2010年08月27日

「東京・日本橋にまつわる…A〜【なみだ川】」

先日、KBS京都TVで、放映されていた懐かしの名画です

題名:【なみだ川】1967年度作品
原作:山本周五郎【おたふく物語】
脚本:依田義賢
出演:藤村志保、若柳菊、細川俊之、藤原釜足、戸浦六宏、安部徹、木村玄


舞台は江戸時代、お江戸日本橋
藤原釜足さん演じる病身の父親に代わって家計を支える
長唄の師匠で、今期を逃している「おたふく」な姉、
おしず(藤村志保さん)と、
仕立屋を営む美しい妹、おたか(若柳菊さん)が繰り広げる
江戸情緒あふれる物語なのですが
これ、ものすごくいい映画でした

主役のお二人はもちろんのこと
おしずが秘かに恋焦がれる飾り職人の色男役に、
あの低音の魅力、和製アラン・ドロン、若き日の細川俊之さん
姉妹が貯めたなけなしの金を、天下国家のためと無心にくる極道な兄に
懐かしの名俳優、戸浦六宏さん・・・

どこにでもありそうなありふれた江戸の日常が描かれているのですが
物語の最後、可愛い妹のために、不器用な姉が一大決心し
極道の兄に刃を向けるところから、物語が急展開し、
一気にテンションが上がります

結局はハッピーエンドで終わるのですが
この最後のシーンで、最高の演技を見せて(魅せて)下さるのが
昭和のドラマ【ザ・ガードマン】の悪役でお馴染み、戸浦六宏さん

詳細は申しませんが、本当にすごいんです!!!
もうカッコいい(超素敵!)
戸浦六宏さんって、こんなに二枚目で色気のある人だったのかと・・
今更ながら認識しました
さっそくこういうときのウィキペディア(笑)で調べてみると・・・

戸浦 六宏
本名 東良 睦宏
生年月日 1930年4月30日
没年月日 1993年3月25日(満62歳没)
出生地 日本 大阪府大阪市
民族 日本人
ジャンル 俳優
活動期間 1960年 - 1993年

京都大学文学部英文学科在学中から同窓生の大島渚らと学生運動に参加。
また、演劇志望でもあり、京大内の劇団「風波」で活動していた。
卒業後、高校の英語教師をしながらセミプロの劇団活動を行っていた。


なるほど・・
あの色気は、やはり知性からくるものだったのですね・・
どうしても、悪役のイメージが払拭できない
そしてお顔が、加藤治子さんに見えてしまう(加藤さん、ゴメンナサイ);

江戸情緒あふれる名画を観たいときはお勧め
ぜひどうぞ・・・

ここで一曲、残暑厳しい今日この頃・・
気分だけでも秋の鄙びた居酒屋で、ひとり熱燗を傾ける・・
なんていう妄想は如何でしょう?(笑
大好きな千昌夫さまのナンバーから、同名の一曲です・・・
・・・ああ、やっぱりええ声やわ〜〜♪(^^;

 【なみだ川】 



posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 懐かしのドラマ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念ながら、藤村志保さんが慌てて階段から落ちて
 お尻を打ったシーンまでしか観られませんでした。
江戸時代の空気は感じましたヨ!

素晴らしい作品なのですね! 残念・・
水曜日午後7時のKBSはファンなので
チェックはしています。

 
Posted by sumi at 2010年08月28日 14:46
sumiさん

こんばんは♪
そうでしたか;
それは残念でしたね(^^;
本当、最後、とってもよかったですよ
私は逆に最初を見逃したのですが・・(^^;
最後は兄妹の情のようなものが凝縮されて
とても見応えがありました
何と言っても、戸浦 六宏さんのイナセな姿が焼きついています^^;
いつもありがとうございます!
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年08月28日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。