2006年10月11日

「帰省日記…阿波和紙と祖母のこと」

阿波和紙伝統産業会館に行ってきました

知る人ぞ知る、阿波の和紙の歴史は古く、
父の実家は、元々、寺の家系でしたが、
継承者がなくなって以降、先代(祖父祖母の時代)までは
地元の伝統産業である和紙の製造をしていました
この会館のすぐご近所に、父の実家もあります

H・Pの外観の写真の、白壁に四角い小さな穴の開いているところが
この写真の色つきの小さな明り取りです
建物自体は、コンクリートの打ちっぱなしと、
白壁のコンビネーションで、なかなかお洒落な造りです

工場が吹き抜けになっていて、玄関入ってすぐのロビー(中二階)から
一階の紙梳きの仕事の様子が見学できます
ロビーと同じ階に、売店もあります
二階には今回上っていませんが、
展示会場や、教室になっているようです

売店で、お土産を買ってきました
作品をお届けするときに、お客様へのちょっとした添え書きに
小さな便箋をよく使います

父は、祖母が45歳のときに生まれた子供で、11人兄弟の末っ子
小さな頃から、手のつけられないガキ大将だったそうです
父が4歳のとき、祖父が亡くなり、
以来祖母は、この手漉き和紙の仕事で、家計を支えてきました
上の子供は、既に結構大きくなっていたので、
兄弟達で支えあい、父の上の兄までは、皆大学も出て
教師や役人や、坊主の職に就いています

ガキ大将の父が、外でやんちゃして帰ってくると
いつも和紙をすいている祖母の後ろ姿がありました
だから、手漉き和紙に関しては、格別の想いがあるようです

父は、高校時代、砲丸投げの国体選手でした
推薦で、体育大学への入学も決まっていたようですが
間際に進学をやめ、警官になりました
(その後のことは、以前にも書いたとおり)

祖母は、歳をとってから、中風の持病で寝たきりになりましたが
一人だけ大学に行かず、また、実家の姓も継がずに
婿養子に行ってしまった末のやんちゃ坊主を一番、心配し
また、その長女である私のことを、とても可愛がってくれました

寝たきりになってからも、11人の子供の配偶者、子供、更には孫に至るまで
顔と名前を全部覚えていて、家に来ると、真っ先に名前を読んで
家族を驚かせていました

父は、この恐ろしく記憶力の良い、優しくて、また時には
父代わりに厳しかった祖母には、死ぬまで頭が上らなかったようです

私は、父方にも母方にも、大好きなご先祖様のいることを
心から感謝しています

これは、一枚だけ私が持っている父方のお婆ちゃんと、
幼い頃の私の写真です・・・

●追記・・・画像つきの記事は、こちらに移転しました

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「帰省日記…阿波和紙と祖母のこと」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:32| Comment(12) | TrackBack(0) | 故郷の風景(徳島のこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近、更新がえらい早い時間に変わりましたな〜
夜の混み混みの時間はストレス溜まりますしね。

田舎の実家の古き良き時代の記憶って、とても心癒されますね・・・
原風景を辿ることで、今の自身の存在を改めて確かめることができるからだろうか、などと考えますが・・・
手漉き和紙の光景というのも別世界の出来ごとのようで、さらにノスタルジーをかきたてられるのでしょうか。
ボクの場合は、機織りの音です。
物心ついたころからずっとあの音を聞いて育ちましたが、今ではすっかり聞かなくなりました。音とともに、ボクの原風景も消え去ってしまったかのような寂しさを覚えます。
Posted by 107 at 2006年10月11日 20:38
ああ、素敵な写真ですね。
おばあさまの背中の温かそうなこと。。
そういえば、私、祖母とふたりの写真って、持ってないなと思いました。

幼い頃のマロニエのこみちさん、まなざしがケイヨウくんに似てますね。
Posted by kanaliya at 2006年10月11日 21:10
"AWAGAMI"というところがいいですね。"AWASHI"じゃつまらないです。

埼玉にも小川という町が「和紙の里」と名乗っています。
大分前に行って見ましたが、
この写真のように大きな工場でありませんでした。

和紙に連なる肉親の思い出を読ませて頂いたあと、
そのおばあちゃまに背負われたマロニエさんの目のつぶらなこと!
おばあちゃまも、嬉しそうなお顔で!
Posted by capucino at 2006年10月11日 21:19
あどけなくてとても可愛らしい幼い日のマロニエさん。
おばあ様が可愛がっていらっしゃったのも納得です。

愛にあふれた環境でお育ちになったのだなと感じました。
優しいおばあ様、きれいな方ですね。
Posted by wave at 2006年10月11日 21:43
マロニエのこみちさん、こんばんは。
和紙って、理屈を通せばすんなり破けるものを、横紙破ろうとするとなかなか手強くて、簡単にはいきませんよね。
それに手触りも、見た目もあったかくて、はじき返さないで優しく吸い取ってくれますし、ホントにいいものですね。
まるでマロニエさんのような、と云いたいところですが、今回はお婆ちゃまのようですねが優先です。
あたたかそうなお顔がとても素敵です。
本当に大切にしたい一枚の写真ですね。
Posted by sekisindho at 2006年10月12日 00:17
マロニエこまちさん
おはようさんです
やぁ〜かいらしぃこと!
どことのぅ似てはりますわ!
こまちはんとおばあさま
手先が器用なところも
受け継がはったんやわ
お寺はんのDNAもあって
こまちはんは賢いんやね
うなづけますわ

うちの末息子は今日園からさつま芋掘りに
連れて行ってもろてます
小1の娘は学校で色水作りをするそうで
ぶどうの皮(冷凍保存しておいた)と
たまねぎの皮(水で出るかなぁ)持って
はりきっていきました。

さぁ母の病院へ行ってまいります。
疎水沿いを歩いていきますのえ
こまちはんとはこの時間にはお会いでけしまへんな
どっかにマーキングしときまひょか

Posted by ベイブママ at 2006年10月12日 11:10
107さん

こんばんは
今日は、ラブログ、メンテナンスだったのでしょうか
いつも急なので困りますね
その割には、まだ画面の変化が遅いですね

この前は、30分あれば余裕の投稿が、機械が全く動かず
夜中に2時間以上もかかったので、嫌になりました
できるだけ早めに投稿するつもりです

『原風景を辿ることで、今の自身の存在を改めて確かめることができるからだろうか』
そんな大層なものではないのですが、帰省したり、またふとした瞬間に
昔のことを思い出すと、懐かしさから、書いてみたくなります
107さんとは歳が二周りも違うそうですから
この気持ち、理解できないかもしれませんが・・・(笑

機織の音・・・
今はやはり、少なくなっているのでしょうか
本当に伝統産業は、どの地域、どの業界も生き残りをかけて大変ですね
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月12日 23:31
kanaliyaさん

こんばんは
ありがとうございます
私もこれ一枚しか手元に残っていません
だから貴重だし、大好きな写真です

『まなざしがケイヨウくんに似てますね。』
確かに・・・(笑
私も似ているなと思っておかしくなりました^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月12日 23:35
capucinoさん

こんばんは
ありがとうございます
『AWAGAMI』という呼び名や、この建物や、H・P
田舎なのに、なかなか洒落ているなと感心しました
どんな地域にも、色んな仕掛け人がいるのでしょうね
それと、Uターン組も、多いのかもしれません
いいことです

『この写真のように大きな工場でありませんでした。』
この建物は、平成元年に建てられたものですから
新しく、大きく綺麗にしたのでしょうか

『おばあちゃまも、嬉しそうなお顔で!』
本当ですね 私もうれしいですよ^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月12日 23:48
waveさん

こんばんは
『あどけなくてとても可愛らしい幼い日のマロニエさん。』
ムフフ・・・うれしいです
でも、ブチャいくなのも、あるんですよ〜(爆笑

『愛にあふれた環境でお育ちになったのだなと』
確かにそうだと思いますが、反面、嵐のような家でもありました(笑
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月12日 23:55
sekisindhoさん

こんばんは
今夜も素敵なコメント、ありがとうございます♪
確かに、おっしゃるとおり・・・手作りのものだから、人間に近いのでしょうか
『お婆ちゃまのようですねが優先です。』
こちらも確かに・・この祖母にはかないません!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月13日 00:19
ベイブママさん

こんばんは
『やぁ〜かいらしぃこと!』
おおきにどすぅ
お世辞でもうれしいですよ〜♪

『末息子は今日園からさつま芋掘りに
連れて行ってもろてます』
いいですね〜!♪
うちもそろそろあるはずなのですが、まだのようです
お家にお持ち帰りもあるんでしょうか・・

『ぶどうの皮(冷凍保存しておいた)』←大変ですね〜〜!
『たまねぎの皮(水で出るかなぁ)』出ると思いますで^^
なんだか楽しそうですね!

『疎水沿いを歩いていきますのえ』
もしかして、久●病院さんですか?
疏水は私もよく通りますよ〜
新しい綺麗な家が、たくさん建ちましたね^^
マーキングしていただいたら、ノアールがきっと気付くでしょう(笑

ありがとうございます〜♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月13日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。