2012年05月14日

「手作りのプレゼント」

GW最後の日、とてもうれしい贈り物が届きました
以前、こちらの記事(2012年04月01日「マロニエ家の春」)
でUPしたブックカバーをお届けするため、
1年生の頃、学童保育でとてもお世話になった
今は異動されて、他所の児童館におられる先生を訪ねて二人で出かけたのですが
そのときの御礼にと、とても素敵なプレゼントを
綺麗な字で書かれた丁寧なお手紙と共に送って下さったのでした

026-1.jpg

030-1.jpg

木の香りと温もりを感じるどんぐりの形をした可愛い可愛い鉛筆削り
そして、お忙しい中、わざわざ手作りして下さった大小の巾着袋・・
巾着には名前の手刺繍まで・・・
カラフルなレインボーカラーの生地もうれしい・・

生地選びから、あれこれ気遣って下さったのだと思うと
心が温かくなり、幸福な気持ちになりました
すぐにお返事を・・・と思いながら、
気持ちが溢れそうでなかなかペンが持てません

M先生、ケイヨウもこの通り、とても喜んでいます
私も、もしかしたらそれ以上に?うれしいです
私が物を作っているので、手作りなんてとおっしゃる方も多いのですが
好きだからこの仕事をしているっていうこともあるわけで
やはり私は手作りが、そして作られたものが好き・・・
うれしさでいっぱいです
本当にありがとうございました

福祉事務所で薦められたものの、不安しかないままに入った学童保育
もしもダメだったら辞めたらいいやと
とりあえずの気持ちで新しい生活を始めた、4年前のちょうどこの頃・・

でも、当時窓口になって下さったM先生の温かいご指導のおかげで
ケイヨウにとって、とても居心地よく、しかもいい刺激の得られる
大切な大切な場所となりました
残念ながら、M先生と過ごした時間は短かったのですが
それでも、きめ細かに接して下さった濃厚な日々に
しっかりと基礎を作って下さったからこそ
これまで続けてこられたのだと思っています
本当に、頭が下がる思いです

今も、新しい場所で、バリバリお仕事頑張っておられますが
益々のご活躍と、ご幸福を心より祈っています

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

「春の野菜料理?あれこれ」

本当に、昨年の震災以降、更に異常気象だと思うのは気のせいでしょうか
GWもパッとしないお天気で、一日の気温変化がありすぎて
何度も服を脱いだり着たり・・
竜巻も心配です
被害に遭われた方々には、何とお見舞いを申し上げればいいものやら・・・
竜巻警報が出て、注意して下さいと言われても
どう注意すればいいものやら・・・
とりあえず、家の中、それも2階よりは1階、木造よりは鉄筋
そして窓がなく狭い部屋のほうがいいそうですが・・
お風呂、トイレなどに逃げ込んで待機するしかないでしょうか・・;;

逃げるのは、横方向・・と言われても・・・
その現場になると、できるかどうか・・
本当に、初夏のいい日差しを感じる日は数えるほどしかないように思います

こんな天候ですから、例年ならGWにはたくさん出回っていた春野菜も
今年は収穫が遅れ、少し前まで、春キャベツと筍しかありませんでした
でも、ようやくこのところ、春の野菜が自販所にも並ぶようになりました

昨日今日と買ったものは、ニラ、ラディッシュ、サニーレタスの抜き菜
スナップエンドウ等々・・・
これらのお野菜を使って、美味しかった料理をご紹介です

【ニラの和え物】
ニラは卵炒めをまず思い浮かべるのですが、他に何かないかと検索したところ
和え物の料理を見つけました

ニラはまず、チンするのだそうですが、我が家には電子レンジがないので
お湯で茹でました
ニラは結構コシがあるので、普通の青菜よりは少し長めに茹でてみました
その後、砂糖1、マヨネーズ1、お醤油1、そして、すりゴマが2
の割合であえるだけですが、これがヒット!
ポイントはたっぷりのゴマでしょうか
癖もなく、本当にあっという間に頂けました

【ラディッシュとオイルサーディンのパスタ】
これは、あり合わせのものを使い、即興で作ったオリジナルです
手前味噌のようですが、美味しかったですよ♪

@熱したオリーブオイルの中に、スライスニンニク&鷹の爪
A@の中にオイルサーディンをオイルごと入れて熱する
Bマイタケと、葉ごと、適当に切ったラディッシュをAに入れて炒める
Cかために茹でたパスタを@ABの中にいれて和える
D塩加減を見て、塩コショーを加え、最後にバター少々

盛り付けは、出来上がったパスタを入れたお皿の周りに
抜き菜のサニーレタス、カットしたオレンジを散らしました
サニーレタスには軽くマヨネーズ
彩りもよく栄養もたっぷり?

生協さんで買った新しい白のサングリアを開けましたが
かなり甘口だったので、最後にオレンジと一緒に頂くと美味でした

このところ、ビールではなく、ビールテイストノンカロリーにしているので
お酒が甘く感じていけません
でも、ダイエットにはいいかも・・・?

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

「すみれ色の、マタニティ用パーティドレスをオーダーメイド♪」

長いと思っていたGWも、あっという間に明けました・・・
休み中、京都は朝晩肌寒く、お天気も不安定で
中々外出もできず、結局ずっと仕事をして過ごしました;;

可哀相なのはケイヨウですが、それでも嫌がりもせず
朝はゆっくり寝て、日中は好き勝手なことをして過ごし
それに飽きたら私のところへ邪魔をしに来たりしていました

この頃の彼のマイブームは映画【お早う】
小津作品の名作ですが、先日TVで放映されていたので
久しぶりにDVDを観せたら気に入ったようで、
いつも勝手に付けては楽しんでいます
本当に好みが親に似て昭和レトロです(^^;

さて、今日も、レトロで乙女チックなドレスのご紹介
すみれ色の生地でお仕立てしたパーティ用のドレスです♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「すみれ色の、マタニティ用パーティドレスをオーダーメイド♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

「理想の上司」

先日も書いたように、引き続き【カエルの王女さま】に『はまって』いる
初回の期待を裏切らないまま、先週の木曜で三話が終わった
益々内容は濃くなり、ドラマの深みに引き込まれる一方で、
その内容のみならず、ついに天海祐希さんの魅力の虜になってしまった

今まで好きな女優というのは、小津映画など古の方々ばかりで
それ以降は、桃井かおりさん、松坂慶子さんの
出演されている映画やドラマはよく観たが
その後、同世代や若い人で、特にこの人が・・という方はいなかった

天海さんも、今までそれなりに出演されている作品は観たけれど
特に好きでも嫌いでもなく、ステキな人だなぁ・・程度のものだった
でも、今は、役なのか、天海さんご自身なのかわからないほど
特にあの役の中の天海さんに魅せられているのである

ある調査によると、【理想の上司】の女性一位は
3年連続で、天海祐希さんだということらしいが
確かにこのドラマの天海さんのような上司がいたら
自分が男性の部下であれ、女性であれ、その下で死ぬほど仕事がしたい
一緒に仕事の辛さや喜びや達成感を分かち合って
少しでもいい成績を収め、褒めて欲しい

もし私が仮に男性で、部下に天海さんがいたとしたら
時々飲みに連れて行って、仕事の熱い話をしたり
もしも万が一そんなチャンスがあれば
一度くらいは不倫したいなどと、不埒なことを思ってしまう程である(笑

その天海さんの役どころ・・・
かつてミュージカルスターとして活躍し、渡米するものの、日の目を見ず
建前はブロードウェイの舞台に、日本人で初めて立った
伝説のスターとなっているが、実はそれも代役で一度限り・・・
年齢は40歳で、オーディション仲間である若いアメリカ人の
女の子たちからはいつも馬鹿にされていた
しかも所属していた事務所のボスに、首を切られたばかりで
かつての恩師から雇われた、故郷のコーラスグループを建て直すという今の仕事を
完璧にやり遂げてここを踏み台にするしか手立てのない、
背水の陣に立たされた行き場のない独身女性なのである

任されたチームの面々はいずれも曲者ぞろい
独裁者などと言われながら、強引なまでの行動力とパワーで
今まで培ってきた経験を活かし、指導していく
チームの再建のためには手段を選ばず、
ときにはメンバーをギリギリまで追い詰めて挑発したり
相手が誰であろうが、立ち向かっていく勇気も持ち合わせている

しかしながら天海さん演じるこのコーチ、一見、ドライでワンマンに見えながら
実にメンバーの個性や性格をよく見抜いていて
提案した意見や、会話の中から、ちょっとしたヒントになる一言を拾っては
いいと思えば取り入れる柔軟さも持ち合わせている
全体やバランスをよく把握していて、判断力、プロデュース力
人を使う能力が素晴らしい・・・

厳しいことを言われても、最後には皆が付いていくのも
このコーチの奥には、歌が好きでたまらないという純粋な気持ちがあり
かつては夢と希望を抱き、期待を背負って未知の土地に旅立ち、
そこで味わった栄光や挫折を糧に、更に前進しようとするパワーがあること
決して弱音を吐かず、人の痛みもわかりながら
上辺だけの優しさで甘やかすことなどはしないで、
厳しさに耐えさせて能力を引き出し、
そこから得られる達成感を与えるために、叱咤激励していること
しかもユーモアがあり、たまに見せる天然さも魅力であるetc・・・
本当に、理想の上司そのものなのである

この天海祐希さん、宝塚時代のことなど調べていたら
やはり常人ではない枠にはまらない器の持ち主で、
誰もが認める特別なスターであり、
ドラマ内でも、宝塚で培った素晴らしいダンスや歌が毎回披露されている

ドラマのキャスディングも、個性的で芸達者なメンバーのほかに、
岸部一徳さん、濱田マリさん、そして、かつて私のエッセイを
朗読して下さったことのある元劇団四季の、久野綾希子さんが
脇をしっかり固めている
小泉孝太郎さんも、なかなかいい味を出している

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする