2015年01月17日

「いつもそこにあること」

毎日、毎回・・・というよりも、ブログを始めて数年以上・・
懲りもせず、よくもまあ、懐古的な話ばかり
これだけ続けていられるものだと、自分でも思うのだけれど・・・

今朝も、そんなことを思い出すような出来事がまたひとつ・・・


仕事をしていると、絶対に必要な材料の在庫を
うっかり切らしてしまっていることに気がつき
あ・・・どうしよう・・・ということがある

そんなとき、今までなら、作業の手を止め
知っている附属屋さんに走って、
材料を調達していたものだけれど
昨今、本当にありがたいと思うのが、ネット販売である

特に、手にとって選ぶ必要のない
品番や、材質のわかっているものに関しては、
わざわざ足を運ばなくても、PCで選んで、支払いの手続きをして
家の中で作業を進めているうちに
早いところなら、次の日には、到着することもあって
時間命の納品作業の最中において
こんなありがたいことはないものだ

今朝も、今作っている服の前身頃に
芯を全面接着しなくてはならないのに
芯の在庫が、殆ど無くなっていることに気がついた・・

そこで、頼りになるのが、ネット販売をされている附属屋さんで
種類によって、お世話になっているお店は、何軒かあるのだけれど
その中でも、特に、服作りには大切な部分の
洋裁材料についての商品説明を、
とてもわかりやすく掲載なさっているお店があって、
しかも、京都市内で、しかも、学生時代から
存じているお店でもあるので、間違いが無い

存じていると言っても、実際に、商品を買ったことは
数えるほどしかないと言った方が正しいので
申し訳ないのだけれど・・・


何故なら、学生時代、自費通学で、貧乏学生だった私にとっては
ある種、畏敬の念とでもいうような、憧れにも似た
足を踏み入れるには、少々勇気の必要な
そんなお店だったからである・・・・・


場所は、寺町二条・・・
あの梶井基次郎の代表作の中で、
主人公が【檸檬】を買った果物屋さんの近くにある・・・



当時、私が普段通っていた学校近くの洋裁材料店は、
Kさんといって、下京の、ろーじの中にある、家族経営の小さなお店で、
大きな通学バッグを、店の外に置き
商品に当たらないように、身を斜めにして、細心の注意しながら玄関を入り

狭い店舗の天井まで埋まっている商品の中から
老夫婦と、まだ結婚していない中年目前の息子さんが
時には、喧嘩なんかしながら
まるで魔法のように、品物を選んで、
探しているものを、きっちり見つけてくれるという
それはそれで、宝物探しのような夢のある
楽しいお店であったことも間違いはないのだけれど・・・


その寺町二条の材料店は、先生が

「もし、Kさんに、欲しい物が無いときは
ちょっとお高いけれど、二条のYさんに行けば
いいものが必ずみつかりますよ」

とご紹介してくださったお店で
場所も、店構えも、Kさんとは違い(Kさん、ごめんなさい)
ガラスケースに、キラキラの、当時の私などには到底手の出ないような
舶来のボタンやビーズ、高級レースなどが整然と並んでいるので
それだけで気後れしてしまって、結局のところ、その中でも
もっとも手頃な値段のものを何とか選んで
すごすごと逃げるように、店舗を出た記憶が
微かに残る程度であるのだから、情けないものである


そんな記憶のあるお店が、ネット販売されていることを知り、
夏頃だったか、この頃は、置いてあるところも珍しくなった
裄綿という、お袖山に使う材料と一緒に、
ついでに裏地も一緒に購入しようと、種類の問い合わせをしてみると
種類ごとに、その特徴を、懇切丁寧に、
わざわざメールでご説明いただいたことがある

今朝も、Yさんのお店で、その接着芯をお願いした

備考欄に、できれば急ぎで・・・と記入すると
なんとも有難いことに、入金確認もできない土曜の今日、
わざわざ本日発送して下さったのである・・・

物づくりする人間の気持ちを、本当にわかって下さっている証拠・・
いざというときも心強いと、本当に有難かった


・・・おっしゃる通り洋裁材料専門店がどんどん無くなっていきます。
・・・専門店を必要とされるお客様が全国にはかなりいらっしゃいますので、
皆様に支えられてこれからも頑張りたいと思います。


京都は、世界に誇れる素晴らしい文化が集結した稀有な町で
その文化や芸術を生み出す職人の集う町
そして、その職人を支える専門的な材料店や人が
逆境に負けず、地道な努力を続けておられるのだ


20代の頃は、そんな京都が地味に思え、
東京に憧れたこともあったけれど
今は、この町に住めることが、とても有難く思える

檸檬の果物店も、檸檬を置いた丸善も
ずいぶん前に無くなってしまい
昨日は、ほんやら洞が、全焼してしまったという悲しいニュースが・・・

いつもそこにある有難さを思う小さなふれあいと、出来事だった・・


・・・ちなみに、Kさんの名誉のために申し上げると
何年か前に、久しぶりに学校を訪れついでに行ってみると
大きな新しい店になり、お兄さんのお嫁さんなのか
従業員の方なのかまではわからなかったが(笑
可愛い感じの女性が一緒だった♪



posted by マロニエのこみち・・・。 at 20:37| 京都 ☀| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

「卒業式に、Sexy Zoneの衣装をオーダーメイド♪」

今朝、バス停に向かおうと、家を出たとき
ケイヨウが、空を指差し、あれ何?と・・・

見上げると、もこもこの、角丸状の正方形の雲が、
まるでキルティングしたように
びっしりときれいに並び空一面に広がっていました

確かに、あまり見たことのない雲の形・・・

帰ってからネットで調べると、まったく同じ画像は見つからなかったのですが
どうやら高積雲の一種のよう・・
いわゆる ヒツジ雲のお仲間のようです
未年だから?^^

地上は、一面霜が張って、とても寒い朝ですが
雲はフワフワモコモコで、とても暖かそうでした♪



さて・・・・
毎年、1、2、3月は、本当に急ぎ足で、あっという間に過ぎてゆきますね
今月も、もう半分が過ぎようとしています;;
お別れの季節でもあり、
ちょっとセンチメンタルな気分になってしまいますが・・・

今日は、卒業式用にといただいたお衣装を、別館にUPしています
大好きなアイドルの衣装を着たら、旅立ちのときも
ハッピーな気分で過ごせそうでしょうか♪



【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】



posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:32| 京都 ☁| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

「新春の連休、子供と、懐かしの街を歩く」

お正月気分も、すっかり抜けたこの頃ではあるのですが
新年初めての連休は、京都の中でも、特に懐かしい町を
偶然歩くことになりました・・・


10日、土曜日、今年初めての写真サークル活動は
南座前で待ち合わせて、ゑびす神社へ・・・

参道の両脇に、露店の並ぶ賑やかな中、
えべっさんを御参りし、お隣の亥の神社でも、
撮影や、雰囲気を楽しんだ後、担当の、若い先生が
近くに面白いところがあると教えて下さったので
皆でぶらぶらと歩きました

なんとそこは、若かりし頃、
毎日のように通っていた大黒湯(お風呂屋さん)を
上がったところの路地の中にあり
当時、アルバイトしていたブティックや、住んでいたアパートの近く・・
今は、作家さんたちが、住居兼アトリエとして使われているという
とってもレトロで、ユニークな場所なのでした

そういえば、前に、この中の作家さんのお一人が
TVに出られているのを偶然、観たことがあったけれど
まさかまさか、こんな近いところにあったなんて!

23〜27歳頃、住んでいたアパートが取り壊しになり
このご近所内で、二回も引越ししたけれど、
花街であるこの町の、細い路地から路地を通り抜け
まさしく夢と希望に満ち溢れていた頃の私の面影を
そこに見たような不思議な感覚を覚える出来事でした

中一日は、納品のために仕事

そして、今日は、これも、お誘い頂いたので、行ってきたのが
旧・白川小学校の、町内のイベント
だいこ炊き、おぜんざい、黄な粉餅などをいただいて
書初め、羽根つき、独楽、剣玉など、昔遊びをして楽しみました

実は、この辺りも、先の、五条のアパートが、取り壊しとなり
次に住んだマンション(・・・と、少し格上げとなった)があったところ・・
ここは、もう、アパレル勤めをしていた頃だったから
先の街ほどの、楽しい思い出はないけれど・・・

その後、土曜日に行ったコースに戻って
宮川町から五条界隈を散策がてら、たくさんの写真を撮って

正確には撮らせて・・・というよりも、撮っているのに付き合って
(ケイヨウが行きたいと言ったので強制ではない・笑)

またまた懐かしい思い出のお店、【辨慶】で
てんかすうどんと、かやくごはんのセットを頂き
その後、さらに、五条楽園まで足を伸ばして、たくさんの撮影をしたあと

正確には撮らせて・・・というよりも、撮っているのに付き合って
(ケイヨウが行きたいと言ったので、強制ではない・笑)

歩きつかれたので、五条大橋のたもとにある、
お洒落なカフェで美味しい珈琲とケーキと、窓から見る風景に
心も体も、癒されて・・・(なんだか、今日は、食べてばっかりですね;;)

その後、家に帰り、大相撲の録画を観て一日が終わりました(笑


今回も、偶然そうなったのですが、
三条界隈といい本当にこのところ
若い頃の思い出の詰まった街を、ケイヨウと二人で歩いています
歩きながら、まだ残っているお店があれば、入ったりして・・

ちょうど、親のルーツを知りたい年頃でもあるみたいで
嫌がりもせず・・・というよりも、面白がっていて
私も、一人で歩くよりは、案外頼りになる相棒ができて
楽しい時間を過ごしております


・・・追記(本日のラッキーの覚書)

*ケイヨウが、イベントの書初めで、500円のQUOカードをもらった
(実は、手にしたの初めてです・笑)

*ゑびす神社の巫女さん、舞妓ちゃん、成人式の娘さんなど、
京都の街は、普段にも増して、華やかな空気に包まれていた

*イベントに、地域が選挙区であると言う、政界のHIROMI GO、M氏が
ご挨拶回りに来られているのに遭遇
お顔は、TV&ポスター、そのまんま
随分とお若く(同年代)爽やか系のイケメンだった(笑


posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:17| 京都 ☀| Comment(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

「ぴったしと偶然と」

ぴったし・・・
ぴったりのことですが・・・

自分でつぶやくときは、ぴったし・・・って言うかな?


・・・・ま、どちらでもいいのですが(笑


実は、縫物の仕事って、延々、長さとの戦い?
というほどたいそうなものではありませんが
常に、寸法が頭の中にありながら、作業を進めています

採寸、型紙作りはもちろんのこと
縫うときも、あわせる時も、全部、寸法が第一

そんな毎日の中で実に不思議なことがあります
とにかく、ぴったしぴったし・・・が起こるんです

もちろん、服の寸法を合わすのは、当たり前のことなんですが
たとえば、ボタンなど、すぐに使えるように
たくさんのストックがあるわけですが
この服に、これを付けたいと思うと

・・・なんと、在庫と、服に使う個数がぴったり!

適当に買っていたブレードを、この衣装に使おうと思うと

合わせていって、作っていって
最終、ああ・・・もう付けるの終わる〜〜
と思いながらミシンを走らせていると

・・・なんと、付け終わるのと、ブレードの無くなるのが
本当に、測ったようにぴったり!


こんな偶然のようなことが、極々日常に、毎日あります

これ、実は、仕事がらみのみならず・・・・
私の普段の日常に、本当によくあるんです

あと、時計(この頃は携帯)を見ると
22:22 とか・00:00とか12:12とか・・・・

これが何故か、普通に毎日起こるので

ああ・・またか・・・・と思いながら、ちょっと気持ち悪い(笑

ブログをはじめて長いですが、これ、書くの、初めてですよね

でも、こういう不思議って、ありませんか?
何故に、こんなことが起こるのか、解明できる方に教えて頂きたいです



ところで、昨日、ケイヨウの入賞のお話をさせて頂きましたが
頂いたプリントをよく見たら・・・・
写真部門、最優秀賞受賞作品・・・・なんだそうで

え・・・・・?? え・・・・・?? ええ〜〜〜!
ちょっと それって、すごいんちがうのと
思わず、わが子の手を取った私でしたが
まあ、本人は、ニヤっとしている程度なんですが(笑

思うに、被写体との出会いも、努力と同じくらい
偶然、チャンス、ラッキーってありますよね・・

この問題の(?)作品、PCで見た瞬間

これって、ノスタルジック、レトロ、可愛い でも、ちょっとヘン!
わ〜〜〜!♪  私の好きなもん、全部入ってる!って、
子供の写真で、一人盛り上がっていたのですが(笑

何で驚いたかというと
わが子の写真、すごいんや〜〜ではなく(違うのんかい
そのちょっと変で(ケイヨウごめん)不思議な作品に対して
共感と評価を頂いたことが♪
なによりもうれしかったんです♪

いえ、彼の名誉のために、補足をいたしますと
一応、ちゃんとしたのも撮れるんですが・・・
え?これ撮ったの?って思うような大人みたいなものも撮れるんですが・・・

選出してくださった先生が、もしかしたら
ちょっとヘンジン・・・・・否
きっと、遊び心のあるステキな方だったんですね(笑


ぴったし、偶然も、こんなラッキーがあるとうれしいです 感謝♪




・・・・ところで、ここまで書かれたら、いったいどんな作品?
って、気になりますよね
夏の写真展でもご披露いたしますので
待っていてください♪


posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:27| 京都 ☁| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

「楽しい予定♪」

今年、8月に、ケイヨウの写真展をするのですが
まだまだ時間的余裕があるため、
ゆっくりじっくりプランを立てることができ
楽しみな毎日です♪

そんな毎日の延長である一昨日、うれしいお知らせが・・・♪
サークルの先生からお電話があり
出展していた支援学校文化祭の写真部門で賞を頂いたので
来月の表彰式に、東京へ行かれますか?とのこと・・

今までの優秀賞では、立派な表彰状と、メダルが贈られてきたのですが
今回は、ワンランク上の賞のようです
送った作品は、私も、見た瞬間、大好きになった一押しだったので
この受賞はうれしいです♪

何かがないと、なかなか大好きな東京に行く機会もないので
もちろん行かせて頂きま〜す♪

ケイヨウも、初めてのトウキョウ
楽しみにしております♪

式は、2月7日、場所は、木場
前日金曜、学校が終わってから向かおうと思っていますが
当日は、2時から授賞式で、交流会もあり
全部終了する時間が4時になるので、結構中途半端・・
土曜も泊まると、ゆっくりはできるんだけど・・・(笑

さて、どうしようかな・・・♪
行きたいところ、お気に入りの場所もありすぎて・・・;;

・・・この際、会ってやってもいいよ
・・・泊まってもいいよ
・・・この時期、こんな展覧会があるけど如何?
・・・こんなプランは?などなど

楽しい情報をお寄せください
待ってま〜す♪


ところで、この賞、美術絵画、書道、写真の3部門があり
支援学校、小中高全体の中で、各都道府県、各部門ごとに
2作品しか応募できない狭き門の中での受賞なので
本当にラッキーです♪
応募して下さった先生、府内で選出して下さった先生方も
本当にありがとうございます!

式に行くと、他の子達の作品も見ることができるので
それも、すごく楽しみです♪

作品は、一ヶ月ほど、展示されるようなので、
また詳細をお知らせさせて頂きます!
posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:58| 京都 ☁| Comment(4) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「引き続き、オーダーメイド色々♪」

引き続き、今日は、オーダーメイドのご紹介です♪

相変わらず、ジャニーズ衣装のオーダー、大人気です
実は今も、卒業式用に、ちょっと大物と格闘中です

床一面、飛び散ったシルバーのスパンコールがキラキラで(笑
掃除機を傍らにおいての作業です(笑


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】






posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:16| 京都 ☁| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

「箪笥にしまった、色々なアイテムを、リメイク♪」

今日は、小さなことから、大きなことまで・・
別館にて、色々なリメイクをご紹介しております♪

ところで、昨年は、数年間、ご連絡の途絶えていたお客様が
再びお声を掛けてくださったことが、とてもうれしい一年でした

しかも、何故か、こういうことは重なるのか、数名の方々から・・・
こうして、忘れずにいてくださること、本当にありがたいものです



・・・・で、いったい、何年ぶりだったかしらと、思い返しておりますと
今まで、何も考えずにここまで来ましたが
長年のアパレル勤めから独立し、あとりえを開設してから
昨年で、もう丸々16年
・・・ということは、2月で17周年?

いったいいつの間に??というのが正直な感想ではあるのですが(^^;
本当に、ありがたいことです!


独立当初は、デザインが主な仕事でした
デザインして、絵を描いて、ボードや企画書を作って・・・

ただ、プレゼンのために、出張を伴う仕事が多かったので
できるだけ家の中でできる、手作り仕事にシフトしていったのですが
それでも当初は、いわゆる『手作り』
当時、流行りかけていたビーズアクセサリーや、
バッグなどの、小物類の製作と販売が主・・

何故か、ご要望にお応えしている内に
いつの間にか、洋裁が専門のようになってしまいました(^^;

いまや、オーダーが立て込みすぎて、ご迷惑をおかけしておりますが;
相変わらず、一人だけでの運営で、時間的な制約があるため
どうしても、お届けするのが遅くなってしまいますが;
できるだけ丁寧をモットーとしているため
何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします


本当に、思い返せば、アパレル時代が、約15年、独立してから16年
学生時代も含めると・・・・・・・・・
服飾業界、長くなりました(笑

この仕事は、常に感性のアンテナを張ることと、
『お勉強』が必要なので、これからも、精進し、
いい仕事、すなわち、お客様に喜んで頂けるお仕事ができるように
頑張っていきたいと思っています
これからも、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします♪


では、またもや前置きが長くなってしまいましたが(笑
リメイクのご紹介です♪



【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】





posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:03| 京都 ☀| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

「コートリメイク・色々♪」

京都、久しぶりの大雪でした

1日、お正月の集まりのときも、地下鉄で竹田駅まで帰ってきたのですが
いつもは待機しているタクシーもなく、タクシー会社に電話すると
今日は、雪のため、営業を中止しているとのこと・・

京都駅まで引き返すかどうか悩みましたが
とりあえず、近くの大通りまで歩くことに・・・

ビルの庇の中で、降り続く雪を見ながら、
このまま歩いて帰らなくてはならないのかと思いましたが;;
しばらく待って、ようやく流しのタクシーに拾ってもらえました;;
帰り着いたのは、夜の11時
なかなかない経験でしたが、
ちょっぴり楽しいような・・・馬鹿でしょうか(笑

2日、3日も、雪&雪・・・
例年なら、正月休みもそこそこに、仕事に戻ってしまうのですが
寒さのおかげで、お昼からお鍋を囲んだり
初詣も兼ねて、二日間、日中、雪景色を眺めに散策したり・・・
久しぶりに、ゆっくりと、お正月休みを満喫しました

さて、明日からは、通常のお仕事に戻られる方も多いことでしょう
私も、まだまだ、昨年から持ち越しのお仕事を
ピッチをあげて仕上げていきたいと思います;;;

作品のご紹介も溜まりました
今日は、主にコートリメイクのご紹介から・・・


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】





posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:11| 京都 ☁| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日

「2015・明けましておめでとうございます」

昨日は、真っ白な雪に覆われた新年の幕開けとなりました

毎年、お正月と夏の大文字の日には、
松ヶ崎の親戚、T家に招かれます

昨日も、お昼過ぎ、家を出たときは、晴れていたのですが
地下鉄松ヶ崎駅を降り、T家に向かう途中、雪が舞い始めました
夏、法の字に炎の浮き上がる山は、たちまち真っ白になりました

昨日のメンバーは、1歳から87歳までの9人
知り合って、32年
当時は、私が一番若かったのですが(笑
甥っ子、姪っ子、ケイヨウ、姪の子供と、若いメンバーが増え
集まって話す内容も(健康のこととか、葬式のこととか?笑)
少しずつ変わってまいりました

窓の外で、白い雪が降り続くのを眺めながら
作って頂いた美味しい食事と(いつもすみません;)
美味しいお酒、尽きない話で、楽しい時間をすごしました


ところで、今年、マロニエ家では、
ちょっと大きなイベントを計画しています
年賀状の右下に、小さく告知しましたので
届いた方は、見てくださったかもしれませんが・・・

8月に、ケイヨウの写真展を開催します
場所は、三条通に面したギャラリーです

時期が来れば、改めてご報告させて頂きますが
昨年秋、こんな思い、あんな思い、日常の楽しみの中で
ふとした偶然と出会い、ご縁が重なったことで、
今まで全く思ってもいなかったこんな企画を、突然思いついたのです

その企画書作り、データ収集などを
日々の仕事や家事を終えたあとに取り掛かっておりますと
気がついたら、深夜遅く・・・(というよりも、ほぼ明け方?)
になることもしばしばで;;
きっとそのせいもあって、体調を崩してしまったということもあり
本当に、何でも、ほどほどにしなくてはと
反省しているところではあるのですが・・・;;


そんな写真展にだす作品
カメラの種類や、性能、加工技術も進み
ケータイやスマホでも、それなり見栄えのする写真を撮ることができて
世の中に、様々な作品が氾濫する昨今の中での
子供が撮る写真で、全くド素人の母親が企画する写真展であります

そもそも、(よい)『写真』とは何なのだろう・・・
常々心にあった疑問が、企画を進める中、私の中で更に深まりました
既に何度も、個展を開催している甥に
昨日、その問いを投げかけてみたところ

・・・それは、作品の中に、被写体への思いが
どれだけ込められているかということではないだろうか・・・

と、ほとんど間をおかずに、この答えが返ってきました
この言葉、私の中にすっと気持ちよく入り込み、
全ての疑問を溶かしてくれたような気がしています

写真展を意識したときから、撮る写真や、心構えが変わってきました
実際、私も驚くような写真を、彼も撮るようになっています

でも、何の意識も作為もなく、ただ無心に被写体に目を向けていた
8年前、彼が、カメラに興味を持ち始めた頃の
未熟な作品の面白さ、訴える力の強さに
かなうものはないと思っていたのです

でも、それだけでは進歩がない
だからと言って、ただ美しいとか、お洒落だとか、ぼかしの具合がいいだとか・・・
無理にそんな作品を撮らせても意味がないし、
また、彼が撮りたいはずもないし、撮るはずもない・・・

でも、きっと、そんな迷いは、たぶん、私だけの中にあったのです
どうせなら、より、完成度の高い作品にするためのサポートを
私がしなくてはいけないと思ったから・・・

もちろん、そのサポートは、継続します
ただ、大人が(しかも素人の)余計なことを考えず、
できるだけ思いを込められるような被写体に出会えるような
機会だけを、もっと作ってあげたいと思います

彼は、今も無心に、好きな被写体に、レンズを向けています
そんな思いが伝わりますように・・・


画像は、今日の雪で、久しぶりに作った雪だるまと
T家のソファに座る、ほぼ9年前のケイヨウ
この翌年くらいから、写真を撮り始めました
この頃は(というと怒られるけど^^;)
まだ、ほとんど天使だった
可愛かった(のに)〜〜(笑

079-1.jpg

homupe 2263-2.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:57| 京都 ☁| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする