2015年10月05日

「秋の日曜日」

昨日の覚書・・・


午後から、お客様の家へ、ブラウスを納品に・・・
だらだらと坂を降り、30分ほど歩いたところにあります
もうお付き合いして10年以上になりますが
年に2、3枚、ブラウスをオーダー頂いています


古い本が好きという趣味がかぶるので
この方からは、近松秋江の「黒髪」やご自身の著作など
私からは、漱石のご子息の本など
面白くてマニアックな本を貸し借りしている仲ですが
お宅に上がって、色々話し出したらとまらなくなり
予定よりも、随分長居してしまったので
この後、また中書島へ撮影の予定でしたが
また、ぶらぶらそこから歩きつつ、
途中、息子に付き合って食事をしたりしていたら
着いたころには、すっかり夕刻になっていました


で、中書島に行くといったら
こんな本はご存知?と貸してくださったのが
西口克己の「廓」
作者が、中書島あたりの遊郭のご出身だということで
1956年のベストセラーだそうです
これは、全く知りませんでした
分厚いのを、二冊貸していただきました

写真はほとんど撮れませんでしたが

大好きな蓬莱橋のところで夕焼けを見ていると
写真サークルのメンバーのお母さんが
柴犬のお散歩されているのに出会いました
13歳といっても、若くて可愛いワンちゃんに
たくさん手を舐めてもらって
その後、バスでのんびり帰りましたが
今日もたくさん歩いたので、いい運動にはなりました♪


あの界隈に行くと、なぜか和菓子が欲しくなって・・・
ケーキ屋さんは、ほとんど見かけないのですが
和菓子屋さんが多く、割と古いお店も多いようです

今日も、かなり古そうなお店で、みたらしと、
栗蒸し羊羹と、珍しいニッキ餅というのを買ってみました

家に帰ると、大船渡から荷物が・・・

この前、スーツのリメイクをさせて頂いたのですがそのお礼のようです
お代金は頂戴しているのに、先日の秋刀魚といい、申し訳ない・・

しかも、なんと、先日記事にした、「雪っこ」がたくさん・・・
皆様、このお酒、飲まれたことありますか?
美味しいですよ〜〜^^

サイダーも飴も美味しそう・・・
地元紙を読みながら、ありがたく頂戴します・・

画像は、お借りした本、伏見といえば・・・の寺田屋さん
和菓子とお店、大船渡の美味しいもの


056-2.jpg


posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:00| 京都 ☁| Comment(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。