2011年01月13日

「カットソーのパンツスーツをオーダーメイド♪」

秋口にUPしたこちらの記事をご高覧頂いたふくわうちさんから
このパターンを使ってパンツスーツを作って欲しいとのご依頼がありました
パンツのサイズはふくわうちさんサイズ(足長)にしております

このように、着こなしのアレンジが楽しめるので
私も生地違い、柄違い、丈違い等々・・あれこれ展開して重宝致しました
ちょっとしたセミフォーマル、パーティ用にも生地を換えれば似合います
これから梅春用にも、明るい生地でワンセット作りたいなと思っています

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「カットソーのパンツスーツをオーダーメイド♪」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ウールツウィードでワンピースをオーダーメイド♪」

先の記事でドレス一式をオーダーされたお客様から
続いてワンピースのお仕立てを賜りました

一見ジャケットとスカートに見えるイミテーションのワンピースです
作っているときは、少し地味かなと思ったりもしたのですが
流石にご自身で選ばれた生地だけあって
とてもお顔映りがよく、驚くほどにお似合いだったので
私もすごくうれしかったです
お孫様の結婚式のための上京に、着ていけるとたいへん喜んでおられました

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「ウールツウィードでワンピースをオーダーメイド♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

「京都・祇園・建仁寺」

えべっさんの喧騒を抜けて、静かな建仁寺に着きました
ここは、京都最古の禅寺であり、また、栄西禅師が中国から茶種を持ち帰り
喫茶の法を普及した「茶祖」の寺としても知られています
お庭の植え込みには、たくさんのお茶の木が使われています

さて、目的だった金澤翔子さんの書は、風神雷神図屏風のすぐ隣にありました
とてもダイナミックな素晴らしい作品で、擦れた墨が力強く今にも踊りだしそうです
少しコミカルな印象の国宝、俵屋宗達の絵も、ある意味真っ青・・という感じでした

金澤さんは、ときどきTVでもご紹介されていますのでご存知の方も多いかと存じます
プロフィールが書かれた額が置かれていました

金澤翔子さんは、わが子と同じダウン症をもった女性ですが
以前、TVの特集で拝見したとき、やさしいお顔の仏像に手を合わせながら
「お父様みたい・・」と、亡きお父様の面影を仏像に重ね合わせ
ボロボロと泣いておられる姿にとても心を打たれました
あのときから、私も翔子さんのファンになってしまいました
それにしても、800年を誇る、建仁寺の歴史でも初めての出来事で、
名だたる書道家を唸らせる翔子さんの書の価値は、
1000万円は下らないと言われているというのですから、本当に素晴らしいことですね!

さて、こちらは国宝の前のお庭を見ながら瞑想にふける(?)わが子です・・

国宝も鑑賞しております(常設はレプリカだそうですが、一応・・)

・・と思ったら・・あらあら・・(><;

開放された空間の美・・

あちこちに展示されている書や絵・・そしてお庭・・
本当に宝の宝庫のようなありがたい空間でした

お庭には、まだ雪が残っていました

美しいお庭は、こうして丁寧に人の手で守られています

昼下がりの部屋の光と影・・

法堂の双龍の絵
こちらは創建800年を記念し、小泉淳作画伯により、描かれたものだということです

こういうものは、時々子供に見せなければなりません
悪いことをすると、あの龍が飛んできて背中に乗せて連れて行く・・
と、脅し(笑)ますと、すぐにいい子になってくれますからありがたいです(笑

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「京都・祇園・建仁寺」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

「ドレス・ボレロ等々一式オーダーメイド♪」

初めてのお客様からオーダーメイドのご依頼がありました
東京にお住まいのお孫様が、
大学で音楽の先生をなさっているとのことなのですが
このお孫様のピアノコンサートに着て行かれるドレスを作りたいと
仕立て屋を探しておられたところ
お孫様がネットで当あとりえを見つけて下さり、
ご紹介頂いたとのことでした

サイズが小さめなので、
既製品では中々ぴったり来るお洋服が見つからないとのこと
同じような風合いの生地で仮縫い後、お仕立てさせて頂きました

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「ドレス・ボレロ等々一式オーダーメイド♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

「書初め展とえべっさん」

昨日1月9日、京都市の小学生書初め展があり
子供のお習字も入選したとのことでしたので、四条まで出かけました

JR線を東福寺で乗り換えて京阪電車に・・
途中、稲荷駅では、稲荷大社の参拝客で賑わっていました

書初め展の会場です

作品の前で記念撮影
なかなかユニークで力強い字だと親馬鹿評です

書と言えば、建仁寺の金澤翔子さんの風神雷神を拝見せねば・・と
思い立って、建仁寺に出かけました
前々から行ってみたいと思っていたのです
途中、四条大橋の様子です

橋を渡る前に、四条小橋の宝くじ売り場で、久しぶりにスクラッチを5枚買いました
実は、家を出て、駅に向かう途中、毎日お散歩で出会う
テリア系のミックスちゃんに出会ったのですが、この子、吠え犬です
吠えられるのは、いつものことと、そのまま通り過ぎたとき、
何となく後ろのふくらはぎの辺りに痛みが・・
後でズボンを上げて見てみたら、歯形が・・;;
吠え犬だけではなくて、噛み犬だったのですね;;
仕方なくそのまま電車に乗り、四条の薬屋さんで消毒液を買って会場のトイレで消毒し
ついでに災難にあったので、もしかしたらと、くじを買ってみたのでした
結果は、100円二枚とウサギさんの出てくるお年玉が1000円
200円のおつりが出て元が取れました(^^v
ここのくじ売り場、昔から私と相性がいいのです
10枚買っていたら、きっと10,000円くじが当たっていたはず(笑

さて、話は元に戻りまして・・(噛み痕ですか?痕は残っていますが、もう痛くありません)
祇園に入ると、人で賑わっておりました
そう・・えべっさんの日です

建仁寺に入る前に、えべっさんにお参りしようと、参道に向かいました
この通りすごい人・人・人・・・
道の両側に、露店が並んでいましたが、普段この通りでお店をなさっているところも
平台を並べておられ、いかにも京都祇園ならではの売物も出ていて
このお祭りの露店は、ちょっと楽しいと思いますよ

ようやくのことで、えべっさんの前に着きましたが
中は人で溢れかえっているのか動きません
多分、ここで30分は待たなければならないだろうとえべっさん参拝は諦めました(^^;
この通り、空も曇っています

このまま、まっすぐ通りを抜けて左折
建仁寺に向かいました
続きはまた後日・・

【京都・ぶら〜り。お散歩日和】
「書初め展とえべっさん」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

「小さくなったり穴の開いたニットをリメイク♪」

今日は、ニットリメイクのご紹介です
今シーズンの衣替えの時期にまとめてリメイクしました
一昨年、ケイヨウに作った赤いチョッキ
丈が短くなったのでリメイク♪
その他、穴の開いたセーターや、
同じ生地で作ったコーディネート用のパンツもUPしております

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「小さくなったり穴の開いたニットをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

「あしながおじさん」

編物と読書熱に火がつき、久しぶりに高校時代に戻ったようなこの頃です
読書といっても、新作、話題本を買って読むわけでもなく
今まで買っていながら積読だったものや
捨てきれずに残しているものを寝る前に開いたり
あるいは、先日お客様から更に二冊、合計4冊の著書を頂戴したものを
仕事の合間の気分転換に少しずつ拝読したり・・・
という程度ではあるのですが・・

そんな中、【あしながおじさん】【続・あしながおじさん】を読み終えました
私の小学生時代の愛読書のひとつです
どちらもユーモアと機知とチャレンジ精神に富んだ若く美しい女性が
困難に負けることなく人生を切り開き、
最後にはラッキーにめぐり合えるというシンデレラ物語
それを訳者の表現がとても愉快に引き出しています

ストーリーそのものも退屈しないで面白いのですが
中でも部分的に出てくる美しい服やインテリアを表現した箇所が
幼い私の想像力を膨らませ、今の仕事や趣味に繋がったのではないかと思うのです


それは、茶と黄の調和でなっております。壁は黄褐色に塗ってありましたので、
黄色いあや織り木綿のカーテンとクッション、
マホガニーの机(三ドルの中古品)それから籐椅子と、
中央にインキのしみのある茶色のじゅうたんとを買いました。
しみの上に椅子を置くことにいたしました。

サリーは薄い青色にペルシャ刺繍がしてあって、赤毛にたいそうよくうつりました。

淡いピンクのクレープデシンで黄ばんだ茶色のレースと
ばら色のしゅすの飾りがついていました
三人とも絹のくつしたに、しゅすの舞踏靴をはき、
それぞれドレスに調和した紗のスカーフをしました。



今読んでもワクワクしてしまいます
続・・の方は、ジュディ・アボットの親友、サリーが主人公となり
舞台となる孤児院の子どもたちのために、
ご近所の洋裁の得意な未亡人を連れてきてデザインさせ
各々好きな色で三枚の洋服を作らせるくだりなど
同じく思わず高揚してしまうのでした

さて、あまりにも有名なストーリーなのに
作者のジーン・ウェブスターの経歴までは知らなかったのですが
年譜を読んで驚愕しました

1876年、アメリカで、出版社の経営者である父と、
マーク・トウェインの姪に当り、作者の描く主人公のように
話し上手でユーモアに富んだ母の間に生まれ
幼少の頃から文学的雰囲気の中で育つ
バッサー大学で文学士の学位を得た後、
イタリアに遊学したり文筆を取ったりしたが
在学中に経営学の勉強に関連し、感化院や孤児院の視察をした際の経験が
この二冊を書かせる事になる
あしながおじさんは、作者、36才の作品
1915年、39歳で法律家と結婚、ニューヨークの中央公園の家庭で創作したり
マサチューセッツ州の農園でアヒルやキジを孵化させたりの道楽に興じ
幸福に暮らしていたが、結婚1年後、女児を早産
生まれたばかりの子供と共に40歳を目前にし、
多くの人に惜しまれながらこの世を去ってしまった・・・

読後、主人公や舞台を換え、たとえば赤毛のアンのように、
次々と続編を読んでみたい思いを募らせただけに、あまりにもショックでした
当時は、アメリカでさえも女性の参政権のない時代
まだまだ医療も発達しておらず、高齢出産も、早産も
母子共に命の危険を伴う大変なことだったのでしょう・・
あしながおじさん、そして続あしながおじさんは、
まさしく作家、ジーン・ウェブスター女史が
世に送り出した子供たちなのでしょう・・

改めて、この物語が、時代を超えて、人々に愛されることを願って止みません・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

「スカートをドローコードでリメイク♪」

モード系のデザインがお好きだという方から
スカートのリメイクをオーダー頂きました

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「スカートをドローコードでリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サイズの大きなウールトレンチをリメイク♪」

初めてのお客様からメールを頂戴いたしました

色々なHPを見て、一番素敵なリメイクをされていたので、
お試しリメイクをお願いしてみようとメールしました。


どうもありがとうございます
ウール地のトレンチコートです
あちこち詰めて、コンパクトにリメイクさせて頂きました

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「サイズの大きなウールトレンチをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

「お母様の大切なコートをリメイク♪」

お客様から大切なコートを御預かりいたしました
お母様のタンスの中で見つけたコート
ご自身も洋裁をされるとてもお洒落なお母様だそうで
大好きなコートをあれこれ買われては
大切にしまっておられたようです

このままにしておくには生地のクリティも高くもったいない
大好きなお母様のものだし着てあげたい
でも、デザインが古くて着られない・・
そんな思いのたくさん詰まったコートをリメイクさせて頂きました

シンプルなデザインがお好きということだったので
原型を生かしたままコンパクトに仕上げています

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「お母様の大切なコートをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

「古いフォーマルコートをリメイク♪」

引き続きコートのリメイク例をご紹介しています
バブル期に購入されたファー衿の黒いウールのコート
こちらもご多分に漏れず、大きな肩に分厚いパットが付いています
皆様も、もしかしたら、タンスの隅に
こんなコートをお持ちではないでしょうか?

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「古いフォーマルコートをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

「マロニエ家の年末年始」

年末から年始にかけてのマロニエ家の様子です

花背で編んできた大きな籠が大活躍です
生協さんで箱買いするジャガイモや玉葱
ご近所の農園で買うお野菜などが
ゴロゴロと入っています
後ろの白い籠の中の美味しいお林檎は
信州の方から頂戴したもの・・
今は残すところ数個のみです

年末にお歳暮代わりにあちこちお送りしたプチマフラーや靴下
編物は、やりだすと癖になります
左下のは父用

初詣のお餅つきと、その後は振る舞い餅を頂きました

年賀状と一緒に整理したお客様の住所録
ボロボロになったノートの表紙が気に入っていたので
そこだけ破って貼り付けました
新しく買ったマルマンのルーズリーフB5サイズ
可愛い色が何色もあって、
本当は全色まとめて大人買いしたいくらいなのですが
とりあえず、ピンクで・・
別売りしているインデックスもカラフルで楽しいです
表紙の絵、改めてみると申し合わせたように兎さんでした

いつもインコのルーシーの餌を換えるとき
残った餌や、粟穂を庭に置いておくのですが
たいていは、雀ちゃんがうれしそうに啄ばんでいます
先日、ふと外から帰ると、可愛らしいジョウビタキが
庭のあちこちを飛び跳ねているのを見かけました
我が家の庭も、野鳥たちに覚えてもらったようでうれしいです



【あとりえ便り・京都マロニエ通りから】
「マロニエ家の年末年始」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

「クラシックなロングコートをリメイク♪」

昨年も、たくさんのオーダーメイド&リメイクを頂戴し
ありがとうございました
今年も皆様に喜んで頂けるよう、
心を込めた丁寧な物作りを心がけたいと思っております
どうぞ相変わらずお引き立てのほど、よろしく御願い致します

さて、溜まりに溜まった作品群のご紹介も、
少しずつさせて頂ければと思っております
今シーズンも、たくさんのコートのリメイクをお預かりいたしました
まずは、クラシックなロングコートのリメイク例です

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「クラシックなロングコートをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

「雪の庭」

昨日は、いつもの神社に初詣・・
例年よりも、参拝客の列が倍ほど長くて驚きました
でも、帰り、お飾りなどを買っている人は殆ど見かけず
これも世相の反映でしょうか・・;

私は普段あまり買わないおみくじを買ったら
結構気になる結果が出て超ダメージです;
半日ドック、早く行きます(焦;

今日は、松ヶ崎の親戚の家で恒例の新年会
ケイヨウは上手になった独楽をご披露
得意げでした
北山は、やはりここ伏見区よりも冷えるようで
まだ大晦日の積雪が残っていました
こちらはもう殆ど解けてしまっています

別館に、元旦の日に撮った庭の雪をUPしました

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「雪の庭」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

「2011年元旦」

皆様

新年明けまして

おめでとうございます

本年もどうぞよろしく

御願い申し上げます
・・・


長らくご無沙汰してしまいました
頂いていたコメントへのお返事も大変遅くなりまして
申し訳ございませんでした
私どもは変わらず元気にしております
久々になりますが、近況報告です

●一大事
アナログな我が家もついに地デジ化されました
PCのプロバイダーが変わると何かと厄介なので
検討の結果、みやびじょん(J:COM)さんで御願いしました
他の業者さんだと4ヶ月待ちということでしたが
こちらは最短の4日、あっという間に工事も終了いたしました
今までは無縁だったBSや、その他のチャンネルをたくさん観る事ができ
少しTVの前に座る時間が増えている今日この頃です

●最近会った人
高校時代の友人と30年ぶりに再会です
手作り市に出展しているかと、わざわざ来てくれました
あちらは今年大学に入学する一番下のお嬢様と一緒に・・
私はまだまだ子育て進行中です;;

●たいへんだったこと
年賀状、結局200枚買いました
宛名は手書きで・・
お客様名簿にしていた古い紙製のノートがボロボロになったため
ルーズリーフに変えて書き換えました
年賀状とファイルの整理に、丸三日もかかりました(^^;

●はまっていること
ここだけタイムスリップしたみたいで
最初は微かに抵抗があったのですが
いったん目にしてしまうと、まんまと思うツボでした;;
あの懐かしのTV番組【夜のヒットスタジオ】
フジテレビTWOのチャンネルにて・・
70年代当時のファッション、懐かしのアイドルたちとその歌声、
そして何より芳村真理さんの素敵なお姿・・
ついついチャンネルを合わせてしまいます・・

●お仕事以外で作ったもの
久しぶりに編物熱が復活しました
昨年暮れに編んだもの・・・
ケイヨウのベスト、帽子、手袋、
お世話になった方々へのプレゼントの用プチマフラー8本&ソックス一足
人形のニットワンピー

●読んでいる本
【あしながおじさん】【続・あしながおじさん】
少女時代の本をまた手にとって・・
今、続・・の真ん中辺りです
大人になって読むあしながおじさん、それなりに面白いものです

●最近買ったCD
藤沢嵐子さんのタンゴ
(珍しいものを見つけたので即買、素晴らしいです)
小鳩くるみさんの唱歌&童謡、眞理ヨシコさんの童謡
この二点はサンタさんとして子供用に・・
といいながらも結局は親の趣味です(^^;

●よかった映画
最近といっても古いものですが・・・;;
TVで【ショコラ】を観ました
クラシックなファッション、ヨーロッパの町並み、美しい映像と音楽
シンプルで後味の良いストーリー、超豪華なキャスト
全て私好みの映画でした

●最近美味しかったもの
信州からお送り頂いた蜜入り林檎、
茨城県ひたちなか市、K様からの干し芋、
末弟が母に送ってきた和三盆のバームクーヘン、
父から箱で送られてきた徳島の甘い有機みかん、
母の群馬のお友達から、皇室献納米【雪ほたか】5kg、
ご近所のご主人に頂いたおせんべい
招徳酒造のにごり新酒(こちらは生協さんで買いました)等々

●頂き物でうれしかったもの
同じくご近所のご主人からの温泉の湯、
お客様の著書二冊、産婦人科の先生からです
仕事絡みでも、不思議なご縁がしばしばあります

地デジ用テレビを買った電気屋さんに頂いた中古のビデオデッキ
眠っていたビデオも鑑賞できるようになりました♪

そして今朝届いたお年賀状、クリスマスカード、メール等々・・
皆様、ありがとうございました

●新年の抱負
とうとう半世紀も生きてしまいました(笑
瞳に輝きを・・唇に笑みを・・心には美しい花束を・・・
いつまで経っても10代の乙女心を失わないように努力したい所存です

結局一年以上も空いてしまっていたケイヨウのお絵かき教室に
昨年暮れ、久しぶりに行ってきました
相変わらずの穏やかで優しい空気に和みました
ケイヨウも喜んで、4枚も一気に仕上げました
今年は最低でも月一は通うようにしたいと思っています
旧三条通のレトロな街並みも撮っているので
そのうちUPしなければ・・;

最低5kgのダイエット・・(嗚呼・・・;;)


・・・こちらに新年のマロニエ家の様子をUPしました

【あとりえ便り・京都マロニエ通りから】
「2011年元旦」


では改めまして、今年も一年、よろしくお付き合い下さいませ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。