この記事へのコメント
私の所は、男ばかり、わが子も男。

お雛様には縁がなかったのですが、縁者の家で、飾ってあるのを見て、いいな!と思った記憶があります。

この写真のお雛様は、綺麗ですね。

もうこの年、知り合いも年寄り、ショーウインドーで見るより他に、お雛様を見る機会はなさそうです。

でもこの写真良く撮れていています。実物を見るようです。それに、値段情報も含まれていますし。
Posted by 7wth2 at 2006年02月21日 15:52
とても綺麗に撮れていますね。どれもみんな素敵です。
性能の良いカメラをお持ちなのですね。
あ、失礼!腕が良くていらっしゃるんですね。

>近藤さんも、土方さんも、沖田総司も、坂本竜馬も、今の時期
この店に飾られた人形を見て、京の文化を楽しんだことだろう

私もタイムスリップしてしまいました。(^_^)

ところで今のNHKの大河ドラマを見ていて千代がマロニエさんに重なります。
お針仕事が上手で夫婦仲が良くて…お名前も、ねっ!
Posted by wave at 2006年02月21日 17:05
マロニエさんはご存知だと思いますが、京都のお雛様ってお内裏様がむかって右で、お雛様が左。
今はみんな全国的には一緒になってますが、昔からの京都のお雛様は逆ですよね。
確かいわれがあったと思うんですが忘れちゃいました(笑)
それにしても掛け軸のお雛様・・・ほしいです!
Posted by スティービー at 2006年02月21日 17:38
7wth2さん

女の子いると華やぎますよね
でも、大変ですよ
家計もご心労も・・・(笑)
でも、まだ、可能性がなくなったワケではないのですよね^^

『この写真良く撮れています』
7wth2さんにこう言って頂けるとうれしいです
偶然、ぶれないでくっきりと撮れました^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月21日 20:05
waveさん

ありがとうございます!
カメラも腕も、悪いのですが、なんとか『まぐれ』で撮れました(笑)

『私もタイムスリップしてしまいました』

そうでしょう・・・?^^
こういうとき、京都に住んでよかったと思います
歴史に興味を持ち、京都に来たのですから、私の原点もここにあるのです
だから、時折勝手にタイムスリップして、自分自身の原点に戻り、気合を入れています(笑)

『千代がマロニエさんに重なります』

最高のお言葉です
茶目っ気と、遊び心のある前向きな千代は、私も大好きです
毎回、とても楽しみです
原作を読んだとき、他人のような気がしませんでした(笑)
ただし、私が良妻賢母であるかどうかは、甚だ、大いに疑問であります
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月21日 20:14
スティービーさん

ありがとうございます!
そうか・・・じゃあ、これは京都式には、反対なのですね?
私も、チラッと聞いた事があるような気はしますが、まったくわかりません

『それにしても掛け軸のお雛様・・・ほしいです!』
そうでしょう(笑)
可愛かったですよ
まだあると思いますので、ちょっと足を伸ばし、実物をぜひご覧になってくださいませ^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月21日 20:18
こんばんは

雨の京都。
昨日の分から見てくると、自分でバスに乗って街を見ているようです。

京都はここ1、2年行っていませんがそれまではよく行きました。
よくといっても、年に2〜3回ですが。
仏像拝観が趣味なのです。
最近ご無沙汰なのでまた行きたくなりました。

京都の街も変ってきているのですね。
1200年そうだったのですから、仕方がない面もあるでしょうが、根本的な京都らしさみたいなものは、なくしたくないですね。

雛人形も四条通りの老舗に飾られていたら、ほんとの本場モノという気がします。
メインウインドウのものは古風な感じがして、さすがと思います。
値段が写っていませんが・・・いえ聞かなくて結構です。
Posted by capucino at 2006年02月21日 22:10
おはようございます^^

京都のお雛様って素敵ですね・・・*^^*
なんか、職人技とでもゆうのでしょうか・・・
おもむきがあって、上品にみえます。
うちの娘に買ってあげたのとはやっぱり
違いますね^^
いいもの、見せてもらいました^^

あ!!本当だ!!お内裏様とお雛様逆ですね。。
そういえば、どこかの地方が、昔ながらの置き方で
今と逆に置くと聞いたことがあります。。京都でしたか^^
戦前はどこもそうだったらしいですよ。
(記憶が正しかったらですが。。。^^;)
皇族の方も昔は男性が右、女性が左と聞きました。
戦後、海外の公務が増えて、外国の男性左、女性右に変えたと聞きました。。。
それで、お雛様も反対に置くようになったそうです。。。
さすが京都ですね!!
日本の伝統を引きついています^^
とてもすばらしい事ですよね!!

建物にしろ、お雛様にしろ、お寺にしろ、日本の文化の
原点が残ってる素敵な街ですね^^
やっぱり、京都の街を探索してみたいです!!
Posted by ろここ at 2006年02月22日 07:43
capucinoさん

ありがとうございます!

『自分でバスに乗って街を見ているよう』
こう思っていただけたらうれしい・・・
と思いながら載せましたので、とってもうれしい感想です
これから、いい季節です
また、ぜひ、美しい仏様に会いに、お運びくださいませ

『根本的な京都らしさ』
これは、充分に残っていますし、消えることも、きっとないでしょう
でも、この街の歴史が昔からそうであったように、他所からの、新しい大きな力に翻弄され
古い値打ちのあるものが、少しずつなくなっていることも確かだと思います
慣れ親しんだ、古い建物や店が消え、真新しいビルが建ち、娯楽施設に変わるたびに
言いようのない寂しさを感じます
住んでまだ、30年足らず、よその地で生まれた私でも、こういうことを感じるのですから
京都に生まれ育った方などは、いったいどんなお気持ちなのかと思います

また、街に出たときに、京都の情報、お伝えさせていただきますね

Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月22日 12:14
ろここさん

コメントありがとうございます!
博識を、ご披露していただき、感謝します
そうでしたか・・・
ご皇室も、伝統を引き継ぎつつも、
少しずつ世界に通じるものを取り入れられているということですね
昨今のお世継ぎ問題もありますし、時期的に、とても興味深いコメントを頂戴しました

五月人形の頃にも、カメラを持って出向きたいと思います^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月22日 12:20
『玄関左側の少し抽象化されたお雛様』が可愛いですね!!
今はこんなお雛様もあるんだ〜♪
我が家にはお雛様なくて、
幼少期に五段雛をねだった記憶があります。
当然、高くて買ってもらえませんでした(笑)

今日の昼、NHKで徳島の勝浦町で開催されている、
『ビッグひな祭り』というイベントを紹介してました〜。
供養を承ったおひな様を展示したりしてるんですが、
だいぶ見応えのある感じでした。
中に御殿雛というのがあったのですが、
その御殿を作るほうに興味が湧きましたね〜。
↓こういうホームページを見つけたのでよければご参照下さい☆
http://wwwi.netwave.or.jp/~hkangawa/newpage24.htm
Posted by 貧面 at 2006年02月22日 21:13
貧面さん

おはようございます!^^
『こんなお雛様もあるんだ〜♪』
可愛いでしょ^^
こういう顔のお人形、京都のお店では、結構見られるんですよ
でも、お顔が漫画チックにならず、上品さを保っているので、
さすが!!と思いながら眺めています

ところで、この『ビッグひな祭り』!!!
うれし〜〜〜〜いい!!
ありがとうございます!!
勝浦は、私の実家とは、離れているのですが、
同じ郷里の徳島の話題として、とっても興味深いです
さっそく覗いてみましたが、綺麗なお雛様がたくさんありますね
欲しくなるようなお顔がいっぱい
それに、すごいですね こんなに盛大にやられていたなんて
まったく知りませんでした!!

これは、本当にいいものを教えていただきました
今度、記事でも、ぜひ、取り上げさせてください
ありがとうございました!!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月23日 08:09
おおお!!
そんなに感動して頂けてこちらも感動です!!
では早速我が萬日記でもビッグひな祭りを紹介してみます!!
Posted by 貧面 at 2006年02月23日 21:57
貧面さん

『ビッグひな祭りを紹介してみます!!』
なんか、うれしいですね
ありがとうございます^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年02月23日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。