2012年04月29日

「京都の歌、大阪の歌」

静かなGWの夜です
皆様、如何お過ごしでしょうか・・・

一昨日から昨日にかけては大筍祭り状態で
大量に筍料理を作ったので、父にも送ってあげました
今日は柔道の選手権がTV放送されるからと、楽しみにしていた様子の父
最愛の(?)娘の手料理と柔道観戦で、ゆっくり過ごしてくれたでしょうか・・

さて、私はまだ急ぎの納品が残っていたり、お客様もお見えになったりで
GW前半はずっと家にいます
後半、お天気が心配ですが、前から写真を撮りに行きたかったところへ
行けたらいいのですが、まだ未定です・・

この高台でじっとしていたら、街の喧騒はわかりませんが
お天気も真夏日で晴天の昨日今日と、
観光の方たちで賑わっていることでしょう・・・

京都の歌と言えば、一連の渚ゆう子さんが有名ですが
今日はこちらで・・
一度聴いたらもう一度・・・と、妙にはまってしまう妖しい魅力(笑
子供の頃、よくTVに出演されているのを観ていましたが
子供心にも、何だか気恥ずかしくなった思いが・・・(^^;

・・・馬鹿だなぁ・・・どこ行っちゃったんだよぅ・・・

ザ・カーナビーツのあの曲(わかりますよね)に匹敵する恥ずかしさ(^^;
でも、こうして改めて拝見すると長身痩躯のイケメンですね(笑

それと、足を伸ばされて大阪へも・・・
勤めていた頃の殆どは大阪だったせいか、大阪の歌
そして、特に御堂筋という言葉を聞くと、色んな思い出が蘇ります・・

どちらもこの静けさが、今の夜の気分に似合います

【京都の夜】愛田健二


posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしの歌謡曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック