2008年07月10日

「探偵物語」

これは好きでした〜・・・
【戦国自衛隊】に始まって、
この頃の角川映画はほとんど観たのではないだろうか

【探偵物語】といえば、松田優作さんのTVドラマの代表だけれど
この同名の映画バージョンも大好きだった

動画の中に、秋川リサさんも出られています
優作さん演じる別れた奥さん役で、あのシーンはドキドキしたなぁ・・
冴えない探偵が一人の男性に帰る時間・・・

秋川さんといえば、この2年後くらいに観に行った大阪の
大きなファッションショーで拝見した
まだ現役でショーのモデルをしていらして
本当にキュートでチャーミングな雰囲気の方だった
大勢のモデルの中でも、ひときわ輝いていて
見せることをよくわかっている方だなあ・・と感動した

この歌も大好きだった
この頃歌っていた薬師丸さんの歌は全部よかった
松本隆&大瀧詠一さんなんですよね この曲は・・・
いいはずだ

なんだか懐かしいな あの頃・・・私も十分に若かった・・・





posted by マロニエのこみち・・・。 at 01:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 懐かしのドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしいベストテンですね。
追っかけレポーター、松宮さんも今はなく、時代の移ろいを
感じます。薬師丸さんは久しぶりの映画スターという感じで
「野性の証明」での健さんとの絡みが印象に残っています。
かい か〜ん
年を重ねて新たな演技を模索中の薬師丸さん。がんばれ。

秋川さんは何といっても11PMですね。
愛川欽也さんとのコンビが最高でした。
Posted by dawase86 at 2008年07月10日 01:55
探偵物語はテレビの「工藤ちゃん」バージョンが印象的でしたね。
松田優作といえば、「ブラックレイン」か「太陽に吠えろ」なのかもしれないけど、あの間の抜けた決めるところは決める「工藤ちゃん」のキャラが最高でした。
(ちなみに映画とテレビドラマとはタイトルが同じと言うだけで関連はないです)
私はやはり、ラストの長いキスシーンが印象に残っています。(原作では、探偵さんのいたずら?で、飛行機が空港に戻ってきて、いい感じでハッピーエンドってことだったと思うのですが)
そういえば、三条京阪のあたりに「工藤探偵事務所」という隠れbarがあるらしいのですが、ご存じですか?
今はもうないのかなぁ〜・・・・知る人ぞ知る?店らしく、10年ぐらい前にあのあたりで電柱に広告が貼ってありました。
で、薬師丸ひろ子ちゃん、大きなお目々が可愛くて、映画「探偵物語」の時はおとなっぽくなったなぁ〜と思ったんだけど、時がたって見てみたら、どっちかっていうと、子供っぽい感じだった。
自分もまだ子供だったのだなぁ〜
Posted by トマト at 2008年07月10日 08:09
dawase86さん

おはようございます♪
本当に懐かしさ揃い踏み・・といった感じです
薬師丸さん、ぎこちないところが初々しいですね
復帰後、どうなっていくのかと思いましたが
三丁目の演技は流石ですね^^
この中で今も一番お元気なのは、黒柳さんですかねぇ・・(^^;
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月10日 09:18
トマトさん

おはようございます♪
懐かしの映像ですね^^
私も優作さんは、ハードボイルドよりも二枚目半やこの映画のような朴訥とした役の方が好きです
一番好きなのは『それから』
遺作がブラックレインというのが本当に残念です
文芸大作をあと一本くらい撮っておいて欲しかったです!
歌も歌われるし多彩な方でしたね(涙
三条京阪〜東山〜岡崎界隈、穴場的な店が多いですよね
住んでいたこともあって昔はよくうろついていましたが(^^;
このところはさっぱりご無沙汰ですよ(^^;
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月10日 09:25
松田ジュニアも松田のおかんもファミリーでがんばっていますね。
息子二人とも雰囲気のある役者になりましたが、お父さんの狂気は
まだ出ていないかな。大きすぎる父親のイメージにつぶされないように、成長してもらいたいものです。
Posted by ブルーなビッグママ at 2008年07月10日 18:54
キムタクの松田優作って最高ですよね。セロも。
なんであんなに似るんだろう。

秋川リサさんいまでも舌足らずでとってもキュートだし
立川リサさん(インゲボルグの)でしたっけ?
お二人とも美人ではないけれどおしゃれで外国の匂いがして。

あのころ君は(私も)若かった〜♪ by ザ・スパイダース
Posted by ふくわうち at 2008年07月10日 19:22
ブルーなビッグママさん

おはようございます
今思い返しても、優作さんの存在は偉大です
没年齢があんなに若かったとは、信じられないです
育った環境、軌跡、その他全てがあの存在を作ったのでしょう
だから息子さんたちにあの雰囲気は出せないでしょうけれど
その分、繊細で素敵な子達ですね^^
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月11日 09:26
ふくわうちさん

おはようございます
本当に似ていますよね!!
でも、引きにすると、足の長さでばれちゃいますね(^m^)
古畑さんもすごかったですぜ♪
(本当にキムタクさんはすごい!

はいはい・・立川(金子)さん♪
やはりピンクとかインゲボルグはああいう華奢な体系の方が着るべきですね・・(涙
ありがとうございます〜♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月11日 09:30
おはようございます。
探偵物語。私も見てましたよー。
すてきでしたねぇ。

優作さんが亡くなられたあと、正月の帰省のときに、羽田空港で奥さんとお子さんたちに遭遇したことがあります。お子さんたち、まだ小さくてヤンチャなさかりでした。奥様のお姉さん〈熊谷真美さん〉もご一緒でした。今、テレビで彼らを見かけると、あの時のヤンチャ坊主くんたちが、こんな素適になっちゃったのねーと思います。

余談:薬師丸さん、実は私のカラオケの十八番なんです・笑。
Posted by みどり at 2008年07月11日 13:01
みどりさん

こんばんは
そうだったのですか〜!!
奥様も、まだ子供さんが小さい頃にご主人を亡くされたのですね
確か、下にまだ女の子もいらっしゃいましたっけ・・
そのご苦労を思うと大変だなと思うのですが
今の若々しさを拝見したら、苦労が顔に出ていなくて素晴らしいですね
同世代、頑張らなくっちゃ・・
魅力的な女性が同世代にも多いですよね^^

(私も薬師丸さんの歌なら歌えます(v^^♪)
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月11日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。