2009年08月09日

「ひまわりとソフィアロ−レン(らしき;)を描く」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
「ひまわり」
いつ聴いても、いつ見ても、いい映画ですね。
メロドラマの最高傑作とでも言うべきでしょうか。
別れのプラットフォーム。「旅情」とともに心に残る
名ラストシーンです。
可憐なリュドミラ・サベーリエワも良かったのですが
何より我が敬愛する マルチェロ・マストロヤンニ と
肉感派女優の代名詞のようなソフィア・ローレンとの
喜怒哀楽を巧みに表現した掛け合いが感動的でした。
何度見ても、泣けてしまいますね。

勝手ながらTBさせていただきました。
Posted by dawase86 at 2009年08月09日 18:18
ソフィアローレンやアランドロンって、描きたくなる顔ですよね。
高校生のときに鉛筆で同じ顔を描いたことがあります。

また観てみたくなりました。
Posted by ふくわうち at 2009年08月09日 23:08
ソフィアって…なんだろう…?
Posted by BlogPetのプチマロくん at 2009年08月10日 15:00
この映画を見たことはありませんが
ヘンリー・マンシーニの主題曲は好きでしたねえ。
ソフィア・ローレン主演の映画では
「戦場を駆ける女」と「ローマ帝国の滅亡」の記憶が
かすかに残っています。

先日、滋賀県の日野町にある「ブルーメの丘」に
「ひまわり」を見に行ったのですが
鈴鹿山脈を越えて滋賀に入ると雨!!
こちらと向こうとでは天候が全く異なることがあるのですよ。
Posted by Saas-Feeの風   at 2009年08月10日 20:34
dawase86 さん

こんばんは♪
いい映画でしたね!
音楽も最高でした
この時代の映画って、いいですね〜
役者さんが、とても個性的で素晴らしいですね
すみません・・トラバは今、出来ない状態になっています
今、見てきましたが、やはり入っていないようです
(ロクなのが入らないのでロックしています)
もしよろしければ、コメントの方に、リンク張って頂いた方が確実かと思いますので
よろしくお願いいたします^^
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年08月11日 23:59
ふくわうちさん

こんばんは
外国人の顔は、はっきりしているので描いていても楽しいですね^^
私も観たくなりました♪
いつもありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年08月12日 00:00
プチマロくん、まともなコメント(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年08月12日 00:01
Saas-Feeの風さん

こんばんは♪
ソフィア・ローレンって今もお元気なのですね
私も子供の頃は、何がいいのかわかりませんでしたが
今ならなんとなくわかるような気がしますよ^^;
そうでしたか・・
京都から、日本海側に行っても、だいたい反対のお天気ですね
山を一つ越えると、変わるのでしょうか・・
今、そちらにちょっとお邪魔したら、素敵な嵐山のお写真がたくさんありました
トンネルもたくさんありましたが・・・
何か・・・他に・・・見ませんでしたか・・・?;(そろそろお盆です
↑いえ、ジョウダンですから・・^^;
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年08月12日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。