2014年05月31日

「着物リメイク色々♪」

このところTVドラマも、時代物が多いせいか、着物姿をよく見ます

まずは、毎日楽しみな【花子とアン】
蓮子様の柔らかものも、主に花柄のレトロな雰囲気が素敵
柄の半襟を広めに出した花の織りの着物も、華奢ななで肩が引き立って可愛い

少し前に、記念番組で放送されていた【お家さん】では
明治時代の商家の、着物文化を堪能・・
ドラマは、まあ、それなりに面白くはあったのですが
それよりも、モデルになった鈴木商店が、とても興味深かったです

神戸製鋼所や、帝人、サッポロビール、日本製粉等等々・・・
名だたる企業の出所が、皆、鈴木商店って・・・・・・知らなかった〜〜;;
鈴木よねさんも、金子直吉さんも、本当にすごい方だったのですね!

あまりにもこのお店と、お二人のことに、興味しんしんになったので
鈴木商店のことを書いてある電子書籍や、サイト類を手当たり次第に読んでしまった
面白かった・・ また、本も読むかな・・

そして、そこから派生して、神戸で貧民救済運動をしていた賀川豊彦や
世にペッサリーを広めた馬島|
(名前までは知らなかったが、こういう人がいたということは、ぼんやりと知っていた)
が、実は徳島の郷土出身者だと知って驚いたり・・・

・・・と、たかがドラマと言っても、読書や雑学を深めるのに役に立ちます

軍師官兵衛も、今、とてもいいところだし・・(主役もすごくがんばっている)
(個人的には、速水もこみちが、あんなに武者姿、似合うとは・・・ちょっと驚き)


・・・と言う感じで、日本人が着物を着ると、やはり似合うようになっているんですね・・

ところで、今まで見た中で、一番ステキだな〜〜〜と思った着物姿は
小津映画で見る杉村春子大先生の、あのゆるゆる&シャキ!の独特の着こなし

そして、映画【蒲田行進曲】で
ヤスの実家に挨拶に行った、小夏演じる松坂慶子さんが、
ほぼすっぴんの、涼し〜〜〜いお顔で、
同じく涼しそ〜〜〜な浴衣姿で、蚊帳の中に座られていたワンシーン!

なんてお綺麗なんだろう・・・
松坂慶子さま・・・って・・・・・・
って、同性でも思いました♪

そういえば、同じく映画【道頓堀川】で、
眉毛のなかったスッピンの松坂さんも
浪速の恋の寅次郎の松坂さんも・・・・
本当に、本当に、お綺麗で、ステキでした!!!


さて、前置きが長くなりましたが;;
別館に、今日は、着物リメイクの作品をご紹介しております♪

世の中には、本当に、残念なほど、もう着られなくなってしまったお着物が
タンスや押入れの片隅に、眠ってしまっているのです
リメイクには賛否両論あるけれど、再生して、着てあげたら・・
それはそれで、着物も喜んでくれるのではないかしら・・
もちろん、お着物は、お着物として、
できるだけ着てあげるのが、一番いいのだろうとは思うのですが。。。


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】








posted by マロニエのこみち・・・。 at 02:04| 京都 | Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

「青春の光と影」

悲しさも虚しさも感じないと書いたけれど
昨夜の眠りは浅かったようで、頭の芯が痺れている
明日が土曜で、本当によかった

先日、ひょんなことで、手持ちのCDを、人にお貸しすることになった
世代もほぼ似ているその方から
青春時代の思い出が、蘇ってきたと喜びの声をいただいた

それらの思い出は、楽しさよりも、むしろ辛さの方が多かったようだけれど
かつての流行歌のよいところは、当時の思いや空気までが蘇り
しかも、すべてが浄化されて、ほろ苦くも美しいものに変わっていること

・・・青春時代の真ん中は、道に迷っているばかり・・・

この世の中に、明るく楽しい青春なんてあるのだろうか
少なくとも、私にはなかった
毎日が、ほとんど闇の中に埋もれているようだった
だからこそ、わずかばかりの明るさが、輝きを放つのである

否、明るいことも、楽しいことも、多分、きっとあったのだ
だけれど、不思議にそんなことは、覚えていないものである

いつからか、私は暗さを失った
そして、強くなった
・・・が、その代償に、心をときめかせることも少なくなった
暗さとは青春 ときめきも儚さも青春ならば、
私はめでたく、それらから卒業し、
本当の小母さんになったのだ




 昨夜の訃報を知らせてくれた知人も、亡くなった人も
 それよりずっと前、とっくにいなくなってしまった人たちも・・・
当時、そんな闇の中で、私に光を与えてくれた人たちだった

今思えば、彼たちも、皆、心のどこかに闇を抱えていた
そして、あんなにも、あっさりと死んでしまったのは
きっと、生に対して、執着がなかったのかもしれない
もしかしたら、命を落とすまで、青春の最中にいたのかもしれない



まだ若かった人たちの、元気だった姿を思い出していると
きっと今頃

「やぁ・・Aクン、やっと来れた。来れました。」

と、顔を、くしゃくしゃにして笑いながら手を挙げている・・・
特徴のある歩き方までが目に浮かび
声も、喋り方までもが、聞こえてくるようだ



むこうでは、案外楽しくやっているのかもしれない
明るく楽しい青春を、やり直しているのかも・・
一切の生きる辛さやむなしさから開放されて・・・

遺されたものは、ただうろたえている
でも、もしかしたら、多分、きっと・・・
悲しまなくてもいいのかもしれない

昨夜はずっと、水の淵に逝ってしまった人の歌声を聴いていた・・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:14| 京都 | Comment(2) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

「さよならだけが人生の意味」

さっき、仕事の手を休め、PCを開いた
このところ、連絡を取っていなかった知人からのメール・・

何かいい知らせなのかと、ちょっとうれしい思いでひらいてみると・・・

二行目に、訃報の知らせが・・
お互いの共通の知人である

簡潔でありながら、今、彼が、どんな思いなのかが伝わってくる
さすがに物書きの文章である
頭が真っ白という言葉を、私も共有した
不思議な感覚だった・・・

共通の知人と言ったけれど、彼にとって、
そんな簡単な言葉では言い表せない存在であるはずであり
私にとっても、彼ほどの近しい存在ではないにしても・・・

父と夫の次に、私の人生に大きな影響を与えた人といっても
たぶん、過言ではないだろう

もう、会うこともない人だと思っていたので
かれこれ十年以上もあってはいないが
そこにいけば、いつでも会える人だという甘えのようなものがどこかにあった
ふと思い出したのは、彼の体温の高さと、匂いである・・・

悲しさも、虚しさも感じないが・・・

人生とは、こんなものなのだろうかと、ふと、思う

急なのか、緩やかなのかはわからないが
坂を下りることには間違いのないこれからの人生

ひとりひとり、大切な人と別れながら
でも、生きていなければならない人生

さよならだけが人生ということばを、ひしひしと感じている






posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:59| 京都 ☀| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

「昭和歌謡と赤い色」

今朝、バス停に向かう道すがら・・・
毎年この季節になると、ぐんぐん背丈を伸ばすあるお家のタチアオイが
一番下の蕾の先から、ピンクの花の色を見せていました

タチアオイは、大好きな花
でも、この花の開花は、梅雨の始まり・・

赤やピンクの花の咲くたくさんの蕾たちが、
下から上へ向かって次々に咲き
一番てっぺんの蕾が開く頃に、祇園祭が始まって
梅雨が終わり、暑い夏が訪れます・・・

この季節になると、聴きたくなる歌の動画を見つけました
梅雨の始まる前の、爽やかなひと時にふさわしい
伸びやかな歌声が心地よいです

昭和歌謡といえば、土曜日、すぐ近くのホールに
太田裕美さんが来られていたそうで
往年のファンたちで満席だったそうです♪

太田裕美さんの代表曲といえば、【木綿のハンカチーフ】だけれど
他の曲も、いい曲ばかりですよね♪
どれも好きだけど、赤が好きな私は
やはり、【赤いハイヒール】が好きかな・・

今は、赤いハイヒールよりも、コンバースかバンズの、
赤いスリッポンが欲しいな・・・・・・



さて、今日は、別館に、赤いハイヒールならぬ、赤いバッグをUPしています♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】




この時期、聴きたい曲はこちら♪
EP盤買って、チープなプレーヤーで毎日聴いてたな・・・
(今も持ってる・笑)

動画のバックに映っている方々が、ナツカシスギル!!
この頃は、みんな大人というかむしろ小母様というイメージだったけれど;;
今の私よりもずっと若いんだってことが、もうビックリ;;;

もう、今は亡き・・・の方もいらして
涙ちょちょ切れ画像であります

夕焼けの色も赤いですよね^^




posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:42| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

「大相撲と、オーダーのカット&ソー♪」

毎場所、楽しみな大相撲・・・
スポーツオンチの私だけれど、大相撲だけは、父が観ていた思い出も重なって
場所がくると、楽しみが増えて、ウキウキする

・・・といっても、現役力士で、特にご贔屓はいないのだけれど・・・
あえて言うなら、旭天鵬関には、このままもっと現役でがんばってほしいものだ

横綱、白鵬も、特にファンというのではないけれど
いわゆる『おすもうさん』としての見た目の美しさ、品格、知性、風格等々・・
なんとケチのつけようのない、立派な横綱であることだろう・・・

日中は、仕事をしているので、いつもNHKのラジオ放送を聴いている
むしろ、引退されて親方になった方たちの、解説を聴いているのが楽しい
現役時代は、あまり親しみがなかった方たちも
解説、特にラジオ解説は、声や話し方、間の取り方がリアルなので
その人となりが如実に出て面白い

千秋楽は、毎回、御贔屓の、北の富士親方の解説が入るので
TVを録画して、ダブルで観戦してしまったけれど(笑

昨日の、白鵬の、インタビューも素晴らしかった
あえて、数は口にしないが・・
そうなのだ
まさしく秘すれば花、言わぬが花、不言実行
これこそが、日本人である
金の扉の例えも、なんと素晴らしい夢のあることか・・

残念なのは、白鵬、旭天鵬、お二人とも、モンゴル出身・・・
外国人力士に文句を言うつもりはないが・・というよりも、
むしろ文句のつけようもないほど、日本人らしい美徳を感じるのだけれど
楽しみな日本人力士も、たくさんいるだけに・・・
残念無念・・・もっともっと、根性を出して、頑張って頂きたいのだけれども・・・(涙

場所中、もっとも残念だったのは、放駒親方の訃報である
現役時代は、色が浅黒くて、いつもどこかに絆創膏を貼っているイメージが・・・;;
おまけに、魁傑という立派な四股名であるにもかかわらず
昭和のワルガキどもが、必ず(?)(私のいた田舎の坊主たちだけなのだろうか?^^;)
『お尻が痒い(カイ)ケツ』などと言っていて(親方、スミマセン!;;)
本当に、無邪気というのか、アホと言うのか・・
どれだけ怪しからぬ事を言っていたのだろうか(本当にスミマセン;;)


でも、当時は、若い女性ファンが多かったとか・・
そうだったんだ・・・
確かに今になって、当時を振り返れば
お顔は、坂本竜馬みたいだし
手足もシュッと長く、なかなかのイケメンぶり・・

本当に、申し訳ございません
昭和のワルガキたちに代わってお詫びを申し上げ;;
改めて、(ここは真面目に)心より、ご冥福をお祈りいたします(合掌

しかしながら、当時を振り返るにつけ、
あの頃のお相撲は、本当に面白かった・・・
私は、なんと言っても、北の湖のファンだったけれど・・・(^^;

綺麗なお姐さんの着物姿が観られる初場所、浪速の春の大坂場所、
爽やかな初夏の夏場所、白い団扇の踊る名古屋場所、秋の気配の9月、
そして、中州を渡る風と、豚骨ラーメンの屋台を思い出す秋深い九州場所と・・

日本の風物詩として、情緒を感ぜずにはいられない大相撲が
永遠なれと願うのである・・・

あ、そうそう・・・
昨日の放送で、花道をふらっと歩いておられる姿が映っていた
引退された琴欧州
この親方のブログに、私、秘かに癒されています(笑

なんだかとってもカワイイんです
本当に、ご自身で、ボードに向かっておられるんだろうか・・
大きな手で、ポツポツと
カタコトの記事を打っている姿を想像すると・・・

やはりカワイイ(笑
でも、最初の頃に比べると、ニホンゴ、だいぶ上手になっていますね(^m^








さて、熱く語ってしまった相撲ですが・・・(^^;
今日は別館に、リトル力士体型のボーイズ服と、
メッセージをUPしております♪


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】


posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:36| 京都 ☁| Comment(4) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

「なにわ皇子・super stsrのお衣装をオーダーメイド♪」

さて、運動会で、目いっぱい走ってきたケイヨウですが
昨日、こんなコスプレexclamation&questionをさせてみました(^^;

ジャニーズ系のオーダーを頂く女の子たちは
身長160センチ前後&痩せ型が多く、
現在、上半身のみ、ほぼ同じサイズのわが息子・・
バランスや着心地をチェックするのに、ちょうど都合がいいのです♪

というわけで、

・・・スキンヘッドには、意外にどんな衣装でも似合うの図・・・

であります(笑

うん、今回も、成功したかも?♪
彼も、憧れの、ジャニーズの衣装を着せてもらえてうれしそう・・・(^^;

作品の記事はこちらです♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】



IMG_1939-2.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:34| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

「運動会日和♪」

今日は、陽射し眩い初夏の晴天晴れ
素晴らしい運動会日和となりました

ケイヨウも、徒競走、障害物競走、リレーなどに参加して大奮闘・・
昨年までの、おっとりしたクラスメートの中においては
一人だけ闘争心剥き出しだった(笑)彼の走りは、
とりあえず、ダントツ一位だったのですが
今年の新入生に、俊足の強敵現るで、とてもいい刺激になったようです♪

去年のクリスマスに、彼がサンタさんに(笑)もらった新しいカメラを借りて
初めて「スポーツモード」で、カシャカシャ♪と、
気持ちよ〜〜く、ちょっとドキドキで、撮ってみました
連写で写した画像には、レースの一部始終がしっかりと残されていて
厳重注意していたコーナーリングで失敗し、
そのライバル君に抜かれた証拠写真や(笑
その後、追い越したり、また追い抜かれたりの
いい記念&反省会(笑)の、いい資料になってくれました♪ カメラ

とにかく、走って&走って&走りぬいて、元気いっぱい
本当に、若いっていいなぁ〜〜〜〜って
もう、あんなに走れない母は見ていて思いました

とりあえずは、元気になったお祖母ちゃんに見てもらえることがうれしそうな
笑顔をたくさん見ることができたのが、よかったです〜〜〜(^^;


IMG_2039-7.jpg

IMG_2073-1.jpg

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:47| 京都 ☀| Comment(2) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

「マロニエ家近況〜ジャニーズとお衣装と」

ファッションとお洒落の小部屋と名づけ、
あとりえの作品をUPしている別館のブログ

こちらにもっともコメントの多いのが
ジャニーズのイケメンさんたちが着ているお衣装のこと

そもそもは、京都市内にお住まいのお客様に
オーダー頂いたのが始まりだった

来て下さったのは、お母様で、着られるのは中学生のお嬢様
お母様も、ずっと前からのジャニーズファン(だったと思う)

私自身も、日曜6時NHKの番組が定番だったフォーリーブスに始まり
昨日のベルばらが流行った頃は、「ベルサイユのばら」などという
同名の曲を歌っていた、『ジャニーズジュニアスペシャル』というグループもいて
中でも、井上純一は好きで、戸田恵子さんと結婚されたときはショックだった(笑

更に幼い記憶としては、元祖ジャニーズの、
真家ひろみ、あおい輝彦のお顔は印象に残っていたし
世代的に、最も身近で、しかもファンだったのは
当時事務所に所属していた、新御三家時代の郷ひろみ(笑
とにかく、今と違って、身近にいるのは、
むさくるしい男子が多い昭和の時代だったから
ジャニーズ事務所は、美男子の宝庫であり
昭和の女子には親しみ深いものだったから
お母様と、大いに盛り上がったものだった

嵐が一番人気だったその頃、お作りしたのは、
Sexy Zone(セクシーゾーン)というまだ売り出し中のグループのお衣装
お母様も、娘さんと一緒に、コンサートを楽しんでおられるようだった

さて、その衣装
ジャニーズ事務所が、力を入れているのか
どれを見ても、なかなか結構凝っている・・
普通の服のように、仕立てをきっちりしなくても
材料費と装飾だけで、それなりの仕立て代になりそうな衣装だったけれど
何とか折り合いのつくところで、お作りさせて頂いた

作品をUPした頃は、特に反応がなかったものの
しばらく経ってからというもの、検索で、作品が上位に上がってくるのか
毎日のように、ひっきりなしに、問い合わせのメールやコメントが入ってくる
(京都の初代お客様であるN様、ありがとうございます・拝)

時々は、同じく、お母様からのお問い合わせもあるけれど
多いのは、ご自身で着ようと思っているお嬢さんたち
たぶん、学生さんなのだろうけれど、メールの様子も様々で

前振りも挨拶もなく
「これって、いくらで作ってくれるんですかね」
に始まり、深夜でも、延々と質問をしてきながら
結局は、ぷっつりと返事も来なくなる子から

すごく丁寧な対応で、アルバイトでお金ができてからと断りながら
後から本当にオーダーをくれた子もいるし

予算が足りないので、本体だけでいいですといい
装飾の部分は、友達と一緒にデコします・・という可愛い子や
出来上がったものを、わざわざ友達に貸してあげるため
サイズを大きくしてくださいと、持ち込んでくる友達思いの優しい子もいて
本当に、「今の若者」のことがよくわかって面白い

でも、やはり恐るべきはジャニーズ事務所
私のイメージとしては、今の子達なら、逆に興味がないのか
むしろある意味、馬鹿にされるような対象なのかと思うのだけれど
昭和の頃と変わらず、否、それ以上に、
ここまでの熱狂的な支持者がいるということなのである

ま、確かに可愛い男の子たちばかりなのだけれど
要するに、今の時代にあった、支持されるようなグループや人材を
しっかりと送り込んでくる先見性や、感性がすごいのである

いずれにしても、綺麗、可愛いだけでなく
本当にあの事務所の人たちは、よく頑張っている
そんな真面目な若い子達が、支持されているのはいいことなんである
(・・・と今もまだ、毎週スマスマを楽しみにしているオバサンは思うのである)
願わくば、北川社長には、まだまだ未来永劫、お元気でいて欲しいものであります!


ところで、作るにあたって、一応であるけれど、著作権、知的所有権のこともあるので
しかるべきとこ何箇所かに問い合わせてみたところ
あくまでグレーゾーンであるとは言いつつも
「むしろ営業協力の意味合いのほうが強いから、いいんじゃないですか」
という答えが多かった
確かに、営業妨害をしているのでも、勝手に製品化しているのでもなく
アイドルと同じ衣装で、コンサートに行くというモチベーションUP
あるいは、衣装とそのグループのアピールになっているのだから
問題なしということになるのだろうか・・

仕立て屋としては、お客様のご要望に何でもお応えできるよう
しっかりTVや動画を観る事ですね
目の保養も兼ねながら・・・(笑


さて、そんなお衣装、今日も、2セット、UPしております♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】


posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:45| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

「マロニエ家近況〜薔薇と宝塚」

今日は、サークル活動の総会で、ケイヨウと学校に出かけておりました♪

今年度も、写真サークルに参加します
新しく、若い男の先生が担当になり、休会されていたメンバーさんも戻られて
新しい風が吹きそうで、楽しみです♪

わ・・・私は、サークル内の、会計の役を仰せつかってしまいました;;
が・・・がんばります・・・(汗;


さて、帰る道々・・・ 世の中は、爽やかな5月でした
家々のお庭には、美しいバラの花が咲き誇っておりました
一番多かったのは、ピエール・ドゥ・ロンサール・・・
丸い中輪の、ピンクの可愛い花が可憐に揺れて
私は、まるで蝶のごとく、薔薇から薔薇へと誘われて・・・
香り盗人と化し、甘酸っぱい香りを堪能しながら帰りました

頭の中は、

♪・・・5月、この僕が、帰るまばゆい5月・・・♪  だとか
♪・・・歩くほどに、踊るほどに・・・・薔薇より美しい・・・♪  だとか
♪・・・オルジョリヴァドゥヴェアパリ(←合ってるのか?)・・・♪  だとか

懐かしい昭和歌謡で溢れるのですが
やはり、薔薇といえば、ベルサイユ♪

少し前に、関西限定ではありますが、宝塚100周年記念番組で
3度に渡り、過去の主なベルばらの放送がありました

私は、中学のときに観た初代ベルばらのイメージが強すぎて
今までずっと敬遠していたのですが
せっかくの番組なので、一応、全部録画

歴代の作品の中で、もっとも原画のイメージに近いと
池田先生にも大絶賛されたという、涼風真世さんのオスカルは・・・
・・・ごめんなさい・・・私はパス;;
お顔が70年代アイドルの、麻丘めぐみさんにかぶってしまい;;
羽根のようなふさふさのブルーの睫毛も、
山の丸すぎる紅い上唇も気になってしまい;;

今をときめく、大好きな天海祐希さんの男役も
見た目は、完璧なのですが・・・
何分、出世が早すぎたのが災いし、全くの役不足・・・

【エデンの東】のポスターで、かつて、ただ一人だけ
見た目で一目惚れした、あの真矢みき様も
あのあまりにピーカンなアメリカ的な明るさは
暗いフランスの、ベルばらの役にはハマらない・・・

・・・と、ダメ出しが多い中、唯一、魅了されてしまったのが、

1989年雪組・アンドレとオスカル編の、杜けあき&一路真輝バージョン!

写真などでは、存じていたのです
でも、見た目がどうも、好きになれず・・

それが・・・なんと;
ブロローグのツーショットを見たときから・・・
もう既に、ハートを完全に鷲掴みにされてしまいました・・・・

杜けあきさんのアンドレは、長身の美しい立ち姿と溢れる哀愁
一路さんのオスカルは・・・・
何なんだろう・・押しの強い、すごすぎる求心力は・・

とにかく、もう超越した歌声と演技力で
ヘンな例えですが、市原悦子さんの演技みたいな・・
見たくないけど観てしまう・・・魅せられてしまう・・・みたいな
あれこそがエンターテイメントですね
本当に、すごいんです!

そして、フェルゼン役の、紫苑ゆうさん
あの品のよさこそが、宝塚!
アントワネット役の、仁科有里さんの、
あの浮世離れしたKYなお顔と雰囲気は、まさしく完璧なアントワネット!
愛らしすぎる、鮎ゆうきさんのロザリーは、まさしく宝塚の娘役!

本当に、完璧なベルばらの舞台を魅せて頂きました
永久保存版でございました(合掌


・・・ところで、このところ、お衣装の多いあとりえの仕事・・
やたらとジャニーズ関係の服をお作りしておりますが・・・(^^;

何方様か、ベルばら系のオーダーは下さらないものでしょうか♪
でも、宝塚観劇は、どちらかといえば熟年世代
白いタイツを堂々と穿ける中高年は少ないですよね(^^;

私といえば、劇画のベルばらを全巻購入するべきか・・・
可愛がっている白い野薔薇はあるのですが、何か一つくらいは
クラシックなオールドローズの薔薇を育ててみるのも悪くないかと・・
苗木を買うべきか止めとくべきか・・
今の検討課題でございます(^^;
posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:08| 京都 ☀| Comment(4) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

「マロニエ家近況〜食事と健康」

気がつけば、ほぼ一ヶ月ぶりの更新となりました;;
皆様、お元気でお過ごしでしたでしょうか?

私は、今年に入ってから、ずっとドタバタの毎日でございます;;

1月から3月は、普段の生活に加え、
学校行事や、仕事も増え、毎年慌しくしておりますが
とりわけ今年は、ケイヨウの卒入学で行事も多かった上、
さらに、あろうことか、3月に入ってすぐ
実母の癌が発覚し、急遽、京都のこの家に引き取って
近くの病院で、手術をすることに決めたものですから
さらにワをかけて、たいへん慌しくしておりました;;;


さて、その母ですが、結果、S状結腸癌のステージTで
腫瘍とその周囲のリンパの切除
二週間の入院だけで、抗がん剤治療もしなくて済み
何とか、初期の段階で、とりあえず、完治することができました;;

3月の下旬に再び同居をはじめるまでの部屋の準備に始まり
日々の食事作り、検査や手術の付き添い、入院時の見舞いと
なかなか仕事が進まないことが気になりながらも
手術は成功、無事に退院の運びとなり、
術後の経過もそれなりに順調のようで
ようやく、それらしい普段の日常が戻ってまいりました・・・・;;;


今回思ったのは、やはり食事を初めとする日々の生活が
いかに大事かということ・・・
癌が発覚してからというもの
あらゆる本を買い込んで、いろいろ勉強もしてみましたが
普通に生活していただけでは、病気はもはや防ぐことのできない
現代社会になっていることを、強く感じました
こんなこと、今更声を大にしなくても、当たり前のことだったのでしょうが
実際問題、わが身に災難が降りかからないと、
ま、いいか・・・で、気づかない振りをしていたものです

とにかく、今、市場に出回っている食材には
体に悪いものが、どれだけ多いかということが問題なのです
今まで無頓着に買っていたものも
・・・ちょっと待て・・と考えることが多くなりました

もし仮に、今、私に癌があったとしても
今まで以上に、食べるものに気をつけるだけで
もしかしたら、本人の気づかないうちに
癌が無くなっていることも、ありえるかも知れないのですから・・・

・・・というわけで、俄か健康志向よろしく
今までよりも、食生活がストイックになったマロニエ家(笑

毎朝の、にんじんやりんごをメインにしたジュースや
たっぷりの生野菜、ハーブ、フルーツ類
オール玄米とはいきませんが、いつもの七分付きのお米に
麦や雑穀、発芽玄米を加えたご飯
納豆、お揚げさん、お豆腐、味噌などの大豆食品
めかぶ、わかめ、ひじき、ふのり等の海藻類
シイタケ類、根菜類、亜麻仁油、漢方、
甘酒、ヨーグルト、麹類の発酵食品等々・・・

なんとも健康オタクな食生活でございますが(笑
もともと肉食ではないので、別段辛い事もなく
本来好きな傾向だった健康な食生活が、
忙しさにかまけて惰性で緩みかけていた手綱を
ここでぐっと引き締めただけのことなので・・・

今日は、妹夫婦から、大量のにんにくが送られてきたので(笑
せっかくのいい食材を無駄にしないためにも
今まで使っていなかった家電・・・炊飯器!
(我が家はずっと土鍋派なんです)を購入し
黒にんにくでも作ろうかと検討中ですが
ここまでくると、パンも結局、自分で焼くしかないのでしょうか(笑

・・・と、ま、過ぎたるは何とやらで(笑
健康志向がかえってストレスにならないように気をつけます(^^;
とりあえず、災いが転じますように・・・

また、追々、近況をお伝えできればと思います♪
皆様も、どうぞ日々お健やかに、お過ごしくださいませ!

♪ごきげんよう♪
(もちろん、NHK朝ドラ、仲間由紀恵さん風に・笑)
posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:48| 京都 ☁| Comment(6) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする