2010年09月19日

「緊急告知!!…【火の魚】が放映されます」

今から丁度、半年前の3月に書いたこんな記事・・

2010年03月19日「久々・・TV番組徒然」

このとき、ご紹介させて頂いたNHKのドラマ【火の魚】が
明日の午後10時から、総合TVで放映されます
この再放送のことを知ったときは、嬉々としてカレンダーに記し
ずっとずっと、明日のこの時間を心待ちにしておりました(☆☆)

娯楽的な楽しさや面白さはあっても
なかなか深く心に残るような名作には出会えない昨今なのですが
本当にこのドラマは、久しく懐かしいような感動を覚えました
高校時代、こころを打たれる小説に出会ったときの
あの感覚に似たようなものでしょうか・・・

一時間足らずの短いドラマではありますが
ご覧になられた方のご感想などお伺いできれば更にうれしいです
超お勧め!

本を取り寄せるときも、アマゾンさんにて彼是一ヶ月
(否、多分それ以上?)待ちで、ようやく手元に届きました
もちろん原作は、ドラマとは少し違いますが
また別の素晴らしさがあり、私の大切な一冊となっております

それにしても、こういうとき、録画機能のない我が家の家電環境が恨めしいですね
そのうちDVDが発売されることを信じて待ちます(^^;



posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:42| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

「東京・サザエさんの住む町」

昨日に続き、東京繋がりの記事を・・・

いつも聴いている局のラジオ番組に
【とことん全力投球!!妹尾和夫です】があるのですが
この番組内で、サザエさんの住む町【桜新町】のご紹介がありました
これは、番組に出演されている劇団員の安井牧子さんという方が
10年程前、ご主人の仕事の関係で東京に引越しされることになったとき
全く知らない東京での新生活
どうせなら、大好きなサザエさんの舞台である町で・・と
この町に住むことに決められ、
そんな町の様子や長谷川町子記念館のことを話されていたのです

なんでも今、長谷川町子記念館では
夏休み企画として、入館すれば誰でも
花沢不動産で、分譲住宅を購入することができるのだそうですね^^
あと、桜新町には、三河屋さんのモデルになった
今はコンビニになっている店もあるとか・・
PCで検索して出てくる、表通りの東急電鉄の出口の雰囲気などは
ごくありふれた普通の街に見えますが
実際に中に入ると、いったいどんな匂いを乗せた風が吹いているのでしょう
商店街も活気がありそうですし、ぜひ一度、行ってみたい
東京の街リストのひとつです

サザエさんといえば、先日夏休み企画で、
実写版のドラマが放映されていましたね
波平さんの片岡鶴太郎さんが、少し加藤茶さんとかぶるのと(^^;
マスオさんに、もう少し太鼓持ち的な軽さがあったらと思うのと
竹下景子さんのフネさんが
ちょっと色っぽすぎるのでは(^^; と僅かに気になった以外は
素晴らしいぴったりのキャスティングで楽しめました

特に第三話など、波平さんとフネさんの銀婚式記念を秘かに計画し
みんなでコツコツと貯めた自分のノルマの資金を
カツオが的屋に騙されて長嶋選手の偽のサインボールを買ってしまい
そのお金を作るために、お使いで安い野菜を買って浮かしたことが
結局はフネさんにばれて・・・

それからのカツオくんの演技などは
子供の頃の幼い悪智恵や後ろめたさを思い出す程の緊迫した演技力で
涙あり切なさあり・・
最後は、いつもどおりのハッピーエンド
一緒になって泣き笑いしてしまいました
流石はサザエさん!の感動物語でした^^

花沢不動産で家が買えるのは明日まで!
どなたか、私の代わりに、サザエさんの町の住人になって頂けませんか?(^^v

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

「昨日のTVから・・・@スマスマ〜堺雅人さま」

昨日、 TVをつけたら【SMAP×SMAP】が放送されていました
ビストロスマップのお客様は堺雅人さん
特別なファンというわけではないのですが、
とってもいい役者さんですよね!

そういえば、このところ、お気に入りのドラマがなく;
(ゲゲゲの女房は観たらきっとハマると思うけれど観たことがない)
水曜の【アイリス】&金曜地元局の【美賊イルジメ】という
韓流二本立てだったのが・・・(^^;;
ふと見始めたらハマッてしまった、先程、終わったばかりの
【JOKER ジョーカー許されざる捜査官】だけは観ています
この主演も堺雅人さんなのでした♪

ところで、この堺雅人さん
食べ方を拝見して、な!!なんてステキな方なのだろうと・・・♪
一緒に食事をすると、何となくその人のことがわかるような気がするのですが
堺さんの食べっぷり、本当に気持ちがいい!!
一口運ぶ量が多くて意外や意外の健啖家
ナイフ&フォークの使い方があまりにも鮮やかなので
居合い抜きでもなさるのかと調べましたら、乗馬をなさるとのこと

スマスマもかなりの長寿番組なので
ビストロスマップも、そこそこは観ていると思うのですが
今まで私が観た限り、一番印象的で何てステキ!と思った黒柳徹子さんに続き
堺さんの食べっぷりも大好きになりました
あと、可愛い人だと思ったのは、鶴瓶さん・・
逆にがっかりした人もいましたが、あえて申しません(^^v

後、ご趣味は苔の鑑賞と育てることとか・・
ここでふと気がついたのですが、もうかれこれ20年くらい前になりますか・・
雑誌an・anだったか・・で知った・・
作務衣を着てジョークでときには丁髷にして、
箱庭を作っているアーティストの方がいらしたのですが・・
お名前は、かなり変わった方でしたが・・・・
あの方、何ていう方だったのか・・思い出せない・・・
苔の好きな人が必ずしも似ているとは限らないのでしょうが
あの方と、堺さんのお顔が重なったもので・・

ああ〜〜すっきりしない・・・
この頃、歳のせいか(涙
ずっと閉まっているタンスの引き出しが中々引き出せなくって;
早く思い出して確認したい

・・あの〜、誰のことだかわかります?(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

「マロニエ発・昭和名曲アワー〜由紀さおり【夜明けのスキャット】」

最近は、大晦日の紅白よりも面白い夏の歌番組【思い出のメロディ】

いやはや・・
昨日の出演者は、なかなかバラエティに富んでいて見応えがありました
その曲目と歌手はこちらです

残念ながら、最初の6曲は見逃してしまいましたが
途中からでも充分に楽しめました
(ちなみにこの曲目リストは、出演順ではありません)

もう40年も前・・・
ちょうど私がケイヨウの年の頃になるのですが
昭和40年代、そして50年あたりの歌というのは、懐かしさの頂点
私の歌謡曲オタクの原点です(^^;

何と言っても、
●熊倉一雄さん【ゲゲゲの鬼太郎】昭和42年
●小椋 佳さん&中村雅俊さん【俺たちの旅】昭和50年
はうれしかったですね〜♪
●チェリッシュ【白いギター】昭和48年
は、ご主人の松崎さんが、珍しく(笑)
頑張って歌っておられたのが印象的でした
奥様のえっちゃんさんは、
お若い頃より今のほうが、ずっと魅力的でお美しいです!
●平和勝次とダークホース【宗右衛門町ブルース】昭和47年
これを聴き逃してしまったのは残念でした(^^;

ところで、
●由紀さおりさん【夜明けのスキャット】昭和44年

ですが、私の小さい頃、地元には有線電話なるものがあり
(今もこういうものは、あるのでしょうか??)
町内には、局番なしで、その電話がかけられたのです
(もしかして無料だったかも)
それ以外の他の地域には、有料で有線電話の局の人に繋いで頂くか
今使っている全国共通電話(?^^;)で、かけていたのですが
有線電話で、役場の方による朝(6時頃だったかな?)と、
夕方(7時半頃?)定期的に放送があるのです
いわば回覧板代わりのようなものでしょうか?(^^;

その朝の放送のときに、テーマソングに流れていたのが【夜明けのスキャット】
だから、この曲を聴くと、昔々、温かい布団の中でぼんやりと聴いた
あの夜明けの感覚が思い出され、何とも甘酸っぱい思い出が広がります
こういう放送や電話って、地方に行けばまだあるのかしら・・
懐かしい昭和の思い出ですね・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

「永遠の天使、マルセリーノ坊やを描く」

絵を投稿している『ネット仲間展』は
一ヶ月の投稿制限枚数が3枚なのですが
私の今月の作品は、少年三部作となりました・・

一番好きな映画と言っても過言ではない
【汚れなき悪戯】のマルセリーノ坊や・・
いつか描きたいとずっと思っていました
名画を観ながら、好きなシーンや好きな顔を捜しながらの製作でしたが
描いている間中、涙が止まりませんでした・・

4、5歳くらいの男の子を見ると、哀しいほど愛おしくなります
それも、死とは全く無縁に見える
悪戯好きで目のクリッとした子は特に・・

自問してみると、やはり、この歳で亡くなった
一つ年下の弟のことが重なることは否めません
もう40年も前に無くなってしまった小さな命は
喪失感というトラウマを私に植え付けてしまったようです

どれだけちっぽけでも、命というものは尊い
少年の笑顔が無垢であればあるほど・・
その美しさ、儚さが哀しくて・・・

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
ネット仲間展53回「愛しのマルセリーノ」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

「↓結婚したよ?」

ほんとにプチマロは何を言い出すんだか・・(笑
瑛太クンは結婚するそうですけどね〜^^
ドラマを観ていて
「うん?この子ちょっと変わった?」
と思っていたところだったのです
眼差しが深くなったというか、
素直になれなくてと言うよりもむしろ素直になったというのか
前よりも表情が優しくなったというか・・

赤ちゃんだったんだ〜〜
やっぱりそうだったんだ♪
お母ちゃんは見逃さなかったのですよ!
(・・といつの間にかお母さんになっている私なのでした^^;)
いいお父さんになるんだろうな・・
可愛い赤ちゃんが生まれるんでしょうね〜〜(早く見た〜い♪)

それにしても、今のドラマは、私にとってはパラダイスです
毎日がイケメン祭り状態♪

月曜のキムタク、火曜はお休みして水曜はビョンホン様
木曜は、高橋克典
(そう・・こういう人に、上から目線で話しかけられたい^^v)
続きで瑛太クン
金曜は深夜地元KBSで、韓国ドラマ【美賊イルジメ伝】
これ、主役が好きというよりも超面白い
土曜もお休みして日曜は阿部寛・・も好きというよりはドラマが面白い

・・と、これだけメンバーが揃う状態も珍しいです
何処かに堤真一さんが入ってくれたら言うことはなしですが・・
そんな贅沢は申しませんとも!

いつもよりも、TVの前に座る時間が
ついつい長くなってしまうこの頃です(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

「久々・・TV番組徒然」

TV番組・・
皆様、お気に入りの番組はありますでしょうか?

私は先週、唯一国内のドラマで楽しみだった【不毛地帯】が終わり;
今日で、思い切りハマッっていた地元KBS京都の韓流ドラマ
【太陽の女】が終わるので
もう後は何にもないというとても寂しい状況です(涙

龍馬は龍馬のドラマと言うよりも
福山さんを観ている様で乗り気がせず
日曜は、大好きなダッシュ村→ビフォーアフターの流れとなっております;
あ、そうそう・・幕末物と言えば、これも今日金曜の深夜
【新撰組PEACE MAKER】という、近藤勇役、ココリコの遠藤さん以外は
私の全然知らない、今時のイケメンのお兄ちゃんばかりが出ている
ちょっとワケのわからない番組があるのですが
これも狐につままれたような心持で毎回何となく観ていたら
どうやら今日、最終回のようです
これですっかり、何もなくなってしまいました(涙;

おまけに、毎日仕事をしながら聴いているラジオ番組も
3月末の新編成で、8年ぶりとやらの模様替えしてしまい
経費のかかるタレントさんを極力カットし
社員アナウンサーだけで賄おうという魂胆が見え見え・・
もちろん関西のアナウンサーさんは役者ぞろいなので
番組自体は成り立つとは思うのですが
これだけあからさまだと景気の悪さを実感してしまって
なんとも味気ない感じです

そういえば、先日、残念ながら途中からだったのですが
NHKで観た【火の魚】
本当に久々の感動!最高によかったです!
こんなすごい番組がこれから毎週観られるのかと
久しぶりに高揚しながら観ていたら・・・
何と哀しや、53分だけの単発番組でした(涙

原作は【室生犀星】さんの同名小説
島で暮らす偏屈な作家に【原田芳雄】氏
【尾野真千子】さんという70年代のアングラ映画を髣髴とさせる
清楚なのに怪しげな雰囲気を漂わせる正統派美人女優が担当の編集者役

原作を読んでいないので、これはぜひ読まなければと思いました
何でも、室生犀星ご自身と、
装幀家の栃折久美子さんをモデルにした小説だそうです
2009年にNHK広島放送局が制作したドラマで、平成21年度(第64回)
文化庁芸術祭大賞(テレビ部門・ドラマの部)を受賞し
私が観たのは再放送だったようです
あらすじも演じる俳優さんも最高なのはもちろんですが
舞台となる島の景色も、作家の書斎のインテリアも、もうたまりません
全然知らなかった〜〜道理で素晴らしいはずです

小説と言えば・・・
殆どが古い番組の再放送で構成されている地元KBS京都の水曜日
【中島貞夫の邦画指定席】
今週、放映されたのは、【斜陽のおもかげ】(1967年・日活)・・

【太田治子】さんの手記が原作で、太田治子さん役に【新珠美千代】さん
娘役に【吉永小百合】さん
父の面影を辿って、太宰の愛人の娘が、太宰を知っている人や
故郷などを訪ね歩くと言う物語なのですが
他に出演者は、【岸田森】さん、【芦田伸介】さん、【高杉早苗】さんという
懐かしの昭和の名優ぞろい

そして何と!!思いがけないプレゼントが・・・
あの火宅の人、作家の【壇一雄】さんが
ご自身役で出演されていたのです!!!!!
檀さんは写真でしか知らなかったので・・・
本当に感動でした
太宰治のことを、吉永小百合さんに語っておられるのです
そしてほんの一瞬、最後に出てこられた奥様
お写真でしか拝見したことのなかった
檀ふみさんにそっくりの美しい奥様・・・
一見、八千草薫さんかと思いました
何しろわが家のTVは、ビデオ機能の壊れた14型テレビデオ
分厚くてもちろんアナログ
坂の途中で電波が悪く、時々TVの頭を叩きながら(^^;
観ています・・
こんな時、映りの悪いアナログTVをマジで恨みたくなります(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

「ご冥福を祈ります」


どうにもこうにも・・ショックで・・・
ニュースで目や耳にするたびに涙で画像が見えなくなります

藤田まことさん、亡くなられました
享年76歳・・まだお若いのに・・
あんなに役者さんとしての存在感があったのに・・・
あのお姿をもう観られなくなるなんて・・・
ちょっと考えられません
再放送番組は、辛すぎて観ることができるかどうか・・

何だか言葉になりませんので、今日はこれにて喪に服します
少しの間、PCから離れます

謹んで藤田まことさんのご冥福をお祈りいたします

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

「映画村ナイター&黄門様」

黄門様

毎度恒例・・(^^;
頂き物のご紹介です(^^ゝ

右京区太秦の東映京都撮影所前
【ふたば菓舗 太秦庵】のfutabaさんより
素敵なものを頂きました
映画村ナイターまつりご招待券&黄門様グッズにあらせられます
ハハァ〜〜(土下座
一番の問題は、この印籠を何につけるかということです
見せれば我が家の黄門様のファン1号に狙われるのは必須です(^^;

映画村は、前に一度行ったきりなのですが(以下過去ログより・・)

●「京都太秦映画村…セット風景」
●「京都太秦映画村…寸劇」
●「京都太秦映画村…番外編」

時代劇大好きケイヨウの超お気に入りになりまして・・(;
おまけに黄門様は親子揃って大好きです(^^;
ちょうどお盆は学童保育もお休みに入るので
退屈を持て余している頃・・うれしい限りです

futabaさんはお盆も営業されているようなので
時間が合えば、ぜひとも表敬訪問をさせて頂きとう存じまする
futabaさん、ありがとうございました!(^^ゝ

ところで黄門様、40周年だそうです
始まったのは、私がケイヨウの年・・ということになりますね
道理で今まで共に歩んできたわけです(笑
やはり時代劇は、基本的に勧善懲悪が好きですねぇ・・
歴代の黄門様もさることながら、助さん格さん・・ですが
どの時代もよかったですね
今のヤング助さん格さん、いずれもナイスガイ・・好きです♪(笑

この主題曲も時代時代で変わりましたね
一番印象に残るのは、
やはりこの時代の落ちつきのある(笑)歌声でしょうか
あまり聴くことの無い4番があるそうです
こんなのを見つけました・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:36| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

「嵐を呼ぶ男」

やはりイカしてます!
この年頃だと、今の私の子供でもおかしくないはずなのですが(;
年上にしか思えないような風格があります
やはり大スターは違いますね
ちなみに今日、同じように床屋でカットしてきた我が家の裕次郎(笑


うちの裕次郎



ちなみにボスになってからの
第二の裕次郎(笑)の映像はこちらですが
ドラムのジョージ川口さんの素晴らしい演奏と
この演奏力を維持するために、お酒も飲まず、タバコも吸わず
徹底した節制をしているというTVを観た父は
同年代の川口さんの心意気にいたく感動し
その放映の直後に、永年親しんできたお酒とタバコを一切断ちました
ちょうど自分でも何とかしなければと思っていた時期で
いいきっかけになったのでしょうね
それ以来、もう10年以上経つはずです


posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

「記憶、創造、そして新しく買った花」

健康保険の書類等で、区役所に用があったので
ついでに近くの商店街を歩きました
この商店街には、花屋さんが二軒あるので
ぶらぶら見ながら新しい花を買ってきました

我が家の今の庭は、ジキタリスが3回目くらいのサイクルを迎え
そろそろ終焉に近づいてきたようです
ゼニアオイも、今日、一番上の花を切花にして終わり
今咲いているのは、くちなしが少しと、メドーセージ、
何故か、昨年と同じく、萩が少しだけ狂い咲き
その他モロモロ、小さな花は色々少しずつ咲いているのですが
夏のメインのルリマツリはこれからで、
ダリアとグラジオラスもこれから・・
期待のタチアオイは、葉ばかり伸びて、
花はもしかしたら来年になるかもです
ちょっと寂しくなってきたので、新しい苗を買ってきました

今日、買ったのは、鳳仙花、松葉牡丹、百日草・・
本当に懐かしの昭和の頃の小学校の花壇の花・・
な風情のものばかりですね

できれば鶏頭も欲しいところですが、あの丸っこい大きな鶏頭は、
このところ、さっぱり見かけることが無くなりました
もしかしたら、種では売っているかもしれないのですが
どの花にしても、種でいまいち考えてしまうのが
要するにスペースの問題なのです
種が全部育っても、育てるところないですし・・・;
だから苗で買って、宿根草で来年も咲けばそれでよし
こぼれ種で増えてくれればそれもよし・・・
結果、生存競争・・サバイバルな庭になるのですね;

その他、まだまだ次の候補に考えているものは
果樹を含めて色々とあるのですが;
どれも、小さい頃の記憶に繋がるものばかりです

ところで、前に、久米宏さんの番組で、とても面白いコーナーがありました
ゲストの茂木健一郎さんが、自分の子供の頃の部屋の絵を
出演者皆に描かせるのですが、そういう作業・・
すなわち思い出す作業は、
新しいことを生み出すことに似ているのだそうで
思い出すことによって、普段使わない脳が使われるのだそうです
そして記憶の連鎖が生まれ、そこから新しいことを創造する
要するに、新しい創造とは、古い記憶の組み合わせ・・
なのだそうです

あれを聞いて、なんだか救われた思いでした(^^v
私の座右の銘である【温故知新】にも繋がると思うのですが
私も自分のこの癖は、単なるセンチメンタルとは違うのだということを
自分なりに感じてはいました(笑
だから、記憶を辿り、懐かしの花や木を並べることは
別段悪いことではないのです・・・

と、最後は言い訳のようになってしまいましたね
すみません(^^;

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:43| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

「疑惑」

作家、松本清張さんと、太宰治さんの、
生誕100年記念年にあたるということで
記念映画が続々と公開されるそうですが
太宰作品の多さに比べ、松本清張の映画がないのは
制作費が嵩むという理由だとか・・・

でも、昨夜放映されたテレビ朝日、
田村正和さん主演の記念番組【疑惑】
これは、素晴らしかったですね〜〜♪

流石!正和様です

渋い〜〜〜!!!!!

最初の30分ほどは、残念ながら、観られませんでした
・・・が・・・
本当に良かったですね!感動しました
悪女役に扮した沢口靖子さんの熱演も見ものでしたが
やはり正和ファンとしては、たまらないドラマでした

正和様、やはり天下の二枚目!お美しい♪
まだまだ主役張れます
あの存在感、華、あり得ません・・・♪
再放送・祈念!

【疑惑のH・P】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

「秋のシャンソン…暗い日曜日」

秋にはやはり、シャンソンが似合います
好きな曲はたくさんあるのですが
どれか一曲と言われたら、私は【暗い日曜日】を選びます

検索していただければ、たくさんの情報は集まると思うのですが
必ず表現されるのが【自殺の聖歌】という言葉ではないでしょうか
YouTubeでも、おどろおどろしい映像が出てくるはずです
でも、私はこの言葉は嫌いです

暗い、怖いと言ってしまえばそれまでなのですが
私は何よりこの曲の美しい旋律に惹かれます

実際にかつて何人もの自殺者を出し、
作曲者自らも命を絶ってしまったといういわくのある曲なのですが
私はこの歌を聴いていると、同じように死を選んだ大切な人や
死を選ばないまでも、それを望んでいたかのように
間接的に身を滅ぼしてしまった大切な人たちを思いながら
もう触れることの出来ない心の襞のような部分に出会えるような
なにか懐かしい郷愁のようなものを感じるのです
そんな意味でも、大切にしたい一曲です・・・

歌唱はやはりダミアが一番ですが、
日本人歌手もたくさん歌っています
ちなみにダミアのCDはこちら



そしてこの曲がベースになった同名の映画もあります
正直なところ、映画のパンフレットを見たときは
男女の愛憎を描いたおどろおどろしい内容のものかと
ほとんど期待をしていなかったのですが、
観てみると、かなり素晴らしい映画でした

映像も音楽も美しく、誇張した嫌らしさは微塵も無い
崇高な雰囲気さえ漂うような完成度の高い内容でした
ハッピーエンドとは言いがたいのですが
ある意味、少し、スカッとする部分のある終わり方です
秋に、そしてヨーロッパ映画のお好きな方には特にお勧め
私は観終わった後で、もう一度観てみたくなりました



暗い日曜日ではないのですが、同じくダミアのレパートリーで
日本人シャンソン歌手も好んで歌っている【人の気も知らないで】
淡谷のり子さんの歌唱は特に有名

これを歌っている、越路吹雪さんの
素晴らしい映像を見つけましたので貼り付けておきますね
この醒めた投げやりな表情がたまりません



同じく、こちらも好きな曲
女性シャンソン歌手、ダミアの双璧、エディット・ピアフの曲を
こんな珍しい方が歌っておられました
貼り付けができませんのでリンク

さすがに素晴らしい表現力です!
でも、せめて原型はこの程度にとどめておいて欲しい・・・
お願いいたします ジュ●ー様!!

群衆

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

「豪華な配役」

昨日の続き・・
今日はCM編ですが・・・

まだ実物を観たことはありません
たまたまネットで見つけただけです

でも、これっておかしくないですか〜?
めちゃめちゃヘン!
配役はやたらと豪華なのですが・・・

絶対におかしい・・ていうか・・私的には許せませ〜んっ

それにしても瑛太クン、引っ張りだこですね!
(それは許す・笑)

【江崎グリコ】オトナグリコCM

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:54| Comment(12) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

「映画情報」

いやはや・・驚きました!!
こんなすごい企画があったとは・・・

来年2009年公開予定だそうです
なんとあの俳優、役所広司さんが、初の映画監督をされるそうで
その映画名は【ガマの油】(渋い・笑)

配役が、これまたすごいのです(以下敬称略)


役所広司、瑛太、澤屋敷純一、二階堂ふみ、
小林聡美、益岡徹、八千草薫 ・・・

主題曲は、吉田拓郎さんだとかそうでないとか・・

いやはや恐れ入りました・・・
役所さんが今のように賞を総なめするまでは
評価はされても視聴率にはつながらない・・・
いわゆる低視聴率男という名誉な異名があったそうですが(^^;

この題名の雰囲気からして・・・
評価はされるけれど結果につながらない・・
などということになりそうな予感が・・・
ないわけではございませんが・・・(^^;

でも、頑張って頂いて、素敵な作品をぜひとも拝見したいものです!

映画といえば、このところラジオで毎日話題になっているのが・・・
かなり面白そうです
マキノ雅彦監督の【次郎長三国志】
こちらも豪華な配役です

映画を語っているときの津川さん、
えらくカッコいいからすごいものですね
私は・・・記憶の第一歩であるドラマ【あの橋の畔で】の中で
大谷直子さんにつきまとうエロおやじのイメージが・・・
どうしても消え去らないのですが・・(^^;
津川さん、申し訳ございません!

映画といえば・・・
大好きな寅さん
何度も何度もちょこちょこ言っているように・・・
私は役所広司&鈴木京香のコンビで撮って欲しいです!(観たい〜♪

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

「ドラマその後」


またまた愚にもつかない話を・・・(^^;

昨日は、通常の仕事以外に、
ちょっと手間取っていた事柄が終了したので
夜は久しぶりにゆっくりドラマを鑑賞しました
例の日本版【魔王】です

・・・う〜〜ん・・・
どう言ったらいいのでしょうか
台詞も内容も、ほぼ韓国原版と同じ
俳優さんもそれなりに頑張っています
でも、なんと言うか・・
上っ面だけを撫でて暴走しているような感じ
原版の持つ情緒や格調の高さと言うものが全く感じられません

スピードがありすぎるのでしょうか
どうも観ていて疲れます
終了後に、別チャンネルで韓国版を放映しているので
その違いがより顕著にわかります
韓国版、う〜〜ん・・・これは本当に素晴らしい・・・

実は、この原版、韓国での一部の評価は高かったらしいのですが
視聴率から言うと一桁台の最低ランクだったらしいです
評価はされても一般受けしない
視聴率には繋がらない・・・
韓国でも、日本と同じような傾向があるのでしょうか
視聴者のレベルの低下
どの国も、同じような現象があるのかもしれません

先週だったか、たまたま観た【ヤスコとケンジ】
主演はTOKIOの松岡昌宏さんと広末涼子さん 
原作がコミックということで、コミック仕立ての大芝居でしたが
これが意外に面白い♪

TOKIOの松岡さん、はっきりいって嫌いではありません(笑
イケメンです(^^v
それにしても、その昔
佐々木小次郎を演じられていた頃は硬さがありましたが
随分技を身に付けられましたね
今や押しも押されぬ素敵な役者さんですね

ああ〜〜!それにしても、韓国版【魔王】
いよいよラストスパートです

ドラマの中では皆が弁護士のオ・スンハ(チュ・ジフン)
を可哀相と言っていますが、本当に可哀相なのは、
刑事さんのカン・オス(オム・テウン)ですよね
だってドラマの中で、女性たちは
皆、弁護士さんの方を向いていますから・・・

私も向いています(^^;
だって、あのクールなイケメンが苦悩に歪む顔
一人になったとき、長すぎる足を邪魔そうにして
物憂げに歩くあの姿・・・
鑑賞用として、本当に申し分ございません・・・(謝

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

「現実逃避」

先週の金曜日
オリンピックを観ていたら
すっかり忘れてしまっていた・・チッチッ(;;
それにしても素敵だなぁ・・・
今度生まれ変われるならば、こんな女性になりたいです
否・・似ているから好きなのか?若い頃に・・・
ということは、もう一度若い頃に戻りたい?
まあ、似てるといっても、エクボと太眉だけですが・・・(;



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

「また徒然にTV日誌」

このところ、とても慌しくて、
ゆっくりテレビに向き合う時間もないのですが
それでもお気に入りの『篤姫』と『魔王』(KBS京都放映・韓国版)
だけは心の癒しに観ております(^^;

篤姫のキャスティングは、本当にイケメン揃い
女性も魅力的ですね
まもなく去ってしまう師匠、松坂慶子様
ふくよかになられてからの松坂さんは、
まるで往年の高峰三枝子さんのようです
あの菩薩のような大らかさ・・素敵です

このところ、瑛太クンの出演が少ないのが残念ですが
その代わりに、件の優作様の次男坊、
松田翔太クンのお殿様ぶりのなんとも可愛らしいこと!
小さな輪郭の中の整った顔立ちに気品があって、
お父ちゃんよりも数段は男前だわ・・・
目の保養をさせて頂いています!

その松田翔太クンが本当は似合うだろうと思われる
チュ・ジフン演じる魔王の弁護士役
いいですね〜〜
京都TVの放映もあと5話になり、いよいよ架橋に入ってきました
図書館司書役のシン・ミナは本当に魅力的
私が男性なら絶対に彼女にしたい女性です

ところで、ちらと合間にみつけた『アメ●カン●キスプ●ス』のCM
あの映像が、何故か韓流ぽいのですよ
お気づきになられました?
出演している俳優さんは日本人のはずなのですが
持っている雰囲気や画像の処理、すごくレトロ&清楚で韓流的
これを意識しての演出ならば、随分時代を意識していると思います
もしも見つけられたら是非ともチェックを・・♪

仕事中聴いていたラジオ、このところ高校野球の中継ばかりなので
飽きてきたときは別のチャンネルを回してみたりもするのですが
今流行の歌を流す番組の騒がしいこと
ノイズにしか聞こえません
あの騒がしさを聴くくらいなら、まだ演歌の方がマシかも?

そんな中、みんなの歌で流れていたイルカさんの【いつか見る虹】

最初は、随分感傷的な曲だなと敬遠していたのですが
じっくり聴けば聴くほど、心に染み入ってきます
最近、悲しい出来事を経験されたイルカさんの歌声は
とても説得力があって、切々と心に響いてきます
この映像も好きです
せめて映像からだけでも心の旅がしたいこの頃です・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

「無駄話その後」

昨日、注目の【魔王】が始まったので、一応期待せずに覗いてみると
あの格調高い韓流ドラマが、
やはりジャニーズの学芸会になっておりました・・・

いえね、ジャニーズは好きなのですが・・・(^^;
なんとな〜く観る気がしなくなって、
とりあえずラジオ代わりにTVをつけて
音だけ聴きながらお仕事をしちゃいました

その後、ご本家の魔王を・・・
主役の刑事さんなど、ジャニーズの方が
間違いなくイケメンさんなのですが
韓国の男優さんがカッコよく見えるのは、
やはり気合の違いでしょうか・・・
(あ、好きなのは、弁護士さんの方ですが・・^^;)

はい 勢いではなくて『気合』です

その弁護士さん役の注目の大野クンは、
ご本家に近い雰囲気を醸し出していて
なかなか新境地で頑張っておられましたね〜♪
応援します(^^v

素敵な映像を、YouTubeから貼り付けました
男性には、このくらいの気合が欲しいです・・・☆
そして、ドラマの中の韓国女性は、
文句なしに清楚で美しい(あやかりたい・・・溜息




ビョンホンさんは、もちろん素敵なのですが、
更に注目は、このビョンホンさんの少年時代を演じた役者さん
太陽族の頃の裕次郎さんみたい
いにしえの日活映画を彷彿
韓国ドラマの好きなところは、やはりレトロな香りのするところです



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

「無駄話」

今日は頭が壊れかけています
(超多忙・いったいどうしたらいいのかわかりません)
よって無駄話を・・・

テレビドラマがどんどん交代していますね

●一番好きだった【無理な恋愛】終わりました〜
まずまずいい終わり方でした♪

●その後番組、【モンスター・ペアレント】これはかなり期待できそう♪

●【CHANGE】
オフタイムのキムタクさんのファッションに注目しています
釦ダウンのシャツ、クシャクシャのヘアスタイル・・可愛いです
同じくその流れで【カップヌードル】のCM
あのスタイル、可愛すぎです
トラ小僧ファッション、思い切りツボです♪
なのに【ギャツビー】や【ニコン】のCMの色っぽいこと
あの華やかな美しい顔立ちとオーラでなんでも似合ってしまうのですね
ほんとにスタイリッシュな方ですね☆

●【太陽と海の教室】
主人公はどうでもいいのですが・・・(ゴメンナサイ!)
あの今井ゆうぞうお兄さんが
『マダムキラーの爽やかな体操教師』役で出られるそうです
そちらのほうを観たいです!!
それにしても、なんて綺麗な手なのでしょ〜!

●【魔王】
韓国版があまりにも良すぎるので・・・
そんなに期待はしていないのですが・・・
でも、もし嵐の中で誰がいい?と訊かれたら・・・
案外・・・大野クンかも・・・(^^;
金曜の10時ですよね?
金曜の11時から韓国版【魔王】
同じものを続けて観ることができるということです(ただし京都限定)

●【篤姫】
堺さんの演技が見逃せなくなってきたこの頃・・・
でも、そろそろ出番が終わるのですね
淋し過ぎます
新撰組、山南さん以来の超ハマリ役
悲しげな役が似合いすぎます
堤真一さんと競演されている【クライマーズ・ハイ】も観たい!

後、何か面白そうなものはございますでしょうか・・・
とりあえず、私は【篤姫】と
【韓国版・魔王】を観ることができたらそれでいいのですが〜

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。