2009年11月30日

「あとりえ・今ある花」

この家に来てからというもの
何故か赤系の花がよく育ちます
家と相性のいい花の色ってあるのでしょうか・・
ちなみに前の家は青がよく育ちましたが・・

今、庭で目立っている花を別館にUPしました
もともとあった花とはいえ、大好きな花であります

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「あとりえ・今ある花」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…C」

今日は、人のいない風景・・
古い神社なので大きな古木がたくさんあるのですが
中でも先日、ぎんなんを拾った銀杏の木が黄色く色づき
そこで写真を撮る人の姿をよく見かけました
銀杏の黄色って温かいですね
葉っぱも可愛い・・・

私は小学校3年から統合した新しい小学校にかわったのですが
2年まで通った、今は工場となった木造平屋の小さな小学校には
校庭の真ん中に、子供が何人も手を繋がなければならないほどの
太い幹の銀杏の大木がありました
あの木はまだあるのでしょうか・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の手づくり市の記事はこれでひとまず終了ですが
わざわざお越し下さったお客様
美味しいクッキーの差し入れを(♪)持ってきて下さったK様
お買い上げの皆様、本当にありがとうございました〜♪
これから寒くなり、出展も考えものですが(;
とにかくご近所様なので
できるだけ出展するように頑張りたいと思っております
ちなみに来月からは、毎第三日曜日になるそうです
お時間がございましたら、お気軽に遊びにお来しください♪

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…C」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…B」

今日からは、秋真っ只中の、神社の様子をお伝えします
まずは人のいる風景から・・・

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…B」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…A」

手作り市の様子、第二段です
ライブに似顔絵にそれからそれから・・
会場の雰囲気をお楽しみくださいませ♪

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…A」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…@」

本日から、先日の手づくり市のご紹介です
どうもPCの動きが鈍く、画像編集ができなかったのですが;
今日は調子が良かったので、一気に準備をしてしまいました(^^v

とにかくお客様が少なくて
直接の売り上げには繋がりませんでしたが(^^;
手作りする人のプライドや頑張っておられる様子等々
歩きながらの会話などからも伺うことが出来
私自身も色々勉強になりました

別館にUPしております
どうぞご高覧下さいませ♪

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「京都・藤森神社・手づくり市のある風景…@」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

「旧知の友A・・・S子」

今年の正月、A子たちホッケー部のOBは、同窓会をしたそうである
そのとき可笑しかったのが、メンバーの女性二人
食事の後、おもむろにバッグから薬袋を取り出して
全く同じ高血圧の薬を並んで飲んでいたそうな・・

決して可笑しいとはいえないけれど、
私もその光景を想像し苦笑してしまった
同窓生の中で、既に故人となってしまった人もいるそうで
今更ながら、健康に恵まれた自分自身の体をありがたく思った
案外調べてみると、ボロボロの可能性も無きにしも非ずなのだが・・

そんな話の流れで出たのが、私と一番仲のよかったS子の話
S子自身は相変わらず快活で、普段は会社の事務仕事
休日は、家の畑仕事をし、元気に過ごしている
・・がしかし、あろうことか・・・
ご主人がもう4年も前に、仕事中の不慮の事故で
亡くなってしまっていたのだそうだ・・・

そのご主人なら私も会った事がある
S子は女系家族の長女なので、婿養子を貰ったのだ
ちょっと新沼 謙治にも似た二枚目で、
優しく落ち着いた感じの素敵な人だった
S子のお父さんと同じ大工職人で
農家の家の隣の納屋のあった場所に、
二人で力をあわせ新しく立派な家を建てた

「すごいじゃない!本当に良かったわね」

利発で可愛い子供も3人生まれ、
思いがけなく、いい結婚に恵まれたS子のことを
当時の私は手放しで喜んだものである

何故、あんな人がそんなひどい目に・・・
そしてまさか一番親しい幼馴染のS子までが、
自分と同じ運命を歩んでいたなんて、今の今まで知らなかった
そういえば、その頃、喪中ハガキが来ていたようにも思ったのだけれど
てっきりお父さんの方だと勝手に勘違いしていたような気もする・・

いたたまれず電話をすると、相変わらず元気そうな声
何気なく世間話をしている中で、何気にその報告を聞いた

「実はそのことなのよ 今日電話したのは・・
本当は私が一番に連絡しなくてはいけなかったのに
何も知らなくて、本当にごめんなさい」
「そんなこと、もういいねん
あの時は私も必死だったし、連絡する余裕もなかったし・・」

私自身もそうだったから、S子のその状況はよくわかるし
落ち着いた頃に、わざわざ連絡してなどこないところも
いかにもS子らしい
きっと私もそうするだろうから・・

『そんなことで』と言ってしまえば、双方の亭主はたまらないだろう
でも、あえて『そんなことで』お互いに泣き言を言い合って
慰めあうなんてことはしたくないのだ
『そんな』運命を呪うよりも、今ある身近な幸福や
楽しかったことを拾いながら
愉快に笑いあう方がずっとずっと性に合うのだ
それでこそ、楽天的で粘り強い阿波女の心意気と言うものなのだ・・

電話をしながら、二人とも、そのことについて
それ以上の話はせずに、近況や昔話に花が咲いた
思えば本当に小さな頃からの幼馴染で
ずっと本当に親しくなったのは高校生のとき

毎朝一緒に学校に行き、近道である裏門の塀を
プリーツスカートを翻しながら飛び越えて
中庭を通って教室に入った
当時、控えめな文学少女だった(?)私の
そんな姿を知っているのはS子だけだったし
週に3日、自転車で一緒に通ったソロバン教室の帰り道は
凍りつくような冷気の中で
満天に降り注ぐ天の川や星のきらめきを眺めながら
面白可笑しい話ばかりしながら帰った・・・

「Sちゃん、また帰るから一緒に遊んでよ」
「もちろんや 春にお風呂をエコにするから、
それ終わったら泊まりに来てよ」

高校時代に戻ったような楽しい会話
そういえば、S子とも、既に8年ぶり程の電話だった・・
かけがえのない女友達
大切な人がもう一人いた・・
そんな幸福を噛締めた・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

「旧知の友@・・・A子」

手づくり市の連絡も兼ね、
何年ぶりかに、高校時代の同級生であるA子に電話をした

彼女とは、ただ二人だけ、同郷から同じ銀行に入行した仲間であるのに
こちらに来てからまだ一度も、会ったことがないのだけれど
毎年の年賀状のやり取りだけは続いていて
お互いのおおまかな近況だけは其れなりに知っている
そして5年とか10年とかのサイクルで
思い出したように時々こうして電話をするのだ

百恵ちゃんのファンだった彼女は
同じように21歳で結婚し、退職するのが夢だった
だからお給料は一銭の無駄遣いもせずに貯金をし
本当に21歳で職場結婚し、寿退社をした
その後は4人の子宝に恵まれ、専業主婦を通している

早くに退職したのは同じでも
寮の門限ギリギリまで、河原町だの木屋町だのと一人遊びし
それ以降も周知のとおり紆余曲折し、現在に至るの私と彼女とは
全くと言っていいくらい、歩んだ道程も性格も違う

彼女は、高校時代、ホッケー部のキャプテンだった
私が一番仲のよかったS子もホッケー部員だったので
私は自分の部活を終えるとS子を待つために
よく運動場の隅で練習を見ていた
だから面識はあったのに、
当時からそれ以上の親しい友達になる要素もなかったし
むしろ避けたいくらいの人種だと、きっとお互いに思っていた

なのにそれが、今、こうして時を経てから彼女と話をすると
共通の話題が殆どないにも関わらず
まるでウソのように気があって
ずっとずっと昔からの親友のように思えてくるのだ

電話をかけ、相手が出ると
まるでずっと前からそうして呼び合っていたかのように
お互いの下の名前をチャン付けで呼び合う
いったい、いつからこうなったのか
私も、そして多分彼女も覚えてはいない
そしてフシギなくらいに間が合って、長話をしてしまうのだ

彼女は、私の話し声が好きで癒されるのだと言う
そして、いつまでもこうして聞いていたいのだけれど
そういうわけにもいかないし・・・と言うのである
私はといえば、通らないモヤモヤした
ハスキーボイスが自分では気に入らなくて
ハキハキと、カツゼツの良い彼女の声に憧れていて
ずっと話していたいと思う

「今日もまた元気を貰ったわ ありがとう これでまた頑張れる」

とA子は言った

「こちらこそありがとう そう言って貰えるだけで私もうれしい
でも、今までも随分頑張ってきたんだから
もうそんなに頑張らなくてもいいじゃない」

「いえいえもう一分張りしなくては・・」

「うん、そうね 私もそうする」

そう言って、いつか会うことを誓い電話を切る
思えば彼女も、ある意味一人で、ずっと頑張ってきたのだった
家族には恵まれたけれど
わけあって私と同じように故郷を遠きに思いつつ
この地で自分の人生を築いてきた
昔かたぎの頑固な父親に育てられ
同じように父を思っているところも同じ
かつては同じ釜の飯を食べた戦友でもある

まるで違うと思いながらも
根っこのところは案外よく似ているのかも知れない
縁あって今こうしているのだ
大切な人がまた増えたと電話を終えた後で又思った

そして、また一人、そんな友が・・
次回はA子に聞いたさっきのS子の話・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

マロニエのこみち(BlogPet)

きょうは、マロニエのこみち・・・。と自身も納品するつもりだった?
でも、マロニエのこみち・・・。と、シンガーソングライターもクローズしなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

「藤森神社・手づくり市、参加しま〜す♪」

皆様、大変ご無沙汰しておりました
生きております(^^;
ブログを始めて以来、こんなにお休みしたのは初めてですが;
ちょっとバタバタしておりました
ご心配をおかけしておりました皆様、
本当に申し訳ございませんでした

今日の手づくり市の準備が一番の原因ですが
それ以外にも、連日の来客や諸々・・
PCに向かう時間が取れず、コメントを頂戴しておりました皆様には
たいへん失礼を致しました
また後ほど、レスをさせて頂きます;

ところで、今日11月21日
藤森神社で手づくり市の第二回目が開催され
今回、私も初めての出展です
こういうイベントに出展するのは全くの初体験
楽しい出会いがありますことを期待して・・・♪

京阪電車、墨染駅から徒歩約4分
JR藤森駅からも、徒歩5分程度
午前9時〜午後4時頃まで・・
お天気の都合により
もしかしたら早めに帰らせて頂くかもしれませんが
どうかご了承お願い致します

12時半からは、以前『萬福寺』の会でも歌っておられた
シンガーソングライターの【きくち寛】さんの無料ライブがあります
京都は今、紅葉シーズンまっさかり
どうぞ紅葉狩りがてら、お気軽にお立ち寄り下さいませ
会場でお会いできることを楽しみにしております♪
では・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 01:36| Comment(8) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

マロニエのこみち(BlogPet)

きのう、マロニエのこみち・・・。でチャレンジされた!

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:10| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

「リアルクローズ・マドちゃん?」

ここ数年、毎年我が家に来て下さるマドレーヌちゃん
そう、先日の長野の林檎のおうちのお人形です

あの記事を見られたお客様から、お問い合わせのお電話がありました
お嬢ちゃまの小さくなった服で
おうちのマドレーヌちゃんの服を作って欲しいとのこと

赤ちゃんの時の服って、本当に捨てがたいものですね
赤ちゃんの柔らかい手足の感触とか・・・
ミルクの甘い匂いとか・・・
服と一緒に、色んなことが思い出されて・・
私も最初に手拭で作った肌着やネルの胴着は
捨てられなくてタンスの奥に仕舞っています

今回も楽しいお仕事でした
お嬢ちゃまが喜んでいて下さるとうれしいです

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「ベビー服でお人形の服を作る♪」


●メールを頂戴しましたので追記しました
優しい時間をこちらこそありがとうございました♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(8) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

「70の手習い&手づくり市デビュー」


70の・・は、もちろん私のことではありません(笑

母は、食べては座っての毎日なので少し太ってきたと
ここ数日、桃山城の北堀公園まで朝の散歩をしています

その後の時間も退屈なのか、この前はふと見てみたら
私が作っていたあのピグレットのジグソーパズルをしていて
最初はできないと言っていたのがついに完成し
やればこういう面倒なこともできるんだとわかったので
ある提案をしてみたのでした


70の手習い


昨日から、布の三角バッグを作っています(^^;
実は今月21日の土曜日、近所の藤森神社で手づくり市があるのですが
今回、私も出展することにしたのでした♪

先月第一回の開催日は、ケイの参観日だったので
学校に行く前にちょっとだけ様子見に・・・
まだ始まったばかりの企画なので、人影も少なくのんびりした雰囲気・・
ま、これならいいかなと・・
私も人生初めての試みです
できるだけ経費節約で、小さなハンガーラック一本と
ブルーシートの展示にしようかと・・
あの場所なら、タクシーワンメーターで持込できる距離ですし・・

ただ私も、オーダーの合間にオリジナルを作るので
多分、品数も、そんなにたくさん出すことは出来ません
母に、何か作って一緒に出品して、
もし売れたらお小遣いにしたらいいからと言ってみると
例えに提案してみた三角バッグは
母のお母さん、つまり私のお祖母ちゃんがよく作っていたものでもあり
これにチャレンジ精神をくすぐられたのか(^^;
その気になったようで・・・

なんでもお針を持つのは60年ぶりくらいだとか(^^;
はい、私も、雑巾とかちょっとした繕い物とか以外
母が針仕事をしているところなど、見たこともありません(笑

でも、いざ作るとなると、色々デザインを考えたり
拘りもあるようで、あれこれと小難しい提案をし、
自分でどんどんハードルを上げていくので(^^;
私も昨日はその『指導』をしていたら
私自身の昨日の仕事のノルマが、
ほとんど出来ていないことに気付きました(^^;

とりあえず、半日以上かかってとりあえずそれらしいものが出来ました
意外と可愛い(笑
手先の仕事は、ボケ防止にも役立ちますし・・(^^;

もちろん売り場には『おばあちゃんのヘタな三角バッグ』とでも書いて
あくまでも私が作ったのではないと明記するつもりです(笑
そしてついでに売り子デビューもさせるつもり

皆様よろしければ、21日土曜日、紅葉狩りがてら
ふらっとヘタな袋物など覗きに(いえ買いに?)お運びくださいませ
私の作った柿渋や銘仙の『素敵な』ベストなども出しますので
ぜひぜひおついでに、ご覧になってくださいませ♪
午前9時〜午後4時まで

日が近づいたら、また広報させて頂きま〜す♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:09| Comment(14) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

「蜜柑とお漬物」

蜜柑とお漬物

左は土曜日、ケイヨウが学童保育から蜜柑狩りに行き
お土産に持ち帰った蜜柑です
このお蜜柑、小さくて色が濃くて、皮が薄く
昔ながらの美味しいお蜜柑でした

農園では食べ放題だったそうですが
このお土産を選んだり、お友達と遊ぶのに夢中で
一個しか食べなかったそうです(^^;

お弁当は少なめに・・と書かれていたので
小さなおにぎり二個しか作っていなかったのに
ダイジョウブだったのかしらと、ちょっぴり可哀想になりました(^^;

同じ日、学校の中高学部のハイキングサークルのメンバーも
同じところに行っていたそうで
夏のように暑い一日だったそうです

ちなみに行ったのはこちら・・
今検索してみて出た画像ですが
受付がすっごくレトロですね(笑

山城多賀フルーツライン

右は、先日の菊の花も一緒に漬け込んだカブの千枚漬け
綺麗だし美味しいし、我ながら上出来です♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

「毛皮・皮・カシミア、高級コートをリメイク♪」

あとりえには、本当に色んなお仕事が入ってくるのですが
一番多いものは、やはりバブル時代に購入された高級服の処分に困り
リメイクのご相談に来られる方でしょうか・・
今日も、そんなリメイクを別館にUPしております

どうしようもないと諦めないで、ぜひご相談くださいませ
ちょっとシルエットを変えるだけでも、随分違ったイメージになり
今、普段使いに着ることのできるヘビロテな服に蘇ります^^

●お詫び

お預かりしながらまだ納品をお待ちのお客様
本当に、本当に、すみません(;;;;;
順次、かからせて頂いておりますので
今しばらくお待ちくださいませ
ご迷惑おかけし、誠に申し訳ございません

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「毛皮・皮・カシミア、高級コートをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「更に菊&紫づくし♪」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「更に菊&紫づくし♪」」のまねしてかいてみるね

母がお友達に会いに会いに立ち寄った上のヘルシーな秋のお大根下の画像、昨夜のマロニエ家のの出来合いです(^;御飯二杯、もってのほかは、生協さんの柿もってのほかは、昨夜のメニューたくさん付いて・(^ご馳走様でした〜♪松茸茶碗蒸しと一緒に河原町に出かけました綺麗なカブの葉をミンチ肉とやらは、こんな食材を垂らしてくれました綺麗な秋の食料品売り場に惹かれ、軽〜く頂けました上のお友達に惹かれ、こんな食材を垂らして・(?)高●屋デパートの御用達(?)高●屋デパートの御用達(美味しかったその帰り、昨夜のヘルシーなカブの御用達(美味しかった!

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

「更に菊&紫づくし♪」

母がお友達に会いに河原町に出かけました
その帰り、京都のセレブの御用達(?)
高●屋デパートの地下の食料品売り場に立ち寄ったとかで
大好きな紫に惹かれ、こんな食材を買ってきてくれました

上の画像、紫の菊、もってのほか&紫のお大根

下の画像、昨夜のマロニエ家のヘルシーな秋のメニュー
たくさん付いていた綺麗なカブの葉をミンチ肉と一緒に甘辛味噌炒め
先日頂いた渋抜きの柿
もってのほかは、少しだけポン酢を垂らして・・(美味しかった〜♪
松茸茶碗蒸しとやらは、生協さんの出来合いです(^^;

御飯二杯、軽〜く頂けました^^
ご馳走様でした!


紫づくし

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

「お野菜と菊づくし♪」

またまた他愛ないあとりえの日常を
別館にUPしております

【あとりえ便り・京都マロニエ通りから】
「お野菜と菊づくし♪」


ばんばん画像が載せられるのでうれしいですね(^^;
ちなみに全てクリックすると画像が拡大いたします(^^;

このあと、午前中は鉢植えの植え替えをしました
先日、木枯らし一号の突風が吹いたとき
ライラックの鉢が倒れ、お気に入りの素焼きの鉢が
割れてしまったのでした
そんなのやこんなのの気になっていた鉢を見てみると
結構根が張っていていっぱいいっぱい・・
先日の松の剪定もそうですが
庭に手を入れだしたらキリないですね(^^;

今日の京都は、寒さも和らぎ、気持ちのいい秋日和でした

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

「美味しい和菓子♪」

毎度、差し入れネタばかりで、誠に申し訳ございません(^^;
ブログでお世話になっております 『素敵な男性』♪から
こんな美味しいお菓子を頂戴いたしました


関の戸

銘菓【関の戸】
@深川屋 陸奥大豫 関の戸
(ふかがわや むつだいじょう せきのと) 

お店の名前もすごいですね
寛永年間に考案されて以来、約三百五十年間作られ続け
今は、第13代目だそうです
上品なお味も、姿も、包装紙の渋くてお洒落な感じも
まさしく伝統ある和菓子にぴったり

