2010年05月28日

「佐伯祐三【モランの寺】を模写する」

ネット仲間展、オフ会で、模写あるいは●●風の絵を描いて
投稿しましょうという企画があったので
生まれて初めて、模写に挑戦してみました
『祐三、ユーゾー』と言っているだけではあまりにもミーハーなので
モランの寺を描いてみました

今更言わずもがな佐伯祐三は好きですが(^^;
絵は、有名なカフェテラスのような
夫人の加筆疑惑のある絵よりもむしろ
最晩年の1年・・二度目の渡仏で描かれた単純明快で力強い絵
あるいは、アカデミックとブラマンクに一喝されたという
いかにも絵の才能がわかる初期の頃の絵が好きです

PCに出ていた絵の画像を見ながら筆跡を追っていると
画家と一体になったかのような親しみを覚え
その自由奔放な筆さばきに、夭折の天才画家の人となりや
絵に対する情熱を改めて感じました
キャンバスに油とは違うので表面が平坦・・
できばえはともかく、楽しい時間でした

別館に、元絵と模写をUPしております

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

●「佐伯祐三【モランの寺】を模写する」
●「佐伯祐三【モランの寺】」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。