2009年01月31日

「野鳥」

朝のお散歩をしていると、野鳥をよく見かけます

一番多いのはカラス、すずめ、鳩ですが
特徴のある飛び方や鳴き方をして飛んでいる鳥たちをよく見かけます
残念ながら、鳥の名前には疎いので、何の鳥だかよくわかりません

しっかりと認識ができるのは、メジロくらいです
メジロは、絵に描いたように
梅の枝にいるのを何度も見かけました
だいたい、同じ場所でよく出会います

帰った後で、ネットで検索し、
何の鳥だったかを調べたりもするのですが
いまいちよくわかりません

なんとなくそうかなと思っているのは
シジュウカラ、モズ、ムクドリ、ヒヨドリ、ヤマガラあたりです

これから春にかけても、新しい鳥を見つけられそうで楽しみですね
詳しければ、もっと楽しめるのでしょうけど・・(;
しっかり認識できるように学習したいものです

ルーシーが、籠の底に遊んで落としたたくさんの餌を
お掃除の際に、庭に撒くと、相変わらずスズメさんがやってきて
喜んで食べていきます
朝、お散歩から帰ってきたとき、
一斉に屋根や松の枝に飛び上がるのですが
夕刻、騒がしいくらい、団体でついばんでいる時のあの賑やかな声
本当に、チュんチュんと楽しそうです
あの鳴き声を聞いているだけで、なんだか幸せな気分になります

大きな杉の木があるので、長い間の念願だった木の巣箱など
置いてみたいなあ・・・なんて思っています

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 動物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

「追悼・青山 孝史さん」

フォーリーブスのメンバー、青山 孝史(あおやま たかし)さん
旧芸名、青山 孝さん(ター坊)
2009年1月28日午前7時、肝がんで死去(57歳)

フォーリーブスの姿で一番印象深いのは
何といってもNHKの【レッツゴーヤング】だった

毎週日曜日、夕方6時から6時40分までの時間
70年代、アイドル全盛期の当時、
きらびやかなアイドルたちが総出演で、
歌や踊りの競演が繰り広げられた

私は毎週この時間が待ちきれないほど楽しみで
時間いっぱい堪能し、終了後は、
すぐ別チャンネルの【サザエさん】に切り替える
そしてサザエさんが終わると、
明日からまた学校が始まるんだ〜〜と現実に引き戻される
これが、あの頃の日曜の常だった

とにかく当時の彼、彼女たちの輝きぶりは、
今のそれとは比較できない
とにかく明るくて楽しそうで、はちきれんばかり
その中の、ちょっとお兄さん的存在が、フォーリーブスだったのだ

中でも私の一番好きだったのが、青山孝史さんことター坊
一番知的でカッコよく見えた
その後、親戚の好きなお兄さんと愛称が同じで、
顔も少し似ているマー坊に乗りかえる(?)という
不埒な私ではあったけれど(;)
その後、表舞台で見ることが少なくなり
メンバーが次々に困った事件を起こすたび、
いつもインタビューでその人に代わり、
謝罪していたのが、ター坊だった

その神妙な姿を見るたびに、やはりこの人が
チームの要だったのかと、改めて思ったものだった・・・

近年、懐かしの歌番組で、
当時全盛だった歌手たちが久しぶりにブラウン管に現れるたび
いろんな意味でショックを感じたりしたものだけれど
なかでも、フォーリーブスのメンバーに関しては、
今でも現役で活躍しているジャニーズの弟分だった
郷ひろみさんとどうしても比較してしまい落ち込んでしまった

でも、例え見た目が変わろうと、今でも必死の思いで
頑張られている姿に感じるところは大きかった
青山さんのやつれ方や顔色の悪さが気になってはいたけれど
まさかこんな深刻なことになっているなんて・・・

生きとし生けるもの全て、いつかは朽ちることが常
でも、輝かしい軌跡が消えることはなく
頑張る姿は、同世代を生きている私たちに感動を与える・・・

青山孝史さんのご冥福と、残されたメンバーの
今後のご活躍をお祈り申し上げます


posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

「不思議な大根」

艶めかしいというか、摩訶不思議というか
実に人間的というか・・・
とてもユニークなお大根さんです
親近感を覚えますね

いつもの自販機で売られていたので買ってきました
ちなみに、お代金は50円
イレギュラーなのでサービス価格のようです
ありがたいですね
今から中華ドレッシングで、サラダにしていただきまあ〜す♪


大根

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:30| Comment(17) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

「昭和のワンシーンを描く」


入道雲、まばゆい太陽、山芋の葉、
お隣の家のかやぶき屋根、黄色いダリアの花、
木綿のブラウス、ビーチボール、
風呂焚きに使う木材の山、煙突・・・

そしてまだ赤ちゃんだった弟が、椅子に座っている姿
4歳で天に召された弟の・・・

アルバムを見ていたら、泣けてきました
たまらなくなって描いてみました

レトロ趣味と言われてもいいです
私は昭和が大好きです

【京都マロニエ・お絵かき手帖
ネット仲間・・36回投稿「遠い日」】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

プチマロ(BlogPet)

きょうプチマロくんは様子出演しなかった。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

「とうもろこし人形…水戸市・常陽資料館」

とうもろこし人形展

とうもろこしの皮で丁寧に作られた、素敵なお人形の作者
木村拓子さんの人形展が
今週金曜日より、水戸市、常陽史料館
「アートスポット」にて開催されます

今回、このギャラリー所属の
茨城の財団法人 常陽芸文センターが発行されている小冊子
【常陽芸文】2009/1月号の、この企画展のご紹介記事に

なんと!
あのたくさんの人形の中から

仕事をしている私にケイヨウがカメラを向けている姿を
モデルにお作り下さった、あの
【ママ、 かっこいい!】が選ばれ、掲載されました♪

こんなうれしいことはありません♪

今回は、長丁場となりますので、お近くにご予定のある方、
ぜひとも素敵なお人形をご高覧くださいませ


水戸市常陽史料館

「アートスポット」


平成21年1月30日(金)〜3月22日(日)
午前10時から午後5時45分
休館日:毎週月曜日

TEL〜0129−228−1781
JR水戸駅北口より大工町方面行きバスで泉町1丁目下車徒歩7分

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(13) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

「疑惑」

作家、松本清張さんと、太宰治さんの、
生誕100年記念年にあたるということで
記念映画が続々と公開されるそうですが
太宰作品の多さに比べ、松本清張の映画がないのは
制作費が嵩むという理由だとか・・・

でも、昨夜放映されたテレビ朝日、
田村正和さん主演の記念番組【疑惑】
これは、素晴らしかったですね〜〜♪

流石!正和様です

渋い〜〜〜!!!!!

最初の30分ほどは、残念ながら、観られませんでした
・・・が・・・
本当に良かったですね!感動しました
悪女役に扮した沢口靖子さんの熱演も見ものでしたが
やはり正和ファンとしては、たまらないドラマでした

正和様、やはり天下の二枚目!お美しい♪
まだまだ主役張れます
あの存在感、華、あり得ません・・・♪
再放送・祈念!

【疑惑のH・P】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

「青い山脈」

昨日の『逆さ立山』の絵を
喫茶ギャラリーに投稿した際の添え書きに
BGMはやはり青い山脈?ヘンしい絵?と書いたら、見知らぬ方から
『こんなこと知ってるお年とは思えませんがー』
という、うれしい突っ込みコメントを頂戴いたしました

小説【青い山脈】は、戦後間もない1947年(昭和22)
6〜10月、『朝日新聞』に連載され、同年12月新潮社より刊行
有名な原節子、龍崎一郎、池部良、杉葉子主演による
映画【青い山脈】は、1949年、7月に公開

もちろんリアルタイムで観たり聴いたりしたわけではありませんが
懐かしのメロディの最後は必ず
故・藤山一郎氏指揮による青い山脈の合唱
そして小説は、中学入学し、すぐに読んだので
私自身の青春小説&歌と言っても過言ではありません

それにしても、この頃の歌を聴くと、
ざわざわ心が波立つような感動を覚えるのは何故でしょうか
流行歌を検索してみました

【1946年(昭和21年)】
リンゴの唄・東京の花売娘・かえり船・悲しき竹笛

【1947年(昭和22年)】
山小舎の灯・啼くな小鳩よ・夜のプラットホーム
・港が見える丘・夢淡き東京・夜霧のブルース・君去りぬ
・港に灯がともる頃・とんがり帽子

【1948年(昭和23年)】
湯の町エレジー・憧れのハワイ航路・異国の丘・東京ブギウギ
・星の流れに・フランチェスカの鐘・長崎のザボン売り
・みかんの花咲く丘

【1949年(昭和24年)】
銀座カンカン娘・悲しき口笛・青い山脈・長崎の鐘
・バラを召しませ・トンコ節・月よりの使者


はい、ほとんどわかります
というよりも、歌えます(^^;

もしかしたら私は、この頃亡くなってしまった方の、
生まれ変わりなのかもしれませんね

実際、リアルタイムで映画館で観たのは、
1975年、東宝製作・配給、8月9日公開の、
三浦友和 、片平なぎさ、村野武範、中野良子さん主演によるもの

ちなみに併映作は【花の高二トリオ・初恋時代】
もちろん主演は、森昌子・桜田淳子・山口百恵
毎月、映画館通いをしていた頃です(笑

こちらはもちろん1949年版です
『眉目秀麗』という言葉がありますが
原節子さんを拝見すると、やはり目と眉は美のポイントですね!


posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(8) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

「逆さ立山を描く」

喫茶ギャラリーの課題に、富山の河原を挟み上下に、
立山連峰と、川の水面に写った雪山の雄大な写真が出ていました

名づけて逆さ立山、なんとも趣のある表題です
空と山のブルー、里の茶、雪の白のコントラストが美しい
魅力的な課題を描いてみました

北陸は、金沢以北には行ったことがありません
夫の通った大学が金沢にあったので、
一度だけ二人で、思い出旅行に金沢の街を訪れたことがあります
夫は、富山には、アルバイト先の車に乗り、
行ったことがあるそうです

当時の金沢は、家の一階が埋まってしまう程の雪の量
唯一の暖房器具のストーブも効かない暗い寒さに
彼は驚いたと言っていました
私たちが訪れたのは夏で、
一日のうちに何度もにわか雨に見舞われました

富山は金沢よりも北にあり、海も近く、空を射るような雪山
こんな厳しい寒さが日常である生活は、
未だ経験したことがありません
日本も広いなぁと思います

このページを読んで頂いている方の中に
北陸の方はいらっしゃるのでしょうか・・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖…逆さ立山】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

「札幌の樹氷」

樹氷

札幌のお客様、rokokoさんから、久しぶりにメールを頂戴致しました

ブログもときどき見て下さっていたけれど
書き込みの気力がわかないとのこと・・・

飼い犬のうちのシーズーちゃんが、年末体調を崩し
元旦の朝に息を引き取られたそうです

このところ、お身内やペットの訃報をよく聞きます
同じく老いた両親を持ち、
老犬、老鳥と共に暮らしている身にとっては、他人事には思えず
耳にするたび、心が痛みます

でも、今朝、子供さんを送ってゆくとき、
公園でこの樹氷を見られ
さっそく私に送って下さったrokokoさん
京都が底冷えするとはいえ、
こんなに厳しく美しい樹氷を目にすることはありません
とてもうれしかったです

そんな辛い日々の中でも、
公園の木に目を向けることができるようになられたこと
そして、私のことを思い出してくださり、
お写真まで送って下さったこと

なんだかしみじみしてしまいました
まだお会いしたこともない方なのに、
こんな温かい繋がりを持てること
本当に感謝です

冷たい樹氷の姿に、温かいものを感じました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

「モーニング」

唐突ですが、皆様、朝食は
どのようなものを召し上がっておられるのでしょう

我が家は基本的にパン食です
食パンのときは5枚切り
ロールパン、バケット、そのときで色々です

パン屋さんの美味しい食パンのときは、
トーストしてバターのみですが
100円くらいで売られている食パンの時は、
バター&ジャムで頂いています
シナモン、蜂蜜など、バターに合わせるものも色々です

飲み物はコーヒー
紙のフィルターで漉して一杯
関西で言うところのフレッシュを入れて頂きます
他にヨーグルト
ときどきバナナなどのフルーツかお味噌汁

だいたいこんな感じですので、10時になるときっちりお腹が空きます
ケイヨウも朝から御飯は食べないので、パン食
お味噌汁が出ると喜んで一番に口にしています

喫茶店のモーニング
出張や旅に出たときは、ほとんど必ず、その土地の喫茶店に入り
モーニングを頂くのが楽しみでした

以前、記事にした福岡の殺風景な喫茶店で
井上陽水のカセットを流していた
雨の朝のシーンは忘れられません

あと、まだ震災前の神戸で、ふらっと入った喫茶店の
トーストのそれはそれは美味しかったこと!

あとは・・・
そうですね
やはり外国でのモーニング
香港の高級ホテルで、一人頂いたときの緊張感とか
お店がどこも開いていなくて、マクドナルドで頂いた
情けないパリの早朝のモーニングセットとか・・・

何軒も何軒も入っていると思うのですが
心に残るワンショットというのは、
そうそうあるものではありませんね

ファミレスのモーニングセットが
喫茶ギャラリーの課題写真にUPされていたので描いてみました
ペン画、クレヨン画、二種類描いてみました

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

「第28回喫茶ギャラリ−・モーニング(くれよん)」

「第28回喫茶ギャラリ−・モーニング(ペン)」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

「仮面舞踏会」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「仮面舞踏会」」のまねしてかいてみるね

先日、どうやら二階になりどうしてもこのシリーズが大好きですちなみに検索したの女学生のじゃないかしら?笑)涙が・東宝)いえば、長門勇(すみません)この頃は大ブレイクでしたのことです♪そして、小笠原弘、露原千草、大好きです(敬称略)出演が放映されたの女学生のでしょう(また出てきた何を観てきたその番組と記憶が発売された何を拾い上げてしまったから・♪画面にも、皆川妙子、毎晩楽しみにしたサイトで古谷金田一さんの面々です(すみません)地元KBS京都で出られたLPレコードを拾い上げてみますと記憶が・木村功さん、内田稔、佐原健二、だらだらとチャンネルをそれとなく匂わせておられるのですちなみに検索のことを隠そう(敬称略)地元KBS京都で出られたがそそられたLPレコードを知って釘付けになりどうしてもこのシリーズ、佐原健二、出演者を、津野哲郎、ひとつ終わると・!覚えてしまいましたの古谷一行、ドラマのでしたか・検索したラジオ放送で出られた・検索した今も何故一瞬に観てきたようなインテリアや懐かしの放映された・;)出演が・!

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

「仮面舞踏会」

先日、土曜日のことです
夜遅く、だらだらとTVを観て、
ひとつ終わるとチャンネルを回していたら
あの再放送チャンネル(すみません)地元KBS京都で
懐かしの横溝正史シリーズが放映されていました

その番組とは、横溝正史シリーズII 『仮面舞踏会』
全4回 (1978年6月3日〜6月24日、毎日放送・東宝)

出演が、なんとも華やか!
何を隠そう、私も何故一瞬にして釘付けになってしまったかというと
あの渋い名俳優、木村功さんが画面にアップで出られたからなのです

ちなみに検索したサイトで、出演者を拾い上げてみますと・・・

古谷一行、草笛光子、木村功、乙羽信子、村地弘美、皆川妙子、
若尾義昭、露原千草、津野哲郎、久保明、小笠原弘、佐原健二、
柳生博、内田稔、三ッ木清隆、長門勇(敬称略)

涙がチョチョ切れそうな懐かしの面々です

内容からして、どうやら二回目だったようです
リアルタイムの放映の頃、私は高校生
はい、このシリーズ、確かに観ておりました

主演の村地弘美さんといえば、当時の女学生の友や
平凡、明星などにもしょっちゅう登場され、
清楚な女学生の代表のような方でした
今はどうなさっておられるのでしょうか・・・

木村功氏、長門勇氏、草笛光子さん、大好きです♪

そして、主役の古谷金田一さんですが、この頃は大ブレイクでした
何を隠そう(また出てきた・笑)この頃、古谷さんが発売された
LPレコードを、私、買ってしまいましたから・・・
(今も二階にあるのじゃないかしら?笑)

いえ、別に古谷さんのファンではないのです
ただ、この頃、毎晩楽しみに聴いていたラジオ放送で
古谷さんのアルバムに収録されている
【三軒茶屋】という曲が大好きになり
どうしてもこの曲を聴きたかったのです
(確かにこれ以外の曲はどうでもいい感じでしたが・・・;)

いやはや、懐かしい・・・
検索のとき、ドラマの結末のことを
それとなく匂わせている文章を読んだとき
!!覚えている!!私は犯人を知っている!!と
記憶が蘇ってきたのでした・・・♪

画面も、元貴族の華麗なる一族の話とあって、
なんともレトロ&ゴージャスなインテリアや
懐かしのファッションがそそられます

これから約半月は、土曜日のTVから目が離せません・・・!


posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 懐かしのドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

「バッハを聴きながら薔薇の花を…」

京都、お昼過ぎ頃から、しとしと雨が降っております

普段、慌しい生活をしているので
土日はゆっくり目に起きて、遅い朝食
その後、仕事をしたり、絵を描いたり・・・

ケイヨウも土日は隣でお絵描きをしたリ
一緒にCDを聴いたりしています

喫茶ギャラリーの課題に可憐な白薔薇の写真がUPされていました
「とのこ」と「ひわ」を微かに含んだ柔らかい白の薔薇

最初、淡い水彩であっさり描こうと思っていたのですが
意外にも難しく、結局この土日
少しずつ時間をかけて仕上げましたが
追いかければ追いかけるほど逃げられるような有様
若い娘に翻弄されるお父さんの気分を味わいました(^^;

清楚は元より望めないので、妖艶で・・・と思いましたが
それも役不足で終わりました(涙

BGMは大好きなオイゲン・キケロのアルバムの中から
バッハをアレンジしたドラマティックなCDで・・・

雨の日は・・・で思い出しましたが
そういえば、もっとずっと若い頃、植草甚一さんや
團 伊玖磨さんのパイプのけむりを読み始め
いまいち深入りできなかったのですが
今なら少しは理解できるでしょうか・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「第28回喫茶ギャラリー・白薔薇」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:04| Comment(8) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

「ボクのまち」

この周辺、歩いて5分圏内の店というと
お向かいの電気屋さんとお米屋さん
そしてぎりぎり圏内にパン屋さんがあります

パン屋さんはお洒落で美味しいし
お米屋さんにも色んな食品や、お酒なども置いているので(^^;
ちょっとした買物に不便はないのですが
振込みや、生鮮食品などのお買物には
坂を降りなければなりません

ケイヨウがときどきお店に行きたがります
どこ?というと、コンビニと言うのですが(^^;
コンビニって、子供には魅力的な場所なのでしょうか
まあ、確かに明るくて、なんでも揃いますものね

そんな街の様子を、ケイヨウが写真に撮りました

【ケイヨウの写真館(7才編】
「ボクのまち」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

「12色クレヨンで静物を」

喫茶ギャラリーの課題写真の静物を
お気に入りのクレヨンで描いてみました

ごろごろ並ぶ不揃いのリンゴ・・
子供の頃、インドリンゴというものがありましたね
知人にこの話をしたら、
知らない・・という人が結構多くて驚きました
大きくてやたら甘くて・・・
今でこそ、改良品種のリンゴがたくさん出回っていますが
子供の頃は紅玉がまだ一般的
フジもまだ出ていなかったか、
あるいは出始めくらいだったかと思うのですが・・・
そんな中、なんとなく異国情緒漂うネーミングと
あの甘さが珍しかったのですが
原産がインドということではなかったらしいですね・・・

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
「第28回喫茶ギャラリー・静物」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

「今日の徒然」

今年10月で10歳になる愛犬ノアールは
PHコントロールの療養食を食べているのですが
ネットで購入するのが間に合わず切らしてしまったときは
とリ急ぎ近所のスーパーで、シニア用の小さなフードを買ってきます

今日も、多分明日の朝に間に合わないので
お散歩がてら、坂を下りて買いに行きました
途中、神社に立ち寄り、お正月のしめ縄と、
古いお札を返して参りました

特別に、どんどの行事はないようなのですが
縄と笹で囲った穴からは煙が出ていて
担当の社務所の方が、山のように詰まれたお札などを
順番に燃やしていました

できれば自分で投げ込みたかったのですが(笑
おとなしく置き場所に預けて参りました(^^;
なお、ミカン類は燃えないので、別の場所に置き場所がありました

ところで本日のささやかな楽しみは、
futabaさんに教えて頂いた千枚漬け
朝から漬け込んでおります♪

ひたひたの塩水から取り出した時点で
もう既にカブの甘い香りが漂ってそそられるのですが♪

カブの葉は、一昨日はシチュー、昨夜はクリーム味のパスタ
本日はめでたくポタージュに姿を変えたお鍋に入れています
この葉っぱがまた飛び切りに美味しいのです♪

帰り道、また自販機で白菜を買ってきましたが
水分たっぷりのでっかい白菜は、随分と重かったです(;


千枚漬け

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:09| Comment(6) | TrackBack(0) | くらし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

こ(BlogPet)

きのう、こてぼは煙突が整理ー!

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「霧の朝」

今朝の京都は零下
水溜りには氷が張り、地面は一面霜柱
おまけに深い霧が出て、軽い地震もありました・・・

犬のお散歩に出たとき、そんな風景を撮りました
毎朝歩く、畑の上の高い段差になった細道の脇は
南天の植え込みがずっと続き、その奥は草茫々の空き地だったのですが
近々建売住宅でも建つのか、植え込みが全て抜かれ、道幅も広くなっていました

あと数年もしたら、この付近の風景も変わるのかもしれません
まだ越して間もないのに、素朴な風景に愛着を持ち始めています

画像は別館にUPしました
【京都・ぶら〜り・お散歩日和…「霧の朝」】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

「成人の頃」

いつから変わったのか記憶にない・・・というよりも
いつの間に変わったの?
という気持ちの方が強い成人の日です
成人の日といえば1月15日
どうにもその記憶が消えません

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

早生まれの私は、まだ19歳のときに成人式を迎えた
だから本当に成人後、成人の日を迎えたのは、
もうすぐ21になるというこの季節・・・

当時のことを思い出せば、切なさが込み上げてくる

夢と希望だけは溢れるほどいっぱいなのに
まるで霧の中にいるような日々
どこかに光を感じるのに、
その光がどこにあるのかもわからなかった・・・

その場所を求め、ただ闇雲に歩き、転んだり、傷ついたり・・・
そして同じように他の人も傷つけていたはず

色んな人に出会い、そして色んなことを経験し、
なんとか光に繋がる道にたどり着くことができたのは、
そのまだまだずっと後のことだった

あの日、私は京阪電車に乗り、大阪の街を歩いていた
天神さんの梅の花は、ほんの少しだけ開き始めていた

穿き古した薄いジーンズや
ぶっきらぼうにポケットに手を突っ込んだ
カーキ色のコーデュロイのジャンパーを通す
1月の凍りついた冷気は身を切るようで
そんな中、ほんの微かな芳しい花の香りを嗅いだ

あの頃の私に今の私が出会っていたならば
若い頃の傷は癒えるのも早いから
もっともっと傷つくことを恐れないで前を向いて歩きなさいと
きっと言っていると思う

そして、持ちきれないほどの
暗い青春の悩みを抱えた私の肩を
ぽんと叩いてあげたと思う

そう、今の私も、ずっとそうして今日まで来たから・・
あの頃に帰りたいとは思わないけれど
ほんの一日だけ・・・
そう、あの梅の香りを嗅いだあの一日だけでも戻れたらと
そんなことを思ったりする・・・

写真は、成人の日の私
19の頃・・・
今では想像ができないほど、もっともっと繊細でした(笑


四半世紀前

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする