2010年06月30日

「今日の日記と香りとあれこれ」

朝は、いつもと同じようにケイヨウをバス停に送り
帰って洗濯物や簡単なお掃除をした後、ノアールのお散歩
この頃は暑いので、ちょっと歩いただけで『へたり込んで』おります(^^;
風の通る場所とか、よくわかっていますね〜^^
町は今、くちなしの香り・・
思わず立ち止まって匂いを嗅いでしまいます

その後、今、ご依頼を受けているフラダンス衣装の
15枚口のファスナーを調達するため京都駅へ・・
普通ならJRで行くところを、ノアールさんのフィラリアの薬を頂くので
動物病院まで歩き、病院の前を走っている京都駅行きのバスで行くことに・・
この病院までの道のりが結構長い・・;
途中、いつもの藤森神社を通るので、境内を通り抜けついでに御参りを・・

今日は、この『夏越大祓の茅の輪くぐり』という神事があったようで
茅の束が綺麗に飾られていて、カメラ持ってくればよかった〜と思いました(^^;

病院にいくと、受付のところに、病院の先生が育てているという
おとなしくて可愛いトラ猫ちゃんが・・
初めて見たけれど、とてもいい子
薬の用意ができる間、この子と遊んでいました
ネコちゃんもいいなぁ・・・
ルーシーがいるから飼えないけどね・・

そのあとバスで京都駅まで・・
なのに、あいにく在庫切れで、とりあえず、今日必要な一本だけを
寸法が長かったけれど、切って使うために買う

その後、伊勢丹に行き、気になっているコロンをお試しに・・
でも、気になっているものは、全部高島屋さんの管轄だったらしく・・・

暑くなってきたので、加齢臭よりもよいだろうと
何となく夏らしい香りをつけたくなっているのですね
この頃、こんな感じで材料調達に、時々、京都駅まで来るのですが
京都駅って意外に穴場で、私のところから電車で直通
そして、ちょっとした外出気分も味わえるし・・
なんといっても、いろんな国や町から人が集まってくる場所なので
いい気分転換にもなるのです・・
このルートがちょっと癖になってしまいそうです

で、この前来たとき、伊勢丹さんのシャネルで
以前は好きだった19番を久々につけてみたら・・
あの最後に残るアルコールの匂いがダメになっていました
生花みたいな自然な香りを探しているのですが
なかなかこれっていうのにめぐり合いません
いっそのことラベンダーやローズマリーの
アロマオイルでも付けたくなってしまいます・・(^^;

香りといえば、この頃は、毎朝、お香を焚いています
元々、夏になると、お香が焚きたくなるのですが
少し前に頂いたお香がとてもいい香りで
毎日それを焚くのが日課になっています・・
使っていないときでも、何かの拍子に沁みこんでいる香りが
どこからともなく漂ってきて・・・とても心地いいのです・・

結局、付けるコロンは見つからず・・
最近のものって、なぜか香りまで画一的で・・
よく『水の香り』と言われている、あの薄ぼんやりと甘い香りが苦手なのです
どれも、あの同じ香りがするようで・・・

駅からの帰り、お茶しなかった代わりに、ジュースバーで
店長お勧めという『ゴーヤとグヮバのジュース』を・・
飲んだとたん、ゴーヤの苦味が口いっぱいに・・(@@;
でも、すぐにその後、グヮバの甘さが・・・♪
後味もよくて癖になりそう^^
今度行くときの楽しみにします^^

最寄り駅に着くと、いつものおいしいパン屋さんへ・・
先日の花のお礼にしようと、おいしい食パンと黒豆パンを買う
お届けして、お昼を食べて、その後は、
今日発送しなくてはならないドレスを作りました

ラジオでは、昨夜のサッカーの話題で持ちきりでした
あいにく私は観ていないのですが・・(すみません;;

それよりも、サッカーの始まる前に放映されていた、
高島兄こと、高嶋 政宏さん演じておられた龍馬がとてもよくて!
このごろ、TVであまりお見かけしないけれど、
舞台にはよく出られているだけあって
上手な役者さんですね!!

NHK龍馬は観ていないのでわからないのですが
(ビフォーアフターとか、日曜美術館とか、裏番組が全部好きで・・;)
私の感受では、高島兄さんの龍馬、豪放磊落少し繊細・・
かなりかなりよかったです!
ちょっとファンになりそうでした(^^;

皆様、観られませんでしたか?

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:08| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

「まだまだいる庭の虫」

虫に好かれる庭・・
まだまだいます;
名前のわかったもの、わからないもの
あれこれUPしてみました
これって、もしかして、全部害虫でしょうか・・?

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「まだまだいる庭の虫」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

「夏服リメイクいろいろ♪」

リメイクのご紹介です
お気に入りだったスーツも、パンツスタイルが多くなり
ジャケットだけしか着なくなっている・・
というようなことはございませんか?

今日は、そんなスカートのリメイクや、
捨てられない御祖母様の手作りスーツを
何とか着ることができるように・・とご依頼のあった
リメイクをご紹介しております

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

「古いデザインの夏のスーツをリメイクする♪」

「スーツのスカートだけをリメイクする♪」

「スカートをスカーフにリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

「マロニエ発・昭和名曲アワー〜渡辺真知子【かもめが翔んだ日 】」

使い勝手はまだ慣れませんが、画面の美しさに驚きながらの更新です(^^;
画像編集とかもやりやすそうだし
間違いなくレベルアップはしているのですが・・・

何となくUPが億劫なときはYouTube(^^;
雨の続く毎日ですね・・
こんな日はどこか海の見えるガラス張りのカフェに入って
煙る海の風景などぼ〜〜っと見ていたいものです

前にも書いたと思うのですが、海の近くに住んだことがないので
海の生活に憧れるのです・・

それにしても、このメイク、ヘアスタイル、ファッション・・・
懐かしいですねぇ〜〜^^
私もこんな感じにしていていた時代がありました・・・;

フレアーのロングスカート、船底型のサンダル、
ピンクのルージュ、ブルーのアイシャドー・・
嗚呼〜〜懐かしの70年代・・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

「新しいパソコン」

実は今、真新しいパソコンでこの記事を書いています・・
今朝、パソコンに向かっているとき、余所見をしながら
何気に蓋の部分・(画面の液晶部分)をつまんだら・・・

あろうことか・・;
画面がパリンと音を立て・・・
画面右半分が見えなくなってしまったのでした・・・(><;;;

で、夕方街のPCショップに行って新しいのを買ったのですが・・
あ〜〜ほんと・・痛い出費(涙
こんなことって、あるんですね・・
なんだか、どれだけ指の力あるの・・っていう風に聞こえるでしょうが・・;
ほんと、軽くつまんだだけなのですけどねぇ・・・;

でも、部分的に、キーが打ちづらいところもあったし
そろそろ買い替え時ではあったのでしょうね

前のが古い型だったので使えないソフトなどもあるみたいで・・

キーも軽いので、使い勝手は慣れれば問題ないのでしょうが
今、一番勝手の違うのが、文字を消すとき、backspaceを押すのですが
前はこれを押すと、後ろの文字が消えていたのが
これは、前の文字が消えてしまうのです
これって何で?
なので、やたら打つのに時間がかかります
慣れないうちは大変ですが、何とか使えるようにしなくては・・・
機能は前のよりもよさそうなので・・
がんばります・・・;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:41| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「水玉模様のお洒落な虫」(BlogPet)

マロニエのこみち・・・。の「「水玉模様のお洒落な虫」」のまねしてかいてみるね

相変わらず、どうも虫を見ております結構獰猛な顔です・・こうして近くで見てみます結構獰猛な手足・・何ともお洒落な顔ですちょっと仮面ライダーみたい・何ともお洒落な手足・でも、あらゆる角度から不思議です・花と昆虫が仲間の水玉、どんな虫!でも、黒に歓喜してみます♪【マロニエ便り・(^^;それにしても、どんな虫さんでしょう?こちらに歓喜しましたときは、むしろ最もよく知られたカミキリムシの種類だそうです・花と昆虫が仲間の水玉、むしろ最もよく知られたたくさん撮ったブルーのビロードの種類だそうです(笑さて、そんなに珍しいというよりは、どんな虫にUPしましたときは、昆虫図鑑】「水玉模様のお洒落な虫」

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチマロ(BlogPet)

きのうプチマロくんが、継続しなかった?

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

「水玉模様のお洒落な虫」

相変わらず、どうも虫に好かれるわが庭です・・
でも、先日この虫を見たときは、久しぶりに歓喜しました
何て綺麗な虫!

でも調べてみると、そんなに珍しいというよりは、
むしろ最もよく知られたカミキリムシの種類だそうです・・・(^^;

それにしても、黒に白の水玉、紫がかったブルーのビロードのような手足・・
何ともお洒落な虫さんでした

たくさん撮ったので、あらゆる角度からUPしてみます
結構獰猛な顔です
ちょっと仮面ライダーみたい・・
こうして近くで見てみると、昆虫が仲間のように思えるから不思議です(笑

さて、どんな虫さんでしょう?
こちらにUPしております♪

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「水玉模様のお洒落な虫」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

「月下美人と君子蘭」

昨日今日と、頂き物をする日だったみたいで・・(^^;

今朝、いつものようにケイヨウをバス停まで送り帰ってくると
ご近所のご主人に出会いました
何となく、私が帰ってくるのを待っていらしたようなご様子・・

「奥さんのとこ、いつも綺麗に植木してはりますなぁ・・」
珍しくお声がかかりました
その後です・・
月下美人の鉢がたくさんあるので、ひとつ貰ってはくれないかと・・
確かにお家の前には、大きく育ったたくさんの鉢が並んでいます

多分、少し前に、同じくバス停の帰り、出会わしたご主人に
育てておられる紫陽花を褒めたことがきっかけになったのだと思います
今までほとんどお話しする機会もなかったので少しばかり驚きました

でも、そこは花好き同士・・
どんな花ですか?などと話が自然に進みます・・

あまりゴージャスな花は育てていないし、
こういう機会でもなければ育てることもない花だと思うので
いいんですか?そんな・・悪いし・・と、とりあえずは遠慮しながら(^^;
心の中では頂いてもいいかな〜というキブンになっていました

頂くことが決まったとたん、ならばこれもどうぞ・・と
ついでのように、君子蘭まで下さいました(^^;
月下美人のパンフのコピーもご丁寧に頂戴して・・・

玄関のところに置き、
今まで邪魔者になっていた鉢を受けるアイアンをつけてみたら
まるで誂えたようにぴったり・・(^^;

その後、奥様といつもよりもうれしそうにお話されているご主人の声が
わりと長い間聞こえてきました
とても仲のいい老夫婦です
娘の嫁ぎ先が決まったみたいにほっとされたのかもしれませんね

ご近所様ともまた新しい繋がりができてうれしいです
花や犬や子供の繋がりで、挨拶よりも少しだけ多い日常会話を
交わしあうご近所様もだんだん増えてきました
趣味ってほんとにいいものですね・・・

画像は下記にUPしています

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「月下美人と君子蘭」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

「麦とホップ<黒>なのだ」

先日に引き続き、ビールの話題で恐縮ですが・・;

実は、今日、うれしいことがあったのでした
昼間、玄関のチャイムの鳴る音・・・
佐川急便さんでした
今日、次の仕事の反物が入る予定になっていたので
てっきりそれだと思って開けましたら・・・

な!なんと・・・!♪
ビールのお届けものだったのです
それも、懸賞で当たった『麦とホップ<黒>』♪

飲物類は重いので、この頃は生協さんの宅配で
まとめてケースで買っているのですが(正しくは発泡酒;)
田村正和さんのCMに釣られ『麦とホップ』を買ったところ
缶に貼ってあるシールを6枚セットで送ると
限定の黒が当たるというではありませんか

前にも記事にしたように、小学生の頃は、
毎月のように懸賞に当たっていたラッキーな私・・・
でも、30代前半の頃に一度、宝くじ10万円に当たってからというもの
すっかりくじ運が途絶えてしまい(涙
生来のモノグサも手伝って、以来出すことなどなかったのですが・・・

麦とホップの紙ケースの裏側の懸賞応募の紙の
田村正和さんのあの眼差しが
「出しなさ〜い」
と優しく言って下さったのと、
最近口にしていない『黒』に惹かれ(^^;
いつになく小まめに缶のシールを剥がし・・
応募ハガキに貼って出したのでした(^^v
本当に出した甲斐があったというものでした

正和様、本当にありがとうございました♪
明日の晩は、冷たく冷やした黒ビールを頂くのだ
(正しくは発泡酒だけれど・・・^^;)

ちなみに、この箱に入っていた紙に
面白いこと書いてあります


麦とホップの専用コースターを箱から切り取って使えば、
ますますビールと間違えるうまさに。


箱を切り取って使うのですね
何となく、チープな感じがしないでもないけれど・・(^^;
応募ハガキもそうだったし・・エコですねぇ・・・^^

●画像つきの記事はこちらです・・・

【あとりえ便り・京都・マロニエ通りから】
「麦とホップ<黒>なのだ」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 飲物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

「画仙紙にあっさり&こってり」

喫茶ギャラリーの課題を、同じ紙に違うタッチで絵を描きました

まずはあっさり・・
新緑の中で絵を描く男性の絵です〜
シニアさんらしく地味な服を着ておられたので
今年流行のダンガリー&カンカン帽で少〜し若々しく・・

【京都マロニエお絵かき手帖】

第45回喫茶ギャラリー「絵を描く人」

こちらはかなりこってり・・
油絵風に遊んでみました
シエナという外国の風景・・
郷愁を誘われるような街ですね・・

第45回喫茶ギャラリー「シエナの坂道」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

「父の家」

次の日が父の日なので、土曜日に、父の住む徳島に行きました
定年後の住処にしている山の家です
高速バスを降りたとたん、亜熱帯の国かと思わせるような蒸し暑さ・・・
前日は大雨だったので懸念しましたが
雨に見舞われなかった分、降りそうで降らない湿気の多さと暑さには閉口しました

たくさん写真を撮ったのですが、うっかり操作ミスで消してしまい
かろうじて残った画像をUPします

最寄り駅まで車で迎えに来てくれました
だらだらと迂回しながら小高い山を登っていきます

家に着くと、鶯の啼き声がすぐ近くに聞こえていました
メジロやその他の知らない野鳥も次々に庭の木へとまりにきます

自生しているアザミの花・・
父が実を採ってくれた大きな枇杷の木の辺りに咲いていました

何の虫でしょう・・

書斎から寝室へ続く階段・・

育てている盆栽の一部・・
これは父が子供にくれた近影です
殆ど布袋さん状態・・(笑

父が立っている辺りから見下ろした風景です
吉野川の流れや町が一望できます

往復にかかる時間の方が、滞在時間よりも長いのです
いつかゆっくり来たいものです
3時間足らずの滞在でしたが、歳はとったものの
それなりに元気そうな姿を見ることができてよかったです
帰りも駅まで送ってもらいました
こんなニ車両の可愛い汽車で帰ります・・・

画像つきの記事は、こちらにUPしています

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「父の家」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 故郷の風景(徳島のこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

「久々父の家に帰省する」


昨日は久々父の山の家に、日帰り旅行をしておりました
そんなに日が開いたようには思っていなかったのですが
調べてみたら前回が2007年の6月17日;
・・ということで3年ぶりの帰省になります

相変わらず、趣味三昧の山の家
たくさんの盆栽の鉢に、犬、チャボなどの動物たち・・

前よりは数が減ったように感じましたが、賢そうな柴犬が何匹もいました
父はいわゆるブリーダーではありませんが
殆どが大会で入賞したような犬ばかり・・
見ていると、柴もいいなあ・・って・・
でも願望があっても、経済的に二匹飼うのは無理ですね

捕獲されたけれど行き場所に困っていたおサルのサブちゃんも
空いている犬小屋の中にいました
枇杷をあげると、器用に剥いて食べています
居つかれた家の方も困っておられたので
サブちゃんが可愛くて引き取りに行ったのだそうです

私が枇杷の枝を持ってヨソ見をしてる隙に、
私の手から枇杷を奪っていきました
そのときのおサルの手の感触・・
ひんやりと冷たくて、小さな人間の指みたい・・
なんだか親しみを覚えました
檻の外に出すことは出来ないようですが
そんなにストレスを感じている風もなく、お利口さんにしていました

父が柴犬の研究を始めたきっかけは、父がまだケイヨウくらいの歳の頃
山にあった親戚の家へお母さんに手を引かれ、テクテクと登っていくと
そこに何とも言いがたいような凛々しい柴犬がいて
将来は、こんな犬を飼える様になりたいという夢を抱いたのだそうです
父はその子の散歩をさせるのが楽しくて、山道を登り
いつもこの家に遊びに行っていたそうで
結局は山で好きな犬を飼うという夢を叶えたのですね

父の夢を理解できる父より10歳も年上の女性がいるのですが
この小母さんがこの冬体調を崩して少しだけ入院したので
小母さんの長女にあたる人が、大阪から週末月に一度
様子見がてら泊りがけで帰省しているそうで
昨日はこの人も一緒でした
歳も歳だし、もう何度会えるのかわからないのだから
月一くらいは来てやってくれと、父が言ったのだそうですが・・

昨日は、この小母さん二人にケイヨウが憎まれ口を叩きながら
一緒に楽しく遊んでもらい;
うだつの町や和紙工場など行きたいところはあったのですが
私はさっきのような父の昔話などを聞きながら
何処へも行かずに家にいました
ケイヨウに自分の写真を渡したり、私にお小遣いをくれたり・・
3年前よりは、父も小母さんも歳をとりました
父は末っ子ですが、ここ7年ほど、毎年兄姉の葬式があり
お姉さん一人と父だけが残りました
小母さんとよく似た優しくて気さくな大阪の娘さんと
この二人をやがては送らなくてはならないときが来るのだろうかと・・
今回はお天気のように、ちょっぴり心も湿りがちな帰省になりました

大木に梯子を渡して枇杷を採ってくれる父や
田舎の汽車の先頭で単線の線路を見ているケイヨウの写真など
私の操作ミスで殆ど消してしまい・・(;;
またまた悔しい思いをしております(涙;;
3年経つと、娘もボケが来ております(^^;
ともあれこれからは、もっと帰らなくてはと思いました

何とか残った写真は追々UPする予定です

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

「すずらんのあるテーブル」

喫茶ギャラリーに出た課題を自分なりにアレンジし
画仙紙にあっさり明るいタッチで描いてみました
久々のお気に入りになりました

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「すずらんのあるテーブル」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

「とりあえず20年」

今年のプレゼント

ここ数年、衣装をお作りさせて頂いているダンス部の女子高生たちに
今年の納品と共にお渡ししたプレゼントです
今年はシュシュを作ってみたのですが、
ちょうど自分たちで作ろうかと思っていたところだった・・
ということで、たいそう喜んで頂きました

昨日の記事にした紫陽花の花を頂いたのが12年前
思えば私もこのオーダー&リメイクの仕事を始め
もうそれだけの年月が経ったと言う事です
そして服飾の勉強を始めたのが20代の前半ですから
ファッションの世界に入ってからは、早いもので四半世紀が過ぎました
服を見れば、その型紙のおおよその形が頭の中に浮かびますし
生地を見たり触ったりすると、素材の混率もだいたいはわかります
10年続けてようやく一人前・・
学生時代、先生から確かこんな言葉をお聞きしたような記憶があります

そんな中、親族の結婚で思いがけず縁者となった某版画家の記事を
ネットであれこれ見ていたところ、とても興味深い文章に出会いました
お会いしたこともない方ですが、作品だけではなく
インタビューやエッセイの言葉から得るものが多いのです
その文の中から、特に印象深い箇所を抜粋してみました

・・・変転する24才の私は将来どうすべきか不安の中で悩んでいました。
「先生、私に絵の才能は有るのでしょうか?もし無ければ進路を考えなくてはと思います。」ある時、思い切って●●先生にお聞きしました。
「○○君、20年頑張ってみたまえ。それで芽が出なければ、君に才能が無かったのだと思う」と言われ何と無責任なことかと思いました。20年すれば私はすでに44才です。才能の無さに気付いても人生をやりなおす余裕は無いではないかと腹立たしく思いました。その時から、18年目の秋、昭和42年41才の時、・・・国際展で版画部門の大賞を受賞しました。(中略)●●先生に相談して18年目の不思議な巡り合せです。作家として生き残るのは才能だけではなくいつまでもやり続けられるかと言う事です。振返ると才能豊かな人達が次々と消えて行き制作を続けて来た自分が残ったということです。「20年頑張ってみろ」と言われた●●先生の言葉はそのことを経験された人生の達人の言葉であったのです。


24歳という年齢は、特に人生の節目で迷い多き年だと思います
あの『胸キュン』の舞台がまさしく私の24歳でした
また、とりあえず続けろという同じような内容の話を
私も学生時代のセミナ−で聞いたことがあります
学校に年一回、ファッション講座に来られるデザイナーの先生からでした
まさしく継続は力なりということでしょうか・・

この頃の仕事は、初めてのお客様からの問い合わせと同じくらい
あるいはそれ以上に、リピーター様や、その方のご紹介の仕事が増えています
納品後、すぐに感想のメールを下さる方もいらっしゃれば
何の連絡もないし、お気に召されなかったのかなと思っていたら
忘れた頃に、以前お願いしたものです・・とおっしゃって
追加のお仕事を下さったり・・
こういうときは、うれしいと同時にホッとします

手作りブームで若い作家さんたちも増えていますが
殆どはご自身の作りたいものを発表される形・・
私のように、主にその方のご要望に対応するというケースが
意外に少ないのかも知れませんし
またオートクチュールの先生方は、一様にお年を召され、定年の時期に来ています
まだまだフットワークの軽いこの年代
そしてケースバイケースの対応の出来る作り手は
意外に穴場なのかも知れません・・

ファッションの仕事は20年経ったけれど
オーダーメイドとリメイクの仕事はまだ12年
とりあえず20年の言葉に従い、まだまだこれからも
一から勉強・・頑張らなくては・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花火ってどこにあるかな(BlogPet)

プチマロくんは花火がほしいな。
花火ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「プチマロくん」が書きました。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

「墨田の花火の花色日記」

小さな鉢植えを頂いてから、今年で12年目になる【墨田の花火】
私が会社人から独立したときに頂戴した記念の花です

しばらく咲いてくれなかったので、寂しい思いをしていましたが
今年は今までのことが嘘のように、見事に花を咲かせてくれました

6月の始め頃から開花しましたが
この半月で随分色が変化しています
前はこんなだったかしら・・
ずっと白かったような気がしていたけれど・・・
ちょっと不思議な気持ちで観察しています
その変化を別館にUPしました

花の形(額の部分の装飾花)がよく見られる額紫陽花のような
スクエア型ではなく菱形なので
ちょっとエレガントな雰囲気がありますね・・

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「墨田の花火の花色日記」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:58| Comment(6) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

「仕事の前にクレヨンスケッチ」

月曜はPTAと授業参観
火曜は遠足でお弁当作りと15日の支払日
後は納品や打ち合わせの来客等々で、あれこれ慌しくしておりますが・・

仕事にかかる前に、入ってしまったお絵描きスイッチの虫を抑えるべく・・
何か一枚描きたい
でも、水彩絵の具を出す気力と時間はない・・
というときには、子供の使いふるしのクレヨンやクレパス
色鉛筆などで、マルマンのスケッチブックに
ささっと簡単スケッチをするのが丁度いいです

そんなわけで、昨日と今日描いた絵をまた別館にUPです

庭の花も日々変化・・
毛虫、羽虫の類の昆虫も色々・・;;
写真に撮っているので追々UPしたいところです
まずはこれから・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
●第45回喫茶ギャラリー 赤い車のある家
●第45回喫茶ギャラリー ベネチア  

posted by マロニエのこみち・・・。 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

「寸劇・わるガキびいる」

弟家族が遊びに来たとき
ケイへのお土産に面白いものをくれました
その名も『わるガキびいる』・・・

さて、どんなものでしょう?

その『わるガキびいる』始末記を、寸劇にしてみました
別館にUPしております♪

【あとりえ便り・京都・マロニエ通りから】
「寸劇・わるガキびいる」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

「中原淳一の少女を模写する」

ネット仲間展模写オフ会で、中原淳一さんの絵の模写を・・
というご要望があったので描いてみました
こういう機会でもない限り、なかなか描くこともないでしょう・・
尊敬する先生のこと、喜んでチャレンジしてみました
少し顔が細くなり夢二風が混じりましたが・・・;

中原淳一先生は、最も尊敬するデザイナーとして何度か記事にしています
恥ずかしくなるようなガチガチの記事ですが・・・

【京都マロニエ通りから・中原淳一さんのこと】

模写絵はこちらです

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする