2008年11月24日

「第26回喫茶ギャラリー 見附橋〜副題【忘却の夏】」

昨夜、島田紳助さん司会の、チャリティー番組がありました
有名人が絵を描いて会場でオークションをし
その売り上げで、カンボジアに学校を建てようという企画です

(デロンギを買って以降、暖かいので
TVの部屋でまったりしてしまいます^^;)

見たのは途中からですが、著名人の方の多彩ぶりに驚くと同時に
やはり絵は漫然と描くものではなく
なにか意図するところを持って描くべきだと・・
そうでなければ見る人の心には響かないものだと改めて思いました
別に好きで描いているだけの絵なので
感動などなくてもそれはそれでいいのですが・・

構図が面白くて描きだした喫茶ギャラリーの課題写真
いつのまにか描く途中から、私なりの思いを込めていました

このブログに書く事全てが私の日常ではないわけで
それ以外にもいろんなことをし、
色んな思いを抱いて日々生活しています
今年の夏は、私にとって正念場のような暑い夏でした
後年思い出せば、きっと苦く辛い思い出が甦る事と思います

でも、そんな毎日でも、周囲の方々
そしてこうしてネットで知り合えた皆様に、いつも力を与えて頂き
向こうにある希望の光を感じつつ、ようやくあと一月で
辛かった一年を終えることが出来そうです
そんな夏を、きっぱりとした絵で終焉したい
小品ですが、ようやく復活したこのところの手慰みの
それなりの集大成のような思いの絵が完成しました

別館にUPしています
課題写真の表題以外に、副題もつけました・・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
第26回喫茶ギャラリー 見附橋〜副題「忘却の夏」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マロニエのこみちさん、こんばんは。
昨夜のチャリティー番組、全部ではなかったのですけど見てましたよ。
やはりプロの作品は素晴らしかったですけど、素人の方達も一芸に秀でた方達はやはり素晴らしい感性と表現力をお持ちなのだとあらためて思い知らされました。

マロニエさんの「忘却の夏」、いつものように「黒」をお使いになっていますけど、今回はその「黒」がすっかり画面に溶け込んで黒を感じさせない色に見えましたから不思議なものですね^^
Posted by sekisindho at 2008年11月24日 23:57
sekisindhoさん

おはようございます♪
観ていただいてありがとうございます!
今回は、自分でも思いがけず、会心の作になりました
単なる自己満足なんですが・・(笑
実は、黒は基本的には使わないんです^^
黒に近い青みのグレーなんです
黒は暖色系で汚くなってしまうので、
ちょっとシャープな影の出来るグレーのほうが好きなんですよ^^
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2008年11月25日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。