2016年06月24日

「珈琲の殻と観葉植物」

一日に2〜3杯くらい珈琲で休憩するので、たくさんの殻が出てしまいます
あるとき、タイムリーに、珈琲の殻の利用法を見つけて
植物の肥料になる・・・という記事が気になりました


あれこれ検索していると、否、肥料にはならない
混ぜると良い、コンポストで発酵させないといけない・云々
色んな意見があるにはあるようなのですが
とりあえず百聞は一見にしかずで
殻が出るたびに、鉢という鉢の上に撒いていました



なんと、すぐに効果が出たのが観葉植物!!
混ぜこまないで、上に撒いただけなのですが
玄関先に置いてあるシマトネリコ
いまいち生育が悪く見栄えがしなくて半分あきらめていたのが
割とすぐに、つやっつやの葉がたくさん出てきて
驚くような変化を見せてくれました!!


あと、窓辺に置いてあったサンスベリア(バンテルズセンセーション)
と、ガジュマルは結構古いものなのですが

窓がちょっと高い場所にあって
冬の間、下に置いてある仕事の荷物をどけるのが面倒で
お世話を怠っていたらかなり瀕死の状態に・・・;;


これを植え替え、同じく珈琲の殻を撒いておいたら
画像のように、つやっつやの葉っぱがニョキニョキ出てきて
信じられないような劇的変化を遂げました!!!



他、変化として、毎年この季節は
あのぬるぬるの、カタツムリの殻を背負っていない状態の
私の大嫌いな最大の天敵が大量に出没する時期で
毎朝あれをお釈迦さまに昇華させる作業をやらなければいけなくて
かなりテンション下がっていたのが、今年はまだ出ておりません!!

他の花たちの鉢にもいろいろ撒いて試していますが
他の肥料も一緒に与えているため

いまいち効果のほどはわかりませんが
特に悪い効果は無いようで、それなりに育っております


本当はコンポストを作ってみたいのですが。。。
引き続き、あれこれ試してみたいと思います
とりあえず、我が家の観葉植物たちは、今元気です(^^ゝ


IMG_9973.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:07| 京都 ☁| Comment(2) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちにも徒長したガジュマルくん(頂き物)が2鉢あります。
私も試してみます。
実家ではほぼ生ごみの消臭剤扱いになってます。
特に夏、生ごみにコーヒーの殻が入っていると臭いがかなり抑えられるんだとか。
コーヒー好きの兄弟のお勧めです。
Posted by もみじ at 2016年06月25日 10:23
もみじさん

こんにちは(^^♪
いつもありがとうございます!

徒長したガジュマルなら、思い切って剪定すると
たぶんいいのではと思います。
私も一回、丸坊主状態にしてから植え替えました(笑

消臭剤にもいいらしいですね。
私も今度はそっちに使ってみようかと思っています。
あと、興味深いのが針山の綿の代わりに。。
程よく油気を含んでいるので針が錆びないらしいです。
肌のスクラブ効果があったり、あれやこれや。。
ゴミとしては結構邪魔者扱いなのですが
なかなか役に立つんですね^^;
Posted by マロニエのこみち・・・。 at 2016年06月25日 17:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。