2008年07月22日

「コッツオルズ・バイブリー村を点描で描く」

毎日、ヘタ絵の投稿ばかりで申し訳ございません
今日は、美しい村、コッツオルズの風景画です
点描は高校以来

あまりの美しい風景と、
木立の多い難しそうな課題に興味を持ち、チャレンジしてみたのですが
私にはうらぶれた街角の風景の方が似合うようです

いまいち個性が出せず、かといってこの美しい風景を
哀愁の漂うような絵にする気はいくら私でもありません(笑

連日、猛暑日が続く京都、
描くことで、気持ちだけ爽やかな避暑の気分を味わいました(^^;

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
【第22回喫茶ギャラリー、コッツオルズ・バイブリー村】



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コッツオルズ。
行ったことはありませんが、
名は知っています。

久しぶりに「ネット仲間展」を見せてもらいました。
同じ写真から、
描く人それぞれのコッツオルズになっていて面白いですね。

マロニエさんのは、
やはりマロニエさんらしいコッツオルズです。
いい絵です。
Posted by capucino at 2008年07月23日 22:19
capucinoさん

こんばんは♪
そうなのですよ^^
面白いですよね!
すごく刺激的ですよ(笑

>いい絵です。
う、うれしいです〜〜♪
ありがとうございます!(^^ゝ
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年07月23日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。