2011年03月14日

「願いと祈り。」

震災にあわれた方の安否、その後の被災地の様子が気がかりな中
それでも今月は、公私共にしなければならない課題が山積状態で
ひたすら黙々と予定とノルマをこなす毎日です

そんな中、ブログにも時々コメントをお寄せ頂くあとりえのお客様
トマトさんから、こちらのサイトを掲載して欲しいとのご依頼がありました

マスコミの報道も、同じ映像が何度も流れ
被災地の現状や、今、本当に求められている生の声が
いまいち伝わらずもどかしい限り・・
もっとこのような切実な訴えが届けられたらと思います

以下、サイトからのコピペです

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2011-03-12 22:20
■願いと祈り。


岩手出身のものです。
今回はみなさんに伝えたいことがあり、書かせていただきました。
ぜひ、読んでいただきたいです。

みなさんに、お願いがあります。
まずは、節電をお願いします。
切実にお願いします。
そして、1番お願いしたいのは、
電話回線を用いた電話をぜひ控えていただきたいです。

わりと繋がるようにはなりましたが、まだ緊急に必要としている人がいます。
命からがら、残りわずかのバッテリーで、
被災地から救助を求める電話を必死にしている人がいるかもしれません。

自分がかけようとしてる電話は、命に関わるモノか、少しだけ考えてください。
あなたの使った、たった1分の電話回線で助かる人がいるかもしれません。
誰かの安否を案ずる場合は、インターネットの安否確認のサービスを。

コレを見ている方は、最低限のインターネットが使えるはずです。
連絡手段は、電話やメールより、Twitterを始め
Skypeやmixi、facebook、Viberなどの
ネット回線の方が圧倒的に繋がりやすいです。
使える方は、ネット回線を有効に使ってください。

特にも東北は、高齢者が多いです。
インターネットにうとく、電話に頼るしかないお年寄りも多いんです。
その方々のためにも連絡手段を譲ってください。

私も実家と連絡を取りたいですが、向こうが停電中というコトもあり、
バッテリーの残りも考え、メールで何通かやり取りしただけです。
電話は、全国が落ち着いたら、改めてしよう。と約束しました。

私の両親は、携帯電話は使えますが、携帯用充電器の存在や、
車での充電など、私たちが当たり前のコトも知りません。
教えたところで、モノが手に入らないんです。
そんな人たちが電話をかけたい時に、
繋がらないコトによるバッテリーの消耗を極力減らしたいんです。

だから、お願いします。
私たちの世代は、ネット回線をフル活用してください。
わからなければ、少し勉強してください。
わかる人に聞いて下さい。
そして、大事なコトは、ネットに出回る情報を、きちんと判断してください。

デマも流れている現状です。
混乱せずに、判断してください。
誇張したり、事実が歪んでいるケースも多々あると思います。
情報化社会にいるからこそ、見分ける目を。

そして、日本人であるコトに誇りを持ってね。
日本人は、本当にすごい民族だよ。

それから、日本に住む外国籍の方を含む、日本で暮らし、
日本の心をもつすべての方々にも同じく敬意を。

また、異国の地で不安な思いをされている海外旅行者のみなさんにも。
外国語が出来なくてもぜひ声をかけてあげてください。
『Are you ok?』だけでもいい。
異国での戸惑いははかり知れません。

みんなで声かけあおうね。
一人で震えないように。

最後にもし届くなら。
マスコミの方々へ。
CMも挟まず、24時間休まずの、必死な報道ありがとうございます。
お疲れさまです。

しかし、もし声が届くなら。
どれだけ被害がひどいかや、被災者の様子だけではなく、
避難した方々がどう動いて、どこに行けばいいかを。
これからのコトを教えてください。

地元でラジオにかじりつく人は、それをきっと求めています。

被災地の方々は、被災地のリアルを、マスコミよりも知っています。
帰宅難民の方々は、何よりも交通情報と避難場所を求めています。

被災状況の把握も大切です。
だけど、被災者に寄り添った報道を、今以上にしていただきたいです。
もちろん、心からの敬意を込めて。

ネットにはデマも流れます。
被災者はこれからどうすればいいか。
避難所の案内や、救援物資などの配給場所、
行われているサービス、伝えていただきたいです。

そして被災地から離れて、被害が軽かった人たちには何が出来るか。
なにかしたくても、何をすればいいかわからずにいる人たちには、何が出来るか。

きっかけがあれば人は動きます。
スタート地点に誘導してください。
この震災のなか。必死に休まず働いてくれている方々。
ありがとうございます。
感謝と敬意を込めて。

続く大きな余震。
地震酔いに気を付けてください。
読んでいただいて、ありがとうございました。



posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:44| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースにまつわる・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
掲示ありがとうございました。
Posted by トマト at 2011年03月14日 17:31
トマトさん

いえいえ・・また何かございましたら、いつでもおっしゃって下さいませ
ありがとうございました
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年03月14日 18:59
久々に おじゃまします

私は 札幌に住んで居て 今回の地震の揺れは
いつもの揺れとは違い 余震も多く 震度3の揺れでも
怖く感じました

毎日の被災地の状況のTVを見て 何も出来ないもどかしさが
あったんですが トマトさんの文章を読んで
私にも できる事があったと 嬉しく思います

札幌は 被害もなく 今は何もなかったように 生活できてます
今日も家の電話に 保険のセールスの電話がきました…
仕事だから 仕方ないとは言え 状況が わかってないんですね( ; ; )
企業の方も ぜひ 考えて欲しいと 思いました

私の知り合いの方も 消防や自衛官 会社関係で
何人かのかたが 被災地に応援に 行きました
余震が続く中 落ち着かないと 奥さんは涙を 浮かべていました

1番大変なのは 被災地の方々だと 思います
この寒さと余震の中 灯りもなく 不安な毎日だと思います
でも 全国 世界から 応援が来てます
辛いけど…助け合って 希望をもって 頑張ってください!

一日でも 早い復興を 願ってます

私も 節電 節回線 頑張ります
Posted by ROCOCO at 2011年03月14日 20:52
ROCOCOさん

こんにちは!
メールもコメントも、本当にうれしかったです!
被災地の方々の大変さ、もちろんですが
救助に関わられている方々には本当に頭が下がる思いです
ROCOCOさんのお知り合いの方も、被災地で頑張っておられるのですね
でも、奥様のご心中思うと、私まで辛くなります
本当に、そのセールスといい、心無い報道の記者といい・・
頭にくることも多い今回の地震です
ROCOCOさんも、お子様たちのことを思われると、何かとご心配でしょう
子供たちを守れるよう、お互い頑張りましょうね!
いつもありがとうございます!

Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年03月17日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。