2011年03月21日

「一日ぶらりと・・・」

今日は、朝から出かけていました
今さっき、夕食を買い込んで帰ってきたところです

会っていたのは大阪で生まれ、東京に嫁に行っている『勝間南京』

この『勝間南京』とは、大阪のナイスな女性のことで
以前、この話をどこかで書いたのでリンクしようと思ったのですが
とにかく当ブログの投稿数は、この記事でもって1996回
もうすぐ2000回になります(^^;
なので、思い出話、ファッション、プロフィールなどのカテゴリー
あるいは勝間南京で検索したのですが、出てきませんでした
ご存知の方がおられたら、逆に私に教えて欲しいくらいです(^^;

東京は、この地震以来、色々大変なようで
彼女もいわゆる『疎開組』
子供たちを連れてひとまず実家に帰っています

久しぶりに二人でゆっくり積もる話をし、食事やお茶
そして清水や高台寺辺りを散策しました
気のおけない友人というものは、
ブランクがどれだけ開いていてもいいものですね

撮ってきた写真は後日UPということで、
今日は私も一日仕事やここ暫くの混沌とした状況から一時『疎開』し
久々にゆっくりと楽しんで参りました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:36| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

「BBSで情報交換」

以前、連日のように、千昌夫さんの歌やプロフィールをUPして
失笑をかったことがあったかと思うのですが・・・;;

岩手県といえば、千昌夫さん・・
震災のときは大丈夫だったのかと検索してみました
千さんはご無事で、
東京から、この頃は、故郷の陸前高田市に戻られていたと言うお母様も
ご無事の確認ができたそうです
本当によかったです

今、千さんのH・PのBBSは、被災地の方々の情報交換の場として開放されています
拝見してみましたら、リアルな安否確認等々が
かなり活発に飛び交っておりました
大切な人の無事を願う祈りのようなメッセージに胸が締め付けられ
また、無事が確認できた喜びの声にほっとする思いです

千さんご自身からのメッセージも、BBSのコメントの中にありました
他にもたくさん、ご自身のH・Pやブログを、
今回の震災のための情報交換場所に
開放されている有名人の方がおられるようですが
とてもいい試みだと思いました

千 昌夫 公式ホームページ

どうか一日も早く、被災地が復旧しますように・・・
例え、元の姿には戻れないとしても・・・
大切な故郷で、大切な人々と集える日が来ますように・・・
一日も早く、千さんが故郷で
チャリティーコンサートを開けますように・・・

しつこいようですが、またまた私の大好きなこの曲を
皆様の幸福を祈りつつ、貼り付けます


posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

「ありがとう」

「ありがとう」という言葉を聞きたいから・・
「ありがとう」って言いたいから・・・

こうして生きていられるのかも・・・
そしてこれからも皆と一緒に
前を向いて歩いていきたいと願えるのかも・・・

「ありがとう」の言葉がとても染みた日でした
改めて思いました
この道を、こうして歩いてきてよかったと・・・

そういえば・・・
少し前に読み返した幼い頃の愛読書
【あしながおじさん】
あの続編の中で、孤児たちに、もっと素敵な服を着せるため
呼び寄せられた洋裁の得意な未亡人のくだりが
ずっとずっと忘れられずにいたけれど・・・

お客様はもちろん第一
私の大切なお仕事・・・
でも、それとは別に、何か私にできることはないのかと
ずっとずっと・・・頭の奥の方で考えていた

今回のことで、それらがぴったり重なった
何だかうれしくなってきた
これからも一歩、そしてまた一歩・・・
ゆっくりと、夢を見ながら歩めそうです

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

「卒業の季節・・・最後の校歌」

今日、ケイヨウの学校は、小学部、中学部の卒業式でした
給食がないので、学童用のお弁当を持たせてスクールバスに乗せました

その後、家に帰り、ペットタクシーを利用してノアールを病院へ・・
抜糸とワクチン接種をし、ひとまず安心致しました
術後、とても元気で、餌の時間になると、以前のように飛び跳ねています

その後は、いつものようにラジオ放送を聴きながらの仕事・・
まだまだ自粛モードで、被災地へのメッセージが続いています
私がいつも聴いているABCラジオは、パソコンのラジコというシステムで
今だけ全国の方々に放送が届くそうです
被災地で、パソコンの開通した方、ぜひとも関西からの応援の声を聞いて頂き
少しでも励みにして頂けたら・・・
あるいは、情報交換の場に出来たら・・と思います
そんな声に元気付けられたと言う東北の方のメールが
今日も届いておりました・・・

そんな中、ニュースの時間に読まれたこの記事に
しばらくの間、涙が止まりませんでした
今も読んで涙が止まりません
生徒さんも、ご父兄も、先生も無念でしょう・・
卒業式が延期されたところもあると聞きます

どうかこれからの人生、前向きに力いっぱい歩んで下さい

〜〜目潤ませ、最後の校歌 大船渡の小学校が卒業式〜〜
2011.3.18 12:08  産経新聞社

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

「今できること、この先できること」

先日、「願いと祈り。」のメッセージを教えて下さったトマトさんが
更にこんな記事をご紹介して下さいました

16年前の阪神淡路大震災のとき、高校生だった著者が
貴重な体験談を記事にされています
トマトさんのおっしゃるとおり、
確かに読むだけで心に響く素敵な文章でした

今自分たちに何ができるのか・・
被災地の現状を知らされるたびに考えつつも
何も出来ないことに情けなくなる現状ですが
微力ながらの義捐金、お声かけ等々・・
できることから少しずつ・・の思いです

そして、できることを考える時間は今だけではありません
復興には時間がかかります
今出来なくても、この先できることを考えながら
いつも心に留めておくことが、とても大切だと思っています

March 14, 2011
被災者の役に立ちたいと考えている優しい若者たちへ
〜僕の浅はかな経験談〜

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:34| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「被災地の方々、その後」

皆様、昨日は私の愚痴にお付き合い頂きましてありがとうございました
私の恨み(笑)が通じたのか、新郎の父親から電話があり
このような状況の中、来て頂かなくても良いからと
労いの言葉があったそうで
ようやく母も気兼ねなく、欠席することができるそうです
どう言って聞かせても聞かず、
結局いつも言いたくもない嫌なことを言わせられる羽目になる
悪役専門の私ですが(憤)何とか我が家の緊急事態は治まりました
ありがとうございました

心配していた東京、やまきさんのご実家は、
残念ながらたいへんな結果になってしまったそうなので、
かけるお声も見つからない状況ですが
ご両親、お祖母様もご無事だそうで、本当によかったと少し安心致しました

とうもろこし人形の木村さんもご無事ですが、まだまだ余震の続く中、
ライフラインの完全復旧の目処もたたないたいへんなご様子ですが、
何とかご不便ながら、ご自宅での生活に戻られたとご連絡を頂きました
お体大切に頑張って下さいとしかいえない状況がモドカシイ限りですが
何とか本当に地震の治まるのを祈るばかりです

福島県、郡山市にお住まいの、画家のvasenoirさんも
大変な状況の中、気丈に頑張っておられるご様子です
予定されていた東京での個展
ご予定通り、現在開催中とのことで、そのパワーと熱意に驚かされています

場所はJR山手線 大塚駅 南口、老舗のお菓子や柏屋さんの2階
「アトリエかしわ」さん (TEL〜03−3984−5301)
3月17日〜22日まで
本当に心癒される美しい絵、vasenoirさんも会場におられるそうです
春からは東京教室も開講のご予定です
どうか頑張って、私たちにこれからも夢を与え続けて頂きたいと願っております

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

「子供にはビデオを」

毎日、色んなところからメルマガが届くのですが
あまり読まずに削除してしまうことが殆どです
でも、今朝届いたメルマガには、
なるほど・・確かに・・
と思うことが書かれていたので
以下、そのまま一部コピペさせて頂きます

このような災害時における子供への対処・・
一見、過剰なことのように思われるかもしれませんが
報道番組があまりにも横並びしている今の状況では
このような配慮も必要だと思いました

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
親にしかできない幸せ英才教育
「旬教育」のススメ みんな太陽の子 2011.3.16        
━━━━━━━━━━ http://www.taiyonoko.com ━━━☆☆★


親野智可等先生のメールマガジンに、
子ども達への精神的フォローについて、
大変重要な記載がありました。
旬教育としてもまったく同感ですので、ぜひご考慮ください。

・・・・・・ここから親野先生のメールマガジン引用・……

http://archive.mag2.com/0000119482/20110313230627000.html
親力1376より

以下は、小児科の医師turubabaさんのツイッターからの引用です。
https://twitter.com/turubaba

ここから〜〜〜〜〜〜〜

子供さんのいるご家庭はニュースを見るのはやめましょう。
子供たちの顔を見ていてあげて、話しかけてあげてください。
今は大丈夫でも、後で熱を出したり
おなかを壊したりするかもしれません、ストレスで。

今日の診療中、ストレスを抱えている子供たちが多数受診。
皆さん、テレビを消しましょう。
せめて、楽しい番組の録画を見せてあげましょう。
みんな目がきょろきょろして落ち着きがなかったです。

診察中、個室でお気に入りの映像を楽しめるので
みんな目がきらきらしていました。
うれしそうにビデオを見ていました。

診察終わっても帰りたがらない子が多いのです。
おうちでは楽しいビデオを見せてあげましょう。
情報はインターネットでどうぞ。

ここまで〜〜〜〜〜〜〜

私も同感です。
地震、津波、原発に関するテレビ番組を
この数日間ずっと見ていたご家庭も多いと思います。

それによって、かなりのストレスを
溜め込んでいる子どもも多いと思われます。
子どもたちへのご配慮をお願いいたします。

災害や事故で命をなくしたり家族をなくしたりすることについて、
不安を感じている子も多いと思います。

そういうことを話してきたら、まずは
「こわいんだね。心配なんだね」と共感的に
たっぷり聞いてあげてください。

その後で、「だいじょうぶだよ」と言って
安心させてあげるといいと思います。
抱きしめてあげるのもいいでしょう。
とにかく、安心して安らかに過ごせるようにしてあげてください。

・・・・・・・ ここまで親野先生のメールマガジンを引用・・・・・・

旬教育では、ダイレクトにショッキングな映像や刺激が強い映像が
流れることを考慮して、小さな子どもには、
TVを極力見せないことをすすめています。

特にニュースの映像は、
予告なしにショッキングな映像が流れることも多く、
小さい子どもがいるご家庭では注意が必要です。

小さな子どもの脳は、視界に入るものを、
それが映像であろうとパーチャルであろうと、
そのまま自分に起きた現実ととらえる傾向があるという説もあるため、
子どもの視界に入るものについては
慎重になっていただきたいと、お伝えしています。

実際、コンサルティングなどでも、
ニュースやドラマの残虐な映像を見てから、
おねしょをするようになったり、
夜中にうなされたり眠れなくなるというケースが多くあるのです。

大人である私たちは、ニュースを見ることで、
リアルタイムに様々な情報を入手する必要があることも多いため、
今、同じ国内で起きている現実を、子どもにもきちんと見せることが
大切と考えておられる方も多いようです。

しかし、子どもは大人に比べてはるかに感受性が強く、
ストレスを上手に発散したり、コントロールする術を知りません。

被害にあわれた方達の苦しみや悲しみに思いをはせることは、勿論大切です。
しかし、それは、実際に映像を直面しても冷静に自分の気持ちや
ストレスを処理できる年齢になってからで、遅くはありません。
むしろ大切なのは、「今、自分達にできることをする」姿を
親が見せることだと思います。

節電する。ガソリンや灯油の使用量を控える。
必要以上の食品や生活物資の買いだめをしない。
募金を行うなどの行動を通じて、
困っている人達の力になろうとすることが、
幼い子どもには適切だと思います。

映像から受けた強い不安や恐怖体験が、
トラウマになるケースが多いことはとは、よく知られています。
私が一番心配なのは、今後子ども達が成長した後で、非常事態に遭遇した際、
トラウマが引き起こすパニックや体調不良などによって、
冷静な対応ができなくなることです。

すでに長時間映像を見せてしまった方については、
ぜひ子どもの不安な気持ちや恐怖心を受け止めて、
それを取り除いてあげてください。
そして、スキンシップなどの肌のぬくもりを通じて、
子どもに安心感を与えてあげてください。

小学校低学年くらいまでの小さい子どもならば、
ひざにのせて絵本を読んであげる。
高学年以上ならば、手をにぎったり、身体をくっつけて座り、
話しをするだけでもかまいません。
身体のどこか一部が触れているだけで、子どもは安心するものなのです。
子どもの不安を取り除いてあげられるよう、
ぜひともこころがけていただきたくお願いいたします。

また、関東地方では、買い占めなどにより、
現在主要な食料品やペーパー類が入手困難となっています。
交通機関の麻痺などにより、
物資の輸送が滞るのではという不安からだと思いますが、政府も
「国内の食料の供給能力について、全体では十分に確保されている。
(国民は)冷静に対応していただきたい」
と、買い占めなどを行わないように呼びかけています。

複数の方達からの情報によると、実際私の地元の西日本では、
物資不足は起きていないようです。

前回のメールマガジンに記載しましたように、
非常事態に備えて最低限の備えは必要ですが、
混乱の元になる必要以上の買い占めは、やめましょうね。

最後に募金ができるサイトを下記にご紹介しておきます。
クレジットカードを使用して、
ネットから即募金できるシステムもありますので、ご利用ください。

●グーグル
http://goo.gl/saigai

●楽天
http://www.rakuten-bank.co.jp/company/contribution/110313/

●Edy
http://www.edy.jp/volunteer/touhoku/index.html

●Tポイント募金ガイド
http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88

●Yahoo!ボランティア
http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

●毎日新聞社会事業団
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110312k0000e040093000c.html

●日本赤十字社
http://www.jrc.or.jp/

●日本ユネスコ協会連盟
http://www.unesco.jp/contents/feature/feature_ct.php?id=183

posted by マロニエのこみち・・・。 at 08:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

「こんなときに何なのですが・・」

こんな国の一大事に何なのですが・・・

私は普段、愚痴を言うタイプの人間ではないのですが、
今月に入って以来、精神的&金銭的負担が大きすぎて
愚痴らずにはいられない心境です

まず、ドックで引っかかっていた私自身の再検査の結果は
今日聞いてきて大丈夫でした
これは前にも同じようなことがあったので
それほど心配の種ではなかったのですが、ひとまずはホッとしました

ノアールさんその後・・
手術以来、前と同じく、恐ろしいほどの食欲です(^^;
でも、彼女、今すごく痩せているので、
食欲があることはとてもいいことなのですが
何と言っても術後まだ一週間経っていないので
まだまだ用心が必要です

それと、今回のことで、脚用のサプリを飲ませていなかったせいか
お散歩中、何となく足のもつれが気になります
このまま、また、立てなくなったら・・
不安がつのります
それと、昼間、お腹が鳴っていたので、もしかしてガス?癒着?と
心配の種はまだすっきりと消えてはくれません

でも、今もお散歩に行ってきたところですが
家に入ろうとした瞬間、向こうから同じくビーグル犬とパグ犬を連れた
高校生くらいのギャル(死語?^^;)二人が
ノアールを見て『わ〜〜カワイイ〜〜!』と叫んでいました
お婆さんになっても、私の贔屓目だけではなく
多分この子は美犬なのだとわかりました(←親バカ・笑)

そして、一番今負担になっていること
実は身内の恥を晒すようで実にお恥ずかしい話なのですが
今週土曜日に、親戚の男の子の結婚式が東京であるのです
母の従姉妹にあたる伯母の孫息子です
伯母も伯父も、その子の母親も既に故人なので
母が親族代表で出席し、今週の金曜日から東京入り、
土曜が挙式&披露宴で、金と土、東京のホテルで宿泊の予定でした
ところが、今回のこの大地震・・・
首都圏は節電で、交通網も規制され、
まだまだ余震の可能性があるという一大事です
なのに、今のところ、披露宴のキャンセルの連絡は来ていません
今日、気になるのでホテルに電話を入れると
こういう事態なのでキャンセルは仕方ありません
今は、新郎新婦からのご連絡をお待ちしております・・
とのことでした

新郎は、10人中10人誰でも知っていそうな外資系飲食企業の店長で
普段でもなかなか休みが取れないそうなので
今回の挙式も、多分、調整に調整を重ねた結果なのでしょうし
当人にとってみれば、人生の一大事・・
お相手の方の思いもあるので、他人の介入できる事柄でもありません

それでも、こんなときに、挙式と披露宴を・・・
余震の心配のある場所で・・・するべきでしょうか?
この頃母は、体は健康なのですが、耳がかなり遠く
ケイヨウを迎えるために、玄関の隣の部屋にいても
ドアを閉めていたら、チャイムが聞こえない状態
いつも私が、仕事の手を止め、下に下りて迎えます
補聴器は持っていません

ただでさえ、一人で行かせるのは心配なくらいなのに
こんな非常時に、送り出す私の気持ちもわかって欲しい
式はお台場、宿泊するホテルは烏森口です
この間の交通網は大丈夫でしょうか?

私が欠席すると言ってあげようか?と言っても
そんなことをしたら、親戚付き合いがなくなると、
母は気が進まないと言いながらも言えない状態・・
おまけに今、母には、健康保険証がありません
今、私の国保に入る手続きをしているところなのですが
まだ書類が揃っていないので、加入できていない状態です

私は何としても、行くのを止めさせようと思っているのですが
これっておかしいでしょうか?

今日は朝から原発のニュース
東京にも放射能が計測されたとか??
益々気が重くなります
でも、これに関しては、日本国民全体の不安材料
とにかく私たちは、祈るしか手立てがありません・・

今、私の癒しは、あと数日で皆勤賞になる親孝行な息子と
そして私の仕事を待って下さるお客様
今はまだ元気な老鳥のルーシー君
そして、このところお気に入りの、
どうやら精神安定に良いらしいというカモミールティーを味わう時間・・

このような愚痴は、被災地の皆様や、
救援活動をなさっている方々のことを考えたら
どうだっていいじゃんと言われてしまうようなレベルであることは・・
重々承知なのですが・・

今もノイローゼにならないために(笑
カモミールティーを頂きながらの投稿です

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:36| Comment(8) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

「願いと祈り。」

震災にあわれた方の安否、その後の被災地の様子が気がかりな中
それでも今月は、公私共にしなければならない課題が山積状態で
ひたすら黙々と予定とノルマをこなす毎日です

そんな中、ブログにも時々コメントをお寄せ頂くあとりえのお客様
トマトさんから、こちらのサイトを掲載して欲しいとのご依頼がありました

マスコミの報道も、同じ映像が何度も流れ
被災地の現状や、今、本当に求められている生の声が
いまいち伝わらずもどかしい限り・・
もっとこのような切実な訴えが届けられたらと思います

以下、サイトからのコピペです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2011-03-12 22:20
■願いと祈り。


岩手出身のものです。
今回はみなさんに伝えたいことがあり、書かせていただきました。
ぜひ、読んでいただきたいです。

みなさんに、お願いがあります。
まずは、節電をお願いします。
切実にお願いします。
そして、1番お願いしたいのは、
電話回線を用いた電話をぜひ控えていただきたいです。

わりと繋がるようにはなりましたが、まだ緊急に必要としている人がいます。
命からがら、残りわずかのバッテリーで、
被災地から救助を求める電話を必死にしている人がいるかもしれません。

自分がかけようとしてる電話は、命に関わるモノか、少しだけ考えてください。
あなたの使った、たった1分の電話回線で助かる人がいるかもしれません。
誰かの安否を案ずる場合は、インターネットの安否確認のサービスを。

コレを見ている方は、最低限のインターネットが使えるはずです。
連絡手段は、電話やメールより、Twitterを始め
Skypeやmixi、facebook、Viberなどの
ネット回線の方が圧倒的に繋がりやすいです。
使える方は、ネット回線を有効に使ってください。

特にも東北は、高齢者が多いです。
インターネットにうとく、電話に頼るしかないお年寄りも多いんです。
その方々のためにも連絡手段を譲ってください。

私も実家と連絡を取りたいですが、向こうが停電中というコトもあり、
バッテリーの残りも考え、メールで何通かやり取りしただけです。
電話は、全国が落ち着いたら、改めてしよう。と約束しました。

私の両親は、携帯電話は使えますが、携帯用充電器の存在や、
車での充電など、私たちが当たり前のコトも知りません。
教えたところで、モノが手に入らないんです。
そんな人たちが電話をかけたい時に、
繋がらないコトによるバッテリーの消耗を極力減らしたいんです。

だから、お願いします。
私たちの世代は、ネット回線をフル活用してください。
わからなければ、少し勉強してください。
わかる人に聞いて下さい。
そして、大事なコトは、ネットに出回る情報を、きちんと判断してください。

デマも流れている現状です。
混乱せずに、判断してください。
誇張したり、事実が歪んでいるケースも多々あると思います。
情報化社会にいるからこそ、見分ける目を。

そして、日本人であるコトに誇りを持ってね。
日本人は、本当にすごい民族だよ。

それから、日本に住む外国籍の方を含む、日本で暮らし、
日本の心をもつすべての方々にも同じく敬意を。

また、異国の地で不安な思いをされている海外旅行者のみなさんにも。
外国語が出来なくてもぜひ声をかけてあげてください。
『Are you ok?』だけでもいい。
異国での戸惑いははかり知れません。

みんなで声かけあおうね。
一人で震えないように。

最後にもし届くなら。
マスコミの方々へ。
CMも挟まず、24時間休まずの、必死な報道ありがとうございます。
お疲れさまです。

しかし、もし声が届くなら。
どれだけ被害がひどいかや、被災者の様子だけではなく、
避難した方々がどう動いて、どこに行けばいいかを。
これからのコトを教えてください。

地元でラジオにかじりつく人は、それをきっと求めています。

被災地の方々は、被災地のリアルを、マスコミよりも知っています。
帰宅難民の方々は、何よりも交通情報と避難場所を求めています。

被災状況の把握も大切です。
だけど、被災者に寄り添った報道を、今以上にしていただきたいです。
もちろん、心からの敬意を込めて。

ネットにはデマも流れます。
被災者はこれからどうすればいいか。
避難所の案内や、救援物資などの配給場所、
行われているサービス、伝えていただきたいです。

そして被災地から離れて、被害が軽かった人たちには何が出来るか。
なにかしたくても、何をすればいいかわからずにいる人たちには、何が出来るか。

きっかけがあれば人は動きます。
スタート地点に誘導してください。
この震災のなか。必死に休まず働いてくれている方々。
ありがとうございます。
感謝と敬意を込めて。

続く大きな余震。
地震酔いに気を付けてください。
読んでいただいて、ありがとうございました。

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

「無事祈念」

地震の被害が拡大しているようで心配です
ひたちなか市のK様、大船渡にお住まいのYさんのご両親様とご親族の皆様、
郡山市のM様、そして皆々様、どうかご無事でおられますよう・・

気が気でないのに何もできないことがもどかしいです
この地震が早く治まりますように祈ります

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

「その後の様子とうれしい便り」

8日は朝からノアールのお見舞い
昨日は、私のドックの再検査で朝から病院
今日、ようやく心静かに(^^;
静かな朝を迎えています

ノアールは、行ったとき、点滴中でした
いつもほどの元気はありませんが、術後の経過も順調です
少しだけ、一緒にお散歩をしました
気になっていた前脚の腋下の脂肪腫も、
先生に伺うと大丈夫だとおっしゃるので、
モヤモヤしていた心配事が消えました

私自身の再検査は、前から定期的に検査が必要なところだったので
今回のドックのついでに診て頂くことができてよかったです
こちらも結果を来週訊きに行かなくてはなりませんが
多分大丈夫ですが念のためということなので、私も心配はしていません

今月は、そんなこんなの病院通い
ノアールもまだ抜糸とワクチン接種が残っています
20日過ぎにはケイヨウの定期健診が3つも・・;;
3月は、春からの活動に向けてのメンテナンス月ということで割り切って
今はひたすら黙々と課題をこなす毎日です(^^;

そんな何となく慌しい我が家ですが、
昨日ほんわかとするようなお便りがありました

昨年の晩秋、京都の北のはずれの花背という山里に
クリスマスのリースとアケビの籠作りに行ったのは
前にご報告させて頂いたと思うのですが
あの帰り、バス停で、一緒にバスを待っていた
同じくこの会に参加されていたお爺さんをケイヨウが写真に撮っていて、
「写真撮ってるの^^ できたら送ってくれや」
とおっしゃるので、このとき一緒に撮った風景写真なども
年末、数枚お送りしていました
その後、ご連絡はなかったのですが、昨日そのお爺さんから
ご自身の著作であるお住まいになっている日野と言う町のことを書かれた本と
図書カードと、近況や、所有されている農園のこと、
そして、今、猪を捕獲する柵を作っているので
秋に猪が獲れたら、牡丹鍋かバーベキュー、
そして柿とりや、いも掘りに遊びに来なさいという
とてもうれしいお便りが届きました^^

あの時は、ワンカップ片手でヨボヨボの、
ちょっとあぶないお爺さんでしたが(笑
あのような物作りのセミナーを市民新聞で見つけては
お一人で参加されているという面白いお爺さんだったのですが
想像通りの愉快な方でした
今は、二作目を編集中だということです
秋にはもしかしたら、その本のお披露目パーティでしょうか^^
もちろんその節には私たちも、遠慮なく(笑
バーベキューに参加させて頂きたいと思っています

秋が楽しみ(^^v

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

「ノアール緊急手術」

3月2日の夜に嘔吐し、それ以来、
病院通いをしても一向に埒が明かなかったノアールでしたが
今朝、この子が生まれたときに通っていた病院へ
少し遠いのですが思い切って連れて行きました

先生は私と同じ年齢の、厳しいけれど、とても動物好きの優しい先生です
行くといつも丁寧に診て下さり、飼い主のケアが悪ければ
少し厭味を言いながら冷たく注意なさるとてもいい先生でした
この先生のところに連れて行ってどうにもならなかったら
諦めるしかないと意を決して行ったのでした
多分、ノアールを溺愛していたパパもそう言ってくれると思いました

本当に久しぶりの懐かしい病院
ノアールは流石に覚えていない様子でしたが
先生も、再会をうれしそうに、そして真剣に私の話を聞いてくださり
エコーとレントゲン撮影
今までの先生は全く取り合ってくれなかった腸閉塞の予測
原因は秋口に飲み込んだ靴下のせいだろうと思っていましたが
やはりその通りでした

このままだと死んでしまうので、手術しましょうということに・・
よく聞く老犬の麻酔のリスクを訊いてみると
先の血液検査の数値を見る限り、健康な犬なので
問題はないでしょうということ
ホッと肩の荷がおりた気分で、安心してお預けしてまいりました

そして、いましがた・・
先生からお電話があり、無事に終了し、靴下も出てきたとのこと
詰まっていたところの腸も生きていたので
あまり多くの切除はしなくてもよかったそうです
なんと彼女は、もう麻酔からさめて起きているとのこと・・(^^;

診察のとき、レントゲンを見ながら、
こんなに長い間、お腹の中に異物が入っていても
食欲もあって数値も正常なんて、余程食欲の旺盛なワンちゃんですね
と、先生も苦笑気味でした
私もこの子の難点は、食いしん坊のところと思いますし
それが以前の手術も、今回も、原因になっているのでした(^^;

ウンチが出るまで入院なので多分引き取りは木曜あたり
ここ数日間、心の中がモヤモヤして
ネガティブなことしか考えられない状態でしたが
ようやくこれですっきりしました
明日の朝、ノアールさんに会いに行きます

本当に本当に・・・
先生に感謝・・
神様に感謝・・
これからは、年に何度かは、この先生のところに通ってもいいなと思いました
そんなことができるように、私はお仕事をガンバリマス!(^^ゝ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:33| Comment(6) | TrackBack(0) | 動物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

「相変わらずてんやわんや」

昨日、ノアールを病院に連れて行きました
血液検査をして頂いた結果、なんと数値は全く正常値・・
異物を飲み込んだにしても、数値に影響するからと
お薬も出ませんでした
ホッとして帰り、ご指示通り、いつもの食事の半分の量を与えました
そして、寝る前に見てみると・・・
また、そのまま戻していたので驚いてしまいました;;
朝、部屋を覗くのが怖かったのですが、今日は一日
いつものようにお散歩中に拾い食いもせず
気味が悪いくらいにおとなしいという違いはあったものの
特に吐いたりもせず、何とかここまでの時間が過ぎました
お散歩中、この頃葉っぱや砂利などをよく食べていたので
それが胃の中の溜まっていたのかもしれません
ただそれだけのことならいいのですが・・
本当に家族に病人が出ると気分がすっきりしませんね・・

今日も、朝と午後からとお客様で、今取り掛かっているリメイクと
昨日決まった仕事の準備をしていたら、
あっという間に一日が終わってしまいました
明日も、もしかしたら、
ご遠方から観光で京都に来られたお客様が来られるかもしれないとのことで、
なんだかんだと異様に慌しい日が続いています
まぁ、仕事で忙しいのは、とても有難い事なのですが・・

そんな中、ケイヨウは、今年も3枚の表彰状を頂いて帰りました
書初め、造形、版画・・
昨年のように特賞がなかったのが残念ですが、今年もよく頑張りました
あとは、3月休まずに登校し、3年連続の皆勤賞を頂ける様、
体調管理に勤めなくては・・
インフルエンザその他の病気が蔓延する中、
何とか切り抜けてここまで来ることができたので
何とか、最後まで頑張ってほしいと、
この3月の声を聞くと、親の私が緊張します;

この頃、見るたびに背が伸びているような気がして、
成長真っ只中のわが子に元気付けられる毎日です

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

「てんやわんや」

いったいどういうことなのかわかりませんが
今朝、念のためインターネットに繋いでみると
無事に復旧いたしました(^^;
また、同じことが起こった場合はお修理に出さなくてはと思いますが
ひとまずこれで何とかなりそう・・いえ、なって欲しいです(^^;
そんなわけで、PCはそのまま家に残りますので
ご連絡等々は、今までどおりよろしくお願いいたします

そんな中、昨夜、寝る前にノアールさんの部屋を見ますと
夜に食べたものを吐いていました
とても驚きましたが、その後は、特に変わりなく一夜が過ぎ
朝、いつものように部屋に行ってみると、更に残りを吐いていて
その後、胆汁のような匂いの液体を、私の前で吐きました
部屋の掃除をしたあと、朝食の準備をし、ケイヨウを送り出した後
お散歩に連れて行くと、普通に歩いていたので
ひとまずご飯は食べさせないで様子見・・

何故かというと、朝一に、ご来客があったのです
今度、大口のお客様になるかもしれない団体様のオーダーのデザインを
少し前からあれこれプレゼンしていたのですが
このたび、役の女性の方三名様と初顔合わせ
そのための部屋を整えたり、打ち合わせの準備が・・
打ち合わせに使うデータもPCに入っていたので
困ったことになったと思ったのですが
復旧したことで、それもことは収まりました

打ち合わせの間、ノアールのことが心配でしたが、何とか異変なく過ぎました
一時間少々でお帰りになられ、何とか面接はうまくいったようで
これから秋の納品に向けて、オーダーの準備が始動しそうです
ともあれ、第一段階は無事に終了です・・ほっ(^^;v

京都は寒の戻りで朝から風花がちらつき
朝、バス停に送って行ったとき、滋賀方面から走ってくる車を見ますと
なんと、車に雪が5センチほども積もっていました(^^;

PCも元に戻り、打ち合わせも成功し、後はノアールさん
夕方、車を予約しました
一過性のものであればいいのですが・・・
本当にてんやわんやな一日の始まりでした

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

緊急事態発生

今日のお昼頃、突然インターネットができなくなりました。
メールやその他の機能は問題ないのですが、ひとまずは、お修理しなくてはなりません。明日の午後にクロネコさんが引き取りに来て下さるそうなので、しばらくの間、メール連絡等々、遅れるかもしれません。
ネットカフェなどに行く時間が取れそうでしたらご確認させていただきます。
ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い致します。
posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

「中国富裕層にネット通販?」

仕事柄、色んな内容のメールがたくさん届くわけですが
業者さんからのサイトリンクの依頼や、販売関係のお誘いもたくさんあります
殆どはたいして内容も読まずに削除することが多いのですが
そんな中、昨日届いたメールには、
珍しく何度も目を通してしまいました・・・

それは、中国の富裕層対象に、ネット販売をしてみないかと言う
新しくサイトを立ち上げた業者さんからのメールでした

●隣国の巨大市場が、統制経済のもと
安易に入手できない日本製品を欲しています。

●中国では、安心・安全・高品質なものとして
日本製品に絶大な信頼を寄せています

●中国では一人っ子政策により子供は小皇帝と呼ばれ、
子供には出費はいとわないと言われています。
新生児の清潔な衣類、オムツ、関連グッズ、お洒落な子供服・子供用品。
日本の知育玩具や教育用品、アイディア性に優れた多彩な玩具をはじめ、
大人も楽しめるラジコンや模型、家族で楽しむ娯楽用品
など日本商品がお祝い事のプレゼントとしても大変喜ばれています。 


ふむふむ・・なるほどと頷くような謳い文句・・
当初はキャンペーン企画で出展料もそれなりに勉強価格
出展料以外、ネットに載せるための翻訳料などが別途かかります

これだけ読んでいると、そんなに悪くない内容のお話ではあるのですが
キャンペーン期間を過ぎた後の契約料が少々高いのと
実際にサイトを覗いてみましたら
まだ立ち上げたばかりということもあるせいか、商品自体もほとんどないし、
購入者さんからのレビュー等もまだUPされていない状態でした

私自身は、全くこのサイトへの参加を考えてはいませんが
この手の商法はこれから益々増えて
もしかしたら軌道に乗ることもないとはいえないのかもしれません

土曜日、所要で京都駅に行った帰り
新しくできたヨドバシカメラのビルに入ってみましたが
ビルの外壁にも中国語の垂れ幕がかかり
館内放送、あるいはお客の会話にも、中国語、韓国語が飛び交っていて
いったいここはどこ?状態でした

このたびのメールに関しては、
本当に、時代を感じるような、ちょっとした事件でした

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする