2011年11月13日

「今秋のお楽しみドラマ…妖怪人間ベム」

番組が始まる前に、こんな記事を書いていました

2011年10月09日「昭和の思い出・・妖怪人間ベム」

いやはや・・驚いています
素晴らしい完成度です
イケメンすぎるのではと懸念していた亀梨さんも
ストイックな佇まいがベムにぴったり!
杏さんは、期待を裏切らない適役だし
福クンも演技達者で可愛くて癒されます
脇を固める個性的な役者さんたちも豪華で
それにしても、あの名前のない男役の榎本明さんに関しては
あんなすごい役者さんが、役を選ばないなア・・と(^^;
感心して観ていますが(笑

単なるオドロオドロしいドラマになるのではと思っていましたが
予想を裏切る素晴らしいヒューマンドラマとなっていて
もはやアニメ版の旧作を超えているのでは・・?

問題の妖怪の着ぐるみシーンですが、確かに最初観たときは
何じゃこりゃ〜と思いました
でも、あの醜く滑稽な姿は、怖いというよりもむしろ哀れ・・
悪を粛清するシーンは、いつも寂しそうな音楽が流れ
妖怪の表情には、怒りよりも、空しさや寂しさが漂っています
作るにも、相当な苦労があったのではないでしょうか

人間も妖怪も、生きとし生けるもののすべては
孤独や哀しさを背負いながら、
それでも生きなくてはならないのだという
普遍的なテーマがドラマの根底に流れているようで
身に詰まされ迫ってきます

ついに、変身シーンを北村一輝さんに見られてしまった来週は
いったいどんな展開になるのでしょうか
アニメでは果たせなかった人間になる夢を
どうか実写版では叶えて欲しいと、心から願います
理不尽で、報われないことの多すぎる世の中・・
せめてドラマの世界だけでも、幸福な人を増やして下さい
毎回、観るたびに涙腺が緩みっぱなし・・
来週も期待します!

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も観ています♪
長男に勧められ観たのですが良く出来ています。
北村一輝さんの、普通の父親役がとても素敵です。
Posted by wave at 2011年11月14日 23:16
waveさん

こんにちは♪
いつもありがとうございます!
waveさんに同意して頂けるなんてうれしいです^^
北村一輝さん、ほんとイメージ一新という感じですね
普通にお父さんもよく似合っていて、流石に役者さんだと思いながら観ています^^
これからどういう展開になるんでしょうか・・
ドキドキです(^^;
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年11月15日 10:18
このドラマは完成度が高い。http://shintekiwa.exblog.jp/16753106/
私も記事にしておりました。

でベラはそのもの。

福君は可愛すぎ。

亀梨君もいい。

最強ドラマです。

全く同感です。
Posted by 敵我男。 at 2011年11月22日 11:32
敵我社長さま

こんにちは♪
コメントありがとうございます!
本当によく出来ていますよね!
先週も、ホロリ・・と来てしまいました
それにしても、名前のない男の存在は不気味です(^^;
昨日の素晴らしい記事、社長と真逆のことを私は昨日経験しました
父と娘って不思議な関係ですね^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年11月22日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387824002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック