2011年11月09日

「CD【四季の歌】〜【びわ】に【落葉松】に・・・」

先日の、西山琴恵さんのコンサートの一部は
子守唄がテーマだった
日本の曲から外国の曲まで、色んな子守唄を歌って下さった

その中で、西山さんのお母様が、特に子守唄ではないのだけれど
いつも眠るときに歌って下さり、
西山さんも、一番好きだとおっしゃっていたのが【びわ】

私も、童謡唱歌の類は、割と知っているほうだと思っていたが
この【びわ】は全然知らなかった
とても優しい歌詞と旋律で、ケイヨウも気に入ったようだ
気になったので、さっそく探してみると
YouTubeでは残念ながら見つからなかったけれど
この曲の収録されたCDを見つけたので、試聴後購入することにした



この春夏の姉妹版の秋冬バージョンも
知っている懐かしい曲なのに
今は何故か聴かれなくなってしまったとても素敵な曲が満載で、
仕方なくどちらも買ってしまったが(^^;
いい曲ばかりで癒されるし、やはり【びわ】もいい・・・

そういえば、毎日録画して楽しみにしている【カーネーション】
この中で、主人公の糸子さんが、
ファッションのことで相談があると、
いつも訪れるのが田丸麻紀さん演じる八重子さんのところ・・
私の小さい頃、八重子さんの役割をしてくれたのが
母屋と言っていたM木家の小母さんだった
仕事や子育てで忙しい人だったけれど私はちょくちょく遊びに行って
この小母さんから、レース編みや、洋裁を教わった

ある日、母が、童謡唱歌のLPレコードを買ってくれた
その頃の私は、歌謡曲にも興味を持ち始めていた頃だったので
そのプレゼントはそれほど嬉しくもなかったのだけれど
一応、居間でレコードをかけていると
店に買物に来たM木の小母さんが
「あら!童謡のレコード!」
と言って、暫くの間、母も混じり、3人で一緒にレコードを聴いたことがある
小母さんは、なかなか帰らなかった
「やっぱり童謡や唱歌はいいわ・・」
と皆とても嬉しそうで、幸福そうだったが、
今私も、あのときの母や、小母さんと同じことをしているのがおかしい
ある程度の年齢になると、聴きたくなってしまうものなのだろうか・・・

今の季節にぴったりの秋・冬のCDの曲の中で
この【落葉松】は、子供に聴かせるには勿体無いほどお洒落・・
童謡や唱歌を聴いていると、時間が優しくそしてゆっくりと流れていく・・・

画像は、そのCD
在庫があると、アマゾンさんはめちゃくちゃ早い(笑
上のみかん二つは、ケイヨウの、みかん狩りのお土産
酸味も甘みもある昭和のミカンの味がした
左の柿は自販所で買ったもの、
同じく右は、熟しすぎた柿を、自販所の小母さんが下さったもの


005.JPG



posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック