2008年12月31日

「2008・大晦日」

日中、ノアールのシャンプーをした

とにかく大きな毛皮を着ているので
シャンプーの後の部屋はびしょびしょの毛だらけである
それにとにかく抜け毛がすごい

シャンプー開始から乾かす時間、そして汚れた部屋のお掃除や
タオル類の洗濯を済ませると、
もうそれだけで日中の仕事を全部終えたかのような気分になる

まだ越して間もないので、大きなお掃除はしなくていいし
まだ整理できていない荷物には目をつぶり
とにかくなんだかんだで夕刻になる

お正月用の花や食料を買いにケイヨウと出かけると
ちょうど雲の切れ間から、2008年の残照が消えかかるところだった

手を繋いでそんな空や、ガードレールの下に広がる京都の街の
灯りかけたネオンを見ながら歩いた

ケイヨウは、小鳥のことがすっかり気に入ってしまい
今日も肩に止らせて遊んでいた
鳥の散らかした餌のお掃除も率先してやっているし
ノアールの餌も彼の係

そんな成長した我が子と一緒に、これから年末恒例の歌番組を見
上手になったお酌でおビールと、年越し蕎麦を頂こうと思っている

今年は同世代の方のお身内のご不幸が多かった
今、一番気がかりなのは、両親のこと
そして飼い犬や小鳥の寿命のことである
大きな夢や希望などはなく、とにかく皆がいつまでも健康で
一緒に過ごすことができたらとそれだけを願っている

とにもかくにも、今年も大変お世話になりました
来年は、年女です
悔いの無きよう、自分なりに充実した一年にしたいと思っております

皆々様の来年のご多幸を、心よりお祈り申し上げます

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

「ケイとノアールとルーシーのいる風景」

今年一年の、我が家の大きな出来事は
ケイヨウの入学と、お引越しでしょうか・・・

入学のことはわかっていましたが
引越しに関してはある意味突然でした

でも、ここに来てよかったのは
素敵な環境に恵まれたことと、
子供と動物の距離が縮まったことです

昨夜も、こんな風に、ノアールとケイヨウが遊んでいました
今までちょっと怖かったようですが、
日々、距離が縮まっていることを観て感じます

今までの家では、危険なので放鳥できなかったのですが
最近ルーシーを籠から時々出してあげます
今まで、鳥のくちばしも少し怖かったようですが
さっきこんな光景が・・・

動物って敏感ですね
子供にはすぐに慣れるようです
放鳥後、すぐにケイヨウの肩に止まって
しばらくそのまま遊んでいました
ちょっと戸惑っていたケイヨウですが、
そんな小鳥が気に入ったようで・・・

こんな身近にいい友達ができ、とてもうれしそうでした
ノアールとルーシーの寿命を考えると
もう決して長くはありません

そのことを考えると暗くなってしまいますが、
こんな晩年を過ごせることは
この一人と一匹と一羽の子供たちにとって
とても幸福な時間なのだと思っています


ケイと動物たち

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

「生産者還元ワイン」

・・・なるものがあったので、生協さんに注文しました
なんとなく美味しそうじゃぁないですか〜?

それが先ほど届きました
1500mlの大容量、ねじって開ける口の感じ・・・

まるで
「さあ!遠慮しないでガブガブいけ!」
と言われているようで・・・(爆

お正月はこれで補充しなくても大丈夫そうですね
皆様、飲みすぎにはくれぐれもご用心・・・でございますよ(^^v


ワイン

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

「名残りの菊」

バタバタと日々追われるうちに、
花瓶の菊が枯れていました
否、枯れている部分、そうでない部分色々です

こういうときはさっそく枯れたところを刈り込んで
もっと小さな瓶に生け直すのですが
なんとなく思うところあり、絵にしてみました

林芙美子さんの作品は、童話も短編も好きです
【晩菊】という短い小説があります

昔の恋人から久しぶりに連絡があり、
別段下心があったわけではないけれど、
きれいに化粧を施す主人公
でも、その恋人の目的はお金の無心でした
さて・・・

という内容なのですが、とても心に残る秀作
その本のことも思い出しながら絵を描きました

ずっとここ数年書いていることですが、
菊の花に惹かれるようになりました
姿形もそうですが、
一番惹かれるのはあの凛とした香りでしょうか

無惨な姿をさらしながらも、
なお香りが残っているのが健気だと思いました

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
ネット仲間展・35回投稿「なごり菊」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 20:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

「今日一日」

ケイヨウの学童保育が今日で終わり
今日は大掃除のみで一時半にお迎えでした

朝、バスで送って行ってから、家に帰るのも中途半端なので
引越前の住まいのお掃除に行きました

石の床を磨いたり、壁を拭いたりしながら、あれこれ思い出し・・
それにしてもよくこの狭いスペースに住んでいたものだと
感慨深いものがありました

ここでケイヨウが大きくなり、母とも久しぶりに一緒に暮らし・・
守りきれなかった自責の念はありますが・・・
選択肢としては間違ってはいなかったのだろうと思います
前を向いて一歩一歩歩くしかありません

お迎えの時間が来たので児童館へ・・
この夏、朝から照りつける暑い日差しの中
お弁当と水筒を持たせ、二人で通いました
帰りはヘルパーさんと汗びっしょりになって帰ってきたケイヨウ
この暑い夏を乗り越えて、ぐっと成長してくれました

さて、大掃除を終えて、子供たちはお昼の軽食を頂いての帰り道
また二人でバスに乗りました
静かな住宅街をノロノロと走るちょっと小さめのバスです
一時間に朝は二本、昼間は一本しか走りません
まさしくあの「胸きゅん」の舞台を
彷彿とさせてくれる設定だなと思っていた矢先・・・

信号待ちの停車の時、突然、バスの運転手さんが
「お久しぶりです!お元気ですか?」
と、斜め後ろに座っていた私たちに声をかけて下さったのです

?!!
なんでここでまた?
まるで本当に「胸きゅん」の再現じゃない・・・と
夢のような現実を疑いますと・・・

その運転手さん、引越し前にケイヨウをいつも送ってくださった
スクールバスの乗務員さんだったのです
バスを降りてバイバイをするとき、
いつもエドはるみさんのポーズで笑わせて下さいました

なんでも同じ系列のバス会社だということで、
多分移動なさったのでしょうね
私がこのバスに乗ることもそうそうないので
というよりも、今日はたまたまの偶然なので
こんなめぐり合わせもあるのですね

つくづくバスの乗務員さんにご縁があるのでしょう
ちょっとナーバスになっていたけれど、
最後に温かな気持ちになれました・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

「お手持ちのコートをお孫様用にリメイク♪」

リメイクのご紹介です
この方も、クリスマスプレゼントにされたのでしょうか♪

おばあちゃまが、可愛いお孫様にコートをリメイクされました・・・

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「お手持ちのコートをお孫様用にリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

「今年のサンタさん」

クリスマスプレゼント

サンタさんからのプレゼント
マフラーはママから・・
キティちゃんのお菓子はコンビニで適当に買ったもの・・
キティちゃん自体は気に入っていなかったようだけれど
中のお菓子は黙々と食べていました(笑

中古はなにかと不便なので、結局新しいカメラを買ってあげました
(私も拝借するかも・笑)
大好きな赤に近いオレンジです
さっそくパシャパシャと写真を撮っています
また別館にUPしなくては・・・と思っているのですが
so-netのパスワードがPCを変えてから使えません・・
その前に住所変更もしなくてはならないし厄介です・・(涙

マフラーのシマシマと色が気に入ったので
ペアで私のもただいま製作中です♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

回数(BlogPet)

プチマロくんは回数がほしいな。
回数ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

「東京タワーにまつわる・・・」

今日、12月23日は、東京タワー完成の日だそうだ

たまたま先日、ケイヨウの通う学校が創立50周年だということで
50年史という分厚い冊子を頂いたところなのだけれど
その創立された年度である昭和33年
(1958年)から今日までの学校の歩みと社会情勢などが
年毎に並べて書かれていて興味深く見ていたところだったのだ
ちなみにその創立年、昭和33年の出来事は

●長嶋茂雄、プロ野デビュー
●道徳教育実施義務化(小・中学校)
●東京タワー完成(333m)
●キューバ革命

●流行
○私は貝になりたい
○フラフープ・月光仮面
○嵐を呼ぶ男(石原裕次郎)

とある・・
ということは、東京タワーも、今年で50周年を迎え
今、リメイク版で上映されている中居クンの貝・・も
50周年記念版ということになるらしい・・・

東京タワーといえば
先日TVで放映されていた【三丁目の夕陽】の中に
家の外に椅子を出して堤真一さん演じるお父さんが夕涼み・・・
赤い夕陽に東京タワーが浮かび上がっているという
とても素敵なワンシーンがあった

私はあれを観たとき、ある日のことを思い出した・・・

東京に行くと、私はバスを利用し、
街並みを見ながら移動するのが好きなのだけれど
あの日は六本木で降りたのだった
そしてそこから麻布の街を通り抜け、東京タワーまで歩いた

その途中、ちょうどあの映画のシーンのようにオジサンが椅子に座り
ご近所さんとお話をしているという下町情緒溢れる街角に行き当たり
東京の麻布に、まだこんなところが今も残っているのかと
ちょっとした・・否かなりの感動を覚えた

そしてそのとき、以前手持ちの古い平凡だか明星だかを開いたときに
【赤い風船】でデビューした70年代を代表するアイドル歌手が
(ちなみに加藤登紀子さんではない)
この麻布のとある自動車板金会社の
社長令嬢だと載っていたのを思い出し
もしやこの辺りのご出身なのかなと、想像してワクワクしたり
そんなことを思っているうちに、夕闇迫る東京タワーにたどり着いて
一人ネオンの灯る東京の街を見下ろしたのを思い出した・・・

なにやらもっともっと高いタワーが建つとかいうことらしいけれど
それを計画されている方が、この33年度の流行曲を
歌われた方のお兄様なのだから
本当に色んなところで色んなことが繋がっているものだと
なんだか感慨深い気持ちになってしまったのだった・・・

ちなみに私はまだ、この年には生まれておりません
はい、古臭いことばかり書いておりますが、
まだまだ若輩者
意外にも私はヤングなのでございますよ(笑

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:27| Comment(12) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

「セーターと表彰状」

セーター

このセーター、ブログを始めた頃にも書いたけれど
完成までに十数年の歳月がかかっている
何故かといえば、最初は誰かにプレゼントのつもりで編み始めた
セーターのほとんどは早くに出来上がっていたけれど
前立ての部分のみを残し、私はなかなか完成させなかった

友達の子供、妹や弟の子供、親戚の子・・
次々とセーターを着る候補者は現れたけれど、
セーターを私自身が気に入ってしまったので

もしかしたらいつかは自分の子供に着せる日が来るかもしれない・・

そんな思いを抱いたからだ

当時、私は後の夫になる人と付き合って何年も経っていた
でも、独身主義の彼との結婚はあきらめていた
でもいつかはもしかしたら・・・
そんな女の微かな希望を消し去ることができなかった・・

時を経て、長い蜜月の後、結婚し、新しい命を授かった私
ようやく前立ての部分を完成させた

今までちょっと大きかったので着せる機会がなかったけれど
先日着せてみたらちょうど良くなっていた
ちょうどすぎて、今年の冬しか着られないかもしれないけれど
それでもいいのだ・・
完成したことだけで自己満足
そんなものなのかもしれない・・

(・・・ところでケイちゃん、Tシャツ出てますよ・笑)


表彰状


セーターを着ていった我が子が、表彰状を持ち帰った
きれいな歯とか、卒業証書以外の初めての賞状である

今年の夏、見に行った二つの絵画展のものだ
集会のとき、一人たくましく校長先生のところに出て行ったと
先生からの連絡帳に書かれていて
こういうときはつい親馬鹿になってしまい、
思わず子供を抱きしめました(^^;
さっそく大切に仕舞っておきました・・・(笑

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

「言いたい放題…佐伯祐三・日曜美術館」

本日、日曜美術館は、恋人(度々すみません・汗;)
佐伯祐三の特集だった

朝は、TVをつけていなかったので気がつかず
夜の再放送で、あっ!と気がつき、8分遅れで観ることができた
(・・・篤姫、終了していてよかった ありがとう!笑)

ということで、その番組の内容なのだけれど
自分の好きなものが取り上げられた場合
単純にうれしいかというと決してそういうわけでもなく
自分の持っているイメージと違うことばかりを言われると
どうしても不完全燃焼で終わってしまう
今日の番組は、まさしくそういう内容のものでした

以下、私の勝手な解釈の佐伯祐三なので、適当に却下して下さい

・・・人の魅力とはなんだろうと考えるとき
私はその人の持っている二面性やギャップ・・・ではないかと思う
私の思う佐伯祐三の魅力もそんなところにあるのだ

孤高、薄幸の天才画家、ニヒリズム、アナーキスト、
暗さ、情熱、病弱云々・・
結核を患っていたということで、
血を吐きながら人を斬った沖田総司と
どこか重なるような解釈が多いのですが
私の感じる佐伯祐三の魅力は、
情熱的な筆致で描くパリの下町の絵と相反し
どこか物哀しいような滑稽さを秘めた大阪の阿呆ボン、
佐伯祐三なのだといったら、世の祐三ファンに叱られるだろうか・・

おもろうてやがて悲しき ・・という言葉があるけれど
佐伯祐三の人生にも、そんな匂いを感じてしまう
関西人の性分の特徴のひとつとして、どんな哀しみや災難も
ギャグにしてしまうようなところがあると思うのだけれど
佐伯さんの場合は、癖というよりも、むしろ天然の感じがするのです
きっとお酒に酔ったら、
とんでもなくカッコ悪いことを仕出かしたりしたような・・

確かに結核ではあったけれど、
晩年、戸外の写生で悪化するまでのそれは至って軽度のもので
むしろ本人や周囲の人が脚色したのだという説もあり、
私はむしろ、その方が近いかも・・
否、そうであっても全然OKだったりするのだ

作品のほとんどは、妻、米子さんによる加筆で完成され
とんでもない恐妻家だったとか、
挙句に死因は妻の手による砒素中毒だったとか
そんなことに身の危険を感じての精神錯乱状態によるものだとか・・

そんなことをなんとなく見聞きし、むしろそんな方が
かえって佐伯祐三の、お坊ちゃまで天才である故の純粋さから来る
馬鹿馬鹿しいまでの物哀しさを感じてしまう

だからこそかえって、加筆はされていないだろうオリジナルの作品
最晩年の「煉瓦焼」「扉」「黄色いレストラン」「郵便配達夫」の
鬼気迫るような激しさが身につまされたりする

日曜美術館では、
むしろ脚色やイメージのほうの佐伯祐三ばかりが描かれていた
もちろん、私だってお会いしたことがないので、
どんな人が本当の佐伯祐三なのかを知る由はないが・・

でも、沖田総司の魅力も、むしろ二枚目ではなく、
ヒラメのような顔をした冗談ばかり言っている若者・・
でありながら、実は天才剣士・・・
ということの方がむしろ魅力を感じると思いませんか?

ただ、番組でよかったのは、やはり絵がすごくリアルに観られたことです
パンフレットや本ではわからない油の立体感や
殴りつけるかのような激しい筆跡がとてもよく確認できました
やはり佐伯祐三の絵は、本当にスゴイのです!!
どこまでもあの魅力にハマってゆく自分を感じます
はい、あの嘘をついているような
あまり知性を感じない目が好きなのです(笑

祐三ファンの方、本当にごめんなさい

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

「今日一日」

今日は、ケイヨウの学校のフェスタに参加しました

サークル活動の和太鼓、オペラ、お餅つきなど・・・
最後はついたお餅やおぜんざいで締めました♪

オペラの出し物は【フィガロの結婚】
ケイヨウの担任の先生が主人公です♪

舞台は質素でしたが、内容は本格的なイタリア語のオペラ
最初、何を歌っているのかわかりませんでしたが(;;
字幕が途中で出てくれたので理解できました(ほっ^^;
普段と違う先生の姿にケイヨウも喜んでおりました♪

終了後、御遣い物に二人で四条まで・・・
街はクリスマス&年末モード
明日は年賀状作りに励まなくっちゃ・・・(^^;

フェスタ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

「あいかわらず、お絵描きな日々」

相変わらず、気分転換にヘタ絵を描いております
先日のクレヨン画の続き・・・

●猫ちゃんの絵です
「第27回喫茶ギャラリー マフィ」

●浅間山の絵です
「第27回喫茶ギャラリー 浅間山」

こちらはちょっと真面目な絵です
時代に取り残されたような、ある街の風景・・・

ネット仲間展・34回投稿【ある街の風景】

全て、こちらに収録しています

【京都マロニエ・お絵描き手帖】


なんで絵を描くのか・・・
もしかしたら、現実逃避のひとつなのかもしれません・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

「自然薯」

自然薯

ケイヨウの授業参観がありました
お昼前に行き、給食の様子と午後の授業を参観しました
その給食の時間、廊下で、高等部の子達が作った野菜の販売があり
自然薯(じねんじょ)を買って参りました♪

大きな大きな自然薯です
こちらは300円
500円のものは、この倍くらいあったので
食べきれないかと小さいほうにしましたが
割と早くに使い切ってしまったので、
もっと買っとけば良かったかなと後悔・・
とても甘くて美味しかったです♪

とっても粘りがあるので、普通に擦るだけで、お出汁に入れて
繋ぎなしでもお団子が作れます
団子汁、やまかけごはん、そして雑炊の実と、たっぷり使いました
来年も売られているんでしょうね
またひとつ、楽しみができました^^

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

「山茶花、椿、水仙の花が・・」

水仙

街には山茶花
そして椿や水仙の花もちらほら花を開き始めたようです
我が家の庭にも椿の木があります
どんな花が咲くのかと楽しみにしていたら
わりと大きな赤に白の斑入りの八重咲きでした
小さな藪椿も大好きですが、この華やかさにも惹かれています
そのうち画像をUPさせて頂きますね^^

商店街を歩いているとき、八百屋さんで水仙の花が売られていました
『越前水仙』と書かれています
迷わず購入・・・
玄関に飾っています
なんともいえない爽やかな香りが漂っています・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

「クリスマスのプレゼント」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「クリスマスのプレゼント」」のまねしてかいてみるね

先日、玩具のとは何を探して、あるいは欲の世代を勝手にもないしつつ、私のプレゼントしつつ、偉いなあと好きなと、こういうの頃と思ってプレゼントは順々にしつつ、無料で、コンビニのことで、リサと思ってあげようけれどリサイクルが、少しのプレゼントしたいものも用意してあげたいものもないものはたくさんある意味、クリスマスの私の話題が、贅沢を観ています中古デジカメを探して利用しつつ、複音ハーモニカ等々・?ところで、また欲しくもマクドナルドとか、私のプレゼントは随分違ってあげたいですこれを中心としてその前後8〜10歳前後8〜10歳前後なものは食べないそうですこれを観てあげたいものも用意したいですが普通のかもしれませんさて、偉いなあと思っています中古デジカメを見てあげたいものはたくさんあるの私たちのと思いましたデートですが許さないの私たちの話題が、無料でDVDを鑑賞しつつ、コンビニの世代を調達して利用したいものもないものある意味、毎朝つけてプレゼントはたくさんある意味、思い思いにしたいものは敵の頃と驚くと、また、若い恋人(涙;とにかくデジカメを調達しつつ、クリスマスの私たちのお弁当とかそんなに高価な本を探してプレゼントはたくさんあるの恋人たちの楽器セット、ポイントカードを勝手に頑張っていてプレゼントは何を鑑賞してあげようけれどリサイクルが経済の物足りなさを利用したり部屋でゆったり寛ぐ自宅デート食事も61鍵盤の精神と思って、また欲しくも変化するだろうか・経済状況がありましたデートですこれを勝手に好きなと共に質素倹約の頃とは順々に感心したり・買って利用し、クリスマスの話題が経済状況が許さないの薄い性格に様子を探してプレゼントは敵のでしょうけれどリサイクルが、少しの私の状況が、贅沢を経験しつつ、こういうのことになってあげたいものも変化するだろうということに好きなと好きなと思って利用したり回数券、こういうのことに好きなのかもしれませんさて、昨今あるの状況が許さないそうです^

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

「クリスマスのプレゼント」

先日、毎朝つけている目覚ましTVで、
昨今の若者の金銭感覚についての話題がありました

デートですが、あまりお金をかけず、
無料で遊べるスポットを探して利用したり
回数券やただ券、ポイントカードを利用したり
部屋でDVDを鑑賞したり、
思い思いに好きな本を勝手に読んでゆったり寛ぐ自宅デート
食事もマクドナルドとか、コンビニのお弁当とか
そんなに高価なものは食べないし、また欲しくもないそうです

これを観ていて、私たちの頃とは随分違っているんだなと驚くと共に
質素倹約の金銭感覚や、あるいは欲の薄い性格に
感心しつつ、少しの物足りなさを感じたり・・・

経済の状況が許さないものあるのでしょうけれど
リサイクルが普通のことになっている昨今
ある意味、偉いなあと思いました
一番贅沢を経験してきたのは、私たちの世代を中心として
その前後8〜10歳前後なのかもしれません

さて、若い恋人たち、
クリスマスのプレゼントは何を贈り合うでしょうか・・・?

ところで、我が家の私の恋人(涙;
とにかくデジカメ欲しさに頑張っています
中古デジカメを調達してプレゼントしてあげようと思っています
また、リサとガスパールの絵本も用意しています

他にも61鍵盤のキーボード、玩具の楽器セット、
複音ハーモニカ等々・・

買ってあげたいものはたくさんあるのですが
経済状況が許さないのと、贅沢は敵の精神と
好きなものも変化するだろうということで、
こういうのは順々に様子を見てから・・・
ということにしたいです^^

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(6) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

「鴨鍋とクレヨン画」

この季節、時々夕食に作るのが鴨鍋です
作るといっても、生協さんの冷凍の鴨とお出汁を使い
後はお野菜を一緒に煮るだけなのですが・・・

そのお野菜には、ご近所の無人販売で買ってきた
白菜、菊菜、サラダゴボウ、九条ネギ、
そして父の送ってきたサツマイモも入れます
後はお豆腐、時には揚げさん、マロニーちゃんも美味しいですね
そしてこれもご近所のお大根をたくさ〜〜ん擦りおろし、
七味とポン酢を少し落として頂きます
仕上げは、おうどんかご飯雑炊、その時々で変わります
根菜をたくさん摂るせいか、体がほかほかと温まり
一緒に頂くおビールが美味しいです
子供の上手なお酌で、更に美味しく感じます・・・(笑

今、喫茶ギャラリーの課題写真に、鴨も出ているのですが
下を向いているアングルで少し悲しそうに見え
そんな食材を頂いている負い目もあって、
この課題は描けそうにもありません・・・(^^;

先日、買ってきた画材の中で、ケイヨウにねだられた12色のクレヨン
こちらみつろう入りのせいか、サラサラとした描き心地が気持ちよく
ついつい童心に帰ってクレヨン画を描きました
はい、これで鴨の絵は描きません・・・(^^;

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

「第27回喫茶ギャラリー 山茶花」

「第27回喫茶ギャラリー 仲良し」

「画材のご紹介」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

「紅葉の嵯峨野」

この秋は、大原や嵯峨野に足を延ばし
紅葉や秋の風景をゆったりみてみたい・・なんて思っていたのですが
そんな考えは甘かったです(^^;

まず第一にお引越し・・・
でも、賑わいの多い紅葉スポットとはご縁ができませんでしたが
カラスを始めとする野鳥や、柿、葱、山芋といった(笑)
恵みの多い自然に近しくなりました

そんな嵯峨野の紅葉を課題写真から描いてみました
とても難しく、泥沼にはまりました・・・(^^;

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「嵯峨野」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

「タンスに眠っていた服を流行服にリメイク♪」

時の過ぎるのが、
日増しに加速しているようなこの頃です

インコのルーシーが餌を撒き散らすので
お掃除した粟や黍などの餌を庭に撒いておくと
すずめが喜んで食べているようです
ノアールのお散歩から帰ってくると
庭からいっせいにすずめの群れが飛び立ちます・・・

ステンド

サンタ

お散歩していると、家ナリエの飾り付けが目立ちます
朝なのでどんな灯りかわかりませんが
夜になるときっと綺麗だろうと想像します
我が家も控えめに(笑)クリスマスの小物を飾ってみました

相変わらず、仕事、家事、育児、お絵描きの毎日です

最近UPしていなかったので、リメイクを別館に載せてみました
どうぞご高覧くださいませ
(白いお帽子、雪の季節に似合うかも・・・)

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「タンスに眠っていた服を流行服にリメイク♪」


posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:50| Comment(6) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする