・・・(++;


posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

「夏休み」

夏休みですね・・
家々の軒先に、朝顔や野菜がカラフルな鉢の中で
楽しそうに咲いている姿をよく見かけます

そんな家の奥からは、たいてい元気そうな声が・・
そしてベランダなどに、少し小さめのTシャツが干されていたりします
小学校で育てていた植物を、お休み前に、持ち帰っているのですね

我が家はこんなプチトマトです
小さな茎に、鈴なりに実が付いています
一個だけ早く色づいた大き目のミニトマトが・・・


ケイのトマト

思わず聴きたくなってしまうのは、やはりこの曲ですよね♪
この中の画像に、ケイのと同じ鉢&トマトが・・・
こういうセットが教材であるのでしょうかね・・(^^;





posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

「HOTEL PACIFIC −サザンオールスターズ−」



先日、めざましテレビの大塚さんが、
自転車で100キロを完走するという特別番組のとき、
番組の中で、小田和正さんとお話をされている場面が
とても印象深かった・・・

あと一年で還暦を迎えるという大塚さんが、
『この頃、いろんなことが切なくてしょうがない・・』
と言われたとき、
一年年上の、既に還暦を迎えられた小田さんが
うろ覚えですが、こんなことをおっしゃっていた

『ああ、やっぱりね・・・
もう切ないのはしょうがないから、おいといて・・・
おいといて・・・生まれてきた宿命を背負った以上は
その誇りを持って、終えていくしかないわけで・・・』

同じ年頃の、同じような悩みを乗り越えた人だからこそ言える
とても深く心に染み入る言葉だなあと聞いていた・・・

大塚さんの『切なくてしょうがない』という気分は私にもあった
あれは、40を来年迎えると言う年の夏の終わり
毎日が幸せなはずなのに、どうしようもなく切なくて仕方がない
何を見ても、何を聞いても、
心の中が風邪をひいているように虚しかった
もう一生、こんな思いから抜け出すことなど
できないのではないかと思うくらい・・・

でも、傍目には、そんな素振りも出さず、いつも陽気に笑っていたので
いつも身近にいて、一番わかっているはずの夫も
そのことには気づかなかったようだ
後でその話をしたとき
『ごめん、気が付かなくて、本当にごめん』と
まるで泣きそうな顔をして、驚くほどに謝っていた

そんな夏に、もっともっとその虚しさを募らせるような
どうしようもなく切なく染入る思いで聴いていた曲が
このHOTEL PACIFICだったのである

その年を、なんとなく切り抜けて、
どうなるのだろうと思っていた未知の40代になったとたん
今度はスカッと一気に雲が晴れたように私は元気になってしまった

あれはいったいなんだったのだろう
不思議に力が沸いてきて、まるで別人のように、
虚しい夏を送る前の私以上に、一切のことに開き直り、
達観し、一切の煩悩を断ち切ってしまったかのような自分を感じた・・

そう感じた矢先、私は突然、尊い命を授かった・・・

でも、その後、私の人生は大きく変わることになる
一歩先には、何が待っているのかわからない人生
どちらがよかったのか・・
そんなことは考える方が馬鹿らしい
どちらも大切で愛しい私の人生

『生まれてきた宿命を背負った以上は
その誇りを持って、終えていくしかないわけで・・・』

この誇りという部分に、小田さんの強さと生き方の全てをみたようで、
心の中を、気持ちのよい風が通り抜けていったような心地がした・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

「手作りクッキー頂きました♪」

もみじさんから

どーでる&もみじのうまうま日誌のもみじさんから
リメイクのオーダーを頂戴したのですが、
そのお洋服と一緒に送られて来たのがこちら・・♪
手作りのクッキー&マドレーヌ&カップケーキ
美味しそうでしょ?♪

この暑い中、オーブンでのお仕事は大変なのに・・・
お優しいお心遣い、ありがとうございます♪
美味しいお菓子を頂戴し、寿命が更に伸びそうです♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

「コッツオルズ・バイブリー村を点描で描く」

毎日、ヘタ絵の投稿ばかりで申し訳ございません
今日は、美しい村、コッツオルズの風景画です
点描は高校以来

あまりの美しい風景と、
木立の多い難しそうな課題に興味を持ち、チャレンジしてみたのですが
私にはうらぶれた街角の風景の方が似合うようです

いまいち個性が出せず、かといってこの美しい風景を
哀愁の漂うような絵にする気はいくら私でもありません(笑

連日、猛暑日が続く京都、
描くことで、気持ちだけ爽やかな避暑の気分を味わいました(^^;

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
【第22回喫茶ギャラリー、コッツオルズ・バイブリー村】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

「蓮の花」

なんだかんだと慌しく、ブログまわりはほとんど出来ていないのですが
長いお付き合いになるijin7wth2さんからコメントを頂戴したので
お伺いしてみると、写真の中で、蓮の花が美しく咲いていました
蓮の花の崇高な佇まいが大好きです

ところで、連日お知らせしております喫茶ギャラリーでも
蓮池の課題写真がありましたので、描いてみました
先日ハマってしまった割箸の線が、
蓮の葉の雰囲気を出すのによさそうだったので・・・

この絵を描いているとき、近寄ってきたケイヨウが
いきなり絵に手を合わせていました(!)
蓮は仏様の花と教えてもいないのに・・・

お寺散策をしたときに、蓮の花が飾られていたのを覚えていたのか
やはり蓮は仏を感じさせる崇高な花なのか・・・
そのあたりは謎です

『これって、まんまんちゃん?』と聞いたら
『うん』とだけ答えておりました・・・(^^;

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
【第22回喫茶ギャラリー 睡蓮の花】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

「少年」

今、うれしい企画を考えて下さる方がいらして
そのためにケイヨウのシルエットを探していたのですが
ちょうどいいのがないので今朝、超近影を撮ってみました
白いグンゼのシャツが似合う昭和体系
小さい頃からあまり変わっていないけれど、
でもやはり一年前に比べると、随分大きくなりました・・・


ケイ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

「子供の絵、割り箸で描いた絵」

喫茶ギャラリーの課題を描いてみました
それと、投稿受付の喫茶室にて、同時進行で、
先日お知らせした『好きな画家』オフ会が開催中

好きな画家に対しての思いや
模写の絵が、随時投稿されています
私もついつい熱くなってしまいました・・・(^^;

それにしても、絵って、本当にいいものですね!
あまり今まで、絵に興味がなかったとおっしゃる方も、
画家の人生と絵を照らし合わせて
自分目線で鑑賞してみると、きっと新しい出会いがあるはず・・♪

さて、ギャラリー&別館に投稿した絵は・・・

●可愛らしい男の子の絵(鉛筆画)
第22回喫茶ギャラリー かき氷】

●割り箸で描いた絵【第22回喫茶ギャラリー 木陰】(1枚目)

●割り箸で描いた絵【第22回喫茶ギャラリー 木陰】(2枚目)

●割り箸で描いた絵【第22回喫茶ギャラリー 木陰】(3枚目)

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 21:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

「オーダー&リメイク色々」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「オーダー&リメイク色々」」のまねしてかいてみるね

今日もほんの一部・●「

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

「今日一日と、喫茶室」

今日は、朝からケイヨウの参観日で出かけていました
昼頃学校を出て、そのまま行きは友達のお母さんに送って頂き
材料を買いに京都駅方面に出向きました

祇園祭のせいか人が多く、時間を見たら1時半を回っていたので
軽く食事でも・・と思っても、食堂街は人が列を作っていました

帰ってあれこれやっていたら、既にケイヨウの帰宅時間です
なんだかわからないうちに時間が経ち、夕方気がついたら
ケイヨウと二人でお昼寝をしていました
彼も、学校で元気いっぱいに走り回っています
(まだ彼はそのまま眠り続けています^^;)

親子共々、暑さと、このところのオーバーワークで
疲れがたまっていたようです

京都は梅雨が明けました
皆様も、本格的な夏の到来に、どうかお体ご自愛くださいませ

いつも絵を投稿している【仲間展】(サイドバーにリンク)の
喫茶室】で
提案した【好きな画家】について熱く語ろうという企画を取上げて頂き
色んな画家のお話で盛り上がっています

ご興味ある方、どうぞご高覧下さいませ♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

「パッションフルーツ始末記」

皆様、パッションフルーツなるものを、
食されたことはございますか?

・・・先日のことです
母が、お友達に頂いたからと、3個のパッションフルーツを持ち帰りました

パッションフルーツ・・
園芸のカタログで知っていました
でも、実物を見たのはこれが初めて
スーパーにはあったかしら?
あったとしても、わざわざ買う気はないので目に入らなかったかも・・・

外から軽く触ってみると、柔らかかったので、
食べ頃かと切ってみました・・・


パッションフルーツ

これ、中の様子です

なんじゃ〜こりゃ〜〜〜!
(ちなみに大きさは拡大写真でほぼ実物大)

・・・食べるところがな〜い
とっさに連想したのは『あけび』です

スプーンですくって、口に入れてみました
甘酸っぱく、芳香があって、お味としては悪くありません
ただ、問題は、この『種』です・・・

種の周りをゼリー状の実のようなものが包んでいるのですが
なにぶん種が小さく、やたらと多く、そしてゼリー状の実の、
種からの分離がなかなか手ごわいのです・・

いったいどうしたことか・・・!
実を剥がそうと、口の中でもぞもぞしているうちに
酸味のせいで、唾液がどんどん口中に広がってゆきます

なんとか必死の努力をしながら、そうだ・・今、記事をUPして
皆様に教えを請うことにしよう・・
私はそう思いました

で、相変わらず、口の中で、種と実との格闘をしながら
デジカメでこの写真を撮ったのでした

で、またそこで、はたと気がつきました・・・
そうか・・記事よりもまず、検索すればいいじゃないか・・・

パッションフルーツ・・・

出て来ました ありました みつかりました〜〜
何々??
種は噛んで食べても、そのまま飲み込んでも良い♪♪♪

え〜〜〜〜♪
種は食べちゃっていいのですか〜〜?

ほっ(^^;
やれやれ・・・

私はようやく安堵しました
今まで格闘していた種と実
美味しいんだけれど、あまりにも難儀なのよね

早速種を噛んでみると、ポリポリ・・
やだ〜〜 簡単に噛めるじゃない
もっと硬いのだと思っていました
でも、こんなにたくさんの種、食べてしまっていいのかしら・・?
でも、キーウィも、イチゴも、あれって全部種ですよね(^^;

いずれにしても、この種と実を離さなくてもいいのだと思ったら
とにかく救われたような心地がしました(^^;

そして同じく種と格闘していた母に言いました・・・

『種は食べてもいいらしいで』
『え〜〜!そうなの!』

おなじく、思い切り安堵したような、
嬉しそうな母の返事が返ってきました
そして
『ケイちゃん、これ食べ 種、食べてもいいらしいから』
と言って、今まで
『食べたらあかん』
と言っていたケイヨウにも食べさせておりました・・・(^^;

『この種、植えといたら育つんやろか』
『そりゃ、育つん違うか?』
『そやなぁ・・』

調べてみたら、周りのゼリー状の実が腐るので
これは取って植えた方がいいと書いてあります

植えようか・・・
でも、メンドクサ・・
そんなことを考えているうちに、
すっかりお腹の中に入ってしまいました・・(^^;

『マクワはな、前に、生ゴミ花壇の中に埋めといたら、
勝手に育って実ぃつけたで』
『へえ・・みんなわざわざ植えて育てるのに・・
でも、マクワって、懐かしいなぁ・・』

マクワとは、ちなみに『まくわうり』のことです(^^ゝ

で、話はもとへ・・
パッションフルーツ、食し方、わかりましたのでもう大丈夫です♪
ついでに販売価格を調べてみると、この一個が約350円ほどでした

『これ、350円くらいするらしいわ』
とまた母に言ってみると
『え〜〜そんなにするんかいな 食べるとこ全然ないのに・・』
『そやし、これ3個で1000円くらいするんやで〜』
『セ・ン・エ・ン!』
・・・(^^;

でも、かなり強い芳香が後まで残り、お味としては好みでした
本当は、もっと皮がシワシワになるくらい、熟させた方が良いそうですが・・
あ、それと、皮にも強い芳香があるので、
底を少しカットして平らにし、
焼酎などを入れてグラス代わりにしても、
あるいは、こじゃれた小鉢代わりに使っても良いそうですよ(^^v

それにしても、平和で、ヒジョウに小市民的な、
一家族の会話でございました・・チャンチャン♪(お粗末様(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 21:57| Comment(10) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

「少女たちとぬいぐるみのペアルック♪」

たまには作品のご紹介を・・・

いつもオーダー頂く札幌のお客様から
ぬいぐるみのお洋服が送られてきました

大好きなぬいぐるみの服とお揃いを作って、
仲良しの従姉妹さんと、一緒に着て
お出かけがしたいのだそうです^^

詳細は、こちらにUPしております

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

「少女たちとぬいぐるみのペアルック♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

「佐伯祐三、そして今日の絵」

今朝の日曜美術館のアート・シーンで、
大好きな佐伯祐三の絵画展の紹介をしていました

佐伯祐三・・・
色んな逸話のある画家のようですが、
最晩年の素晴らしい絵を観ていたら
あらゆる疑惑はどうでもいいことだと思います

大阪の気の良いぼんぼん・・
そんな本質と、運命に翻弄された画家人生と
晩年の激しさの交錯した不思議な魅力が
残された絵と共に、私を魅了します

最も良心的なH・Pを見つけました
これで、佐伯祐三という画家のことが一通りよくわかります

畑式久のホームページ】内【佐伯祐三特別展示室

朝の祐三画伯の絵に誘発されたわけではありませんが
久しぶりに気分転換を兼ねて
喫茶ギャラリーの課題の絵を描きました

京都マロニエ・お絵描き手帖
軽便鉄道の駅跡
夕日の浜名湖

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

「一流の人たち」

今日はもう、すごいものを

お見せしちゃいますよ〜〜♪


先日は、スペインギターの神様の画像をUPさせて頂いたのですが
日本のギターアイドルの元祖といえばこの方、charさん!

●CHAR


(ドリフのいかりやさんとの逸話が素晴らしい)

●NAVY BLUE


(大好きな曲♪)


とにかく超カッコいい人
デビュー当時はよくキレていたけれど(笑
すごく素敵な歳のとり方なさっていますよね

ところで、これまでも、charさんのことは、
何度も書いていると思うのですが
この記事のように

鶏系の小刻みな動き(^^;)、お顔立ち、弦楽器のすごさ等々・・
どうしてもイメージが重なってしまうのが、

宮川左近ショウ暁照夫さん

宮川左近ショウといえば、浪曲とギター、そして暁さんの三味線の
絶妙なテクニックとギャグの交錯するすごい漫才で
人生幸朗のぼやき漫才と共に、私の一番好きなグループだった

●宮川左近ショー モノマネ


(本物の浪曲はもう少しダミ声だけれど、
とりあえず雰囲気はわかります 面白い!(泣笑;)


その浪曲と楽器の競演は、まさしく漫才界のジャズのセッション

そして、暁さんといえば、その超人的な三味線の早弾きの後で、
『いや〜〜わたしって何でこんなに巧いのかしら〜〜』と
女形の風体で自己陶酔するあのお決まりのギャグ

本当に好きだったなぁ・・・

その暁さんが、酷似していると思っていたcharさんと、
なんと!!なんと!!!!!!!!!
既に競演なさっていたのですね!(ご存知でした〜??)

その画像がありましたので

貼り付けま〜す♪


それにしても、一流の人って言うのは、いつまで経っても謙虚で誠実
しっかり人の目を見て話す
そして遊び心を忘れない
弘法筆を選ばじで、人のせいには決してしない・・・
あ〜〜もう素晴らしい!!

思い切り舞い上がっています わたし・・・(^^;

それにしても、暁さんも、舞台の中で、私たち兄弟みたい
って、おっしゃっています
やはり、思っていらしたんだわ
charさんが【BAHO】として活動されているときの相方
石田長生さんも、同系のお顔立ちですよね♪

この系統のお方は、弦楽器がお得意なのでしょうか?^^

それにしても、観客席、婆ちゃんばかり
そしてガラガラ・・
なんと言う贅沢!もったいな〜〜い!!

BAHO, TERUO AKATSUKI

posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする