2012年08月20日

「私と、ケイヨウと、ノアールのいた夏」

ご無沙汰しておりました
暑い毎日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・もうだいぶ前になるけれど、
こんな記事を書いた事があった

2006年08月09日「盆仕度」

今年もこの絵を玄関に飾っているが、今となってはより以上に
この絵が心に染み入る夏となってしまった・・・

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

8月17日深夜・・・18日の午前1時になりますが、
ノアールが亡くなりました
享年12歳と10ヶ月・・・

7月の梅雨明け、突然暑くなった頃から体調が崩れ
以降、約一ヶ月の間、徐々に衰弱してゆきました
獣医さんに往診に来て頂き、血液検査や点滴など、治療はして頂きましたが
天候や年齢的な体力の衰えから、喉の辺りにできていた腫瘍が
一気に悪化してしまったのではないかと思います

7月の末頃から、フードを一切口にしなくなったので
今まで食べさせたことのなかった手作り食や、
ヨーグルトや干し肉など、好きなもの、食べたそうなものは何でも与え
体力の温存に勤めてきました

最後の日の前日だけは、とても辛そうで、私も寝ずの看護をしていましたが
それ以外は、いつも私がミシンを踏んでいる足元に寝転び
気持ち良さそうに過ごしていました
今年から、学童保育が無くなったケイヨウも、いつも傍にいて
こんなに二人と一匹が、長い時間、一緒に過ごしたことも初めてでした
思えば、不安も抱えながら、素晴らしく幸福な一ヶ月でした

途中、点滴治療からお薬に切り替えるとき
食べ物に隠しても、薬を出してしまうので
焦った私が悪いのですが、弾みで右手の人差し指を噛まれてしまい
治りが悪くて、ずっと包帯状態だったので
PCに向かうのも厄介で、仕上げなくてはならない大量の仕事も
人差し指の代わりに中指を使っての作業はとても困難で、
思うようにはかどらないのと、ノアールの様子も心配なので、
時々は、深夜3時や、時には明け方の4時くらいまで
起きて仕事をする日も続きました

何とか今は、わずかに傷が残る程度・・・
この傷も、ノアールの置き土産です

臨終の日は、ちょうどお盆明けで、診察の始まった先生に来て頂き
点滴で抗生剤を投与して頂きました
今後の治療方法を伺いつつも、もしかしたら、心不全で
突然亡くなることがあるかもしれないと言われたので
それなりの覚悟はしていました

その日は、日がな一日、うつ伏せのまま、目を開けたり眠ったり・・・
時々気が付くと、私の方を大きな目でじっと見ていました
お腹をつけたまま時々回転し、体温調節をしているようでした
先生が来て下さったときは、起き上がりこそしませんでしたが
尻尾を振って出迎えました
お薬のせいか、前日の苦しみが嘘のような穏やかな一日でした

その夜、ケイヨウも夜更かしの癖が抜け切らず、特にその日は
12時を過ぎても起きていました
そろそろ寝ないとダメよと言って、準備しようと思っていたところ
ノアールが変な動きを始め、その後、かなりの長い時間と感じましたが
多分30秒程度・・・?
全身が痙攣し始めました
その間、ケイヨウには背中を擦らせ、私はノアールの首を抱いて
耳元でずっと、

大丈夫よ、ありがとう、ありがとう・・
よく頑張ったね、ありがとう・・・

と声をかけ続けました
その後、
・・・皆が待っているから大丈夫・・安心していったらいいよ・・・

と言った頃、動きが小さくなり、私たちに抱かれたまま、
静かに息を引き取りました
痙攣している間の表情も見ていましたが、特に苦しんでいる様子も無く
何が起こっているのか、よくわからないような表情でした
呼吸が止まった後の顔も穏やかで、まるで眠っているようでした・・・・・


臨終の後は、なぜか涙も出ず、有難い最後に、
むしろ安堵の気持ちが強かった
その夜は、ケイヨウも3時頃まで起きていて、
可愛いねぇ・・・よく頑張ったねぇ・・・などと時には二人で笑いながら
長い間、ブラッシングなどを手伝ったあと、温もりが消えるまで
前足の脇の辺りに、ずっと手を入れていました

落ち着いた今は、喪失感と、時々漣のように、突然哀しみが襲ってきます
でも、ケイヨウがいてくれて、この夏は随分と助かっています


そんなこんなで、せっかくのコメントにもお返事できず
こちらも放置状態で、大変失礼を致しました
まだまだこの夏に仕上げなければならない仕事もたくさんあって
没頭しつつ、気持ちの整理もできるのではと思っています

思い出の写真等、またUPできたらと思っています



posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:27| Comment(10) | TrackBack(0) | 動物たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

久しぶりに お邪魔します


ノアールちゃんの訃報は ショックでした


でも 大好きな家族の腕の中で 穏やかにいけたのは 幸せな事だと 思います


涙ながら ブログ読ませてもらいました

辛い夏になりましたが 最後に皆で過ごせて ノアールちゃんも ケイヨウくんも 良かったですね

しばらく 寂しく 辛い日が続くかも しれませんが 間違いなくノアールちゃんは 側にいるので 頑張りましょうね‼

また お邪魔します…

Posted by rococo at 2012年08月20日 13:51
rococoさん

こんにちは
あの一番辛かった前日の夜の思いがけないメールと
rococoさんのブログ友の皆様のコメントに
どれだけ励まされ癒されたか・・・
本当に、ありがとうございました
今度こそは駄目だろうと覚悟はしていましたが
とにかく苦しまずに逝ってほしい・・
それだけを願っていたので、それだけでも幸福です
インディちゃんのときも、さぞかしお辛かったでしょう
これからも、お互い頑張りましょうね^^
コメントありがとうございました
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2012年08月20日 20:03
マロニエのこみちさん

ときどき様子をうかがっていたのですけど、久しぶりに訪問したらノアールちゃんの訃報に接し、たいへんな日々を過ごされていたのだと、ホントにお悔やみ申し上げます。

私は犬を飼ったことがないのですけど、幼少の頃、小鳥を飼っていて死なれた時はたいへんショックで、それ以来生き物を飼うことが出来なかったのですよ。
12年間も愛情を注いで家族として暮らしてこられたのですから、その悲しみや思いは、なかなかはかり知ることは出来ません。
Posted by sekishindho at 2012年08月25日 00:21
今年の夏の暑さは可愛がっているペット達にも
本当に厳しいものです。

まだまだ元気で一緒にと思っていたのでノアールちゃんが
いなくなった事が信じられません。

ミミと同い年くらいですから、まだまだ… だめです

涙があふれてとまりません。
Posted by wave at 2012年08月26日 17:10
sekishindho さん

こんにちは
どうもありがとうございます
久しぶりの投稿が、このような訃報になってしまって恐縮です;

私は、悲しいというよりも、空虚感などの方が先行しているのですが
ケイヨウはやはり小さいだけに、sekishindho様と同じく
とてもショックだったようです
でも、やはり一人は寂しいようで、動物が欲しいようですが・・(^^;
いずれにしても、失うことは寂しいですね・・
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2012年08月26日 23:46
waveさん

こんにちは
今までノアールのことを気にかけてくださってありがとうございました
病気もあまりしない元気な子だったので、長生きするものと
昨年の暮れには、将来の姿を見たいと、
まだ存命の親犬を見に行ったくらいでしたので・・・

飼い主として、あれこれと思うことはありますが・・・
今はとにかく、ありがとう・・ そして、向うで精一杯楽しんで・・・
と思うことで精一杯です
waveさんにそう行って頂いて、ノアールも喜んでいると思います^^
美しいミミちゃんのお姿も、ときどきUPしてくださいね
楽しみに拝見に伺いますので・・^^
ありがとうございました
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2012年08月26日 23:54
ちょぽさん。

今日、久しぶりにこちらのブログに寄って、内容を読んで何があったかを知り

文章を読んでいて、胸がつまってしまいました。。。

お気持ち、お察しします。

私も、子どもの頃からずっと動物と暮してきたので
お別れの哀しさ、つらさ、喪失感、よくわかります。

でも、ずっと一緒にそばで過ごした時間は
ノアールちゃんにとっても幸せな時間でしたね。


夏のすてきなお便りを頂き、私もお便りを出そうと思い
ただ、手のお怪我はどうされたんだろうと、
お返事に迷っているうちに時間が過ぎてしまい、失礼をしてしまったこと、お詫びいたします。。。
こういった事情がおありだったのですね。

そんな中で、たくさんのお仕事があり
気持ちもお体も大変だったのでは、と思います。

手のお怪我もあり、鋏を使うのはつらくないですか?

私のリメイクは、遅れてもかまわないので、怪我が治りにくくなったりしないように、どうぞ大事にされてくださいね。。。

Posted by しょうこ at 2012年08月28日 20:36
しょうこさん

こんにちは
今年の残暑は厳しいですね・・
特にここ数日の蒸し暑さには閉口します;
お心遣い、ありがとうございます
指を怪我していたとき、ちょうど赤のライダースジャケットに
星型のパッチワークをしていたときなので
人差し指の替わりに中指を使っていたので
何やってんだろう・・私・・・(++; 状態でした(^^;
今はすっかり治りましたので、大丈夫ですよ
今かかっている団体様を仕上げて落ち着いたら
ようやくお待たせしている皆様の秋物にかかれそうです
ほんと・・秋がそろそろ恋しいですね^^
いつもありがとうございます
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2012年08月30日 23:37
マロニエのこみちさん 今日は。

悲しい記事に出逢いました。
6日コメント頂いた時、予感がありましたが・・・。

マロニエのこみちさんとのお付き合いは、私にとって、ノアールちゃんとの出逢いの場所でもありました。
その日の日記にノアールちゃんが出てくるか、写真が載って居るかと、スクロールして捜したりしました。

7年前、ノアールちゃんは5歳だったのですね。
私は72歳。
わんこの年なら女盛りでしたか。
私にはあどけない幼女に見えました。私は72歳、既に爺です。

何時の間にか、ワンコ年齢で私と兄弟年齢になりました。
私も体を壊しましたが、ノアールちゃんも体調に変化があったようですね。

存在感のある大きな家族が去って、寂しいですね。
私は写真とマロニエのこみちさんの記事でしか、知らないノアールちゃんですが、当に家族の一員と認識していました。

寂しさはケイヨー坊が大きくなって、確り育って、間もなく補いはしてくれましょう。

去り逝く直近まで「私がミシンを踏んでいる足元に寝転び
気持ち良さそうに過ごしていました」

臨終では「長い間、ブラッシングなどを手伝ったあと、温もりが消えるまで前足の脇の辺りに、ずっと手を入れていました」
ノアールちゃんはこの上のない幸福を感じながら昇天して居ます。

去りゆく時幸せなら・・・その思いは来世まで引き継がれます。
キット、優しい女の子として、再来されると信じます。
Posted by ijin at 2012年09月08日 12:15
ijinさん

こんにちは
秋の再会の初コメントが、このような内容になってしまい、心苦しい限りです
でも、温かいお言葉、ありがとうございます
ijinさんとは、最もと言っていいくらい長いお付き合い
確かに当初は、ノアールも元気な盛りでした
そう思うと、月日の経つのは早いですね
おっしゃるとおり、存在感のある子だったので
何だか灯が消えたように寂しいです
今でもひょっこり、ドアの向うからこっちを覗き、出てきそうな気がしています

まだまだUPしていないノアールの古い写真などもありますので
そのうちに、落ち着いたら投稿し
ijinさんにも思い出して頂けたらうれしいです

それと、昨日、アトリエ夢さんの個展に伺い
ijinさんのことも話題に上がりましたよ^^
(くしゃみされませんでしたか?笑)
夢さんとのお付き合いも、確かijinさんを通してだったかと記憶しています
改めて、このご縁に感謝です
ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2012年09月10日 11:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。