2010年06月21日

「父の家」

次の日が父の日なので、土曜日に、父の住む徳島に行きました
定年後の住処にしている山の家です
高速バスを降りたとたん、亜熱帯の国かと思わせるような蒸し暑さ・・・
前日は大雨だったので懸念しましたが
雨に見舞われなかった分、降りそうで降らない湿気の多さと暑さには閉口しました

たくさん写真を撮ったのですが、うっかり操作ミスで消してしまい
かろうじて残った画像をUPします

最寄り駅まで車で迎えに来てくれました
だらだらと迂回しながら小高い山を登っていきます

家に着くと、鶯の啼き声がすぐ近くに聞こえていました
メジロやその他の知らない野鳥も次々に庭の木へとまりにきます

自生しているアザミの花・・
父が実を採ってくれた大きな枇杷の木の辺りに咲いていました

何の虫でしょう・・

書斎から寝室へ続く階段・・

育てている盆栽の一部・・
これは父が子供にくれた近影です
殆ど布袋さん状態・・(笑

父が立っている辺りから見下ろした風景です
吉野川の流れや町が一望できます

往復にかかる時間の方が、滞在時間よりも長いのです
いつかゆっくり来たいものです
3時間足らずの滞在でしたが、歳はとったものの
それなりに元気そうな姿を見ることができてよかったです
帰りも駅まで送ってもらいました
こんなニ車両の可愛い汽車で帰ります・・・

画像つきの記事は、こちらにUPしています

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「父の家」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 故郷の風景(徳島のこと) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マロニエのこみち・・・。が懸念するの?
Posted by BlogPetのプチマロくん at 2010年06月21日 14:37
プチマロくん・・はい
でも雨は杞憂に終わりましたの
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年06月21日 19:09
マロニエのこみちさん、こんにちは。
徳島への小旅行、ケイヨウ君も大喜びだったでしょうね^^
お父様の貫禄、私に少し分けてほしいですよ、ホントに。

徳島といえば、大学の2年後輩の女の子がいたのですけど、4年の夏休みに友人と四国まで気ままな旅をして、徳島にも立ち寄り、後輩に案内されて小高い山の上に登った記憶がありますよ。
そのあと今治に行って一週間ほど友人の家で居候してましたけど、四国に行ったのはその一度っきりです。
また行ってみたいですね。
Posted by sekishindho at 2010年06月21日 23:51
え〜こんな階段を登っていらっしゃるの?
足腰は強くなりそうですが
思わず・・・ということも無いとはいえないので、手すりをつけるとかそろそろ考えられた方がいいかもですよ。
転ばぬ先の杖。
実は移転先のビル。
大家さんの家族3世代が3階と4階に住んでらっしゃいます。
足腰は確かに強そうです、みんな。

でもいい風景ですね〜。
もっとちょくちょく行きたかね〜!
Posted by ふくわうち at 2010年06月22日 17:20
sekishindhoさん

こんばんは♪
コメントありがとうございます
そうでしたか・・
小高い山、もしかしたら駅から近い眉山でしょうか・・
丸いカーブを描いた形が、女性の眉に似ているところから付けられた名前だそうです
若いときのこんな旅の思い出は、何者にも変えがたいですね・・
せき様が、どんな若者だったのか・・タイムスリップして覗いてみたい気が致します^^

>私に少し分けてほしいですよ、ホントに。
いえいえ・・謎の紳士様にメタボは似合いませぬ!(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年06月22日 23:43
ふくわうち さん

こんばんは♪
ご心配頂きましてありがとうございます^^
一応、手すりは付いているのですが、この階段よりも危ないところはたくさんあって
去年もぬかるみで滑って足を骨折しているのです;
ようやく少しはましになったようですけどね;
私も坂で足は丈夫になったように思うのですが、心臓に負担が・・(^^;
いつもありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年06月22日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。