2014年05月25日

「なにわ皇子・super stsrのお衣装をオーダーメイド♪」

さて、運動会で、目いっぱい走ってきたケイヨウですが
昨日、こんなコスプレexclamation&questionをさせてみました(^^;

ジャニーズ系のオーダーを頂く女の子たちは
身長160センチ前後&痩せ型が多く、
現在、上半身のみ、ほぼ同じサイズのわが息子・・
バランスや着心地をチェックするのに、ちょうど都合がいいのです♪

というわけで、

・・・スキンヘッドには、意外にどんな衣装でも似合うの図・・・

であります(笑

うん、今回も、成功したかも?♪
彼も、憧れの、ジャニーズの衣装を着せてもらえてうれしそう・・・(^^;

作品の記事はこちらです♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】



IMG_1939-2.jpg
posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:34| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

「マロニエ家近況〜ジャニーズとお衣装と」

ファッションとお洒落の小部屋と名づけ、
あとりえの作品をUPしている別館のブログ

こちらにもっともコメントの多いのが
ジャニーズのイケメンさんたちが着ているお衣装のこと

そもそもは、京都市内にお住まいのお客様に
オーダー頂いたのが始まりだった

来て下さったのは、お母様で、着られるのは中学生のお嬢様
お母様も、ずっと前からのジャニーズファン(だったと思う)

私自身も、日曜6時NHKの番組が定番だったフォーリーブスに始まり
昨日のベルばらが流行った頃は、「ベルサイユのばら」などという
同名の曲を歌っていた、『ジャニーズジュニアスペシャル』というグループもいて
中でも、井上純一は好きで、戸田恵子さんと結婚されたときはショックだった(笑

更に幼い記憶としては、元祖ジャニーズの、
真家ひろみ、あおい輝彦のお顔は印象に残っていたし
世代的に、最も身近で、しかもファンだったのは
当時事務所に所属していた、新御三家時代の郷ひろみ(笑
とにかく、今と違って、身近にいるのは、
むさくるしい男子が多い昭和の時代だったから
ジャニーズ事務所は、美男子の宝庫であり
昭和の女子には親しみ深いものだったから
お母様と、大いに盛り上がったものだった

嵐が一番人気だったその頃、お作りしたのは、
Sexy Zone(セクシーゾーン)というまだ売り出し中のグループのお衣装
お母様も、娘さんと一緒に、コンサートを楽しんでおられるようだった

さて、その衣装
ジャニーズ事務所が、力を入れているのか
どれを見ても、なかなか結構凝っている・・
普通の服のように、仕立てをきっちりしなくても
材料費と装飾だけで、それなりの仕立て代になりそうな衣装だったけれど
何とか折り合いのつくところで、お作りさせて頂いた

作品をUPした頃は、特に反応がなかったものの
しばらく経ってからというもの、検索で、作品が上位に上がってくるのか
毎日のように、ひっきりなしに、問い合わせのメールやコメントが入ってくる
(京都の初代お客様であるN様、ありがとうございます・拝)

時々は、同じく、お母様からのお問い合わせもあるけれど
多いのは、ご自身で着ようと思っているお嬢さんたち
たぶん、学生さんなのだろうけれど、メールの様子も様々で

前振りも挨拶もなく
「これって、いくらで作ってくれるんですかね」
に始まり、深夜でも、延々と質問をしてきながら
結局は、ぷっつりと返事も来なくなる子から

すごく丁寧な対応で、アルバイトでお金ができてからと断りながら
後から本当にオーダーをくれた子もいるし

予算が足りないので、本体だけでいいですといい
装飾の部分は、友達と一緒にデコします・・という可愛い子や
出来上がったものを、わざわざ友達に貸してあげるため
サイズを大きくしてくださいと、持ち込んでくる友達思いの優しい子もいて
本当に、「今の若者」のことがよくわかって面白い

でも、やはり恐るべきはジャニーズ事務所
私のイメージとしては、今の子達なら、逆に興味がないのか
むしろある意味、馬鹿にされるような対象なのかと思うのだけれど
昭和の頃と変わらず、否、それ以上に、
ここまでの熱狂的な支持者がいるということなのである

ま、確かに可愛い男の子たちばかりなのだけれど
要するに、今の時代にあった、支持されるようなグループや人材を
しっかりと送り込んでくる先見性や、感性がすごいのである

いずれにしても、綺麗、可愛いだけでなく
本当にあの事務所の人たちは、よく頑張っている
そんな真面目な若い子達が、支持されているのはいいことなんである
(・・・と今もまだ、毎週スマスマを楽しみにしているオバサンは思うのである)
願わくば、北川社長には、まだまだ未来永劫、お元気でいて欲しいものであります!


ところで、作るにあたって、一応であるけれど、著作権、知的所有権のこともあるので
しかるべきとこ何箇所かに問い合わせてみたところ
あくまでグレーゾーンであるとは言いつつも
「むしろ営業協力の意味合いのほうが強いから、いいんじゃないですか」
という答えが多かった
確かに、営業妨害をしているのでも、勝手に製品化しているのでもなく
アイドルと同じ衣装で、コンサートに行くというモチベーションUP
あるいは、衣装とそのグループのアピールになっているのだから
問題なしということになるのだろうか・・

仕立て屋としては、お客様のご要望に何でもお応えできるよう
しっかりTVや動画を観る事ですね
目の保養も兼ねながら・・・(笑


さて、そんなお衣装、今日も、2セット、UPしております♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】


posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:45| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

「名バイプレーヤーと、オーダー色々」

NHKの朝ドラも、新しくなりましたね
赤毛のアン、秘密の花園、母の肖像、あしながおじさんetc・・・
子供の頃にわくわくしながら読んだ外国の本の数々を、
翻訳された村岡花子さんの物語
とても興味深く楽しみです

このところ、絶好調の朝ドラですが
主役を支えるのがバイプレーヤーの名演技・・

今回は、石橋蓮司さんがとても素敵
前回は、近藤正臣さんの渋い演技が光っていましたが
今朝の、訃報はショックでした

蟹江敬三さん、あまちゃんのとき、
あんなにお元気そうだったじゃないですか!

それが何故?
本当に残念です・・・
蟹江敬三さんのことを、嫌いっていう人
今まで会ったことがありません
特に、私の知っている団塊世代の男性たちは
大抵、親しみを込めて好きって言っていたものです

なんとも残念・・・
そして、同じく、がん患者の通院に、
このところずっと付き合っている身としては
別意味、とてもショックです・・・・
ご冥福をお祈りします

さて、そんな複雑な気持ちを持ちつつ
自分の時間もなかなか取れないこの頃ですが
仕事も頑張って仕上げています

今日も、別館にUPしました

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】




posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:12| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

「白い服」

すっかり春めいてくると、
服も淡い色、パステルカラーが着たくなります
とりわけ、白!ホワイト!

20代の頃は、ほとんどの服が黒ばかり・・・
でも、30代は、白い服をよく着ました
服だけでなく、当時ハマった着物さえ・・・

小さい頃から、白が似合うって言われていたんです
確かに、白を着ている自分が好きだった(笑

だから、アパレル時代、デスクワークで画材を使うときも
汚れそうな危ない白のジャケットやシャツを、あえてよく着ていました

でも・・・・・・・・・・・・・・

それが、40代になり、50代になって・・・

あるとき、写真に写った姿を、思いがけなく見つけたとき・・・


???
これ、ダレ?
だるまさん??????


何のことない
それ、私でした(爆


だから、背中は伸ばして、太りすぎないよう、気をつけないといけないの!
特に、背中にお肉がついて、丸みを帯びてきたら要注意!
ある意味、手遅れなんだけど・・・・・・・・・;;

でも、姿勢をせめてよくしよう
もう暖かくなったんだから
そう、自分に言い聞かせて(笑

再び、白い服が似合うような私に、戻りたいと思います(←ほんまやろね?





さて、そんな白い服ですが、別館にも、白い服をUPしました
ひとつは衣装なのですが・・・
さ!春に向かってがんばります!(←空元気かも?


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】


posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:07| 京都 ☁| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

「カジュアルなセットアップでパーティーへ♪」

寒の戻りで寒い日が続きますね
皆様、体調など崩されていませんでしょうか
何かと忙しいこの季節
毎日が、飛ぶように、慌しく過ぎていきます;;


さて、いよいよ卒業シーズンを迎えました
先週末は、ケイヨウの学校も、高等部の卒業式
親しかった人たちとのお別れに、予行のときから泣いていたそうで・・・;;

今週末は、いよいよ当人の卒業式です
もう一人、クラスの女の子と一緒に、答辞を任されているようで
ちゃんとできるのかどうか、私のほうがドキドキします;
その後は、卒業パーティーが待っています
懐かしい方々にもお会いできるようで、今から楽しみにしています♪


さて、今日は、そんな卒業パーティーに着ていく服のオーダーを
別館にUPしました
パーティーといっても、とてもカジュアルなものなので
ワードローブはシャツとジーンズだけというお客様でも
違和感なく着て頂ける服を考えました


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「カジュアルなセットアップでパーティーへ♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:38| 京都 ☁| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

「卒入学用の、ボーイズスーツをオーダーメイド♪」

あっという間に、3月ですね;;
本当に、1月は行き、2月は逃げ、3月も去ってしまいそうな勢いです;;

まだ余裕のある1、2月と違い、
特に3月は、ほとんど毎日、何らかの予定が入っているので;;
スケジュール管理だけでも、頭がいっぱいいっぱいです(-。−;)

さて、今日は、ケイヨウの中学部、半日入学の日でした
・・といっても、小学部からの持ち上がりなので
簡単なお話を聞くだけなのですが・・・

でも、もう来月から中学生になるんです!
ブログを始めたころは、小さな小さな子供だったケイヨウが・・・
そして、ほんの少し前に、保育園を卒業し、
小学生になったばかりのケイヨウが・・・(^^;

本当に、時の過ぎるのは早いものです
問題は、まだ成長期の子供ではなく、これだけ歳を重ねているんだと
否応でも自覚せざるを得ない私自身なのですが・・・(^^;;
でもでも、マダマダワカイ、ダイジョウブと、気合を入れてがんばります(^^ゝ

さて、今日は、そんな卒入学を迎えられる男の子のスーツを別館にUPしました
何を隠そう、ケイヨウのお友達のスーツです
このところ、自分のものは、作ってもらっていないわが息子は
製作中から、秘かにジェラシーを匂わしておりました(笑


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「卒入学用の、ボーイズスーツをオーダーメイド♪」



ほんと・・・
かわいかったよね あの頃「は」・・というと怒られるんだけど・・・(笑

homupe203128-1.jpg


posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:28| 京都 ☁| Comment(2) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

「服作りetc・・・&ブラックスーツをオーダーメイド♪」

引き続き、山積のオーダーに取り組んでおります♪

服作り・・・と言うと、ほとんどの方は、
ミシンを踏んでいる姿を想像されると思うのですが^^
服が完成するまでは、ミシン以外の、いろんな工程を経ております

まずは、生地選び、デザイン選び
生地のお持込、デザインのご指定がある場合は、ここは省略されますが
生地にあった附属選びも大きなポイントになります

附属というのは、いわゆるボタンなどの装飾物だけではなくて
生地の裏に当てる芯や、パット、垂れ綿、裏地、
ゴム、インベル、ファスナーといった、服飾資材・・・
たくさんの種類があります

糸にも、本縫いミシン糸、ロックミシン糸、手縫い糸、穴糸等々・・
それも、番手という太さの種類があるし、色もたくさんありますので
在庫はすごいことになっています(笑
それでも、まだ足りません
お店にある全種類を、できれば揃えておきたいくらい・・・(^^;
あ・・・あわせて、針もいろんな種類があるのですよ^^

次に大切なのが、パターン作り・・
いわゆる型紙のお製図ですね^^
私は、案外、この工程が好きです
パターン用の紙は、カットされている大きなものを常に常備しています

製図に必要なのは、紙以外に、定規・・・
これも、まっすぐの長いの、短いの、製図用の、カット用の、カーブしたの・・・・と
結構、いろんな種類が必要ですね(^^;

定規以外には、押しピン、文鎮、テープ、カッターナイフ、
シャープペンシル、消しゴム、羽根箒・・・挙げていくと、ありますねぇ・・・(^^;

パターンは、私は、まず、ご申告のサイズと号数で、原型というものを起こします
習ったのは、ドレメ式ですが、もう長い間、文化式で原型を起こしています
ドレメの先生、ごめんなさい・・・と謝らなくてはなりませんが(^^;

文化式は、面倒な分、より体にフィットする・・・
ドレメ式は、簡単だけれど、修正が多い分、仮縫いの技術が習得できる・・・
と、ずっと前に、聞いたことがあるのですが、そうなのですか?先生

原型は、細かい計算が必要なのですが、原型を起こす製図用紙に
筆算(昭和ですね・笑)で、しこしこ計算しています(案外好きなんで・・・笑)

そして、出来上がった原型を元に、デザインに合ったパターンを作っていきます
出来上がったら、定規を当てて、カッターナイフでカットします
出来上がったのは、A3の茶封筒に、絵を描いて収めておきます

学生時代は、このパターン作りが嫌いでした
めんどくさ・・・かこみ式製図でいいやん・・・みたいな・・・(笑
でも、今は大好き
なかなかいい仕事をしますのよ、私(←自我自賛)

製図用の紙・・・
これも結構使います(^^;
時々は、紙で手を切ります・・・(涙 T0T;

そして、その後、ややこしいパターンは、
シーチングという仮縫い用の生地で、ボディに当ててみて検討したり
立体裁断という、布で形を作る方法をとることもあります

そう・・・立体裁断・・・
ボディさん(人体)も、できればもっと種類が必要なのですが・・・(高い;;)

製図だけでOKそうなのは、そのまま本番の生地を裁断します

裁断・・・ そして、芯貼り・・・
芯貼りは、しっかりさせないといけない部分に、生地に合った芯をアイロンで貼るのですが
私は、この裁断&芯貼りが、大嫌いです(笑
なんで?・・・って、地味な上に、大切だし、時間がかかるので・・・

パターンが完成したら、早く形にしたいですよね
でも、裁断しないことには始まらないので
ここは、ぐっと自我を抑えて(笑
地味〜〜に作業を進めます

ときどきは、裁断の途中で、出来上がったパーツを縫ってしまうことも・・・
飽きないで進めるコツですね(笑

そんなこんなで、ミシン縫い、アイロン・・・
(アイロンの作業は大切・・・綺麗に仕上げるコツは、マメにアイロンをかけること・涙)
アイロン関係の道具も、本当にたくさんの種類があるのですが
鉄万やアイロン台など、私はこの環境があまり整っていないので、
お金に余裕があれば、もっと道具を揃えたい・・・(希望

あ、ミシンも・・・;
ロックミシン、足踏みミシン、革などは職業ミシン、
シャツのボタンホールや飾り縫いなどはコンピューターミシン

『押さえ』という縫い方で替えるたくさんの小道具も・・・
そして、ミシンに必要な油、刷毛、エアーダスター、
針や押さえ替用のドライバー等々・・・
ハードな工具類も、常備しております(笑

まつり縫い、ボタン付けなどの手作業を経て
プレスして、チェックして、カバーをかけて・・・と
こんなことを、毎日毎日やっております

このところ、手作業の部分を、あえて増やすことが多くなってきました
面倒でも、時間がかかっても、丁寧な物作りをしなければ・・・

でも、本当に、服作りって、奥が深いんです
学校で習ったことが全てではないし、いろんなやり方があるし・・・
面倒な方法をとったからって、省力形のほうが、かえっていい場合もあるわけで・・・
この、方法のチョイスも大切ですね
でも、だからこそ、楽しい・・・
毎日の仕事が勉強です
だからこそ、喜んで頂けると、励みになります♪

でも、こうして、日々やっていることを書き並べていくと
服作り、洋裁も、結構『オタク』の世界ですね(^^;

ここまで書いて、皆様にご忠告が・・・
皆様、洋裁に手を出すのは止めましょう
モノが増えて、お部屋もかなり散らかります(笑
そして、お金もかかります(TоT;



さて、今日は、ブラックフォーマルのスーツを、別館にUPいたしました♪
私も、ブラックフォーマル、気になっています
着物の喪服は持っているけど、もうたぶん着ないだろうし・・・;;;


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「エレガントなブラックスーツを、オーダーメイド♪」




posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:12| 京都 ☀| Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

「雪と、ベニシアさんと、ピーコートと、赤いドレス」

随分長いタイトルですが・・・(笑

ブログを移行して、初めての投稿です;;
今までと、勝手が違うので、
できるだけ投稿して慣れるようにしたいものですが・・・;;



さて、先の大雪、全国各地で被害が出たようですが
皆様のところは、大丈夫でしたでしょうか。。。

案外、それほど雪の降らない京都でも、久しぶりに積もりました
随分と、タイムラグがありますが;;
こちら、先日の雪の日の画像です

013.JPG

いつも思うのですが、門扉に積もった丸〜い雪のかたまりって、可愛いです^^

015.JPG



雪といえば、昨日、ハーブで有名な大原のベニシアさんが
会津にご旅行されているTVの録画を観ました
会津の温かい言葉と、自然と密着した生活の様子が、とても素敵でした

イギリス人のお顔って、立派過ぎてちょっと怖いですが(^^;
ベニシアさんも、同じく、パッと見、ちょっと怖い(ベニシアさん、ゴメンなさい^^;)

でも、笑顔が本当に素敵!!
子供みたいな好奇心に満ちたキラキラ光る瞳と笑顔
同じく子供みたいにピュアな感性に満ちた言葉の数々、温かいお声
こちらまで浄化されるようで、心地いい・・・

このところ、目が疲れて本はほとんど読めていませんが、
寝る前のひとときは、ベニシアさんのハーブ本3冊と、
先日ご紹介の「アドヴァンススタイル」
そして
モレシャンさんの、古いお洒落本2冊を、交代で眺めています。。。



さて、まだまだ山積しているお仕事、今日も、少しだけご紹介・・・


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

「旦那様のピーコートを、奥様用にリメイク♪」

「ミュージカル・アニーの衣装をオーダーメイド♪」
posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:08| 京都 | Comment(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

「昭和の技」

寒い毎日が続きますね;;
あっという間に一月が終わったと思ったら
あと少しで二月も中旬・・・
気持ちばかりが焦ります;;

時節柄、卒入学や発表会、舞台の衣装関係が詰まっております
毎日コツコツ、老眼鏡とメジャーを首にかけて(笑
引きこもりの作業を続けております(涙;;;

さて、あいも変わらず、温故知新を全ての生活信条としたい私ですが
仕事も同じく・・
かつての洋装店、あれが理想・・

卒業した服飾専門学校は、今も夜間授業に
洋裁の一般コースがあるようですが
できることなら、通ってみたい・・

何もわからず言われるままに作っていた学生時代と違い
まだまだ未熟とはいえ、ある程度の経験を積んだ今受ける授業は
どんなにか楽しいだろうと、想像を膨らませます
現実的には、ちょっと難しいと思うので、適わない夢なのですが・・

専門学校生だった当時は、高級な生地を買う余裕もなかったので
手に入るチープな素材で、デザイン重視の物作りをしていました
今は、一生ものとなるような高級素材を大人買いして
クチュールの技術を駆使したしかも超シンプルな
素晴らしい一点ものを作ってみたい(笑



・・・・・ま、そんなことを妄想しているヒマがあれば
少しでも早く、お客様の服を仕上げなさい
ということなのですが・・・・・(^^;;;


さて、一昨日、大量納めしたお客様の服はUPができないのですが
その中の一着に、こんな作業をしてみました
私の目指すのは、昭和の洋装店!


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「ルーシング♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:35| Comment(6) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

「熟年男子もアドヴァンスを♪紬で作ったメンズシャツ♪」

さて、昨日のお勧め本は、『熟年女子』が対象でしたが
熟年男子(?)も、アドバンスは如何でしょうか?♪

私事ですが、昨年の暮れ、父が77歳の誕生日を迎えました
いわゆる喜寿の祝いは、数え年でするようですが、
一昨年はすっかり失念していたので(^^;;;
手作りのプレゼント持参で帰郷しました(汗;

末弟のお嫁さんの大叔父様が、某芸術のオーソリティという縁で
昨年も、個展や講演に出向き、お会いする機会が多かったらしい父

「そんなときとか、こういうの着ていくといいん違う?」

と言って渡したサプライズに、
太った平泉成のようになって来た父は大喜び
次作もおおいに期待しているようです(^^;

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「喜寿の祝いに、紬の着物で、お洒落なメンズシャツを♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

「究極のアドヴァンス&オーダーメイド♪」

昨年の暮れ辺りから、毎日寝る前に眺めては、うっとりしている本がある
それは、

『ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ』
【Aduvanced Stylr】アリ・セス・コーエン著




要するに、お洒落な女性ばかりを集めた写真集なのだけれど
それが、普通とはちょっと(否、全然)違う!

対象は全て60歳から100歳の、一般女性たち
でも、これが、目を見張るばかりの素晴らしさ・・・

本当に、この本を見ていると、
装うことはパッションなのだと改めて感じる
元気がないとき、お洒落をしようなんて思いませんよね
それに、いつもいつも、頑張っていても疲れるし・・・

でも、本当に、ここに載っている方々はすごいの!
アドヴァンスの意味は

1 前進した.

2 〈知識・技術などが〉高等の,上級の;〈国などが〉先進の

3 〈思想・信条などが〉進んだ,進歩的な;前衛的な

4 〈時が〉進んだ,経った,〈夜が〉ふけた;年をとった;〈病気が〉進行した


とネット辞典に載っているけれど、本当にうまくタイトルを付けたもので
これらの意味が、全て含まれている本

著者のブログは、ずっと前から話題になっていたのですが
その中の特に選りすぐりを結集したものなのです

このあまりにも『高等の』『前衛的な』『お年寄りの』スタイルは
ぼんやりと、寝ぼけた頭を殴ってくれます
若い頃からずっと積み上げてきたものが
結集されて爆発している感じ
まさしくロケンロー!しています(笑
もしかしたら、没個性な日本人には、ちょっと刺激が強すぎるかも・・?

皺、たるみ、ぼこぼこになった腕、手の染み、下垂気味のお腹
それがいったい何?
それさえも、ファッションと魅力の一部!
そんな勇気と元気、そして夢を与えてくれます

どの方もどの方も・・・・・
本当に、超個性的で、素敵すぎるのだけれど・・・・・(うっとり

個人的に、特に憧れるのは
究極のクラシックエレガンスを身にまとったマダム、80歳のジョイスさんと
これもまた、究極の色彩の魔術師
アーティストでライターの、ベアトリックス・オストさんかなぁ・・・

ああ〜〜〜こんな素敵なお婆さんになりたい!
これ、最大の目標かも・・・

古いパールのネックレスたちを出してきて、
ジャラジャラ付けたくなりました
(もう少し暖かくなったら・・・・・って、この怠慢が駄目なんです・笑)

お洒落な写真だけではなく、ところどころ挟まれている言葉の一つ一つが
生きるための勇気とヒントを与えてくれます
今、一番の、私のお勧め!



さて、毎シーズン、我があとりえに、オーダーを下さるお客様
この方も、先日、お歳を知って驚きました
なんと、めでたく70歳を迎えられたということですが
本当に若々しくて、70歳は信じられない!

今の70歳は、老人とはいえませんよ
特に女性!男性の皆様も、
女性に負けないで、どうぞ、
パッション!なさってくださいませ(笑


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「好きな生地を買って、着たいスーツをオーダーメイド♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月28日

「タンスの中の服、捨てないでリメイク♪」

昨日の記事ではありませんが、タンスの中の古い服
皆様、如何なさいますか・・

自分自身のことで思い起こすと、
アパレル勤務だった仕事柄、服は日常的に買っていたので
タンスの中は、いつも満杯状態
捨ててきた服も、たくさんあります

ただ、その捨てた服のどれもが惜しいわけではなくて
ブランド物よりもむしろ、生地のよかったノーブランドのシンプルな服
あるいは、着ていた頃の思い出や空気を感じるような服に限り
どれもこれも、捨てたことが悔やまれます・・・

でも、サイズも変わって小さくなって着られないでしょ?

着られなくても、その服を眺めることで、
まだ細くて若かった頃の素敵だった貴女を思い出せば
気分も若返る気がするのでは?
もしかしたら、痩せたときに着られるかも・・という
モチベーションUPにも繋がると思います
そんな服が、一枚や二枚、残っていてもいいのでは?

そして、やはり、デザイン的に無理
でも、捨てられない・・・

そんなときは、ぜひご一報くださいませ♪

私の考えるリメイクは、服への思いを大切にすること
ライフスタイルに合ったリメイクをすること
単なる服のお直し屋には、なりたくないと思っています

そして、生まれ変わった服は、コーディネートの楽しさを味わえること
お似合いになるデザインにすること
これ見よがしな、むやみに尖がった服はお作りしません
末永く着て頂けるよう、エレガントにシンプルに・・・を心がけます

また、一度手がけたリメイクを、再びリメイクさせて頂くことも大歓迎
ご趣味やライフスタイル、体系の変化はつき物
某銀行ではありませんが、飽きられない限り(笑
気長に、長〜〜〜〜いお付き合いをさせて頂きます♪


順番もあり、また気持ちが熟すまで、手がけませんので、
少々お時間は頂戴いたしますが・・・;;
その分、気持ちをこめて、丁寧にお作りさせて頂きます!



・・・数々のコンテスト受賞暦や、
アパレルの仕事で培った他にはないアイデアで、
貴方のタンスの肥やしアイテムが
もしかしたら、
世界にひとつだけのお洋服やアイテムに生まれ変わるかも・・・??



別館に、リメイク例をUPしております♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
「コートや大切なスーツを、ヘビロテアイテムにリメイク♪」


posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

「無くした手袋」

大寒が過ぎ、一年でもっとも寒い時期ではあるのだけれど
今から立春、そしてそれ以降の、梅の季節が
もしかしたら、一年で一番好きかも知れない

・・・といっても、寒いのは苦手
この季節の中でも、凍える日ではなく
春の訪れを感じる少しだけ暖かい晴れの日が大好きなのだ

こんな日は、蓑虫のような冬服を脱ぎ捨てたくなり
やはり服のことを考える

これから作りたい服、着たい服のことは勿論だけれど
更に思いが熟してくると
ぐるりと一周して今度はネガティブに
捨ててしまったかつての愛着のある服たちを思い出すので困ったものだ


この服たちは結局のこと、類似品を再び求めているのだけれど
やはり先代にはかなわないし
似たものさえ見つからなくて、まだまだ課題になるものも多い

その一つが、革の手袋・・・
あれは確か、四条のT島屋さんの平台で、
偶然見つけたものだったと思うけれど
とても柔らかいシープスキンの五本指の手袋だった

色は、シンプルな茶色
自身の指の肌に密着させて、ずっと愛用していると
指の皺と同じ皺が、手袋にも刻まれるのだ
はずしたままの形で、無造作に置くと
自分の手の分身が、そこにいるようだった

そのときの目からの感覚
脂で自然に付いた少し濃い影
そして、はずした素肌の、指から漂う微かな革の香り・・・
それらには、ほんの少しエロスを感じた・・・
(これって変態なのだろうか・笑)


少し前に、金属アレルギーになってから
直接、金属部が肌に触れるネックレスとか
指輪の類をしなくなってしまったけれど
本来、アクセサリー類は、むしろ服よりも大好き
しかも、クラシックテイストで、大振りなものが大好きで
指輪は特に、大きければ大きいほど好みだった

そのクラシックにくすんだ金属の土台に乗っている
深い色の重そうな石の指輪を
いったん指からはずして、革の手袋の上から重ねる

これも、捨ててしまった
薄茶やカーキ色の混じった英国ツウィードに、
キャメルのスエードのエルボーパッチの付いた
表襟が、同じ色のスエードになっているスーツ

中は、鳥の子色のシルクのボータイブラウスだったり
黒のタートルに、パールのネックレスを覗かせたり・・・

社会人になって、大人のお洒落に目覚めたとき
まず洗礼を受けたのが、フランソワーズ・モレシャンさんの
お洒落本、二冊だったから、
好きな基本スタイルがそもそもクラシックなのだ
このスーツに革手袋を重ねた自分に酔っていた


ここ数年、片方無くして、結局捨ててしまったのだろう
幻の、あの手袋の感覚を思い出し
ずっと同じようなものを探しているのだが、みつからない

もちろん革の手袋は、いくらでも売られているけれど
裏無しの、一枚仕立てがないのである
同じ革でも、カジュアルに、裏が毛皮状になったものは
少々大振りでもいいのだけれど
シープの五本指は、薄ければ薄いほど
自分の指と間違えるほど、薄くなければ嫌なのである

今、売られているのは、ほとんどが裏つき・・
裏が、カシミヤとか、シルクとか、色々あるけれど
そんなものは、どうでもいい

だから、買う気にはなれなくて、今年もまだ凍った指のまま
手袋なしで歩いている・・・

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

「形の古くなったカシミヤコートをリメイク♪」

まだまだ寒い日が続きますね
コートのリメイク、まだたくさんお預かりしております;;
今日は、タンスにしまわれたままの、
古いカシミヤコートのリメイクをご紹介・・・


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】
形の古くなったカシミヤコートをリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月21日

「オーダー&リメイクあれこれ」

気持ちばかり焦っているうちに・・・
今年もあと10日ばかりとなりました;;;

今年も、たくさんのオーダー&リメイクをありがとうございました
山積しているオーダーも、まだまだこなす事ができず
本当に申し訳ございません;;;;;


大切なお仕事なので、ゆっくりでも丁寧に仕上げております
一人なので、なかなか思うようにも進まず。。。
・・・とこれは言い訳に過ぎませんが;;


とりあえず、年内収めの仕事を、別館にUPしました
年明けからも、頑張ります


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

●「セクシーゾーンの衣装をオーダーしてコンサートへ♪」

●「ボア素材で、可愛いパンツをオーダーメイド♪」

●「女学生風のワンピースをオーダーメイド♪」

●「ワンピースを追加でオーダーメイド♪」

●「お着物を、着心地のいいパジャマにリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

「冬用アイテム、色々オーダーメイド♪」

急に寒くなりましたね!
大阪でも初冠雪だとか・・
京都にも降ったのかしら?

今朝は、見るからに寒そうなスキンヘッド息子のために、
昨シーズン編んであげた赤いベレーと手袋を出して
学校に行かせました♪

さてさて・・
冬物のオーダーメイド&リメイク、まだまだたくさん溜め込んでおります;;
今年中にどれだけ完成&納品させられるのか・・
休めません
ガンバリマス!

さて、今日も、新しい作品を別館にUPしております♪
新調した冬物アイテムで、師走の素敵な時間をお過ごしください♪

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

●「お気に入りのデザインでオーダーメイド♪」

●「ツウィードのジャンスカをオーダーメイド♪」

●「サイズぴったりのボーイズパンツをオーダーメイド♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

「箪笥に眠ったままの着物や服を、ヘビロテアイテムにリメイク♪」

今日も別館にて、リメイクのご紹介です

お気に入りだったのに、生地が傷んでしまったスーツや
色柄の可愛い古いお着物など
タンスの肥やしアイテムを思い切ってリメイクし
普段使いにヘビロテできるお役立ちアイテムに変えてみませんか?♪


ただ・・・・・・

お蔭様で、オーダーが、たいへん込み合っております;;
また、当方へお持込頂くお仕立てやリメイクは
手のかかるものが多いので、仕上がりにもお時間がかかります
一点一点、丁寧に仕上げております

できましたら、シーズン前に、オーダーは頂けますよう
どうぞよろしくご了承のほど、お願い申し上げます

【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

●「痛んだパーツを取り替えて、古いスーツをリメイク♪」

●「付け下げ訪問着をパジャマにリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

「幸福のウェディングドレスをオーダーメイド♪」

今日は、幸福に溢れたウェディングドレスのご紹介♪
服作りにも色んなジャンルがありますが
やはり着られる方も作り手も、もっともテンションが上がるのは
ウェディングドレスではないでしょうか・・

一生に一度の晴れの舞台
しかも、ご自身の夢をイメージされた、世界に一枚だけのドレス
今までたくさんのドレスをお作りさせて頂きましたが
完成したドレスに包まれた、幸福な笑顔を拝見できるのは
本当にいいもの、そしてうれしいものです^^


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

●「ナチュラルなウェディングドレスをオーダーメイド♪」

●「オートクチュール感覚のウェディングドレスをオーダーメイド♪」

●「ウェディングドレス・うれしいお便り♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:46| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

「秋〜冬・・・リメイクでタンスの中をリフレッシュ♪」

今日は、別館にて、リメイクのご紹介をしております

シルエット変更から大掛かりなリメイクまで・・・
手を加えることで、タンスの中に眠っているその捨てられないアイテムが
ヘビロテできる大好きな一着に変わってしまうことも♪

できれば、余裕を持ってシーズン前にオーダー頂けると
シーズンに間に合うようにお作りできます
よろしくお願いいたします♪



【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

●「スーツのパンツをスカートにリメイク♪」

●「古いジャケットを、マイナーチェンジでリフレッシュ♪」

●「古いコートを、お洒落にリメイク♪」

●「古い羊革のコートを、バッグにリメイク♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

「夏〜秋・・・お好きな服や衣装をオーダーメイド♪」

秋をゆっくり楽しめないままに、
いつの間にか冬が到来したようです;;
今日から居間の、ホットカーペットの電気を付けました;;;


画像が溜まってきたので;;
夏から秋口にかけて頂戴したオーダーやリメイクの一部を
別館にUPしました♪


【ミモザの花束・京都マロニエ通りから。】

●「浴衣地で、アオザイをオーダーメイド♪」

●「お気に入りのワンピースをオーダーメイド♪」

●「男児用パジャマパンツと、シャツジャケットをオーダーメイド♪」

●「タンスにしまってあった着物地のワンピースをスカートにリメイク♪」

●「お子様用フラのダンス衣装をオーダーメイド♪」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする