2007年01月11日

「ブリティッシュカジュアルvs日本の着物」

今朝、いつものように、京都タワーまで材料を買いに行き
時間待ちにいつものスタバに寄ってみたら
素晴らしいガイジンさんのカップルを見た

何がすばらしいかと言うと、その雰囲気とファッション・・
いくら日本人のセンスが良くなり、
パリジェンヌよりもオシャレな日本人が多くなったといえども
洋服の文化が永く、それもブリティッシュ感覚溢れるトラディショナルの
しかも着慣れたカジュアルスタイルで、あの体格で、
姿勢の良い風格のある姿を目の前に晒された日には、
いかに日本人の洋装文化がまだまだかと言うことを思い知らされる

洋装の王道は、やはりトラディショナル
日本人にも、ブリティッシュなスタイルが好きで、
しかもそれをわざとらしくなく着こなせると言う
本来の洋装文化を熟知した洒落者さんが、いないわけではない
例えば、このお写真のカッコいい親子のように・・・

スーツしか着こなせないというOLさんや、
休日のファッションは最悪と言うビジネスマンの多い
日本人のファッションセンスが、
素晴らしいなどとまだまだ私は信じていない

その今日見たガイジンさんのスタイルが
どんなものだったかということは、また後日、時間があれば
イラスト入りでUPでもするとして、
やはり日本人は、着物を着ましょう・・・
と言いたくなったりもするのだけれど、日本人の着物姿・・・
これもまた、着慣れていないことが災いし、
目を背けたくなるような姿を見かけることも少なくない
着物を着たいという気持ち
着て歩きたいという思いは私もわかる
恥をかいてこそ勉強・・・
だから、とりあえず、着たという事で満足をせず
批評の厳しい身内や、冷静に自分を見つめる目を持って
着物スタイルの確立をして頂きたいものだと心より思う
京都には、着物を着た人は優遇されるという
市をあげての素晴らしい企画があるけれど
それだけに、厳しい目も光っている
かつて伝統産業に従事していた主人の口癖・・・
ひどい着物姿を見たときに発せられる酷な言葉
『あっぱっぱでも、着とったらええねん』と言われないように
色んな角度から、勉強をいたしましょうね


色大島を着た女

これは、その着物を着ることに夢中になり
一枚の着物を色々と着て楽しんでいた頃の写真
(毎週のように着ては、外出をしていた学習期間)
昭和のある時期、流行した色大島のアンサンブルを
従姉妹から譲り受け、好きでよく着ていた
洋服も着物も、セットで着るのが大嫌いなので、
あくまでも単品コーディネートにこだわっていた
羽織は、今、チャンチャンコ代わりに部屋着に役立つ
下駄とか、色半襟とか、別珍足袋などで、
お婆ちゃん風に着こなすのが好き・・・

今なら愛用している文化足袋などをあわせてパツキンに合うように(笑)
下品にならない程度のポップな着こなしをしてみたい・・・



posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:29| Comment(14) | TrackBack(0) | お洒落 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
外人さんの姿勢の良いのには、本当に驚きますね。
どうしてこうも日本人は姿勢が悪くなってしまうのでしょうか。
ピシッとしているだけで美しく、態度や人となりにも表れるような気がします。
姿勢を正しく、しっかり心がけなければいけませんね。

マロニエのこみち…。さん、粋な感じで色っぽいな〜♪
これぞ大人の女性ですよ。素敵です。

成人式。着物着て…「にゃんこ」みたいな女の子、よく見かけますよねー。かわいいけど。。。(笑)
Posted by Lilac at 2007年01月11日 15:30
こんにちは。

今日の訪問は大正解。
初めてでしょう、マロニエのこみち・・さんの正面からの着物姿。正面だけではありませんよ、全部がスティール写真に見えます。多くは言いません。超素敵です。

本題に戻らないと・・・。
私は現役の頃、米国人と仕事をしました。何度か家庭の訪問を交換しました。背広姿も結構でしたが、カジュアルも素敵でした。ご夫婦共に。
体格もいいのですが、姿勢もよかったですね。
洋服が似合う人素敵です。

カミサン側の姪が着物が好きで、着付けが上手で、結婚式の着付けを手伝っています。姪は血統に似ず形がいいので、着物を着た姿は私もうっとりデス。和服が着こなせるのは素敵なことです。

私ら夫婦は予選落ち。和洋両方共にいただけません。
Posted by ijin7wth2 at 2007年01月11日 16:05
Lilacさん

こんばんは
ありがとうございます♪

確かに姿勢のよさは、美男美女にしてくれると思います
高校時代、すごく姿勢の良い女の子がいました
お顔はどちらかと言えば、岡目八目顔なのですが
いつも櫛目の通った綺麗な髪をして、姿勢の正しい人でしたので
ものすごく美人に見えて、清潔感があり、雰囲気も素敵でしたよ!

『…「にゃんこ」みたいな女の子、よく見かけますよねー。かわいいけど。。。』
確かに!(笑
若いときだけに許される特権なのでしょうね^^
うらやましい(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月11日 20:25
ijin7wth2さん

こんばんは
素敵な姪御様がいらして、お幸せですね!
着付けをちゃんとできることって、本当に大切です
着付けと髪さえちゃんとできていれば、たとえ安物の着物でも素敵に見えます
素晴らしいお仕事をなさっておられるのですね

『何度か家庭の訪問を交換しました。背広姿も結構でしたが、カジュアルも素敵でした。
ご夫婦共に。』
そうでしたか!
こういう方は、もちろんインテリアも素敵でしょうね
それと、さりげないペアが本当にお上手だと思います

『私ら夫婦は予選落ち。』
またご謙遜を(笑
あんなに美意識の高いお写真を撮られるのですから、そんなわけがございません
きっと素敵なご夫婦でしょう^^
ありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月11日 20:32
『素晴らしいガイジンさんのカップル』
なんとなくイメージが浮かびます。
とても日本人には及びもつかない〜〜〜

彼らに上のセピア色の写真を見せたら、
同じ感想を抱くでしょう。
私も同じ感想を抱きました!
Posted by capucino at 2007年01月11日 21:28
マロニエのこみちさん、こんばんは。
お正月にウールのアンサンブルを着なくなって、もうかなり長い年月が経っているように思います。
カジュアルに着られる着物自体がもう無くなってしまったのでしょうか。
大島や紬はお洒落着とはいえ価格からしてカジュアルでないので、誰もが手を出すわけにはゆかないのでしょうね。
小紋でさえ今ではカジュアルな着物ではなく、その他の後染めのものもフォーマルか準フォーマルな装いですね。
着る場所、着付け、仕立て、手入れ、ヘアスタイルそして価格等々、手軽さからどんどん遠のいていった結果、結婚式、成人式、卒業式などフォーマルに限定されるか、先染めのまったく趣味の、一部愛好者の世界かに限定されてきたのではないでしょうか。

とはいっても、日本人には着物がよく似合います。
ましてマロニエさんの着物姿拝見すれば、その感を強くするのです。
自分でも角帯を締めることができたのですが、残念ながら最後に締めたのはずいぶん昔のことになりました。
Posted by sekisindho at 2007年01月12日 00:04
マロニエさん
こんばんわ。
この辺りは田舎なので、オシャレな人はあまり見かけません。
ビックな人は多いですけど。笑
私の目立つこと、目立つこと!爆笑
マロニエさんがいらしたら、それはそれは一人舞台ですよ!!
娘が学校で日本語をお友達に教えているんですよ。
そして、多くのお子さんが恥ずかしさから日本らしいお弁当を嫌がるのに、皆が驚くから面白い・・・とご飯にこだわって、時にはジャーに味噌汁まで要求したりします。^^
そして外遊びの時に、かごめかごめ・・・郵便屋さん・・・などを教えているんだとか。大したもんでしょ。
そんな娘が、来年のハロウィンは浴衣を着ると言っています。
小さな親善大使だと、いつも応援しているんですよ。
それと・・・
マロニエさんのお名前を私の所でお借りしたので、ご挨拶まで。。
いつもパワフルで尊敬します。
私も少し見習わなくちゃ。
Posted by noobooboo at 2007年01月12日 01:21
これは・・・有難うございます(笑
過分なお言葉。

ここのところ、季節柄と場所柄か、着物姿をたくさん見ました。
詳しくないので分からんのですが、「あっぱっぱ」なる表現が的を得ているな、と思えるような着こなしも少なからず見たような気もするかな(笑
子どもの頃に見ていた、身の回りの人々の「普段着」としての和装の粋とは、隔世の感があります。

写真の、本格和装のお姿は艶っぽくてお美しく・・・
しかし果たして今、パツキンにいかなる着物をお合わせに?
高等テク炸裂ですか?^^
Posted by 107 at 2007年01月12日 02:18
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

うちの母が着物をよく着る人だったので(今は年のせいか面倒になったらしい)結婚した時にずいぶんお下がりをもらいました。
なので、北海道の自宅にはマロニエのこみちさんが着用されてるような色大島のアンサンブルもあったように思います。
文字通りタンスの肥やしにしておくのはもったいないですよね。

着付けは母に習ってというか親子代々方式で、確認のために着付けの本をちょっと見る、みたいな感じです。
こちらにも普段に着られる着物を持ってきているのでたまには着てみようかな。
Posted by もみじ at 2007年01月12日 09:38
capucinoさん

こんばんは
海外にお詳しいcapucinoさんのことですから
大体の予測はつくだろうと存じます
とにかく、わっ!流石だな!!
と言う感じでした
やはり日本人の洋装文化はまだまだですね
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月12日 19:49
sekisindhoさん

こんばんは
本当におっしゃる通りで、ちょっと目利きができるようになれば
いいものが高いことがわかってくる
やはり、いいものを着たいのです
でも、とても手が出ません
アンティークの着物などはいいものがそれなりのお値段で出ているのですが
そういうものを買っても、伝統産業における日本経済の手助けにはなりません
結局、益々この業界が廃れてしまうばかりです
市場に出ているものがいくら高価でも、技術を持った職人さんのお給料は
本当に微々たる物です
なんとも悲しい現実ですね
どうしたらよいのかと考えるのですが、答えが見つかりませんね・・・
ありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月12日 19:56
nooboobooさん

こんばんは
とても勇敢で立派な娘さんですね!
私の小さな頃は、そんな勇気はなかったと思います
きっとnooboobooさんご夫婦の育て方と、素晴らしいDNAをお持ちなのですね!
私も、小さな親善大使、心より応援します
自分の国の文化をそんな小さな頃から誇れるなんて、本当に素晴らしいことですね!
(大人も見習わなければなりません)
リンク、ありがとうございます
さっそく拝見させていただきました♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月12日 20:01
107さん

こんばんは
『子どもの頃に見ていた、身の回りの人々の「普段着」としての和装の粋とは、隔世の感があります。』
そうでしょうね・・
着こなしは、年齢に関係なく、若い方でも素敵な人は素敵だし
中年のご婦人でも、ひどい人はひどいです
ただ、着ていれば良いと言うものではありませんね
要は、感性の問題だと思います
ところで、107さんは、お着物などお召しにはならないのですか?
きっとお似合いになるだろうと思うのですが・・・^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月12日 20:07
もみじさん

こんばんは
着てください!♪
私も、犬を飼ったり、子供ができたりするまでは
しょっちゅう普段に着ていましたよ
着慣れたら、其れなりにカッコがついてくるものです
どーでるさんのためにも是非どうぞ・・・!
きっと喜んでいただけるだろうと思いますよ^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年01月12日 20:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。