2016年03月04日

「雑誌クロワッサンから。。」

少し前に、クロワッサンの雑誌のモデルが私にそっくりと

ご近所の親しいお客様からメールがあった


もう既に本屋さんには、新しい号が並んでいたので
パン特集なら買ってみようかと

アマゾンで久しぶりに【クロワッサン】を買ってみた(笑


で、開いたところがこの方・・・
懐かしい!!!
なんと、甲田益也子さん!



私が専門学校時代、少ないお小遣いを工面してでも
【装苑】【ドレスメーキング】【an・an】の雑誌は欠かせなかった
ちょうどその頃、花椿のモデルでデビューされ
その後、長らく、an・anの紙面を独占されていた


80年代が始まったばかりの頃で
私自身も、新しい人生を歩み始めたばかりで
とにかく時代の空気感というのか
見るもの全てがキラッキラに輝いていた頃・・



ドレスメーキングは、主に課題の服作りの
パターンの参考書みたいなものだったけれど
装苑は、もちろん、装苑大賞の発表と、当時は、DCブランドの服や
雑貨物などの作り方の記事も多かったし
長沢節先生の、映画評論がとても楽しみだった


an・anは、まさしくその時代の空気を感じる雑誌
まずはan・anを見なくっちゃ・・・
くらいのファッション情報誌だったのだ



このあと、学校を卒業し、アルバイトや夜間学校を経て
最初に就職したアパレルは、京都の小さなマンションメーカー
主に、当時流行っていた、ピンク・ハウスの
ピンタックやフリルやレース、くるみ釦などがいっぱい付いた
フリフリのブラウスのコピーをよく作っていた



ピンクハウスや、デザイナーの金子さんご夫婦の記事は
本当によく載っていたな。。


アパレルのターゲットは、
10代後半の学生から、20代前半のOLなど若い女性だったので
新宿伊勢丹辺りへ、よくリサーチに行かされた
得意先の営業さんと、初めて入った
池袋サンシャインシティの最上階のレストランは
風が吹くと揺れるのでびっくりした


原宿にもよく足を伸ばしたが、あの当時の街の雰囲気・・・
小さな駅を出ると、思い思いのファッションで着飾った若者で溢れていて
時折ビルの隙間を吹きぬける
青葉の香りのするような風の心地よさ・・・
本当に、風薫る原宿・・・・のイメージがあったのである



そういえば、同じ頃にドレスメーキングのモデルだった
伊藤ライムさんにも、似ていると言われたことがあったっけ。。


いずれにしても、お二人とも時代を共に生きてきた方
調べたら、ほぼ同年代なので更に驚いた。。。
似ているかどうかの話は別にして
勢いのある、懐かしい時代を思い出して、楽しかった


00300.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:20| 京都 | Comment(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

「今日から三月」

今朝起きたら、コンタクトレンズが割れていた
けいようを学校に送っていったついでに

眼科のある京都駅に行く

10時のオープンまで時間があったので

タワー1Fのスタバへ。。


ここは、けいようが保育園の頃、七条まで送り届け
その後、鴨川の、春は桜、夏は青葉
秋は紅葉、冬はユリカモメと
移り変わる四季の風景を眺めながら、駅まで歩き
タワー下の材料屋さんが10時オープンするまでの間
珈琲を飲みながら、よく時間つぶしをしたところだ
懐かしい。。


ドリップ珈琲ショートサイズで税込み302円
紙カップと、マグカップ、どちらがいいですか?と訊かれたので
マグカップと答える
前はこんなチョイスは無かった
ブラックで頂くと、それほど美味しいとも思えないが
サービスはまた向上している


空いていた窓際の陽の射す暖かいカウンターに腰掛け
マグカップ一個だけ前にして
マンウォッチングで頂く珈琲、コスパは悪くない


通りを歩く人は、相変わらず旅行者が多く、殆どが外国人
たまに日本人を見ると、たいていは老人である
時間帯のせいだろうか。。


朝、うっすらと雪が積もっていたせいか
まだ明るい春服はいなくて、黒っぽいコートの人ばかりだ


時間が来たので、診察していただき、新しいレンズにしてすっきり
寄り道もせず、まっすぐ駅へ・・


小雪が少しチラついていたが
JR奈良線に乗り込んだ途端、しっかりと降り出した

稲荷に着くと、予想通り、殆どの人が降りる
主に、観光客と、龍大の学生さんだ
雪景色の千本鳥居も、乙なものかもしれない
ドアが開いている間、風とともに、雪も舞い込んできた


最寄り駅の改札で、駅員さんが
「駅の外は雪が降っています。お足元に気をつけて。。」
と、客たちに声を掛けている
日本は、便利で親切な、いい国だ



ターミナルを過ぎて、すぐにある野菜の自販機で
ほうれん草と、九条葱と、ブロッコリーを買い
吹雪かれながら家に着いた
駅から徒歩3分
頭の中は、ずっと【なごり雪】の曲が流れていた


今日から三月
そういえば、京都駅前は
冬間、樹に付けられていたイルミネーションの 撤去作業中だった

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:05| 京都 ☀| Comment(0) | 日々の徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする