2010年02月10日

「たかみざわとしお著【楽しいお絵描きワールド】」

時々絵の投稿をさせて頂いているネット仲間展のご常連さまが
このたび、めでたく本を出版されました
時々拙ブログにもコメントを頂戴する【keiさん】こと

たかみざわ としお 

さんです 本のタイトルは

【楽しいお絵描きワールド】

仲間展では、お忙しい時間の合間に描かれた
個性的な絵を投稿されたり、私たちが描いた絵に
元気が出るようなうれしいコメントを
こまめに寄せて下さるのですが、
たかみざわさんの絵に対する真摯な思いが
そのまま本になって再現されたかのような
とても魅力的な仕上がりとなっています

たかみざわさんが、毎日のように絵を描くようになられたのは
2007年9月頃、ほんの2年ほど前で、
授業中、落書きを教科書にされていたという
中学以来、40年ぶりだそうです
普段は、電気設計のお仕事をされていて、
どこかで絵を本格的に習われたわけではありません

絵を描き始めたのも、ひょんな出来事がきっかけだったと言うことですが
その当時のことや、三日坊主で終わらせないコツ
続けるためのちょっとした工夫などが
経験を元にとてもわかりやすく記されています

この本は、趣味や絵を始めようとする人のための
ハウツー本のカテゴリーになるかと思うのですが
読み手が本の中にグイグイ惹きこまれてしまうような
誠実で読みやすい文章も
この作品の大きな魅力のひとつになっていると思います

私もいわゆる絵画を、本格的に習ったことはありませんし
よく出版されている技法書を見ても、天邪鬼な性格が災いし
『そんな通り、出来るわけないじゃん』の思いが先行するだけで
何よりセオリーや『こうしなくてはならない』みたいな決め事に
押し込められるのがイヤでイライラ・・
パラパラとページをめくるだけで嫌気が差して
何で?絵って、もっと自由なものなんじゃないの?と
余計に描く気が無くなってしまったりするのですが(^^;
たかみざわさんの本を読んでいると
『自分流で楽しく描ければ、それでやっぱいいんじゃ〜ん』と
なんだか突っ張った肩がほぐされるような心地よさを覚えます

一番感じたのは、やはり【人間万事塞翁が馬】ということと
工夫と努力なくして人生を楽しく過ごすことはできない
そして、継続は力なり、諦めず真摯に、前向きにチャレンジ!
ということでしょうか
絵に向き合う姿勢が、そのまま自分自身の人生に向き合う姿勢にも
繋がっているような気がします

たかみざわさんのお人柄がしのばれるこの一冊
もちろん、描き始めて2年とは思えないような素敵な絵も満載です
もしかしたら、これからの毎日を楽しく過ごすための
大切な一冊になるかもしれません
本の中には、私たち親子をモデルに、
とうもろこし人形作家の木村拓子さんが作ってくださった
あの【4月8日】のお人形の絵や、ご紹介文
そして、私が提出した課題写真を描いて下さった【果実と野菜】の絵が
何ともうれしいことに、表紙を飾って下さっています♪

keiさんことたかみざわさん、改めて出版おめでとうございます
そして、感動を、ありがとうございました♪


posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうマロニエのこみち・・・。と、とうもろこし人形作家は感動すればよかった?
でも、投稿する?
それでこてぼが先行ー!
Posted by BlogPetのプチマロくん at 2010年02月10日 15:01
表紙を飾るってすごい!バナナが妙に昭和っぽくていい感じですね。

人間万事塞翁が馬、深いなぁ〜〜

眼下のにんじんを頼りに生きてきた私ですが、
昨年家族が交通事故に遭い、つまずいても転んでも、またどうにか立ち上がってくれたなら、それは失敗とは言わない成功だ!と思えるようになりました。


Posted by futaba at 2010年02月10日 21:13
お礼が遅くなりすみません。
こんなに持ち上げて頂いてしまっては、木に登るしかありませんね(爆)
本当にありがとうございます。 表紙の絵はマロニエさんがネット仲間展の課題に出された課題を描いたものでした。
私の絵の中で、水彩画で最も明るく自分でもとても気に入っている画で、最初から「表紙にこの絵」と決めていました。
また、とうもろこし人形のpiroさんをはじめ多くの方と知り合うきっかけもマロニエさんのブログから始まりましたので、それらにも大変感謝しております。
改めまして御礼申し上げます。
Posted by kei at 2010年02月12日 11:16
マロニエのこみちさん
ふと訪れたことがステキなつながりになりました
元気が出そうな果物の表紙のkeiさんのご本、
マロニエさんのお力のすごさに感心しております
これからもどんどん繋がりの輪が広がりますように・・・
お店のご繁盛も嬉しいことですね
お風邪など召しませぬように!
 
Posted by とうもろこしのpiro at 2010年02月13日 01:06
プチマロくん、今日もユニークなコメントをありがとーー!♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年02月14日 13:50
futaba さん

こんにちは
お父様は、だいぶご快復なさいましたか?
本当に親のことは、年々心配になりますね・・
色々気遣いなさって大変でしょう
ご無理のないようにお過ごしください
そろそろ梅の季節・・太秦にも行きたい気持ちがムラムラと・・(笑
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年02月14日 13:52
keiさん

こんにちは
改めて、本の出版、おめでとうございます!
とても素敵な本でした
マジ感動しました
絵のこと以外にも、色々と考えさせられることが多く、記念すべき本となりました
後は、keiさんが左団扇で印税生活を送れるように密かに祈念しております(^^v
いつもありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年02月14日 13:55
とうもろこしのpiro さん

こんにちは♪
私の力は全くありません(^^;
私は単に、手元にある果物をカシャっと撮って課題写真を投稿しただけで・・(爆
それよりも、とうもろこし人形を見られたkeiさんが、
感銘を受けられて絵に取り組むお気持ちも変わられたと言うことこそ
本当に素晴らしいと思いました
何をするにも気持ちがこもっていなければ
人の心は動かないのですね
気持ちが引き締まる思いがしました
いつもありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年02月14日 13:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック