2009年11月25日

「旧知の友A・・・S子」

今年の正月、A子たちホッケー部のOBは、同窓会をしたそうである
そのとき可笑しかったのが、メンバーの女性二人
食事の後、おもむろにバッグから薬袋を取り出して
全く同じ高血圧の薬を並んで飲んでいたそうな・・

決して可笑しいとはいえないけれど、
私もその光景を想像し苦笑してしまった
同窓生の中で、既に故人となってしまった人もいるそうで
今更ながら、健康に恵まれた自分自身の体をありがたく思った
案外調べてみると、ボロボロの可能性も無きにしも非ずなのだが・・

そんな話の流れで出たのが、私と一番仲のよかったS子の話
S子自身は相変わらず快活で、普段は会社の事務仕事
休日は、家の畑仕事をし、元気に過ごしている
・・がしかし、あろうことか・・・
ご主人がもう4年も前に、仕事中の不慮の事故で
亡くなってしまっていたのだそうだ・・・

そのご主人なら私も会った事がある
S子は女系家族の長女なので、婿養子を貰ったのだ
ちょっと新沼 謙治にも似た二枚目で、
優しく落ち着いた感じの素敵な人だった
S子のお父さんと同じ大工職人で
農家の家の隣の納屋のあった場所に、
二人で力をあわせ新しく立派な家を建てた

「すごいじゃない!本当に良かったわね」

利発で可愛い子供も3人生まれ、
思いがけなく、いい結婚に恵まれたS子のことを
当時の私は手放しで喜んだものである

何故、あんな人がそんなひどい目に・・・
そしてまさか一番親しい幼馴染のS子までが、
自分と同じ運命を歩んでいたなんて、今の今まで知らなかった
そういえば、その頃、喪中ハガキが来ていたようにも思ったのだけれど
てっきりお父さんの方だと勝手に勘違いしていたような気もする・・

いたたまれず電話をすると、相変わらず元気そうな声
何気なく世間話をしている中で、何気にその報告を聞いた

「実はそのことなのよ 今日電話したのは・・
本当は私が一番に連絡しなくてはいけなかったのに
何も知らなくて、本当にごめんなさい」
「そんなこと、もういいねん
あの時は私も必死だったし、連絡する余裕もなかったし・・」

私自身もそうだったから、S子のその状況はよくわかるし
落ち着いた頃に、わざわざ連絡してなどこないところも
いかにもS子らしい
きっと私もそうするだろうから・・

『そんなことで』と言ってしまえば、双方の亭主はたまらないだろう
でも、あえて『そんなことで』お互いに泣き言を言い合って
慰めあうなんてことはしたくないのだ
『そんな』運命を呪うよりも、今ある身近な幸福や
楽しかったことを拾いながら
愉快に笑いあう方がずっとずっと性に合うのだ
それでこそ、楽天的で粘り強い阿波女の心意気と言うものなのだ・・

電話をしながら、二人とも、そのことについて
それ以上の話はせずに、近況や昔話に花が咲いた
思えば本当に小さな頃からの幼馴染で
ずっと本当に親しくなったのは高校生のとき

毎朝一緒に学校に行き、近道である裏門の塀を
プリーツスカートを翻しながら飛び越えて
中庭を通って教室に入った
当時、控えめな文学少女だった(?)私の
そんな姿を知っているのはS子だけだったし
週に3日、自転車で一緒に通ったソロバン教室の帰り道は
凍りつくような冷気の中で
満天に降り注ぐ天の川や星のきらめきを眺めながら
面白可笑しい話ばかりしながら帰った・・・

「Sちゃん、また帰るから一緒に遊んでよ」
「もちろんや 春にお風呂をエコにするから、
それ終わったら泊まりに来てよ」

高校時代に戻ったような楽しい会話
そういえば、S子とも、既に8年ぶり程の電話だった・・
かけがえのない女友達
大切な人がもう一人いた・・
そんな幸福を噛締めた・・・



posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:48| Comment(6) | TrackBack(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軽快なお話展開 楽しく?読ませていただきました。 ブログにしては長文(笑)なのにスラスラ読めてしまう、読みやすい文体でいつしか引き込まれています。
Posted by kei at 2009年11月26日 00:25
keiさん

こんばんは♪
はいはい
ヘタな文なのでついつい長くなってしまうのでございますよ(^^;
それにしても今日は随分暖かかったです
そちらは如何だったでしょうね^^
いつもありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年11月26日 23:23
とても素敵なお話でした。
Posted by ふたば at 2009年11月27日 09:20
ふたばさん

こんにちは♪
いい話でしょう?^^
友達っていいですね
コメントうれしいです
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年11月27日 13:40
お早うございます。

御無沙汰がちになって居ます。

マロニエさんはお人柄が良いから、似合いのお友達が昔から多かったのでしょう。
忙しく生活していて、日頃、心の奥に居る人が何かの拍子で、糸に曳かれて登場される。
電話での会話にも時間の空白を感じない。

大切な人がもう一人いた・・
そんな幸福を噛締めた・・・

好いお話を伺いました。
Posted by ijin7wth2 at 2009年11月28日 08:09
ijin7wth2 さん

おはようございます
>忙しく生活していて、日頃、心の奥に居る人が何かの拍子で、糸に曳かれて登場される。
そうですね・・本当にそんな感じ・・
友達は、決して多くはないですよ^^
でも時々こんな風に話せる相手がいることは幸福です
いつもありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2009年11月29日 10:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。