2006年10月12日

「帰省日記…その他諸々」


うだつの町から程近いところに、ナチュラルフードや無農薬野菜
特産物などを扱っている店があるのだけれど、
いつもこの店は賑わっている
父もよく、この店で買った食材を送ってくれる
『何でも欲しいものを詰めたらいいよ』と、籠を渡してくれるので
私が詰めた食材がこれ

ちなみに、小さなサツマイモ、ジャガイモ、玉ねぎなどの野菜は
後から詰めて送ってくれた

この【桑の葉茶】って、何だかそそられませんか?
実のように、美味しいのかしら?
あと、漬け込んだら【もろみ】ができる【ひしほの素】って言うのも
面白そうなので詰めてみた・・・

【川田まんじゅう】ここは、遠縁にあたる店なのだけれど
この小さな饅頭だけで、百十余年も続けてきた店
傍においてあるのは、単三電池
甘さ控えめの、こしあんの、ふわふわとした一口サイズの饅頭は
美味しくて食べやすいので、ついつい食べ過ぎてしまいます・・・

吉野川・・・
移動中の車の中から撮りました
水は少なめでしたが、雄大な眺めに癒されました

父の山荘の窓から撮った風景
昨年の帰省日記に比べると、
ケイヨウが随分大きくなったな〜って思います

ところで父は、今度の11月3日に、勲章を頂けるそうだ
2年ほど前から、声はあったが、辞退していた
が、どうやら今年は受ける気になったらしい・・・

定年退職した仕事の功績を認められたからだけれど、
このジャンルでは、県でも初めてなので、私が京都に帰った後の
週明けの朝から、地元の新聞社や雑誌の取材、地元有志からの祝電や
なんだかんだで、毎日忙しくしているらしい
まだ、公表もしていないのに、情報を聞き付けて来られるそうだ・・・

『こういうのって、やっぱりモーニングを着るの?』
『馬鹿 そんなのは、普通の黒でいいんだ』
『やはり、皇居まで行くの?』
『いや、県庁でいい』
『せっかくなんだから、行ってきたらいいじゃない』
『いや、犬と鳥の世話がある・・・』

相変わらずの返事だった
犬と鳥の世話・・・
このライフワークの為に、犠牲にしてきたものがどれだけあるか
もちろん、第一に、私達家族、そして父自身の
普通の男性としての幸せ・・・

でも、こうして、本業の方でも認められたのだから、
家庭生活を除いたら、きっと父も、幸せなのだろう
仕事でも、きっとものすごく煙たがられたと思うけれど
見ている人は見てくれているのだと、きっとうれしいだろうと思う
でも、なんだか寂しそうだから、
そして理解してくれる人などいないのだから
私がこうして、構ってあげることにしている

きっと一番喜んでいるのは、昨日の写真の祖母であろう・・・

●追記・・・画像つきの記事は、こちらに移転しました
【京都・ぶら〜り・お散歩日和】



posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:27| Comment(12) | TrackBack(0) | 故郷の風景(徳島のこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マロニエこまちさん
こんばんにゃ
うわっすっごお〜
マロニエパパって超お偉い方なんだ
ケイ君をおひざにのせて優しいし
やっぱモーニングを召されたほうがよろしいかと
おばばは思います
犬と鳥の世話?
やっぱこれまたDNAじゃ
せんえつながら
おめでとうございます!

Posted by ベイブママ at 2006年10月12日 19:51
ベイブママさん

こんばんは
ありがとうございます〜^^

『超お偉い方』そんなんじゃぁないですよ
『やっぱモーニングを召されたほうがよろしいかと』
やっぱりそうなんですかね〜 どうするんでしょうね・・

『犬と鳥の世話?』
そうですねん 山で飼って研究とやらをしているそうです
(いわゆる変人です・笑)

『おめでとうございます!』
ありがとうございます
本人の知らないところで盛り上がって、今頃クシャミをしていることでしょう
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月13日 00:37
マロニエのこみちさん、こんばんは。
写真で拝見するお父様は、失礼ながら、一見柔和そうな感じですが、よく拝見すれば意志の強そうな、頑固そうな口元なさってますね。
事情はよく解りませんが、現在を見るかぎり幸せな自分の人生歩まれたのかなと思ってしまいます。
叙勲はやはりモーニング着用でしょうね。
何人か仕事上のお客様で叙勲なさった方がありますが、祝電からお祝い、それへのお返し(三越やミキモトには専門部隊があると聞きました)など結構大変な様子でしたよ。

それより、ウコッケイの美味しい卵食べてみたいです。
Posted by sekisindho at 2006年10月13日 01:31
亡き夫の祖父も長年辞退し続けたらしいのです。
訳あって受けたときの、モーニング姿。
それを思い出しました。
年をとっても威厳と風格に満ち、それでいて気さくな、すてきなおじいさまでした。
息子の耳のことで、亡くなったおじいさまのお力を借りることがあったとき、感謝の気持ちでモーニング姿の写真にお辞儀をしました。

せっかくですから^^皇居まで行って、是非モーニングを。。と思ってしまいますが、
きっと何か意志のあってのことでしょうね。
マロニエさんのお父様ですから。

ところで、荷物の中身ですが、
私から見るとまるで宝箱のようです。
キラキラ光って見えますよ〜(笑)

Posted by nooboo at 2006年10月13日 01:51
父と娘というのは、よく似るそうですね(笑
身近な例でも、やはりそのように感じます・・・

ボクのような部外者が、マロニエさんの言う「犠牲にしてきたものがどれだけあるか」という感慨の重さを完全に理解することはできないでしょうが・・・男として、あるいは父として(家庭人として)、自分の中での境界線をきちんと定めることの大切さを改めて考える次第でございます。

ケイヨウくんを抱っこする父上の無骨な手、太い腕。そして何より、少し恥ずかしそうだけど嬉しそうなお顔。お人柄がよく見えるような・・・
ともあれ、おめでとうございます、と・・・^^
Posted by 107 at 2006年10月13日 11:34
sekisindhoさん

こんにちは

『意志の強そうな、頑固そうな口元』
寺内貫太郎一家です(笑

『三越やミキモトには専門部隊があると聞きました』
随分仰々しいですね!やはり、そんなものなのですね
いえ、主人の所属していたところの先代も、伝統工芸で受勲されたのですが
そうれはもう、大変だったようです・・

『それより、ウコッケイの美味しい卵食べてみたいです。』
おっ!隅々まで、読んでくださり、ありがとうございます♪
そんなこと、もし聞こえたら、東京まで卵送ってきますよ〜(笑
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月13日 11:53
noobooさん

こんにちは
ありがとうございます♪

『訳あって受けたときの、モーニング姿。』
そうなんですよね〜
うちも、隠遁生活で嫌だったようですが
私も『後の人のことも考えて、道を作っておかないといけないんじゃない?』
と言っていたんです 微かなる抵抗というヤツでしょうか
本番は、何を着るかわかりませんけど・・(笑

『私から見るとまるで宝箱のようです。』
あはは・・まあ、健康には良いでしょうね^^


Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月13日 11:57
107さん

こんにちは
今日も、早い投稿です(笑

『身近な例でも、やはりそのように感じます・・・』
うむ?もしかして、お姫ちゃまと107さんかな?

『感慨の重さを完全に理解することはできないでしょうが』
うん、ここは、既に卒業しました(笑

『男として、あるいは父として・・・考える次第でございます。』
そうですよ〜
家庭は大切にしてくださいよ・・・って、107さんは、大丈夫そうですね!(笑

『お人柄がよく見えるような・・・』
寺内貫太郎一家です(笑)・・・って、ご存知かしら?古いで〜(笑

いつもありがとうございますね♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月13日 12:05
珍しいお土産『漬け込んだら【もろみ】ができる【ひしほの素】って言う』ものが出てきて、
こりゃなんだと思い、
石碑の言葉がマロニエさんの気持ちを代弁しているのかなと思っていると、
お父さまが出ておいでになり、しかも大変なお目出度。
ケイヨウくんも出演。

最期に
『きっと一番喜んでいるのは、昨日の写真の祖母であろう・・・』
で完璧な着地!

全部がオリンピックの金メダル見たいに輝いています。



Posted by capucino at 2006年10月13日 22:03
お父上様の叙勲おめでとうございます。

大変素晴らしい事ですね!
私の友人のお父様も勲章を授与されましたが
家族の方も大変、誇りにされています。
ケイヨウ君もきっとお祖父さまの功績を、誇りにされると思います。

仕事に追われて書き込み出来ずにおりますが
帰省日記を楽しく拝見しておりました。


Posted by sumi at 2006年10月14日 09:04
capucinoさん

こんばんは
『漬け込んだら【もろみ】ができる【ひしほの素】』
そうなんですよ〜
お醤油と味醂の中に、これを漬け込んで数日すれば
もろ味が出来上がるんです
まだ試していませんが、面白そうでしょ?

『全部がオリンピックの金メダル見たいに輝いています。』
そんなに言っていただくと、うれしいやらお恥ずかしいやら・・(笑
でも、ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月15日 01:54
sumiさん

こんばんは♪
このところ、更新をされていなかったので
きっとお忙しいのだろうと思っておりました
それなのに、コメントわざわざ感謝します!

『ケイヨウ君もきっとお祖父さまの功績を、誇りにされると思います。』
うん・・そうなるといいですね^^
この子達が大きくなる頃でも、そういうものの価値がある時代だと良いなと思います
だって、最近、価値観が変わってきて、ほんと、オバサンにはよくわからないことが多いですから(苦笑
ありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2006年10月15日 02:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。