2014年10月17日

「音楽の秋は、コーロ・ボーチェの演奏会から・・・」

昨日は、4年前に、お衣装をお作りして以来、毎年伺っている
【女性合唱団コーロ・ボーチェ】さんの定期演奏会で
素晴らしい歌声を堪能させて頂きました♪

毎年記事もUPしており、ご存知の方も多いことと存じますが
30名少々の、女性だけの合唱団で
わざわざ言う必要があるのか?否、やはりここは重要だろう・・・
と思うところは、年齢層が、とても高い合唱団なのであります

お衣装のために採寸をさせて頂いたときは
熟年女性の色々な体型に接し、とても勉強になったものです
30代のお若い女性が約一名・・
次に50代が約二名で、60代、70代、80代・・と続きます

納品の際には、もちろん何も存じ上げなかったのですが
チケットを頂いて、演奏会に伺ったときの衝撃・・・
以来、ずっと、そのショウゲキ・・・は、続いております

指揮者の、大谷圭介先生のもと
毎年、驚くようなチャレンジをされているところが、
本当に素晴らしいのです

以前、長いレクイエムを言語で歌われたときも驚きましたが
今回は、イタリアの古典歌曲を言語で・・・
しかも、団のポリシーで、楽譜は持たず
皆様、全て覚えられるのですから、
本当にすごい努力をなさっているのだと思いますが
それも若さやパワーの秘訣のようです

前半が終わり休憩を挟んで後半は、これも恒例
以前は、京都フィルハーモニーさん
昨年と今年は、アンサンブル・ボーチェさんという
ヴァイオリン二名、ヴィオラ、チェロ、コントラバス
フルート、打楽器で構成された、女性楽団の方々が参加され
好きな【チャルダッシュ】を聴くこともできてラッキーでした♪

その後は、合唱との競演・・
お作りさせて頂いたワインカラーの華やかな上下のセットをお召しになられ
【ハレルヤ】【美しき碧きドナウ】などの
馴染みのある曲もご披露してくださいましたが
とにかく、約30名の熟年合唱団員さんと
7名の美しい合奏団員さんのコラボ生演奏は、
女性のパワーの凄さをリアルに感じさせていただきました(笑

最後は、観客と歌う毎年恒例の【花の街】

そして、アンコール曲の【月の砂漠】が静かに流れてきたとき
思わず、涙腺がゆるゆるに・・・・;;;

この『ゆるゆる』は、演奏会が終わった後、
あのコンサートホールの長い、らせん状の坂を下りる間
ずっとずっと続きました(^^;;;

もともと【月の砂漠】が好きな上に
様々な素晴らしい曲のあとの、
哀愁とロマンに溢れた静かな歌声が、本当に沁みました
素敵なお時間を、ありがとうございました♪(拝


ところで、今年ももちろん、小僧と一緒に行ったのですが(笑
昨日は、演奏会の帰り道、小さなカメラで、またカシャカシャ撮っていました
少しずつ紅葉し始めた北山の街路樹や、お洒落なお店など・・

またまた編集が忙しくなりそうです・・・
(って、勝手にやっているだけなんですが・笑)


というわけで・・
記念にこちらを貼り付けます♪













posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:28| 京都 ☀| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎年親子でコンサートに来ていただき素敵なコメントを嬉しく思います。近々、反省会があるのでボーチェのメンバーにご報告させて頂きます。作って頂いた衣装は舞台に映え、メンバーを若々しく魅せて毎年アクセサリー等で変化を付けながら着せて頂いています。来年も楽しんで頂ける演奏会になるよう、そしてメンバーも楽しんで練習に励みたいと思います。本当に、ありがとうございます。
Posted by うさちか at 2014年10月28日 03:31
うさちかさま

こんにちは♪
こちらこそ、いつも素晴らしいコンサートをありがとうございます!
今年も、素敵な時間を過ごさせて頂きました。

月の砂漠、本当に泣けました。
少し気の張る曲が続いた後の、耳慣れた日本のしかも哀愁を帯びた曲・・・
選曲や進行も素晴らしかったです。

衣装は、まるで自分の子供が舞台に上がっているような気持ちで見ております;;
皆様、コーディネートを工夫されて、丁寧に着ておられるのを拝見でき、うれしく思っております。
これから寒くなりますので、くれぐれも、喉を大切になさってください。
ご訪問とコメント、ありがとうございます♪
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2014年10月28日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。