2010年01月10日

「小樽旅情」

『小樽』・・って行ったことがありません
でも素敵なところなのでしょうね

喫茶ギャラリーの課題写真を見ながら描いた小樽運河の絵ですが
いつも勉強させて頂いているご常連の男性から
『近年はコギレイに整備され、観光客がいっぱいで、
何だかつまらなくなってしまいましたが、
この絵はそうした”コギレイ”さをふっとばすようなところがあり、
ちょっと爽快な気分です。』
とのうれしいコメントが・・

そうです
私のイメージしている小樽も、観光化された画一的な場所ではなく
運河のある北国のモダンさと厳寒の情緒や侘びのある
ちょっとレトロな味わい深い街・・
そんなところを見たいから、
何処に行っても裏通りばかり歩きたくなるのかもしれません(^^;

別館にUPしました

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
第40回喫茶ギャラリー 小樽運河


ところで、小樽といえば、やはりこの歌・・
昭和のムード歌謡の代表曲・・
リアルタイムだった子供の頃は、あまりにもブラウン管に登場する
三条さんのお顔とお声にうんざりしたものですが(^^;
今は何度聴いても飽きません(笑




posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数年前に札幌に泊まったときに小樽に寄りました。
学生時代に北海道を廻ったときには小樽を飛ばして
積丹まで行ってしまったので初めての小樽でした。

それまで小樽を想っていたイメージとあまりにかけ離れていて
がっかりして札幌へ戻りました。
あまりにも観光客向けの、運河の街らしからぬ光景を見て
学生時代に寄っておけばよかったと思ったものでした。
マロニエのこみちさんの絵を拝見して
その当時のイメージに似通っているように感じました。

小樽でレンタカーを借り学生時代に寄った積丹半島に行ってみましたが
こちらも小樽ほどではありませんが、昔の北海道の半島と岬という
素朴な風情を感じることができなかったですね。

これでは知床も同じように変貌しているのだろうなと
少し北海道に失望した小樽と積丹の一日でした。
Posted by Saas-Feeの風 at 2010年01月11日 22:15
マロニエのこみちさん、こんにちは。
「小樽運河」は久しぶりにブラマンクを思い出させてくれましたよ^^
それに前回の「ばらとビーナス」もよかったですよ。
「ポイントを絞り、小粋でドラマティックな表現」って、そうなんだ、と思えましたから。

夏に北海道へ行ったときは、残念ながら小樽へはいかなかったのですけど、やはり小樽と言えば「小樽のひとよ」が印象深いですよね(笑
カラオケで唄ったことはないですけど、歌えますよ^^
Posted by sekishindho at 2010年01月11日 23:58
そうなのよー。
私が最初に行った時とは比べ物にならないくらい
すっかり観光地化されてしまいました。
レトロでとてもお気に入りだったお店、残ってるといいなぁ。
Posted by もみじ at 2010年01月12日 11:10
マロニエのこみち・・・。がイメージするの?
Posted by BlogPetのプチマロくん at 2010年01月12日 14:29
マロニエさんの小樽運河はいい感じを表現していると思います。
古い小樽は知りませんが、
数年前に札幌の雪祭りに行ったついでに寄りました。
運河沿いの倉庫の屋根から巨大なつららが下がっていて、
岸辺は雪の道。
夕方になって雪が降ってきて・・・
雪が妙な物は隠してしまい、
レトロな感じを演出してくれました。
マイナス6度で寒かったですけどね。
Posted by capucino at 2010年01月12日 22:07
Saas-Feeの風 さん

おはようございます
そうだったのですね・・
でも、あちこち本当に色んなところをご存知ですし
街の良いところを見つけて切り取られる能力に長けていらっしゃるので
こういう街の変化もよくご存知でしょう
抱いているイメージが強いほどそれと違ったときは失望も大きいでしょうね
その辺り、地域の観光課の方やテナントのオーナーさんも
もう少し考えて欲しいものです・・といっても、これはこちらの勝手な希望なのですが・・;
>その当時のイメージに似通っているように感じました。
こう言って頂けてうれしいです
私のイメージは、どんな街も、昭和の初期で止まってしまっているのですよ(^^;
いつもありがとうございます♪

Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年01月13日 08:42
sekishindhoさん

おはようございます♪
久しぶりにこのダークな(笑)絵を描いたら;
お陰さまで反響はいいのですよ
やはりこの絵のタイプが私に対するニーズなんでしょうか(笑
ブラマンクと言って頂くと、せき様のところでブラマンクの記事を拝見して以来
人物にも興味深く尊敬の念を覚えるので、
ブラマンクがたとえ大柄で強面のオジサンでも、とても気分がよろしいのですよ(笑
>歌えますよ^^
いいこと伺いました〜〜
また聴かせてくださいね♪
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年01月13日 08:46
もみじさん

おはようございます♪
OH!やはりそうなのですね!
北海道におくわしいもみじさんに、、ぜひ私も訊いてみたかったのです
でも、皆様同じ意見でうれしいです
あまりにも画一化してしまう無意味さに
気付いていないのは、観光課の方だけということでしょうか(^^;
レトロなお店・・気になります〜〜
残っているといいですね
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年01月13日 08:49
プチマロくん、そうですよ〜〜^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年01月13日 08:49
capucino さん

おはようございます♪
流石! Saas-Feeの風さんと同じく、本当に色んなところをご存知ですね!
雪・・・これはラッキーでしたね!
雪が妙なものを隠してくれる・・
本当にいいタイミングだったのではないでしょうか!
でもマイナス6度はきついですね〜〜
想像も出来ませんが(^^;
素敵な場面に遭遇するのはガマンも必要なのですね(^^;
いつもありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年01月13日 08:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。