2007年06月17日

「父の日・帰省」

帰省と犬笛


土曜日は・・・
●朝から保育園で竹馬作り●その後、お絵かき教室
●その後、帰りたがらない子供のために、龍大内を散策
●その後バスに乗り、婆さんの誕生日プレゼントを買いに
●疲れたので外御飯

そして、今日、日曜日は・・・
●ふと思い立ち、徳島の父のところまで小旅行

と、ちょっと忙しい週末を送っておりましたので
コメントへのレスも遅くなり、申し訳ございません

というわけで、今日は朝7時30分に出発
高速バスで徳島へ・・・
朝の京都は晴れていたのですが、淡路島辺りから曇り空
一日吹き渡る風が少し肌寒いような、
でも、その割にはからっとした、曇り空なのに過ごしやすい一日でした

今回は、
●骨折していた足のギブスが取れた父のお見舞いをかねての父の日
●そして、新しく家を購入した妹夫婦の家の見学に
●私の旅の虫を抑えるために

という目的の旅でした♪

妹夫婦の家は、中古住宅をリフォームした約40坪の家なのですが
家の周りの二面が田んぼ
夜になると、蛙の合唱が聞こえてきそうな
日当たり、風通し、通気性に富んだ素敵な立地条件で
人目で気に入ってしまいました
(これからちょくちょく寄せて頂かなくては・・・笑)
駅にも近いし、市内も近いし、夜も涼しくて、
クーラーも要らないそうです
その田んぼにお仕事に来られるオジサンとオバサンに、
「お休みいつなの?毎日来られてますね」なんて声をかけ
新しい住まいにも、もう既に溶け込んで、
新生活を満喫しているようでした
田舎も少子化が進み、一クラス20人ちょっとだそうです
でも、少人数のほうがいじめも少なく、
中学生でも大人に挨拶をして自転車で通り過ぎるような
明るい町のようで安心しました

ちょうどその家の南隣も空き家になっていて、
「姉ちゃん、ここに越して来てくれたらうれしいのに・・・」
はいはい私も住みたいです
どなたかが買ってくれさえすれば・・・(笑

そしてその後、妹の運転で、甥っ子姪っ子
トータル5人で、父の家に行きました

今回ケイヨウが父に貰ったお気に入りのお土産は・・・
竹輪(ちくわ)を食べた後の、残った竹で作った
父お手製の犬笛(?笑)

飼っているたくさんの犬を遊ばせた後、
集めるのに鳴らしているそうで、なんだか牧羊犬みたいですね

上と下、輪の中に入れてある木も、
全く塞いでしまう部分と、隙間を空けておく部分を作ってあるようで
案外凝ったことがしてあります
結構よく鳴ります
相変わらず、昭和のガキ大将が
そのまま大きくなった様な父なのでした・・・

写真は、駅のバス停から見た風景
SOGOさんの向こうの山が、今、映画にもなっている眉山(びざん)
子供の頃から変わらず、やはりあの椰子の木が駅の象徴ですね

そして、今回はじめて見たのが、鳴池線の特急のみにある子供車両
アンパンマンの絵が描かれたクッションなどがおいてあって
その一車両、子供が靴を脱いで座れるようになっています
アンパンマンのエプロンをした
付き添いの綺麗なお姉さん(車掌さん?)も
車両の中で待機されています
お掃除をしているところを見ただけですが、
人気のほうはどうなのでしょうね・・・

帰りのバスは、いつもの京都行きが満席
大阪どまりでJRで京都まで帰りました
帰宅したのは夜の9時・・・

でも、ケイも、大好きな祖父ちゃんに会えて大喜び
私も故郷の空気を満喫した一日でした



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:48| Comment(8) | TrackBack(0) | 故郷の風景(徳島のこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おつかれさまでした。旅の虫もお父さんと妹さんの再会も。
故郷へ帰る気分ってどんななんでしょう。
味わってみたいあこがれのひとつです。
私も神奈川の妹を訪ねてみようかなぁ。

今朝のメールの件、
http://britt.blog40.fc2.com/blog-entry-258.html#more
ここを拝見してて思いついたのです。
本腰を入れたくなったら、いつでもアシストしますからね。
マミちゃんもいるし(笑)
Posted by futaba at 2007年06月18日 14:00
日帰りできるとはいっても
そう近くもないのに帰省されて、
お父様もお喜びだったでしょう。
それにケイ君も喜んでくれて〜

お父様は骨折されたんですか?
もう治ったようで、よかったですね。

ご家族再会の喜びが伝わってきました。
よい父の日でしたね。
Posted by capucino at 2007年06月18日 20:43
マロニエのこみちさん、こんにちは。
6月はやはり旅心が騒ぎましたか(笑)
でもいい小旅行だったようですね。

私も小さな頃によく竹で笛作りましたよ。
横笛ですけど、昔は必ずあった鉄の火箸を焼いて、竹に押しつけると
綺麗に穴が開くのですよ。
吹く穴は少し大きめに、後は等間隔であけます。
これが意外といい音がし、それなりに気分がでたものです。
遊び道具は、竹馬にしろ冬の橇にしろ独楽にしろよく作ったものですよ。
でも今ではまったく作りませんけど、お父さんは流石に昭和の筋金入りですね。
マロニエさんにも十分遺伝子が伝わってるようですけど^^
Posted by sekisindho at 2007年06月19日 00:17
hutabaさん

おはようございます
>故郷へ帰る気分
そうですよね わかりませんよね^^
京都に住んでいて、hutabaさんのところを知っていて
久しぶりにhutaba さんを訪れた人が、味わえる感覚では・・・と私は思っています
変わらないものがいつもそこにある・・
温かくてほっとできる・・
そんなものでしょうか
hutabaさんは京都の心のふるさと
こんな方、結構いらっしゃるのでは・・・素敵ですね♪

そしてメールの件、ありがとうございます
とっても興味深いご提案です
ただ細木和子さんによると、私は今、殺界に入っているそうで・・・(^^;
そのせいなのか、新しいことをするのに躊躇しています
でもいつか本気になったときは、ぜひぜひお願い申し上げます
本当に、心強い限りです!
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年06月20日 07:03
capucinoさん

おはようございます♪
ケイはなぜか、祖父さんが大好きなようです
庭の斜面で雨の日にすべり、100`の体重が足首にかかったようで
一ヶ月ほどギブスをつけていたようですよ
本当に、太りすぎはいけませんね
でも、早く恢復しているようで安心しました
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年06月20日 07:06
sekisindhoさん

おはようございます
そうなのですか!
sekisindhoさんは、本当に器用ですね!
笛作り・・楽しそう♪
リコーダーのように、それなりに音階も作れるのでしょうか
今度、一緒に作りましょうね 教えてくださ〜い(笑

>6月はやはり旅心が騒ぎましたか(笑)
はい・・・ジューンブライドのせいではないと思うのですが(笑
田んぼの蛙と遊ぶために帰っていました(笑
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年06月20日 07:11
今日は。

忙しい中をよく帰ってあげましたね。
父上さまは骨折ですか。
電話の見舞いもあったでしょうが、 マロニエのこみち・・・さんの帰省は何よりの回復促進薬。
それにケイヨウ坊の特効薬も付いています。
孫に慕われる幸福は、今の世、望んでも滅多に得られない果報です。心では合掌ですね。
ケイヨウ坊もそんな世界に居るのを感得して、心優しい青年に育ち往くのでしょう。
Posted by ijin7wth2 at 2007年06月21日 14:57
ijin7wth2さん

おはようございます
思い立ったときでないと、なかなか実行できませんので
いい機会だと思い行ってきました^^
ケイヨウは、なぜだかお祖父ちゃんのことが大好きのようです
子供からは煙たがたれ、なかなか行き来のなかった父ですけど
今はうれしいのかもしれませんね^^
いつも見守っていただいて、ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年06月22日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。