2008年07月13日

「佐伯祐三、そして今日の絵」

今朝の日曜美術館のアート・シーンで、
大好きな佐伯祐三の絵画展の紹介をしていました

佐伯祐三・・・
色んな逸話のある画家のようですが、
最晩年の素晴らしい絵を観ていたら
あらゆる疑惑はどうでもいいことだと思います

大阪の気の良いぼんぼん・・
そんな本質と、運命に翻弄された画家人生と
晩年の激しさの交錯した不思議な魅力が
残された絵と共に、私を魅了します

最も良心的なH・Pを見つけました
これで、佐伯祐三という画家のことが一通りよくわかります

畑式久のホームページ】内【佐伯祐三特別展示室

朝の祐三画伯の絵に誘発されたわけではありませんが
久しぶりに気分転換を兼ねて
喫茶ギャラリーの課題の絵を描きました

京都マロニエ・お絵描き手帖
軽便鉄道の駅跡
夕日の浜名湖



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私はゴッホが好きですが、マロニエさんの絵を見ていると「炎の女(ひと)ゴッホ」と呼びたくなります。凄い絵ですね。
Posted by ふたば at 2008年07月14日 17:36
ふたばさん

こんにちは♪
あらら・・夏風邪でもお召しになられましたでしょうか?・

・・な〜〜んちゃって♪
おカブをとってしまいましたよ(^^v
私もゴッホ、好きです 八王子のゴッホさんも(^^ゝ
ありがとうございます〜♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月14日 18:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。