2010年10月28日

「マロニエ発・昭和名曲アワー〜中島みゆき【すずめ】」

京都・・・寒いです;;;
昨晩から、暖房器具を使い始めています
夜、居間にオイルヒーター、今朝からこのPC部屋にエアコン
昨日の朝から昼にかけては、ヘビロテで洗濯機を回し続けておりました
まずは仕舞っていた敷き毛布を引っ張り出してもう一度お洗濯
昨夜から毛布を敷いて眠っています

肩掛け、足掛け用のブランケット、マフラー、手袋、
厚手のジャケット、セーター類・・
冬物衣料と完全に入れ替えですね(^^;

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

秋から初冬にかけてのこの季節は、20代初めの頃を思い出す
金木犀の香る季節、意気揚々と一人暮らしを始めたものの
秋風から木枯らしに替わるこの季節には、心の中にも寒い風が・・

四条東洞院角の雑居ビルの1Fにある殺風景な喫茶店で
朝8時からアルバイト・・
その店でBGMに流していたのは、
店に似合うチープな歌謡曲の有線放送だった
でも、そのチープさが、あの頃の人恋しい気持ちに似合いすぎた

当時よく流れていたのは、中島みゆきさんの曲・・
ご自身が歌う【悪女】、
そしてピンクレディを解散して間もない増田恵子さんの【すずめ】・・

あの店・・
オーナーは旅行会社などの経営を手がける事業家で、
喫茶店は雇われ店員ばかり
チーフだったOさんは、仲村トオルさんに雰囲気の似た
真っ白いスーツの似合う無口で危険な感じの二枚目で
他のメンバーも男ばかりで、ちょっと見、癖のある人達だった
何故、あの店に入ったのか自分でもよくわからないけれど
若くて元気で、怖いものなんてなかったのだろう・・

最初は、用件以外、話すこともなく、
腫れ物に接するみたいに遠巻きに観察されていた
そのうちにお互い慣れてきて、ポツリポツリ、他愛ない話など始めたら
どの人達とも気心が合った

モード学園の夜学で落ちこぼれているちょっと卑猥で自虐的なY君
家業を継ぐのが嫌で、親に抵抗してバイトをしている強面のK君
自称ロックシンガーのMさん・・

優しすぎるほど、優しいシャイな人ばかり・・
仕事以上のお付き合いはなかったけれど、
悪い思い出はひとつもできなかった

チーフのOさんは、無口で近寄りがたい人だったけれど
私がコンタクトレンズを洗面所に落としたときは
「なかったら困るやろ?金ないんやろ?」
と言って、パイプの部分を解体して探してくれた
寝坊して時間に遅れたときは、
「朝一は外そうか?無理だろ?」
と、叱りもせず体を気遣ってくれたり・・

何で皆、あんなに優しかったんだろう
今思えば、突然飛び込んできた
わけのわからない世間知らずの女の子を
それとなく気遣ってくれる
ダンディな男たちの集団だったのかもなんて思ったりするし
思えば今日まで、優しい人にしか、出会っていないような気もしている・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この頃から約10年
私はテレビのない生活をしていた
テレビだけではなく、エアコンも洗濯機も掃除機も・・
とにかく電化製品というものと無縁で、唯一の楽しみがラジオ
中島みゆきさんは【オールナイトニッポン】もよく聴いたなぁ〜〜

少し前、仕事が立て込んでいたとき、
深夜、ラジオを聴きながら仕事をしていると、
所ジョージさんや、ピストン西沢さんなど懐かしの面々が
今なお、当時のようなDJをされていて嬉しかった・・

・・・ところで、正直なところ
今月も、そういう仕事の詰め方をしなければ・・・
どうにもこなしてゆけない予感が・・(汗;;;

さて、思い出の【すずめ】は、中島みゆきさんバージョンで・・・
ケイさんは、ピンクレディ、再結成とか・・
いつまでも綺麗でカッコよくて、
でも昭和チックで頑張り屋さんな、お二人好きです!
頑張って欲しい!!!


posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック