2007年10月05日

「名前にまつわる・・・」

私の旧姓は、ちょっと変わっている
その珍しい姓のお陰で、名前にまつわる色んなエピソードができた
いいことなのか、迷惑なのかはいまだわからないが、
結婚によってとにかくその名前から開放され、
煩わしさから開放されたことも確かである

一番煩わしかったのは、営業で会社を訪れ名刺交換をしたときに
会話の材料として、まずその名前が使われることだった

たいていは
『珍しいですね。どこのご出身ですか?』
から始まるのだけれど、
『またか・・・』
と、心の中でいつも思っていた

まず、何故に今ここで、私の素性をそれも一方的に、
説明しなければならないのか・・という思いに始まり、
簡単に言えば素っ気無いし、逐一説明するのもおかしいし、
その頃合を考えるのが、一番煩わしかったのである

反面、変わっているから記憶に残りやすいという利点もあって
珍しい割には、漢字で書くとものすごく簡単なので
たいていの方はすぐに覚えてくださった

また、名前が珍しいだけに、すぐにお里が知れてしまい、
新天地でも悪いことができないという問題(?笑)もあった

入社したばかりのメーカーで、やはり名刺交換のときに、
相手方の生地商社の部長が
『あれ?この名前の人は、私の故郷の近所にいてはったけど』
ということになり、
なんと、その方は、実家の隣町のご出身で
更に、親戚の呉服屋の叔父さんと、
高校時代のテニス仲間で親友だということが判明した
そのお陰で、何かしら懇意にもしてくださったので、
これも煩わしさとありがたさの同居した逸話である

更に、同じ部署で、後々、沖縄や伊勢など、
各地にあるスーパーマーケットの案件で、
いつもコンビを組んで営業に回ることとなったある営業さんは
これもご縁なのか、お母様が徳島のご出身だということで、
お家で私の名前のことを話してみると、
それは故郷の旧家の姓で、どこそこに城跡があり、
結婚の際も云々・・・のような話を始められたので、
部署一のお喋りだったその営業さんが、
私の名前の由来をいろんな人に、
得意げに吹聴して回って下さったので、
たくさんの人が集まれば、
必ずやそういう類の話が好きな人もいるわけで、
新人の私が、そういう人の質問攻めで説明する手間も省け、
ある意味とても(?)有難かった

もう10年も前になると思うのだけれど、
まだ結婚する前に、同じ姓の女性が、
ミスユニバースに選ばれたことがあった
次の日、会社では、もしかしたら妹さんなの?と大騒ぎになっていた
その少し後に、そのコンテストの流れで、
同じ姓を持つ、その分野では、わりに有名なお医者様が、
まさしく『その姓について』日経新聞の交遊抄に書いておられた
その次の日も、数人の方が、わざわざその記事の切り抜きを
私のところに持ってきて下さった(笑

そのお医者さまは東京にご在住で、
ユニバースの女性は千葉の代表だったけれど
元を正せば一族だった人達が、全国に転々として
今もこのように頑張っていらっしゃるんだなあと思ったら、
なんだかすごく嬉しくなってきたのである

今まである意味、鬱陶しかった自分の姓によって、
ウキウキした気分になったことは、
後にも先にもあれが初めての経験だった
だけれど、入社した会社で経験したこれらのことも
ご先祖様の恩恵を受けているのだということを改めて思い、
感謝の気持ちを感じたものだった

私は、煩わしさの一切ない、
シンプルな今の苗字を獲得(?笑)するまでに、
付き合い始めて16年もかかったけれど、
今の姓と同じ姓を持つ人たちには、
すごく有名なアスリートが何人もいらっしゃるし、
文化的、社会的に貢献されておられる著名な方も意外に多くて
新参者なのに、同じ姓というだけで親しみを感じたり、
ある意味、単純に、得意な気分になったりしている(笑

単なる呼び名なので、A、B、や記号だけでもいいようなものだけれど
日本の場合は、漢字で書き、下の名前とのイメージも重なって
面白いものだと思ったりする
貴方は貴方のお名前がお好きですか?
私はそれなりに気に入っています^^



posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:49| Comment(16) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の苗字は花の名前(マロニエさんもお好きなあの花です)。
展覧会に行くとそれはもう沢山の種類があって
【侘び助】【春風】【一休】などなど。
覚えられやすい名前なので得したり、妙な事は出来なかったり。
この絵柄が入った器ものとかつい目に留まります。

私もこの苗字とても気に入ってます。
Posted by ふくわうち at 2007年10月05日 12:06
私は、旧姓が、漢字一字でした。
名前と合わせて、漢字で三文字。
自分的にはあまり好きなバランスじゃなかったんです。
結婚した今は四文字になので、凄く気に入ってます(^^)。
あ、それと、「子」のつく名前が嫌でしたねー。
本に出てくる綺麗な名前にいつも憧れてました。
娘には「子」のつかない名前を、と思ってつけました。
義妹は、その逆で、「子」のつかない名前が嫌だったと、二人の女の子に「子」をつけたのが、何だか面白かったです。
Posted by みどり at 2007年10月05日 15:47
氏名には
その人成に思い入れがあり
ある意味、人を区別する記号でもあるんですよね
私も珍しい部類の組合せの氏名です
といっても珍品ではございませんがぁ
マロニエさんは既にご存知ですよね

同じく、名を名乗るときには
周囲から「読めない」とクレームが飛びます
普段から使用しない漢字ならば尚更で
電話口では
左側が何編でつくりで・・・と、分解して説明します

Posted by プリュム at 2007年10月05日 20:24
今晩は。

私は苗字も珍しく、故郷でも少数です。
名は父母の責任ですが、これが漢字は優しいのですが、二文字になると読みにくい。
弟も同じでした。

マロニエさんの言われるように、名刺交換では「なんと読みますか」から始まることが多く、
損得両方でした。

今は父母が私の幸せを願ってつけた名だと思っています。
父母ともによくある名でした。自分では姓も名も気に入っています。
Posted by ijin7wth2 at 2007年10月05日 21:26
どんなお名前なんでしょう?
皆さんが口をそろえて・・・なんて、いいですね^^
私の名前もあまり見かけませんが、そうは言ってもらえませんよ!

苗字が変わって姓名判断が良くなりました。
あだ名も今の名前で呼ばれることが多いし、
旧姓よりも愛着があります。
Posted by noobooboo at 2007年10月06日 09:52
世間知らずの役人が考え出した「個人情報保護法」とかの
せいか、世の中、すっかり匿名化、抽象化、無機質化に
なってきております。冗談ではなく近い将来、生まれたときから
死ぬまで、番号かなんかで呼ばれ続け、隣近所でも番号しか
わからない、自分でも名前を忘れてしまったなんて時代が
来るかもしれません。

自分の名前が好き嫌いかは別として、固有名詞は育っていく
育てていく、成長していくものだと思います。各人の歴史が
詰まった名前が放送禁止みたいな扱い方をされている
現代は寂しいですね。本来的な個人情報の保護はもっと別な
所にあると思います。

おっと、本題から逸れてしまいました。
すいません。

しかし、かなり気になるマロニエのこみち・・・。 さまの旧姓??
Posted by dawase86 at 2007年10月07日 01:04
ふくわうちさん

おはようございます
そのお花の、漢字一文字のご苗字なのですか?
いずれにしても、綺麗なお名前で憧れます
なにかポイントになるものが名前に入っているといいですね
侘び助のデザインで、オリジナルの刻印とか素敵ですね!
ありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月07日 07:47
みどりさん

おはようございます
苗字に特徴があると、下の名前のバランスをとるのが大変ですよね
私も旧姓は、すごく画数の少ない漢字なので、兄弟たちも下の名前は
画数の少ない名前が多いです
うちは母が『女には子』の決まりごとのようなことが嫌いだからとかいうことで
妹たちにも子ではなく、代か美ばかりです
私は逆に、ラ行に子のついた名前に憧れていました
例えば、レイコ、リツコ、リョウコのようなモダンで知的な響きのある名前です^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月07日 07:53
プリュムさん

おはようございます
プリュムさんのお名前は素敵ですよね
知的な雰囲気がよく表現されています
でも、読み方は、お友達に同じお名前の方がいるので
私は最初から、Mではなく、T読みでしたよ^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月07日 07:55
ijin7wth2さん

おはようございます
ijinさんのお名前は、ご苗字、お名前、共に立派ですね
すごく高潔な感じがします
名は体を現す・・というのは、ある意味当たっているのかなとも思います
>父母が私の幸せを願ってつけた名だと思っています。
そうですよね!
私もケイの名前を考えたときは、子供の幸せだけを願って考えましたよ!^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月07日 07:59
noobooboo さん

おはようございます
>どんなお名前なんでしょう?
気になるでしょ?でも、言〜わないっ(笑

>苗字が変わって姓名判断が良くなりました。
あだ名も今の名前で呼ばれることが多いし、
旧姓よりも愛着があります。
これって、一番嬉しいことじゃないですか!
よかったですね
今のお名前、大切にしてくださいね
離婚は絶対にタブーですね(爆笑
ありがとうございます♪

Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月07日 08:02
dawase86さん

おはようございます
>各人の歴史が詰まった名前が放送禁止みたいな扱い方をされている
現代は寂しいですね。
本来的な個人情報の保護はもっと別な所にあると思います。

おっしゃっていることは、本当のことだと思います!
なんでも伏字で表現しなくてはならないような感覚が身についてしまって
なんだか悲しくなりますね

>かなり気になる
知ってしまったら、なんじゃそれ?みたいな名前ですよ
私はもっと綺麗な名前のほうがよかったです(笑
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月07日 08:13
続投・・・オドロキのプリュムです

ええええええええっ!同じ読み方の人が近くにいたのですかぁ!
私はてっきり、日本にも有数の読みだと自認していました
もちろん、氏は違うのでしょうが
そのかたの読みの由来は私と同じなのかしらぁ〜
Posted by プリュム at 2007年10月07日 09:26
私も続投・・・
一文字です。
母が習字の先生をやっていた頃
篆刻で作った名前のはんこがありまして
今は私のはんこ箱に収まっています。
Posted by ふくわうち at 2007年10月07日 09:39
プリュムさん

こんばんは
えへへ・・そうなんですよ〜〜♪
その方は大阪の人で、勤務先が同じ、パタンナーさんでした
ある日、いきなり寿退社をしたのですが、なんとその理由が
『結婚後、広島に引越し、板前のだんな様と小料理屋を始めるから・・・』
だったのです・・・(驚!
だから、今は、広島の小料理屋の女将さんです^^
お名前どおり、魅力的で素敵な女性でしたよ!
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月08日 00:16
ふくわうちさん

こんばんは
やはり一文字だったのですね!
益々やはり素敵です♪
こうなると、やはり椿のモチーフのものが、気になって当然ですよね
侘び助が基本的には好きだったのですが
最近八重のピンクなども、いいなあ・・と思ったりしています^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2007年10月08日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。