江戸時代東海道の宿場町だったという鈴鹿の関は
箱根と並んで最も賑わいを見せた街で
お伊勢参りの途中、この伝統ある店に立ち寄り
同じお菓子を頂いたご先祖様もいるかも・・と
箱の中に、素敵な添え書きがありました

数々のお菓子のコンクールでも受賞したという銘菓
三重のお菓子は『赤ふ●』しか思い出せなかったのですが;
こんな素敵なものがあったのですね
漉し餡の美味しいお餅にお砂糖がまぶされているのですが
このお砂糖は、我が故郷、阿波特産の和三盆だそうです
こんなところにもご縁が・・♪

たいへん美味しく頂戴しております
素敵な男性様、本当にありがとうございました♪(拝

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

「帯でリメイク&頂き物&リアルクローズ♪」

結婚式の披露宴に着て行かれる服を
着物リメイクで・・とのオーダーを頂戴しておりました
帯でドレスとジャケット、そして小物をお作りし、
別館にUPしております

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「帯でフォーマルなアンサンブルを作る♪」


このお客様(実は知人・・というかお世話になっている方)から
お土産がありました
ご実家のお母様から送られて来たという
とても美味しいお手製のお味噌やふりかけ
渋抜きした柿など・・
本当に美味しく頂いております
ありがとうございました!
ケイが別館にて頂き物を(^^;
色々UPしております

【新・ケイヨウの写真館】
「かったもの、もらったもの」


ところで、この秋の新番組、先週から
【リアルクローズ】だけは観ているのですが
この物語、漫画をドラマ化したもので
原作は槇村さとるさんだったのですね
懐かしい・・♪
大島弓子さんや、この槇村さとるさんなど
私が中高生の頃に読んでいた方々が今も尚、
このようにご活躍されているのは本当にうれしいです

それにしても、面白い・・
そして何と言っても、黒木瞳さんです
先週、シャネルの言葉が台詞に出てきたくらいなので
多分かなり意識はされているのだろうとは思うのですが
仕事をしているシルエットが、本物のシャネルそのもの!!
素晴らしい女優魂です

ガブリエル・シャネルはもちろん尊敬する人

本当にシャネルの魂が、黒木さんに乗り移ったのかと思うくらい
生き写しでした・・日本人なのに・・・!

それと、結婚か、ファッションの仕事か・・
悩む主人公の気持ち、痛いほどわかります
まさしく私も全く同じ思いを経験したから・・
「一人になりたくない」
嗚呼、若き日の思い出が・・(涙;

このドラマ、しばらく目が離せません・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

「信濃のリンゴ」

休日参観の日、もうひとつ、うれしいことがありました
ここ数年、毎年届く長野の林檎が今年も届けられたのです・・・

ずっと以前、こんな記事を書きました

2005年12月04日「蜜柑のある風景」

長野の地で生涯を終えた父方の伯父のことです
何故伯父は故郷に帰らず、寒さ厳しいこの地で骨を埋めたのか・・

全学連で率先して旗を振っていたとき、学費を出してくれていたのは
皮肉にも警官をしていた伯父の兄
神童と期待されながらも、人生の後半はこれと言った職にも就けず
故郷はどんどん遠くなってしまったのかもしれません

そんな伯父が何故長野の地を選んだのか
私はこの林檎を送って下さる女性に出会ってから
その意味が少しだけ理解できたような気がしました

幼い頃、この伯父が毎年送ってくれた蜜の入った美味しい林檎
伯父の亡き今、私はもう
あの林檎を頂くことはないのだろうと思いましたが・・・
古くからの私の日記の読者さんであるこの女性は
これらの他愛ない思い出話の一つ一つを覚えていて下さって
ある年、突然、林檎を届けて下さったのでした

厳しい寒さに耐えた赤い林檎はとても可愛らしく温かくて
心をホッと和ませてくれるのです・・・

そんな林檎の写真を、別館にUPしました

【あとりえ便り・京都マロニエ通りから】
「信濃の林檎」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする