2007年09月01日

「両手いっぱいの花束…E」

U君は、その日の夜のバイトの帰り、アパートに来た

「ありがとう。こんなたくさんのお花貰ったの、私はじめて…。」

「こんなので本当によかったの?
僕、花を選ぶのなんて初めてだし…。
新聞見たら●●さんの名前が載ってたんでびっくりしたよ。
だから何かしたかったんだ。
それに、僕も手伝った服が賞をもらえたなんて、すごくうれしい。
新聞も残してるんだ…。」

私はU君の紅潮した頬と、
太い関節と青い血管の浮き出た、長くて綺麗な指を見ていた
今、ここで彼を抱きしめたら、彼はどんな顔をするのだろう・・・
彼の孤独が、少しは満たされるのだろうか・・・
でも、やはり、それはできない自分がいた

その日以来、U君は、ときどきバイトの帰り、
アパートを訪れてくるようになった
私がレストランのアルバイトを辞めたので、
会える場所は、ここしかなくなってしまったからである
U君が来ることは、嬉しくないわけではなかったけれど、
彼はまだ高校生で、真っ直ぐすぎる性格だから、
嬉しさよりも、罪の意識のほうが勝り、怖くなるのだった

これ以上、U君と親しくなれば、彼のために良いわけがない
そしてなによりも、私はやはり、
このことを何も知らないEのことを愛していたのだ・・・
Eに対しての後ろめたい思いが消えなかった

3度目の夜から、私はU君が来ても、
あまり歓迎していない風な、素っ気無い素振りを見せた
敏感な心を持ったU君は、私の変化にすぐ気付いたようだった
だから彼もまた、強情なまでに、何気ない振りを装っていた
なのに彼は、私にそんな素振りをされても、来ることをやめなかった
玄関から階段を上がる前に大きく声をかけ、
私の部屋の扉をノックすると、
開いた扉の外に立ったまま、入ろうともしないのである

彼の心の中は、透明なガラスの中の風景を見るように
あまりにも鮮明で、わかりやすくて、
素直な少年が心の中に、頑なな暗い影を落とすたびに、
私は罪を感じて苦しくなった

「これ、古着屋さんで見つけたんだ。」

その日、U君は、茶系のツウィードのジャケットを着て現れた

「よく似合ってる。大人に見えるわ。」
「ほんと?もっとたくさんバイトして、お金貰って、
もっと色んなものが欲しいんだ…。」

彼は私に褒められ、うれしそうだった
でも本当に、渋いジャケットを着たU君の姿は、
今までで一番大人に見えた

少年は、早く大人になりたくて、今は背伸びをしているけれど、
もう、やがてまもなく、本当の大人になるのだろう・・・
彼の物質的な欲望も、彼の若さと大人への過程の象徴なのだ

レストランで、一緒にバイトをした平和だったあの頃・・・

黄金色に色づいた街路樹の銀杏を窓越しに見ながら、
二人でテーブルを整えた昼下がり・・・
ステーキを焼く煉瓦造りの釜戸の前で、
キャンドルに照らされた恋人たちを二人で見守った静かなイブの夜
銀のフォークやナイフをリネンで磨きながら
他愛無い会話に笑った日々・・・

U君の荒削りな若さに接していると、
うら寂しく荒みかけていたあの頃の私の心は満たされた
そして、いつの間にか、私は本気でU君に恋をしたのだ
今目の前にいる、6歳年下のU君自身に・・・
そして将来、優しさと強さを持った
素敵な大人に成長するであろうイメージの中のU君にも・・・

「Sちゃん!!」

私は、『帰るよ・・』と、いつものように
不愛想に帰ろうとするU君の背中に声をかけた・・・

「・・・?」

「Sちゃん・・・もしセーター編んだら着てくれる?」

U君に似合いそうなブルーグレーの毛糸を見つけたのだ

「え!? セーター?
・・・僕、手編みのセーターって着たことないです。
●●さん、作ってくれるの?ほんとに?!」

私の突然の優しさに、彼は無邪気に喜んでいた

「危ないから気をつけて帰るのよ。」
「うん。楽しみにしてるよ!」

セーターが完成した日・・・
彼はセーターを着て、いつもより、はしゃぎながら、
いつも以上に乱暴にバイクに乗り、
照れたように手を振りながら帰っていった・・・

あれからもう何年になるのだろう
あの日が、彼と過ごした年月の、最後の日になってしまった
何が起こったわけでもない
私はその後、引越しをしたのである
U君には言わないで・・・
引越し先は、そのアパートの
二筋しか違わない同じ町内だったのだけれど・・・

                 ・・・続く



posted by マロニエのこみち・・・。 at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 小説風エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます★

毎回思うのですが、フェードアウトのしかたが、ニクイですねぇ。
続きが気になって、しかたありません。
これは、やはり、映画をたくさんご覧になっているマロニエのこみちさんならではですね。
すごく視覚的に訴えてくるんです。
バイクに乗って手を振る、ブルーグレー(色まで私の好みです、ぽわわ)のセーターを着た、長身痩躯の青年が目に浮かびます。

次回も楽しみにしています♪

Posted by みどり at 2007年09月01日 07:00
ムネガイタ・・・!
ガラス玉のようなおもひでがひとつできたんですね。。。
Posted by たっくん at 2007年09月01日 10:51
こんにちは。楽しみに読ませていただいてます。

あの〜やぼなことを言っても良いですか?

名前が●●さんだったり、U君じゃなく
お名前付けていただけると入りやすいのですが〜って。
すみません!

フィクションなんですよね?
●●はマロニエさんでU君は宇都宮君?上野君?宇野君?・・・と勝手に頭で置き換えています。

・・・フィクションですよね?


Posted by ふくわうち at 2007年09月01日 12:24
こんにちは。

この度はマロニエさんの優しさに甘えてしまうところ
でした。

瑛太くん・・・リサーチさせていただきました。
完敗です!
背格好、ドコ★のCMでの自転車のぶっ飛ばせ方・・・
瑛太くんでいきましょう!!!

・・・なんて偉そうにごめんなさい。

想像(妄想?)を掻き立てていただきました。
ありがとうございます。


Posted by ぐぅぐぅがんば at 2007年09月01日 16:31
●●さんとU君の心のゆれ具合の描写が見事です。

『黄金色に色づいた街路樹の銀杏を窓越しに見ながら』とか
その前の『物憂げな金木犀の甘い香りを楽しみながら』
更にその前の『秋の始まりを告げる透明な風がそよいでいた』とか
雰囲気の描写も素敵です。

そして小気味のよいテンポで進行して〜〜
さあ、どうなるのでしょうか。
明日を楽しみにしています。
Posted by capucino at 2007年09月01日 22:06
こんばんはぁ☆
あの、生意気にもほどがありますが
どぉーしてもひとこと意見したくて
うずずうずずずずしてしまいましたので
思い切って書いちゃいますが
「U君」のことを「Sちゃん」と呼んでますよね?
「Sちゃん」は「U君」で、「U君」は「Sちゃん」??
そこが気になって気になって〜(笑

ところでむか〜しの彼女になっがーい手編みのマフラー
編んでもらったことがあるんですが、それ巻いてて
おしっこしてたら、タラ〜て前にかぶさっちゃって
えらいことになった記憶がありました・・・。
すいませんちょぅわたくしごとでした(汗

Posted by すったまいだー at 2007年09月02日 00:01
みどりさん

おはようございます
本当ですか!
とってもうれしいですね
今までドラマ&映画鑑賞に費やしてきた時間が
無駄ではなかった言って頂いているようで安心します(笑
長身痩躯・・・
瑛太君の姿が浮かびました
ついて行きたい〜〜!(笑
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年09月02日 09:25
たっくんさん

おはようございます
えへ・・
読んで頂いて恐縮です・・・(^^;
私も書きながら擬似恋愛体験をする毎日で
毎日ときめいております(^^;
ありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年09月02日 09:27
ふくわうちさん

おはようございます♪
そうですよね〜・・(^^;
本当はなにか好きな名前をつけたいのですが
なんだかリアルになりそうで・・・(笑
それと、名前って大事だから、つけるのが難しい・・・(汗
なにか、いい名前、ありますかねぇ・・・

>フィクションなんですよね?
>・・・フィクションですよね?
・・・だからぁ(爆笑
ありがとうございます〜♪




Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年09月02日 09:30
ぐぅぐぅがんばさん

おはようございます
再びありがとうございます!
瑛太君・・・いいでしょ〜!!?
私も一目ぼれしてしまいました(ほわほわ・・
瑛太くんだと、ちょっと大人っぽいから
二宮君でも、いいのかなあ・・・とは思ったのですけどね^^
それにしても、楽しいコメントを頂戴して喜んでおります
このこと、ぜひ、次回の記事にさせてください
ありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年09月02日 09:33
capucinoさん

おはようございます♪
実は、このテーマで、20年位前に書いたことがあったんです
今回、前に書いたものは意識せずに、再びチャレンジしたみた次第です
書き下ろし処女作みたいなもので、お恥ずかしい仕上がりですが
ずっと昔に書いたものよりも、少しはましかも・・・
やはり何でも、熟成させる時間って、大切なのかもしれませんね
いつもお付き合い、ありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年09月02日 09:37
すったまいだーさん

おはようございます♪
>「U君」のことを「Sちゃん」と呼んでますよね?
>「Sちゃん」は「U君」で、「U君」は「Sちゃん」??
もう・・・
すったちゃんは、賢い子なんだから、わかってて言っているんでしょ?(笑
そうなんです〜〜
Uくんは、うの付く苗字の下にSの名前が付いていて・・・
もしかしてSは「すった」のSかも〜〜(爆笑

『すったちゃん・・・もしセーター編んだら着てくれる?』
爆笑・・・
それで、そのマフラーは、どうしたのかな〜〜(笑
S@すったちゃん、ありがとうございますね〜♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年09月02日 09:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。