2010年11月02日

「菊と紫の実の季節」

朝の散歩で歩くお野菜の無人販売所に、菊の花が並び始めました
猛暑のせいか、昨年よりも遅い花です
でも、菊が好きなので、見たらつい買ってしまいます

昨年までは、菊も小菊しか興味がなかったのですが
今は、大輪の菊も美しく思え、興味を持ち始めています
あのゼンマイのように美しいアーチを描く花のライン・・
凛とした美しさと気高い香り・・
益々菊に惹かれていくこの頃です

そういえば、数年前に閉園した枚方市の菊人形展が
今年は京阪電車と菊人形展の100周年記念のイベントとして
今週限定で開催されているそうです
テーマはもちろん【龍馬伝】・・
私も今年は行ってみたいなと思ったりしています

さて、我が家の菊も、今年、初めて咲きました
挿し芽で育てていた花なので育ってくれてうれしいです
野葡萄に似た青い実のなる蔓性の植物を這わすため
ブロックに添わせて付けた簡単なフェンスに、菊と蔓が、いい感じに絡んでいます

蕾の頃・・

今、右下の針金のところに、這わすよう、ノバラを育てています
来年の春には蔓が延び、花が香ってくれたら・・と楽しみにしています

【マロニエ便り・花と昆虫図鑑】
「菊と紫の実の季節」



posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:14| Comment(3) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最初の菊は、食用菊のことかと思って読んでいた私、食いしん坊でした。
お久しぶりです。いつも読み逃げでごめんなさい。
先日の柿の話、お父様の話で早速実家に電話しました。

陶芸村の近所は、みなさんが今年は不作だと言っているのに、なぜか例年通りのたくさんの柿が成っています。陶芸の会員のみなさんが一本ずつのオーナーになっているらしいのですが、糖尿病になった方が今年はもう鳥に全部くれてやるの、なんておっしゃるもので、欲と道連れで勝手にもがせていただきました。
近所にお配りして、自分の所では見栄えの悪い小さいものを食べていますが、それでも甘く美味しくついつい食べ過ぎます。
北国ではこんな経験なかったので、転勤族も悪くありません。
実家の父も定年後、自宅の補修などを自分でやっているようですが、あまり綺麗でない出来栄えに母は気に入らないようで、「業者を頼めばいいのにケチなんだから」とおかんむり。
ケチでやってるのかなあ?時間があるんだから自分でやることは良いことじゃないのかしら。文句言わないで一緒にやればいいのに・・。
自分の親ながらあの人たちの夫婦関係は、私の神経がいつもイライラさせられます。残り少ない人生、どうぞ仲良くやって下さいな。
Posted by ブルーなビッグママ at 2010年11月02日 12:53
電車って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのプチマロくん at 2010年11月03日 15:49
ブルーなビッグママさん

こんにちは
こちらこそご無沙汰しております
お返事遅れまして失礼を致しました
ちょっと右腕を故障しておりまして、キーボードに向かえませんでした
(加齢現象ですね;;)
故郷の柿、懐かしいです
いたるところに柿の木がありました
今年は不作だということでしたら、幼なじみに頂いた柿も甘くて美味しかったです
両親の仲は、いいほうがいいですね
でもある意味、とても一般的なご夫婦像ではないでしょうか^^
寒くなりましたので、お体ご自愛の上も元気でお過ごし下さいませ
ありがとうございました
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2010年11月09日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。