2008年03月31日

「京都の飲食店…70年代終りの頃」

懐かしい記事を書いていたら、続けて昔話がしたくなった
入社当時、同僚と、あるいは寮や職場の先輩に連れられて、
京都市内の食べ物屋さんに行ったものだった

まずは職場の隣にある【新々堂】という喫茶店
京大近くの有名な同名の店との関係は、
聞いたこともないので、よくわからないのだけれど、
とにかく職場から近いと言うので、皆の溜まり場のようになっていた
何の変哲もない普通の喫茶店だったけれど・・・
(多分、今もあるはず)

三条通りは、今は観光スポット的に、
石畳のお洒落な通りになっているけれど
当時は殺風景な細い道だった
だけれど普通の街と違うのは、足袋、器械、時計などの
かなりマニアックな古い専門店が立ち並んでいるところで、
取り立ててウィンドーや看板を派手にしていないところが
いかにも京都の老舗店・・の風情をかもし出していた
そんな専門店の隙間を、色んな喫茶店が埋めている

【阿月】では、よくお善哉や、和菓子とお抹茶を頂いたように思う
有名な【イノダコーヒー】の本店は三条から下がるけれど、
私たちが先輩に最初に連れて行って貰ったのは、
三条通りの支店の方だった
先輩の最初の一言は
『コールコーヒー飲もうか』だった
あの当時は、コールコーヒーと言うのが主流だったのか?
だいたいは、カウンターに座った
このカウンターは、中でコーヒーを立てる人を囲む形の
丸いカウンターなのである
京都の人なら誰でもご存知だろうから、
私がわざわざ説明する事はないのだけれど・・・
ご近所の店の旦那風情のご常連の方の定席風でもあったりする

後、三条を河原町まで出てしまうと、
ロイヤルホテルの北隣に果物屋さんがあり、
その二階のパーラーで、新鮮なフルーツや、フルーツサンドや
フレッシュジュースを頂けるのだった
今もあるのだろうか・・
私たちは、河原町から少しだけ東に入った店に行っていたけれど
もしかしたら、今、河原町に面して立っている店に、
変わったかもしれないが不確か・・

寮の食事だけでは、お野菜が不足するからと
仕事が早く終わる土曜日が多かったのだけれど、
裏寺通り四条を少し上がったところの
【サンチョ】というサラダ屋さんで、トマトサラダと、
バナナジュースか、イチゴなどの季節のフレッシュジュースを
頂くことが多かった
オレンジ色のあの独特のドレッシングは今も変わらない
ここはお店も当時のまま残っていて、
当時はK銀行行員の隠れたスポットだったのか
歓迎会を、貸切で、このお店でしたこともあった
サラダだけではなくて、ステーキやグラタンも美味しいのである
今も、前を通りかかったら、入りたくなるのだけれど、
いつも何故か閉店のときばかり通りかかる・・・

今までのお店は三条通りを河原町に歩いたときのコース
同僚と歩くのは、むしろ三条から烏丸にかけてのほうが多かった
【鼓月】の同じく和菓子とお抹茶、
【アインス】というこれも当時のありふれた
(悪意ではなく、むしろよい意味の)喫茶店の大きな大きなプリン、
あるいは、ちょっとベタベタする量の多いイタリアンスパゲティ
そう・・京都の古い喫茶店のスパゲティ(パスタではない!)とは
あの有名なイノダのスパゲティにも代表されるように、
ちょっとベタベタで、独特の味がするのである
決して美味しいものではないのに、懐かしいあのケチャップ味・・
もちろん一緒に持って来て下さるタバスコや、
粉チーズをたっぷりかけて・・・(笑

お喋りに夢中になって、ぼんやりしていると、
パサパサになって、取り返しが付かなくなってしまう(笑
このジャンクフードぎりぎりのところがいいのである
今のパスタなどというようなものとは決して違うのだ(笑

大きなビルの地下に降りてゆく【モンシェリ】
ここもごく普通の、ありふれた喫茶店だけれど、
ママさんらしき人がスマートで美しくて、
化粧気のない、でも洋風の綺麗な顔に、肩くらいの髪を一つに結わえ
壁に飾っていたモディリアーニの
黄色いセーターの女性によく似ていた
いつも『お帰りなさいませ』『お疲れ様でございます』
と迎えてくれるのだった
決して、今流行の、メイド風・・なのではない(^^;
大人の素敵な女性だった
このあまり構われない、付かず離れずの雰囲気が好きで、
誰かと一緒でなくても、ここには時々一人で入った

そしてそのうちに、もっと自分ひとりで、
色んな店を散策するようになっていった
私が一人で入る店は、まだまだ70年代の、
アナーキーな匂いの残る店が多かったけれど・・・
そんな店の何割かは、もう姿を消してしまった
一時期、暇を持て余して、京都市内で入った喫茶店のメモ書きを
取ったりしたことがあった
紙ナフキンや、マッチの類を集めたり・・・
今ではオリジナルのマッチを置いてあるところなんてないのだろうな
河原町三条の【六曜社】や、
寺町の【スマイル】ならまだあるだろうか

もう早くに無くなってしまったけれど
四条烏丸東側を、ほんの少しだけ上がった所に
すごくモダンで小さな雑居ビルが建っていた
一階が帽子や服(もあったかな?)を並べてある瀟洒な雑貨屋さんで、
フランス映画に出てくるような素敵な初老の女性がいつもいらした

二階が喫茶店・・・この殺風景な店だけが、
何故かこのビルにはそぐわなくておかしかった
冴えない中年の(といっても、今思えば案外若かったのかも・・)
マスターが、一人で暇そうにしている喫茶店に、私一人で時々入った
ただ、あまりにも話しかけてくるので、そのうち
『うざったく』なって、行かなくなってしまったが・・

三階か四階建てのビルだったか・・・
そのどちらかで、ファッション画の教室があった
もしかしたら、曜日別に、違う教室になっていたかもしれない
あったとしたら、帽子作りとか、ステンドグラスとか、
ちょっと洒落たお教室だったと思う

後に、そのファッション画の先生は、
私の恩師と同じNDKに当時所属されている
素敵な絵を描かれる先生だと知ったけれど、
当時の私は、将来、自分が、同じような道を歩むことになるなど
まだ思っていもいなかったので、教室の見学さえ行かなかったと思う
ただ、あの狭くて急な階段を上り、教室の外の窓から、
こっそりと中を覗いたことはあったかもしれないけれど・・・

とにかく、あの佇まいは、まるで古いヨーロッパのようで、
大好きな大好きなビルだった・・・
無くなった時は、本当に悲しかった

京都は今でも飲食店が多いけれど、
喫茶店というよりもカフェ、カフェレストランの類が増えた

味もスタイルも、何もかもが、当時よりは洗練されているとは思う
だけど、あの古臭いちょっとダサい喫茶店や食堂や、パーラーに
郷愁を覚えるのは何故なのだろう
当時よく行った店を、回る一日・・なんてのもいいな・・
そのうち、暇が出来たらぜひ実行してみたい

あ、そうだ・・・この記事
当時同僚だった奈良のKちゃんにも教えなくっちゃ・・・
ほんとに暗かったよね 私たち・・・(爆



posted by マロニエのこみち・・・。 at 03:11| Comment(20) | TrackBack(0) | 京都のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
喫茶店のナポリタン、時々無性に食べたくなります。
クエン酸のレモンスカッシュ、無果汁の薄いオレンジジュース、
ゆで卵とトーストだけのモーニング、塩をかけて食べるサンドイッチ。
今ほどみんな栄養とか、健康とか考えてなかったような気がします。(笑)
サンチョ、イノダ、夜の窓、ビームス、チャコット、みんな懐かしい〜〜。久々に祇園会館に映画を見にいってみようかなぁ。
Posted by futaba at 2008年03月31日 12:20
futabaさんって何者?と思ったらお菓子屋さんだったんですね。
Posted by ふたば at 2008年03月31日 17:38
マロニエさん・・私は昔
京都には和物が中心で喫茶店や洋食店などが
全く思い浮かびませんでした→単なる偏見
がぁしかし!
それらは京都が先進していたのですよね
流行の先端というのか?
何となく・・わかりました
ロンドン(英国)みたいだなぁと
保守と革新が同居する町なんだぁ!

モーニングサービスを誇る、名古屋はあくまで田舎ですぅ
Posted by プリュム at 2008年03月31日 18:57
今はお一人様を満喫していますが、結婚するまで(お嬢様だったので?)一人で喫茶店にも入れませんでした。それが吉野家に一人で行けるおばちゃんになるとは・・・。だから青春の思い出ってあんまりないんです。すご〜く残念。
Posted by ブルーなビッグママ at 2008年03月31日 19:47
私の寮は品川の大井町にありました。
今、品川も大きく発展しその隣の大井町も丸井などが出来て
駅も様変わりしましたが・・・22年前は、小さな何も華やかなもののない街でした。東京に住んでるって実感も持てないほど・・・
そんな街で名前も忘れましたが〜大きめの喫茶店があって大きなシフォンケーキにアイスと生クリームを付いたデザートが有名で・・・
会社帰りに同期の子とやっぱりベタベタなスパゲティ(確かにパスタとは別物)やチーズトーストにアイスコーヒー・コーヒーフロートなどを頼み、グジグジと先輩や上司への不満を言い合って〜2時間も3時間も時間を潰していました。
そのうちに飲みにいくことも覚え・・・居酒屋で同じことを繰り返し〜。。。いつもお金もないはずです。
今思えば、寮の同室の先輩と折り合いが悪く〜寮に帰りたくない私に自宅通勤の子が多少無理して付き合ってくれてたのかも知れません。
よくもあんなに話すことがあるなぁぁぁと思うほど長居してお店的には迷惑な客でしたね。
そんな長話に1つも恋の話しが出なかったのが笑えますね。
どんだけ色気のない三人なんでしょう〜。
確かその喫茶店もだいぶ前になくなったと噂で聞きました。
いつごろから行かなくなったのか記憶もないんですが
思い出すとあのシフォンケーキは食べたいと思います。
きっと今はもっと美味しいケーキはあるんでしょうけど
「思い出の味」ですね。
Posted by やまき at 2008年03月31日 21:13
思いでのお店が多いのですね!
 多い分だけ活動をされていたのだと感じます。

京都に出ると昔から、イノダに寄っていました
本店前のコーヒー豆袋とか町屋の雰囲気とか
店内の異空間とかコーヒーの味とか
 時間がゆっくり過ぎる店ですね。
三条店は何だか落ち着きませんでした。

車で移動するようになってからは
からふね屋の機会が多くなったように思います。
ダッチコーヒーが流行った時代、だったのかな??



Posted by sumi at 2008年04月01日 08:24
田舎出身なので喫茶店ってなんかすご〜く大人の場所って感じでしたよ。
いつかカウンターに座るのが憧れで。(笑)

田舎の喫茶店ではゲーム機を置いてある店が多いのと落ち着ける店がどんどんなくなっていくのが残念。
Posted by もみじ at 2008年04月01日 09:33
京都の半日歩き、1月と2月に一人で楽しみました。新幹線の途中下車の合間に大急ぎでバスで移動、懐かしい風景と買い物をしました。喫茶店は今も京都は多いですね。出町ふたばで40年前はおはぎを、今回は大福です。行列のお店になっていますね。ところで70年代半ばに京大近くにあった「チコ」という珈琲とスパゲッティのお店のこと、どなたかご存知ないでしょうか。いつもジャズが流れ、真っ赤なシャツをきたマスターのお店で、京大の前は鴨川西側の同志社近くにありました。
Posted by ルリソウ at 2008年04月01日 17:40
もうこの季節でガマンできなくなりました。
木曜日に夫が出張でいないので、京都行きの安い高速バスを
予約してしまいました。一人で京都の桜を散策して
美味しい物をたくさん食べてこようと思います。
絶対ここははずせないという所があったら教えて下さいませ。
Posted by ブルーなビッグママ at 2008年04月01日 18:14
コールコーヒーがアイスコーヒーになったのは
いつのことだったでしょうか?

スラックスが、パンツになったのも…

Posted by wave at 2008年04月01日 22:03
futabaさん

おはようございます
そうですよね
そう思うと、健康ブームなんてつい最近のように思えます(笑
チクロなんていうものもありましたねぇ・・(^^;
祇園会館、私も長いこと行っていません
前は時々通るのに・・・
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 10:19
ふたばさん

おはようございます
あぁ・・そうなんです〜〜
最初にふたばさんにコメント間違ったのは、こちらもfutabaさんなのですよ
知る人ぞ知る、超穴場のすごい和菓子屋さんなのです♪
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 10:21
プリュムさん

おはようございます
そうですよね〜
日本で初めて・・という事柄を探していたら、だいたいのところ
ほとんどは京都だったりします
その道の先駆者みたいな方も、京都のご出身が多いですね
えっ?あの方も?と思うような芸能人も多いですし・・・(笑
地域性も結構ありますけれど、私の知っている方は
皆さん、きさくでいいかたばかりですよ
そんなところも魅力の一つですね
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 10:25
ブルーなビッグママさん

おはようございます
ママさんは、ご結婚されてから、思い出作りをたくさんされているので
充分だと思いますが〜〜(笑
韓国旅行記も面白かったです♪
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 10:27
やまきさん

おはようございます♪
品川・・・
勝間南京ちゃんの家が、少し前まで大森にあったのですが
そこにお泊りに行ったときに、帰り品川方面に出るバスに乗って
品川の町をすこし歩きました
海に近いからか、風通しのいい街だなあとおもいました^^
その勝間南京ちゃん(ただいま、帰省中)もしかしたら4月の末ごろ、お伺いするかもしれませんよ^^
すぐにわかると思いますので、そのときは、よろしくお願いいたします^^
あと、シフォンケーキで思い出しました(お楽しみに)
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 11:00
sumiさん

おはようございます♪
からふね屋さんは、駐車場の大きいところが多いですものね
確かに水が美味しいですね^^
イノダ本店って、あまり行く機会がないんですよ〜
今度歩いたときは行ってみたくなりました
あの麻袋、確か、分けてくださるんでしたっけ
三条辺り、古いお店が健闘されていますね
いつもありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 11:04
もみじさん

おはようございます
その感覚、わかります〜^^
それに校則が厳しくて、お店とか入ったらダメだったんです
私が喫茶店に出入りするようになったとき、ちょうどインベーダーゲームが流行りだした頃でした(笑
今でも置いてあるとこ、たま〜〜にありますかね・・
あれももはやレトロですね(笑
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 11:06
ルリソウさん

おはようございます
はじめまして♪
ふたばさん、並んでいらっしゃるようですね
一番上のコメントのfutabaさんのところの豆大福も遜色なくすごく美味しいですよ!
その「チコ」という名前、聞いたことあるような気がします
私は場所柄、馴染みのないお店ですが、そういうところなら思い出をお持ちの方も多いかもしれません
検索で忘れた頃に情報が入ったりするので、気長に御待ちくださいませ^^
コメントありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 11:10
ブルーなビッグママさん

こんにちは
ご一緒出来たらいいのですが、今、私はひっくり返っています(涙
京都にご到着はお昼頃でしょうか
お腹の減る頃ですね
ポルタの地下街でまず腹ごしらえは如何でしょうか
京都駅の表玄関(八条口と反対側)前にバスターミナルがありますが
その一番京都タワーに近い筋の、一番奥(西)のバス乗り場の階段から、下に降りる方がわかりやすいです
降りた辺りに、東洋亭というレストランがあって、そこの1000円のハンバーグランチはお薦めですよ
東洋亭は、老舗のレストランで、高級なイメージがあったのですが、
ポルタにこんな気軽なお店を出したことは、ママ友さんから教えてもらって知り驚きました
だからお味はとてもいいです
丸ごとの湯剥きトマトのサラダが付いていて、本当に美味しいですよ
記事に書いたサンチョで小腹が空いた頃にサラダとジュース
そして、太秦方面に行かれるならば、上にコメント下さっているfutabaさんの豆大福&おこわご飯・・
超お薦め
詳しい情報が必要なときは、メールください
ヨロピクです(^^v
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 11:19
waveさん

こんにちは♪
やっぱりコールコーヒーっておっしゃっていましたですか?
今はアイスコーヒーですよね^^
大阪に行くと、おっちゃんが『冷コー』て言いますけどね(^^;
パンツはズボンって言いませんね〜〜^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年04月02日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。