2015年04月30日

「桑の葉、桑の実」

毎年、初夏から夏にかけての我が家の行事
それは、庭に茂る桑の葉を摘んで、洗って、干して
桑茶を作っていただくことです

さっき、また陽気に誘われ庭先に出ると
美しい葉がだいぶ茂ってきたので
今年最初の収穫をしました

001.JPG

実も、こんな感じで各々の枝に付いています
今年は、今迄で一番、収穫が期待できそうです♪



さて、先の記事で、この季節に読みたいのが三四郎と書き
実際に今、先生が、引越ししたあたりまで読み進みました

今年は、2月に東京に行って、本郷、根津、谷中辺りを歩いたので
より、リアルに身近に、漱石の軌跡や古い時代を感じながら
楽しく読んでいます

100年も前の若者を描いた、若き日の漱石の瑞々しい文体に
ぐいぐい引き込まれています・・

しかしながら、本当に、明治の頃の方々は
ああいう会話をしていたのでしょうか・・
それとも、漱石がロマンティックなんでしょうか・・・

このあと続いて、またもや再読しようと思っている【それから】にしても
あの百合の花を介しての会話の美しさといったらありません・・

映画も、あの場面はよかった!
優作を翻弄する藤谷美和子に、本気で嫉妬を覚えたけれど・・・(笑
藤谷さん、今、どうされているのでしょう・・・;;



ところで、元に戻って、桑といえば、
ずっと以前に、こんな記事を書いたことがあります




この桑の実の作者、鈴木三重吉は
三四郎の登場人物、与次郎のモデルだそうだけれど
あんなに情緒のある素晴らしい本の作者が
モデルになると、いつもせかせかした口数の多い
残念な人物になってしまう;;


そういえば、今は亡き、音楽をやっていた知人も
・・・・作品と作者の人格は、必ずしも一致しないからね・・・・
と言っていたけれど、果たしてそうなのだろうか・・;;


どの本の中でも、同じような書かれ方だから
実際、そういう人だったのだろうし、
それもまた、面白く興味深くはあるのだけれど(笑


あの〜〜
よくあるのが、パステル調の柔らかいタッチの絵を評して
作者の優しいお人柄が・・・
みたいなことをおっしゃる方がいる・・・というよりも、
皆さん、必ず(否、絶対に・笑)おっしゃるのだけれど

それを見聞きするたびに、イラッとするのは私だけなんでしょうか(笑
確かに、そういう一面はあって然りではあるけれど
それだけじゃないでしょ?
激しいタッチの絵を描く人は優しくないってことになりませんか?
って、ヘソを曲げてしまうのは、三重吉気質のせいでしょうか(笑

ギャップこそが、人の最大の魅力
そういう意味でも、漱石、三重吉、どちらも魅力的で
ワンパターンな趣味からいつまでたっても抜け出せません(^^;


posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:23| 京都 ☀| Comment(2) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

「世間はG・W、何する?」

・・・って、何しましょう(笑

東京旅行、洗濯機購入、写真展・・・
結果的には、いいことばかりだとは思うのですが
今年は、大金の出て行く行事が多いもので、
あまりウロウロせずに
静か〜〜にしていようと思っています(笑


ところで、私の場合は、
GW頃に、したいと思うことが毎年ほぼ同じ・・・


聴きたい音楽〜アストラッド・ジルベルト、セゴビアのスペインギター
観たい映画〜フランスの思い出、太陽がいっぱい
行きたい京都の場所〜青蓮院、粟田口、蹴上周辺、中書島界隈
飲みたいお酒〜ズブロッカ、チンザノ等、香草&柑橘類のカクテル
行きたいお店〜アサヒビアホール、鳥せい
食べたいもの〜お寿司、スナップエンドウ、ニンニク料理
読みたい本〜漱石の三四郎


・・・書けば書くほど、私って団塊親父なんでしょうか(汗;

 ・・・とりあえず、頑張って納品したいと思います(^^;


posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:43| 京都 ☁| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

「ガーデニングと近況徒然」

ここ数日、お天気続きでうれしい毎日・・・
実は、今年に入ってから、
15年以上使い続けていた洗濯機が壊れてしまったので
しばらくの間、近くのコインランドリーに通っていました

でも、休みのたびに、つき合わされる坊主も、そろそろ嫌がってきたし;
私も限界に近づいたので、新しい洗濯機を買いました♪♪♪

実際、15年以上もたつと、洗濯機も進化していますね
当たり前なんでしょうけど(笑
風乾燥なる聞いたことのない機能までついていて
へえ〜〜と感心しながらの洗濯の毎日には
尚のこと、この好天気がうれしいです♪

こうお天気がよいと、ついつい仕事の手を休め、
庭に出て、植物のお世話をしたくなります
一日たつと、背丈の変わっている草木たち・・・

この画像は、約一ヶ月前のもので
パンジービオラが玄関先を席巻していたのですが・・・

139.jpg

014-1.jpg

今は、後方に移動していただいて、ペチュニアに変わっていただき
夏にかけて、大きく育つのを待っております

ちょっと放っておいたら、すぐこのようにジャングル状態;;
今、坊主が座っている場所は
これから梅雨までの間、私の癒しの場所
心地よい特等席になるところです♪

ちょうど頭の後ろに茂っている葉はニオイスミレ
少し前まで、紫と濃いピンクの花が
棚から零れ落ちそうなほど咲いていて
かぐわしい香りを辺りに漂わせておりました♪

015-1.jpg






posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:24| 京都 | Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

「春・徒然」

またまたご無沙汰してしまいました;;

公私共に、何かと慌しいこの季節・・・
お蔭様で、納期の決まった仕事も詰まっており
しかも、せっかくの春なのに、なかなか暖かくならず、雨続きで
少々テンション下がり気味の日々を送っておりました(^^;;;


さて、今日は、ケイヨウ、中2初めての参観日
学年懇談会もあり、授業を少し見学した後
保護者の顔合わせと、学部長、主任の先生方のお話と・・・
その後、お母さんたちとランチに行って情報交換・・・

今日は、初夏を思わせるような心地よいお天気となり
二時半頃、帰宅してからも仕事にかかる気分にはなれず
穏やかな風や陽気に誘われて
庭木の手入れや水遣りなどをしていました

数種類のビオラやパンジーは、そろそろ終わりかけ・・・
シャガと八重山吹も盛りを過ぎ、今は、シラン、野バラ、アジサイ、
今年初めて買った黒のペチュニアや、矢車菊が、蕾をつけ始めています

グミも白い花を咲かせ、桑も可愛い小さな実をつけています
夏に咲くホトトギスや、カンナ、今年こそは咲いて欲しいヒオウギズイセンも
ぐいぐい葉を伸ばしています



夕刻、ケイヨウが帰ってきました
昨年は、中学部に上がったばかりだったのに
先生方や、クラスのバランスが最高で
何の心配もなく、それなり順調に新学期を迎えられたのですが
今年は、少しだけ、雰囲気に慣れるのに、苦戦しております;;

でも、これからは、春の郊外学習や、運動会
宿泊訓練など、大好きな行事が控えているので
追々慣れてくれるだろうと思っています

学校は、ソメイヨシノは葉桜になっていましたが
八重の濃いピンクの桜が、見事に花をつけ
風に吹かれて、木の廊下に花びらを落としていました
それを気にして、箒で掃く子供たち・・・
心の和むひと時でした

そういえば、一年前のこの日も、教室の外の、中庭に面した窓から
大木の八重桜の濃いピンクの花びらが、風にあおられ
ひっきりなしに降り続けている素晴らしい光景を見つつ
担任の先生とお話したのを思い出します
産休中のK先生、お元気でしょうか♪




花といえば、ケイヨウは、今年度のワークスタディで
園芸班に入りました
懇談会があったので、授業は途中までしか見ることができませんでしたが
ひとまず最初の課題は、
ペチュニアと、マリーゴールド、サルビアの種まきをして育てるそうです

帰ってから今までのことを書こうと思っていましたが
長くなるので、今日はこの辺で・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 20:34| 京都 | Comment(2) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする