2008年10月01日

「東映の時代劇」

清原さんの引退試合があると言うので
楽しみにTVを付けていたのに、
番組としては放映していなかったので
最初の少しをニュースで観ただけでした・・残念

仕方ないので、チャンネルを回していると
お馴染み、地元のKBSで

【右門捕物帖・紅蜥蜴】(1962年東映)
松田定次監督
主演〜大友柳太朗、里見浩太朗、堺駿二等々・・

この頃の東映の時代劇って、
ストーリーははずれのものも多いのですが(笑
とにかく舞台が豪華で、役者さんの個性がすごいですよね
とにかく時代劇では一番好きな大友柳太朗さん
そしてご存知、黄門様の里見さんのお若い頃・・
いなせな超二枚目!
目の保養にいですねぇ・・

昨日、その東映の撮影所前のfutabaさんにお邪魔するとき
初めてJRで行ってみましたが、JRの車窓から見下ろすと
撮影所の中が見えるのですね
運がよければ、時代劇スタイルの役者さんが遠めに見られます
あの広々とした独特の空間、いいものですね・・
こういう空間の贅沢と言うのか、ゆとりと言うのか・・
昔はもっと広かったらしいけれど、
こういうものが狭くなり、あるいは無くなってしまったりすると
世の中もなんだか世知辛くなってしまうように思えます
ずっとずっと残して欲しい場所です
そう、futabaさんの大福と同じく・・ね^^



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐かしのドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪
京都は、やっぱよいですねぇ。

東映撮影所とfutabaさんのお店の美味しいお菓子で、心の保養・・・マロニエさん、羨ましいです〜。
Posted by みどり at 2008年10月04日 22:13
みどりさん

続けてありがとうございます
そうなのです・・いいでしょ?
すぐに昭和気分に帰れますよ(^^v(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年10月05日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。