2011年12月02日

「近況&南極本あれこれ」

しばらくご無沙汰してしまいました;;
コメントを頂戴していた皆様、またまた失礼を致しました

鬼の霍乱などと言うと大袈裟ですが(^^;
一週間程前にケイヨウが高熱の風邪を引き
それが何とか治まったかと思う頃
私もどうやらうつされてしまったようで;;
ブログに向かう気力がございませんでした(すみません;;

私のは風邪と言うような症状は殆どなく
とにかく首のリンパ腺が腫れ、微熱が出ています
体の節々が時々痛みます
一応、いただいて来たお薬をのむと、少し治まりますが・・
普段病気にかからないものですから、7度5分程度の熱でも堪えます(^^;
ところが、ケイヨウの風邪は、39度越えの高熱でした
発熱したのが先週の水曜の深夜・・
前に頂いていた解熱剤をのませると、朝になって平熱になったので
ひとまず一緒に学校へ・・

実はその日から、学校の学習発表会があったのでした
ケイヨウの出番は、翌日の金曜だったので
木曜は早めに病院に連れて行きゆっくり休養・・
その日も熱は出ましたが、金曜の朝も平熱だったので
再び一緒に学校へ・・・
そのまま、11時からの発表を見ました

毎年元気いっぱいの発表会ですが、今年は流石にテンション低め
それでも、毎日練習してきた鍵盤ハーモニカで
【山の音楽家】の演奏を無事、終えました(^^;;;
しかしながら、ほんの微熱で参っている自分なので
この日のわが子の頑張りには頭が下がりました;;
息子よ、許せ、こんな日でも休ませなかった鬼母を・・・(^^;
今年の風邪は、色んなパターンがあるようで
ちょっと厄介な風邪もあるようなので
皆様もどうかお気をつけくださいませ

ところで、素朴な疑問ですが、
私たちの頃は、ピアニカと言っていたこの楽器
何故、鍵盤ハーモニカになったのでしょう?
いつから?何故?
昭和生まれ、子育て初体験の私には、こういう疑問、よくおこります

さて、そんなこんなで日々のリズムが狂い
それでも仕事は次々入り、来客もあり、予定も山積みで
あれやこれや、手を付けつつも仕上がらない仕事は溜まる一方で
そろそろ暮れの忙しさや、しなくてはならないこと、したいこと諸々・・
なのに体調も気力もいまいちで、ストレスも溜まる一方でございました

熱のために、食欲もなく、お酒も飲めず
ストレスを埋めるには、物欲、知識欲を満たして発散することに・・
そんなワケで今揃えた本がこちら・・・♪

013.JPG

とにかく【南極大陸】にハマる今は、関連本ばかりです
加えて在庫切れになっていた二冊が、明日辺り入る予定です(笑

この中で、ひとまずドラマの原作本である
【南極越冬隊タロジロの真実】(北村泰一氏・著)
を走り読みしてみたのですが、とにかく面白い!!
タロ、ジロ、リキ以外の犬たちの逸話も盛りだくさんで
作者の思い、かつて頑張っていた犬たちの愛しさ、たまりません
そしてやはり泣けて泣けて仕方がありません
ドラマに関しては、視聴率がどうの、キムタクさんの演技がどうの
茶髪が、犬が可哀想・・等々と
あれこれ言いたい方がいらっしゃるようですが
そんなことはどうでも良いです
とにかくこれは史実であって、犬のみならず、当時観測隊だった方々は
まさしく人間モルモットだったわけなのですが
そんな状態でも南極に上陸し、越冬した勇気、情熱、使命感、
忍耐力、知力、気力、体力、そして無念・・
戦後まもない時代のこんな熱い物語があり、そして今があるのですから

細かいところが原作に忠実で、人物描写が実によくできていて
出演者の皆様、スタッフ、とにかく頑張っています
もしかしたら、前作の映画を超える出来なのでは?
キムタクさん演じる倉持は、モデルである菊地徹氏と、
山本裕典さん演じる犬塚のモデルである本の原作者、北村泰一さんを
ミックスしたような魅力的な役どころで、
むしろどちらかと言えば、北村さんよりの人物像かと思いますが
それを役以上に上手く演じられています(キラキラ光る瞳が美しい♪)

ただ、今度の日曜のは、犬の飼い主たちに謝りに行く回で
北村さんも、犬の飼い主に対する謝罪については?と言っておられますが
私も同じくそう思います
多分、人気の子役を使ったばかりに、余計な部分が多くなるだろうなと
全部の回の中で最も面白くないんだろうな・・と少し懸念もしますが
それでも、殉職した犬たちの供養のために、私は最後まで見届けます!

本に関しては、菊地徹さんの書かれた物も読みたいのですが
異様にプレミアが付いていて私には買えません
しかしながら、ご遺族の方のご厚意で
今、こんな貴重な資料が公開されています
本は残念ですが、このサイトだけでも充分に楽しめます♪

後、菊地さんの書かれたエッセイが、こちらからも拝読できます
左上の矢印をクリックすると、次ページに移動します
これを拝読してわかったのですが、
この方は出身校である旧制中学が祖父と同じなのでした
そして、Kを受けるといったら、先生に怒られた・・というところも
同じなのでおかしくなりました
こちらのサイトのエッセイも、大変興味深いです

購入したものの中には、ちょっと私の頭で理解できるかな・・
というものもありますし(^^;
宗谷の本も、欲しいのですが、ひとまずこれで・・
頑張って読みますよ〜〜♪(^^ゝ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 17:54| Comment(16) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マロニエさん、こんにちは。

お病気かな?それともご多忙なのかな・・・?と少し心配でした。
どうかお大事になさってくださいね。
ケイヨウ君の発表会、『山の音楽家』・・・♪
「わたしゃ音楽家、森の小鳥、上手にフルート吹いてみます・・・ピピピッピ・・・♪」
懐かしい!!50うん年前、私も学芸会で歌いましたよ・・・笑い。
演奏続けられているんですね。“狸の太鼓"ともう一人誰のなんでしたっけ?

TVドラマ、いろいろ終わってしまいますね。
先日、風呂上りに何気に付けたら、NHK『火曜ドラマ』の途中で、
画面の景色がijin様のお住まいの近く!!(西洋風の素敵な場所なのですが)。
ijin様いわく、「いろいろな撮影がある」そうです。
最近「ホームレスの撮影が行われていた」とのことでした。
連続ドラマなので内容は私には・・・?でしたが。

明日4日は市の合唱祭、「アヴェマリア」と『あの町この町』を歌ってきます。
それがすんだら「師走」の通り追い込みです。
お互い、風邪を引かないように頑張りましょうね。
先日、実家のお墓参りをしてきました。
都心を抜けるのが不安でしたが何とか無事に用事を済ませてきました。
Posted by piro at 2011年12月03日 11:20
天候が安定しないので
体調を崩す人も多いですね。
私も前にひいた風邪が咳だけ残っています。
お大事にしてください。

ピアニカは確かどこかのメーカーの製品の名前だったらしく
今は鍵盤ハーモニカで通すみたいですね。
昔はピアニカがシェア100%だったんでしょうか?????

南極大陸はうちもはまっていて
シホにも本を買いました。。。。
Posted by やまき at 2011年12月03日 13:12
「ピアニカ」のほかに別メーカーで「メロディオン」というのがあったんです。
子どもの頃の記憶なんで、ほとんど忘れてたけど
大きな違いは吹き口の形状だった…かな。<子どもの記憶です
私の通った学校では、どちらもありましたよ。
私が使ったのは「ピアニカ」だったけど、
名前の響きは「メロディオン」のほうが好きでした。

ついでに通称「エレクトーン」も「電子オルガン」です。
こちらもメーカー名です。
電子オルガンの講師をしていた知り合いに「エレクトーンが…」と言ったら
「それは▽。うちのは○○○○○というの。間違わないでね。」
以来、電子オルガンと呼ぶようになりました。

南極大陸はみてません。
厳寒地で子ども時代を過ごしていたので
演出に気に入らない部分がいっぱいでてきそうで…。
Posted by もみじ at 2011年12月03日 15:12
まろこみさんも「偏向」してますね。
私もがんばって、いっそう偏向しますf(^^;)
くだらない一言をすみません。
Posted by Nastassja at 2011年12月05日 00:02
マロニエのこみちさん、こんにちは。
お風邪はいかがですか。
私も引きそうで引かないような状態が続いていましたけど
東京地方、急激に冷え込んできたら平常に戻りましたよ。
なんだか天の邪鬼のようですけど^^

南極観測隊と聞けば、まず「宗谷」と「タロとジロ」を思い出しますね。
確か♪タロとジロは生きていた♪なんて歌にもなってた記憶がありますけど。
Posted by sekishindho at 2011年12月05日 00:04
マロニエさん 今日は。

風邪は如何ですか。普段元気だと無理をしますね。
ケイよー坊と連鎖。
いけませんね。

暮で、お仕事も忙しければ、大変です。

私の経過縁からは、よく眠ることがベースです。
好い薬でも、眠らないと効きません。

大事に大事にお過ごしください。
Posted by ijin at 2011年12月06日 15:22
こんばんわ☆

子供の発表会ってワクワク ドキドキだった記憶が蘇ってきました。懐かしいです。

南極・・・は、いつも夫が力いって見ていますが 私はいつも途中で部屋を出てしまいます、犬達が 可哀想で可哀想で・・最後までいっつも見えません 後で どうだった?って聞くのも恐い・・ 今の時代のペットとは違いすぎますね。ご苦労さん、よく我慢したね って言ってやりたいけど・・・最近は涙腺がユルユルでいけません。
Posted by アトリエ夢 at 2011年12月06日 18:13
ご無沙汰しておりました。
先月来、いろいろなことが重なってブログに時間を割けなくなり、
そのうちに酷い風邪に罹りダウンしていました。
未だに風邪が抜けきらずゲホゲホやっています。
子どもの頃にはたびたびリンパ腺を腫らすことがありました。
当時はどのように対処していたのだろうなって考えましたが
思い出せません。
ぐりぐりが気持ち悪かったような記憶があるだけです。
発表が翌日になっていて好かったですね。
日ごろの練習が実を結んだ発表になったことでしょう。
ピアニカは商品名ですよね。
ヤマハと河合楽器とでは呼び名が違っていると思いますよ。
あの当時、タロとジロの話に感動したことを覚えています。
当時はラジオのABC放送の番組に「子どもの歌」(正式名を忘れました 現在のNHKテレビ “みんなの歌”のような)があって
タロとジロの歌が放送されていました。
♪よかった よかった 生きていた 
南極基地のカラフト犬 ちぎれるばかりに尾を振って
飛びついたという タロ ジロ
あまりのことに うれしさに・・・

今でも唄えるのですよ(^^♪
Posted by Saas-Feeの風 at 2011年12月08日 15:17
皆様、コメントレス、いつも遅くて申し訳ございません;;
まとめてのお詫びで失礼致しますが、
いつも本当にありがとうございます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

piroさん

いつもありがとうございます♪
その火曜ドラマ、昨日、一昨日分の録画を観ました
ijinさんのお住まい、そしてあの私も前に絵に書いた水路の場所を
確認することができました!!♪♪
本当にいいところですね!
感動しました^^
こうして知らないけれど知っている場所を見て楽しめるなんて
まさしくネット繋がりならでは楽しさで嬉しかったです^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 10:56
やまきさん

こんにちは♪
ありがとうございます!
そうなのですね!
私たちの小学校も、多分、ピアニカまとめ買いだったんでしょうね
製品の名前だったとは知りませんでした^^
南極の本、もしかしたら同じものかも・・
多分、私が読み聞かせをする羽目になりそうですが・・(^^;
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 10:59
もみじさん

こんにちは♪
詳しくありがとうございます!
とても勉強になりました
メーカー名、製品名、難しいですね
母も、私に買ってくれたのがカワイのピアノだったので
誰かがヤマハと間違えると何故か怒っていました
恐ろしいですねぇ・・(^^;


Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 11:02
Nastassjaさん

こんにちは♪
ありがとうございます♪
素直すぎる率直なコメントに吹き出しました(笑
Nastassjaさんに偏向のお墨付きを頂けて光栄に存じますよ(^^ゝ
そうですね^^
お互いこれからも、偏向の道を究めましょう(笑
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 11:05
sekishindho さん

こんにちは♪
いつもありがとうございます!
東京も、雪が降ったりして寒いようですね
お体お変わりございませんか
タロジロの歌、流石ですね!
私も聴いてみたいのですが、なかなか見つかりません
同じく、南極音頭なんていうのもあると知って笑えました(^^;
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 11:08
ijinさん

こんにちは♪
いつもありがとうございます!
そうですね 睡眠第一!
確かに早くからゆっくり寝た翌朝は、体調もよくて気持ちが良いですね^^
先にpiroさんへのコメントにも書きましたが
あの水のある綺麗な場所、昨夜、拝見しました
カワセミのお写真などを思い出しながら
ijinさんがいつもここを歩かれているのかなと想像しながら観ていました^^
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 11:11
アトリエ夢さん

こんにちは♪
いつもありがとうございます!
そうなんですよね
いつもカメラを構えているのですが
暗いし遠いし動くのでぶれてるし・・・
結局はダメな写真ばかり残ります(^^;
南極大陸、夢さんは、観ない方が良いと思いますよ〜^^;
私も何度観てもボロボロで、疲れてしまいます(^^;


Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 11:14
Saas-Feeの風 さん

こんにちは♪
いつもありがとうございます!
その後、体調は如何でしょうか・・
今年は色々大変な病気も流行っているみたいなので
気をつけなくてはなりませんね
どうかご無理のないよう、お大事になさって下さい

それにしても、リアルタイムでご存知とは嬉しいです
私はタロが死んだときがリアルタイムでした
当時、渋っていた政府を動かしたのが、子供たちの募金活動だというのを知って感動しました
それだけ当時の子供たちを夢中になせるようなロマンがあったのですね
そしてそんな子供たちの中に、Saas-Feeの風さんもいらしたと言うことがすごいです
そう思うと、戦後も随分近く思えますが、日本も随分変わり・・・
色んな意味で興味深いものですね・・・
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2011年12月22日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック