2006年10月09日

「帰省日記・・・田舎の風景」

今朝、ノアールの散歩に出ると、辺りは金木犀の香りが立ち、空も快晴
あまりの心地よさに、ふと、思い立って、父の山に行くことにしました

京都発8時10分の高速バスにケイヨウと乗り込みました
連休最終日の上り便は、ゆったりと空いていました

約3時間後に、鳴門海峡を渡りました
今日は、このように波も穏やかで、あの渦潮も出ていませんね
何か浮かんでいるものは、ワカメの養殖でしょうか?


鳴門海峡@鳴門海峡A

徳島駅、昔から、この駅前の棕櫚の木が特徴です
私が小さい頃見たのよりも、背がだいぶ、伸びているような気がします
(・・・ちなみに、この駅の写真は、帰り際に撮ったもの
朝は雲ひとつなく晴れていました
夕刻には、いわし雲が空一面に浮かんでいました)

ビルの向こうに見える山が、徳島のシンボル【眉山】(びざん)
女性の穏やかな眉の形に、似ていることから、命名された小さな山

ところで、徳島には、電車がありません
単線の汽車のみです
利用者が少ないので、汽車賃もやたら高い
この阿波池田線に乗り込みました
利用者も、お年寄りや学生が主で、
二両編成の車両からは、のんびりとした空気が漂っています


徳島駅阿波池田線・汽車の中

ところで皆様、受験生のとき、
この駅の切符をお守り代わりに買われませんでしたか
北海道の【幸福駅】と同じ頃から注目を浴び始めた
受験生の合格祈願切符のある【学】(がく)駅です
ちなみに私も、その当時、買いに来ました
一枚だけでしたけど、『5枚で合格』という買い方が
主流なのですよ
その切符の舞台、このような田舎です
実は私の妹が、この近くに嫁に来て、写真の向こうの方に住んでおります

京都にいるときは、恋焦がれていた田んぼや畑の風景ですが、
汽車が西に進むにつれて、車窓から見えるものは、自然の姿一色です
田園風景の向こうに連なるのは、讃岐山脈


田舎の風景学駅

あちこち散策してきたので、明日もシリーズは続きます



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | 故郷の風景(徳島のこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訪問が更新直後、一番乗りです♪
稲穂・・・新米。
美味しい季節ですね。
秋の果物、柿ですよね〜。食べたいな〜(笑)

徳島なんですね。
主人の実家が岡山で、行く度に瀬戸内の海が好きになります。
のどかで、明るくて。
 
もちろん瀬戸内のお魚も大好きです。
食べたいな〜^0^
Posted by nooboo at 2006年10月10日 00:10
マロニエちゃん、おはよう。

↑のコメント…投稿しちゃっていたのね?
きゃーーーーーーーマロニエちゃん。消してもらっていい?
かなり寝ぼけています…
書き込みのボタン押したことすら覚えてない…泣

鳴門海峡大橋。
渡ったのは6年前の夏!まだ小学校1年生の娘と幼稚園の息子と今より若い(笑)主人で行きました。
あ、私も今より若い?なはは。
もちろん、咸臨丸にも乗ったよ。大潮の時間に乗ったの!
幼稚園の息子が渦潮をみながら「うじゅまき〜(うずまき)」と叫んでいたのが昨日のことのようです。

学の駅のことは父が話してくれました。
私も近かったら買いに行きたかったわ…
あのころは鳴門海峡大橋も瀬戸大橋もなく、四国まで渡るなんて殆どない時代でしたもんね。
今は本当に便利な時代になったわ。

ちなみに私の合格祈願は「北野天満宮」でしたね〜笑
Posted by ミナミナ at 2006年10月10日 08:26
私も先日愛媛に行ったばかり。
あの時、他をどのように回れるかと研究したのですが、真中の山が邪魔をして、なかなか一周というわけにいきませんね。
徳島は行ったことがないので、こちらでその気分を味わわせていただきます。
Posted by bega at 2006年10月10日 11:00
noobooさん

こんにちは
そうなんですよ 急に思いついて行ってきました(いつもです・笑)
岡山!
美味しい食材と、素晴らしい人材の宝庫ですね!
岡山には、私もよく行っていたんですよ
月に最低2回くらいは・・・
あの穏やかな風景は、私の田舎にも似ていますよ^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月10日 12:20
ミナミナさん

こんにちは〜〜♪
消しときましたで〜(笑
やっぱりそうやったのね
読んでも読んでも意味不明・・・(???)
ミナミナちゃん、何??って思っていました〜(笑

『鳴門海峡大橋も瀬戸大橋もなく』
そうなのよ〜〜!
京都への直行便も、後からできたんですけど、本当に便利になりました
前は、花隈から、水中翼船に乗っていたけど、あれなら案外近かったのよ
帰りによく神戸の街をうろついたわ^^
あれが楽しみだった♪
和歌山経由で、南海汽船で行き来していたときは、あまりの遠さに泣いていました(涙

『うじゅまき〜』
うふふ・・息子ちゃん、カワイイ〜〜♪
ありがとうございますね〜♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月10日 12:33
begaさん

こんにちは
そうなんですよ〜
本当におっしゃるとおりで、四国4県は、近くて遠い県なのです
だから文化も県民性も、まったく違うようですよ
今回は、実質中3時間くらいの時間ながら、色んなところを廻りました
どうぞお楽しみくださいませ^^
ありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月10日 12:36
おや。知らぬ間にご帰省だったとは。
讃岐かぁ〜〜
釣りで2度ほど街道筋を通りがかったことがあるだけで、「うどん」以外何も知らないことを、今さらながら気づきました。
静かな瀬戸内の海に、のどかな田園風景。
京都の街なかとは別世界の景色ですね。

その合格祈願の切符も知らなかったです。
もちろん、天神さんでしたよ。
Posted by 107 at 2006年10月10日 18:05
四国への旅、マロニエさんの案内で同行の気分です。

鳴門海峡は波静かでしたね。
去年の3月に四国へ旅した帰りに鳴門海峡〜淡路島〜明石海峡とバスで渡りました。
鳴門海峡では渦潮が見れましたが、
風が強く少しですが雪が吹き付けていました。

『合格祈願切符』
マロニエさんでも、そんなものを買ったのですか?
「そんなものは要らない!」という人みたいだけど・・・
5枚でなく、1枚というところがマロニエさんかな(笑)

あとを楽しみにしています。
Posted by capucino at 2006年10月10日 18:31
107さん

こんばんは♪
まず、『讃岐』は香川県でございます
今日ご紹介の場所は、阿波の国、徳島でございます(笑

『京都の街なかとは別世界の景色ですね。』
本当ですよ(笑
私も、帰ってきてタクシーの中で鴨川を見たら
良い悪いではなく、まじ違うな〜と思いました
当たり前やけど・・・(笑

『もちろん、天神さんでしたよ。』
もちろん、天神さんのほうが、ご利益があるでしょう
あちらは単なる語呂合わせです
でも、本当に、幸福駅と同じくらい、有名なんですよ^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月10日 20:57
capucinoさん

こんばんは♪
『鳴門海峡〜淡路島〜明石海峡とバスで渡りました。』
私も、まさしくそれで、行き来しました

『鳴門海峡では渦潮が見れましたが、
風が強く少しですが雪が吹き付けていました。』
それはまた・・・!
この写真とは違う、厳しい風景だったことでしょうね!

『マロニエさんでも、そんなものを買ったのですか?』
あはは・・・買いますよ(笑
友だちと、ちょっとしたお遊びで買ったと思います
全く勉強しないできの悪い受験生でしたから、
藁をも掴む心境だったのでしょうか(笑

『5枚でなく、1枚というところがマロニエさんかな(笑)』
ポリシーからではなかったと思います
単純に、お小遣いが惜しかったのと、商業ベースに乗せられることに
抵抗していたのでしょう(笑

『あとを楽しみにしています。』
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月10日 21:14
> 讃岐=香川

やや。そうでした。
お恥ずかしい。

でも、阿波と聞いても「踊り」しか・・・
情けないです(笑
Posted by 107 at 2006年10月10日 22:25
こんにちは。

思い立てば、直ちに。流石にマロニエのこみち・・・さんですね。
それにしても、3時間後には鳴門海峡を渡った。交通の便が世界中を近くしました。
私の母は松山の出身。近畿ツーリストの集団旅行で5年前、四国一周3泊で行きました。余り多くを憶えていませんが、四万十川で川船に乗ったのは憶えています。

マロニエのこみち・・・さんのご案内で、記憶を覚ませたいですね。

Posted by 7wth2 at 2006年10月11日 12:27
107さん

いやいや、そんなもんですよ
仕方ないです(笑
阿波踊りだけでも覚えていただければうれしいです^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月11日 16:40
7wth2さん

こんにちは

『交通の便が世界中を近くしました。』
本当にそうです
以前なら、日帰りなんて、考えられませんでした

『私の母は松山の出身。・・・・余り多くを憶えていませんが・・・』
そうでしょう!
三泊で一周は、かなりハードですね
今度は、松山で、ゆっくりと温泉にでもお入りください
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月11日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。