2015年09月30日

「月の歌」

月の歌はたくさんあって、
特に童謡の「月の砂漠」などは大好きだけれど
この季節になると、この曲を思い出す・・・


大阪で会社勤めをしていた頃に出た曲で
その頃、同僚と、毎日のように仕事帰り、酒場に行った
(酒場などというと、オジサンみたいだけど、
飲みに行く・・・と女子が言うのも、どうよ?)


私は、京都まで帰らないといけないので、
一軒目で帰りたかったのだけれど
同僚に付き合って、たまには二軒目のカラオケに行った
そこで、この曲を歌ったこともある


ある日、もう最終電車に間に合わなくなり
その子がすんでいるハイツに泊まった
地下鉄御堂筋線を南へ・・・


難波よりも南にある、とある駅で降り、
駅に置いてあった彼女の赤い自転車の後ろに乗せてくれた
1Kの小さな部屋だったけれど、意外に綺麗に片付いていた

翌日は、彼女の服を借りて会社に行った


あの日もちょうどこんな秋の夜で
ゴミゴミした大阪の下町の、濁った空気も
心地よく冷たくて、澄んでいるように感じた
自転車に気持ちよく揺られながら、
久しぶりに、女学生に戻ったように楽しかった


見上げた空から、金木犀の香りが落ちてきた




posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:35| 京都 ☀| Comment(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

「過去ログより・・・芸術の秋、そして一枚の絵のこと」

秋ですねぇ・・・
昨夜は、月が綺麗でした
ケイヨウがさっそく月をカメラに収めようとしたのですが
イメージと違う仕上がりに・・・


「サンタさんに、いいレンズをプレゼントしてほしい」
だそうで・・・
何故かというと、一眼レフをくれたのはサンタさん
サンタさんとは、もちろん私のこと;
一眼レフといっても、一番安いタイプですが・・・;;
ちなみに彼は、まだサンタさんを信じています
サンタさん、がんばります(汗;



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


さて、来月は、土日、ほとんど埋まるくらい、秋の行事が目白押しです
学校も、発表会の準備に忙しいようで・・・

これは、ケイヨウが保育園時代
もう、11年も前に書いた、懐かしい日記から・・・


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


2004/11/25「芸術の秋、そして一枚の絵のこと」



保育園に通う子供が、今、作品展の作品を作っている

牛乳パックや容器の蓋などを使ったり
散歩で拾った松ぼっくりに絵の具で色を付けている
両手で筆を使い、終了時間が来ても止めようとしないらしい

将来は、山下清か岡本太郎、棟方志功のような
ゲイジュツカになるのだろうか・・・
馬鹿親は勝手にこんなことを夢想している・・・



かつて私も、美術、国語、音楽だけは中高通し
常に5段階評価5という、完璧な文科系人間だった

スポーツは苦手だったが、剣道だけは性に合い、
授業を終えると図書館に行き
山本有三、福永武彦、伊藤整などを借り
そのまま武道館で、誰よりも早く素振りを始めた

同じく熱中して読んだ、司馬遼太郎の小説で例えるならば
新撰組の、井上源三郎のような、不器用だけれど稽古が好きで
なぜか実戦には強い・・・というタイプの剣で、意外に早く初段も取得した


稽古を終え、帰宅すると
風呂の火焚きをしながら借りた本を読み
食後は二階の北に面した隙間風が寒い部屋で
小さな電気ストーブに手を温めながら
トップギャランのLPレコードをBGMに
所属している美術部には馴染めないので顔を出さず
一人で芸術展の絵を描くという
割と内省的な趣味を持った、少し妙な高校生だった


入賞した絵などが文化祭で展示されたとき、クラスの男子に呼び出された
ダボダボのズボンを履き、数人で廊下にタムロしている
不良グループの一人である

大抵の女生徒は、怖がってその廊下を避けていたけれど
癪に障るので、いつも私は知らん顔で通り過ぎていたから
多分そのことをあれこれ言われるのではないだろうか・・・



・・・チンピラめ、怖くないぞ・・・


と、指定の場所に行くと
グループの長のような存在の別の男子が待っていた

当時流行っていたジョン・トラボルタを真似て
ポーカーフェイスで上手に踊るのを教室で見たことがある
鼻筋の通った神経質そうな整った顔立ちや 、痩せぎすの骨ばった体は
ある種不気味で私もさすがにたじろいだ



・・・・数秒間の沈黙の後・・・

『あの・・・お前のあの絵、欲しいんやけど・・・』


あの絵とは、京都の寺庭の紅葉を描いた 水彩の点描画のことだった

あまりに意外な言葉と、はにかんだような真剣な表情に
私はすっかり調子が狂ってしまった


『え・・そんなこと言われても・・・』
『売ってくれるか?それならええか?』
『え・・あの・・』
『いくらなら譲ってくれる?』
『え・・・あの・・・・・・1万円・・』


その頃の私の価値観での1万円は、今の10万円位に値しただろうか
もちろん売る気などなかったので、 あてずっぽで口から出た言葉だった


『え・・そうか〜・・・1万円か・・・高いなあ・・』



彼は恥ずかしそうに、ボソボソと口の中で呟くと
そのまま後ろを向き、すごすごと行ってしまった

多分彼の金銭感覚も、私と同じだったのだろう
私はとても悪いことをしてしまった気がして
絵を気に入ってくれたことも嬉かっただけに
日常に戻ってからもそのことが気になって
何度かあの絵、あげる・・と、言いたくなる衝動に駆られたけれど
結局言い出せないまま年を越し、梅の季節が来て
卒業式を迎えてしまった



あの絵は引越しのときに処分してしまい
あのときの彼も今、いったい何をしているのか
私は知らない・・・


middle_1218361741.gif
posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:29| 京都 ☀| Comment(0) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

「今朝のお野菜」

前に使っていた目覚まし時計が壊れてから
もう長い間、携帯のアラームを、目覚まし代わりにしているけれど
毎朝、アラームを消すために携帯を見ると
朝一のニュースが目に飛び込んでくる
そんな今朝は、川島なお美さんの訃報・・・...
かなりショックだ・・
ほぼ同年代
お友達になったら、面白そうな方だった
ご冥福をお祈りいたします



今まで、特に大きな病気にもかからず、骨折もしたことがなく
出産と、子供の手術の付き合いにしか 入院をしたことがないけれど
怖いもの知らずでここまできて今、怖いのは、

やはり病気になることである



お野菜や果物を頂くことは大事そうだし、どちらも好きなので

今朝も近所の販売所で、新鮮なお野菜を調達してきた



で、今日、見つけたうれしいお野菜!
昨年、ブログ某所(笑)で、「おねば」談義に入ることができず

残念な思いをしていましたが、スダチが手元にある今

とうとう、満を持して、販売所に並んだのです♪

今日はついに、待望のおねばをいただこう!


画像は、今朝の収穫
ラディッシュは、これだけあって100円
形は不細工だけれど、きっとおいしいと思う
同じ販売所で夏に買った枝豆は、
同じくかなり不細工だったけれど美味しかった
これも葉っぱが付いているので
同じく、塩もみして、スダチをかけたら美味しいかも・・・♪


お花も、トラノオが出ていた
小菊と一緒に、玄関に飾る

酢橘と同じく、柑橘類は、一昨日、商店街で買ってきたミカンがあるけれど
ブラックコーヒーと一緒にいただく



これは、もちろん、「悲しみよこんにちは」を10代の頃に読み

冒頭、主人公がオレンジとブラックコーヒーを

交互に味わっているのを読んで知った、美味しいオレンジの食べ方


もちろん、濃厚なオレンジの方がコーヒーに合うけれど
普通にミカンでも、それなり美味しい
そういえば、秋分の日になると、もう40年来、本棚から手に取る

「挽歌」の作家、原田康子は、日本のサガンと言われていた・・・


004-2.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:32| 京都 ☁| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

「金木犀と柿の季節」

今朝の京都は、久しぶりの雨・・・
息子をスクールバスの停留所に送るとき、微かに金木犀が香っていました


そして、驚いたことに・・・...


【京都・ぶら〜り・お散歩日和】


「金木犀と柿の季節」




posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:16| 京都 ☁| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

「誕生日ブレゼントに顔を描く」

ブログなどで、長くネット上のお付き合いをしている方が
お誕生日だというので、お顔を描いてみた・・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖】


posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:58| 京都 ☀| Comment(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

「女の子たちの、可愛いドレス、オーダー&リメイク♪」

3日間、外出して、流石にケイヨウも、今日は家にいる・・・だそうで
相変わらず、皆様から頂戴したお手紙を
宝物箱の中から引っ張り出しては読んでいます^^
本当に、お手紙大好き
女子力、高いですね♪(笑


さて、今日は、可愛らしい女の子たちのオーダーを、まとめてご紹介・・・
中に、「少し前の女の子」のオーダーも入っていますが
少女の頃を思い出すような、女子力高いお洋服です^^


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】





posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:32| 京都 ☁| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

「シルバーウィーク・マロニエ家では・・・」

シルバーウィーク、うれしい好天に恵まれ、一昨日も、昨日も今日も

カメラマンを連れて、写真を撮りに出かけています♪


昨日見つけた、割と近くの萩の花の綺麗なお寺は
とてもお気に入りのスポットになったのですが
たくさんの薮蚊に刺され、落ち着かなかったので
今日は、虫除けスプレー持参で、完全防備で出かけました


毎日、何で撮影?と思われるでしょうが...
この夏、開催した初めてのケイヨウの写真展・・
仕事を抱えながらの開催は、正直思った以上に大変で
もう一度限りか、周年記念でいいかなと思ったりもしたのですが
終了後、毎日のように頂戴する涙出そうな温かいお便りに
今年限りにしてはいけないなぁ・・・と・・・


ケイヨウは、もうすっかりその気になっておりますので
要は、私の体力と財力の問題だけなのですが
体力って、考えたら、今が一番若いんだよねって・・・
そう思えば、早いうちにできる限り、
頑張っておいたほうがいいよね・・という結論になったので
一応、そのつもりで、マネージャーに徹し
早いうちからせっせと準備にかかっております


昨日は、中書島に行ったので、寺田屋さんの通りにある

古い和菓子やさんで、おはぎと、銀杏餅を頂きましたが

今日も、おはぎが欲しいというので、帰り、近くの和菓子屋さんへ・・・

そこで、信じられないようなお年寄りに出会ってしまいました;;


お店に行くと、一人の老紳士が、お店の人と話していました
日持ちするのはどれや?みたいな質問を延々としています
陳列ケースの中には、目的のおはぎが、まだ4個、残っていました
その老人は、ほな、三笠もろとこか・・・と決めて
お店の人が、三笠を包み始めたのですが
私が息子に、おはぎあったね、よかったね・・・と言うと
あ、ちょっと待ってくれるか、おはぎに変えるわ・・といって
つぶあんのおはぎを、残り3個、買ってしまったのです
え??と思いましたが、声も出ず・・・
そのとき、その老人が、ちらっとこちらをみたのですよ
これって、イケズなんでしょうか?


とりあえず、一個だけ残っていた黄な粉のおはぎと
栗蒸し羊羹を頂きましたが、帰る道々、ずっと無口で
トボトボと坂道を登っていたケイヨウ


家に着いていただく時、突然の出来事にショックを受けたのか
涙と鼻を垂らし、泣きながらおはぎを食べておりました
おはぎ、とりあえず食べれたし、
羊羹も美味しいし、ええやん!と励ましながら
ともあれ、こういう老人にだけはなりたくないと
そう深く心に刻んだ敬老の日でございました


写真は、恨みの・・・否、残り福の(笑)
黄な粉のおはぎと代替の栗蒸し羊羹と

腐った老人とは似ても似つかない、美しい秋の花たち

おはぎ以外は、撮影・ケイヨウ


157-3.jpg





posted by マロニエのこみち・・・。 at 20:40| 京都 ☀| Comment(4) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

「無花果と扁桃腺と古いドラマ」

今日は朝から、しとしとと秋の雨・・・
ラジオ第一は朝から国会が慌しく
雨に、チリの地震に、国会に・・・と気が滅入るので
FMに変えて、クラシックを聴きながら、
黒いベロアのロングドレスを作っています・・・


ところで、ご近所の農園の無人販売所では
少し前まで、イチジクが売られていました
そして、ときどきは、手作りジャムが・・・

残念ながら、イチジクの実は、争奪戦で買えなかったのですが
ジャムは、行ったら残っていて、今年、三つも瓶を買いました。。。

そんなイチジクのことを書いた、思い出エッセイがあったので
10年前のブログよりご紹介。。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2005/10/4 「無花果と扁桃腺と古いドラマ」  


早朝、稲荷大社近くの
静かなお屋敷街へ犬のお散歩に出ると
植え込みからふんわりと甘〜い香りが・・・
もう金木犀の季節なんですね
秋です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


わりと最近まで、毎年この季節
変わり目の時期に扁桃腺を腫らして微熱を出した

少し頑張れば、学校や職場に出られないこともないのだが
不愉快な喉の痛みも手伝って
夏に疲れた体を癒すためか、毎年休んだ
まるで秋到来の恒例行事のように・・・


中学生だったその頃の私は、朝、ゆっくりと睡眠をとり
少し気力が出てくると、季節には少し早い
ベージュに茶の編みこみの、自分で編んだ
ガウンのようなカウチンのカーディガンを
パジャマの上に羽織り、ふらふらと裏庭に出た


昼近い秋の日差しが暖かく、穏やかで心地よく
まるで甘やかされている小さな子供のように、幸せな気分になれた


庭には柘榴(ざくろ)、枸杞(クコ)
ゆすら梅、スモモ、夏蜜柑、八朔(はっさく)
桃など、実のなる木がたくさん植わっていて
なかでもこの季節、無花果(いちじく)は 、たわわに実をつけていた

家族で他に誰も食する者がいなかったが
唯一私はこの果実が好きで、手を伸ばして、一個ずつ大きな実をちぎり
その日初めての食物を口にするのだった


庭の南端に湿った土の匂いのする物置小屋があり
そこに母の子供時代の【少年倶楽部】【少年の友】
のような名前の、古い雑誌や
『ラクサ ラクサ』などと右からカナで書かれた
古い教科書や、骨董品の水屋や
切子のガラスなどがガラクタのように乱雑に入れられていて
古い本独特の匂いのする雑誌を開いて
大蛇(おろち)や竜が出てくる探検小説などを
ドキドキしながら読んだりもした


昼になると、のそのそと茶の間に行き
味噌味の雑炊、または梅干のお粥などを食べた後
その頃毎日放映されていた【ライオン奥様劇場】
(多分こんな名前だった 今もあるのだろうか?)を観るのだった


その頃のTVドラマは、文芸小説原作のものが多く
ざっと記憶をたどってみても・・・


●樫山文枝主演・林芙美子・原作【放浪記】
●佐藤オリエ主演・林芙美子・原作【浮雲】
●佐藤佑介主演・立原正秋・原作【冬の旅】
●佐藤オリエ主演・高村光太郎・原作【智恵子抄】
●速水亮主演・田宮虎彦・原作【別れて生きるときも】
●上村香子主演・石川達三・原作【転落の詩集】
●大和田獏主演・曽野綾子・原作【二十一歳の父】
●島かおり主演・河野実・大島みち子・原作
【愛と死をみつめて】


などがあった
全部よかったが、放浪記は絶品だった
樫山文枝さんの歌っていた
『捨〜て〜てきたふるさとを〜♪』という主題歌は
今でも覚えていて歌うことができる(笑)

続きが見たくて早退したり、 お腹が痛いと言って休んだり
試験中は、誰にはばかることもなく早く帰り観たものだ
思えば困った子供だった


野や、林や、麦畑を、真っ黒になって、走り回っていた幼少時代と異なり
思春期は一変して、内気で、部屋にこもることが好きな
病気がちな少女になった

父は、こういう私を【真昼のガス燈】と称して嘆いていた


小学校高学年から中学にかけては、何の楽しい思い出もない
小説や、ラジオや、毛糸や、歌番組が友達だった
しかし、こういう形であれ、文芸小説に触れたことは
収穫だったのではないだろうか


その後、もう一度、原作を読みかえすことで

私の読書熱にさらに火をつけ
原作を書いた田宮虎彦、立原正秋などの
珠玉の名作はほとんど読破し
温かく優しい人の心に触れたり
厳粛な和の世界を知ることができた

趣味だった編物や洋裁は、今の生きる糧となり
好きだった音楽は、今の自分の潤いになっている

人生なんの無駄もないんだ・・・

そんな気がする
たまには、自分を甘やかして
したいことだけを思う存分する時間があっても
決して悪いことではないのではないか・・・・・


単なるまわり道だ
どうせ、嫌でも、歩き続けなければならないのだから・・・
人生、道草も必要だ・・・

続きを読む
posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:18| 京都 ☔| Comment(2) | 思い出話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

「ジャニーズ衣装、オーダーあれこれ♪」

まだまだ作品のご紹介がたまっておりますが
今日は、ジャニーズのお衣装をご紹介・・

少し前まで、セクシーゾーンのオーダーが
ダントツに多かったのですが、
このところ、集中しているのが、hey! say! jump

TVを観ていると、個人でドラマなどに出演されているのを
よく見かけるようになりました

衣装をお作りしていて感じるのは、売れている
あるいは、売り出そうとしているグループの衣装は
凝っている・・・だんだん凝ってくる・・・ということですが
このところオーダーいただくお衣装も、かなり凝っていて
ご予算と、作品のグレードの折り合いを
どこでつけるかが、結構たいへん;;

こちらは、今、試着にちょうどいいサイズのモデル





続きを読む
posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:00| 京都 ☔| Comment(4) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

「青い山脈〜藤山一郎」

広告が出ているので、久しぶりにお絵かきを・・・
前回に続き、懐メロ歌手さんですが・・・(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:55| 京都 ☀| Comment(2) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

「昨日、今日と、オーダーメイドあれこれ・・」

日中は、基本、NHKラジオ第一を聴いていますが
昨日からずっと台風関係の番組に変わっています。
今回も大きな被害が出て、自然災害の恐ろしさを感じています


どうかこれ以上、被害者が出ませんように!
こちらは、台風一過の好天気で、溜まっていた洗濯物が...
ようやくすっきり乾きそうです


朝夕が随分と冷えるようになり、今朝は、もしかしたら
そろそろ暖房が必要なのでは・・・と思うような涼しさでした
朝食のパンにココナッツオイルを・・・と瓶を見たら
昨日まで透明だったオイルが、白く固まりかけていました!


さて、溜まっているオーダー服のご紹介を・・・

別館にUPしています♪



【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】


●「男の子の、パンツ色々オーダーメイド♪」


●「大好きなパジャマを参考に、オーダーメイド♪」


●「ご夫婦で、お好きな服をオーダーメイド♪」


●「SOU・SOUの生地で、メンズシャツをオーダーメイド♪」


●「SOU・SOUのテキスタイルで、マタニティウエアをオーダーメイド♪」


●「父の日に、着物をリメイクしてプレゼント♪」


●「喪服の帯を、葬祭用のバッグにリメイク♪」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:58| 京都 ☀| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

「初秋の朝、ご近所の風景」

朝起きると、すっかり秋の朝・・・
この秋、初めての長袖を着ました

子供も、朝はちゃんと起きたのですが、ご飯の後、なぜかまったり・・・
仕方ないので、スクールバスは諦めて、学校まで送ることに。。
久しぶりに、カメラを貸してもらって、朝の風景を撮りました・・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:39| 京都 ☁| Comment(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

「秋の夜長に。。。」

昨日、無事、お衣装の発送ができて、

とりあえず緊迫した納期の仕事を終えたので
約一ヵ月半ぶりくらいに、晩御飯の後、ゆっくりする時間ができた
フェイスブック某所(笑)の焼いた秋刀魚の美味しそうな画像を見て、
我が家も秋刀魚にすることに決定



うちのご飯は、七分付きの玄米、

それに、押し麦、発芽玄米、十五穀米のパックを入れる
南瓜、しめじ、茄子、お豆腐のお味噌汁
それに、スダチ皮をスライスして浮かべる
スダチたっぷりの秋刀魚
もずくと、胡瓜のお酢の物
ここにもスダチをたっぷり。。。
後は、梨の幸水、ゴボウ茶、自家製の桑の葉茶



秋の味覚をたっぷりいただいて満足し、たまっていた録画を観る

今、ドラマは、「まれ」しか撮っていないけれど、

ほか、一番気に入っているのは「ヨルタモリ」
宮沢りえさんが、あんなに個性的で魅力的な女性に

育っていらっしゃるとは知らなかった

毎回の、素敵なアンティーク着物のファッションを、

拝見するだけでも楽しい!


タモリさんも面白すぎる
あんな博識な変人が、親戚に一人いてくれると楽しそう
常連さんや、お客様も素晴らしい
あんなスナックが近くにあれば楽しいでしょうね

でも、9月でひとまず終了らしく、それが残念・・・;;



「まれ」は、圭太役の男の子を見るたびに、昭和を感じる
別に、ダサイとかではなく、現代の若者なのだけれど、
あの顔立ちは、まさしく私の記憶にある昭和の二枚目の顔なのだ
(昭和の時代、イケメンとは言わなかった)

そう、石原裕次郎、和田浩二、沖雅也、宮内洋に代表される
笑うと目袋がぷくっとなる、爽やかな涼しい目元・・・
あの役者さんで「サボテンとマシュマロ」をやってほしいな・・
あと、福士 蒼汰と、有村 架純で「俺は男だ!」も・・・



そんなくだらない妄想をしながら、

穏やかな秋の夜は、更けたのでした。。。


ちなみに、昨日お送りしたのは、こんな衣装

まるでオスカル!

北海道札幌市某所へ。。。


003-1.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:30| 京都 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする