2010年04月22日

「龍馬の町・京都伏見・中書島界隈…B」

お地蔵様のお向かいの家の間に、
濠川に出られる抜け道を見つけました・・

子供もこういうところは大好きですから(^^;
率先して歩いてゆきます

水位もたっぷりとあり、川べりの揺れる柳に桜に季節の草花
見上げれば、民家の物干しには洗濯物・・
静かな異空間が広がります

観光シーズン中は、十石舟も三十石舟も運行されており
たくさんの人が順番待ちをしていました
子供が写真を撮っていると、中から手を振って下さる方も・・
濠川を走る十石舟、大阪まで行く三十石など
かつては繁栄したという伏見の水路・・

近くに伏見港公園がありますが、当時の港を埋め立てた場所で
こちらの記事を読むとその歴史がよくわかります

私が伏見港と聞いて最も印象深いのは、
鳥羽伏見の戦いで破れた新撰組が
大阪へと向かう前夜、初めて壬生の地を訪れた日や、
輝かしい京都での五年の歳月に思いを馳せるくだり・・
何とも切なく胸が詰まります

伏見は明らかに洛中とは文化も言葉も違い、
港町独特の開放感や様々な文化が混在していて
何となくアウトローな魅力が、私個人の趣味としてはたまりません

しばし、川べりを散策した後、また路上に出ました
時代劇でもお馴染みの酒蔵です
龍馬もきっとこんな景色を見たことでしょう・・・

画像付きの記事は、こちらにUPしております

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「龍馬の町・京都伏見・中書島界隈…B」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
お写真拝見してきました。

伏見って、水路の町なんですね。
知りませんでした。

すてきすぎる。
いまにも、小舟にのった龍馬さまがあらわれてしまいそう★

マロニエさんの文章にみちびかれて、京都を旅している気分を味わっています。
Posted by みどり at 2010年04月22日 12:19
みどりさん

おはようございます♪
でしょ〜?^^
水路があって湧き水も豊富なので、お酒も美味しいのですよ^^
私の家のご近所にも伏見の水で作るパン屋さんがあって
それは美味しくて・・みどりさんにも食べて頂きたいくらいです
いつもありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年04月23日 10:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。