2008年11月01日

「京都・藤森神社・・・鳥居、馬、本殿、拝殿など」

本日も、別館に写真と神社のご紹介をしております

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「京都・藤森神社・・・鳥居、馬、本殿、拝殿など」


それにしても、不思議なものです
以前にもどこかで書いているのですが、
この神社、読み方は違うのですが、父の実家と名前が同じです

坊主をしていた父の兄が亡くなり、その法要の際、
話題になった話を父がしていているとき、ふと
「京都に藤森神社というところがあるのか?」
と私に聞くので、
「うん わりと近くにある」
と答えたのですが、もともと寺社関係の家の出である父の実家は
この神社と深いかかわりがあるそうなのです
もちろん、その際には、
今、こんな近くに住むことなど思ってもみませんでした

先日の、20年来、何かにつけお世話になっている
絵の先生のご実家のお話といい、
あるいは、別館の記事にUPする際、コピーしている
神社の縁起略記の中に、再三出てきて驚いている
(私が京都に来る直接のきっかけとなった)
新撰組の近藤勇のお話といい、
何か、理由や縁があって、人は手繰り寄せられるように
ある場所に来てしまうのだなぁ・・と、
今つくづく思っているところです

それにしても、近藤さんが外して持ち帰ったという
神社の額は、今、いったいどこにあるのでしょうね?

お買物と京阪に乗るときの西の坂、
大名行列の道だったなんて知らなかったなぁ・・・

歴史って、本当に、知れば知るほど面白い(怖い?)ですね(笑

父は、この神社に来たことはないそうなので
近々、この写真をプリントし、送ってあげたいと思っています



posted by マロニエのこみち・・・。 at 01:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

「京都・藤森神社・・・全景」

先日、引越し先の氏神様である、藤森神社へ参りました

朝一番の崇高な気配の中、
お賽銭を入れて、お引越しのご挨拶を・・・

お守り、お札の類を見ておりましたが、
ありすぎてよくわからないので
結局おみくじを引いてみることに・・・(^^;

その結果・・・
なんと!大吉でした♪

万事よし

すべて良い方向に向かっている喜ばしい運です
わき目もふらず一心に自分の仕事 大事とはげみなさい


ありがたいです!
はい、一心に励みます!!

ところで、昨日の記事を見て頂いた方の中には
あれ?今日の画像、綺麗じゃない・・?
とお気づきになられた方が、
もしかしたら、いらっっしゃるのではないかと思うのですが
実は、縁あって、素晴らしいデジカメを得られることが出来ました

有難いことです!

さっそく、今朝も藤森神社様にお参りし、
まだ使い勝手もわかっていない新しいカメラで
パシャパシャと撮って参りましたので、
今日から順を追って、神社のご紹介をさせて頂きますね

別館にて、どうぞご高覧くださいませ♪
(画像は全て、クリックすると拡大されます)

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】・・・「京都・藤森神社・・・全景」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:31| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

「柿のある風景」

相変わらず、坂を上り下りする毎日です
ます最初に、ケイヨウを送るための北の坂
その後、ノアールのお散歩の東の坂
そして今日は、銀行とお買物のための西の坂・・・

ここに来て、なんとなく
ジーンズのウエストがゆるゆるになってきたような・・・
気のせいかもしれませんが・・・(^^;

そんな中、気になっているのが柿のことです
普通のお家の庭の木も、柿畑も、今年は豊作なのか
見事な実が、どこもたわわに実っています
でも、一向にもぎ取る様子がありません・・・

裏の柿畑など、山が近いせいかやたらと多いカラスや
野鳥の玩具と化しています・・・


柿畑

そんな今朝のこと
ケイヨウを送りにいつもの坂を歩いていると
グリーンのお酒の空箱の上に並べられたたくさんの柿の袋

見ると、100円で売られています
思わず、ケイのリュックの中から、
『貸してね』と小銭を取り出し、一袋調達致しました
そして、重くてこのままでは持ち帰れないので
同じくお着替えの入っていたエコバッグを出し
それに入れて、持ち帰りました・・・(^^;

こんなにたくさんです
でも、早く、しっかり頂かないと・・・
今日も3個頂きました
甘くてとても美味しいです♪


柿

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

「木屋町の朝」

夜の喧騒を終えた後の、歓楽街の裏町の風景が好きです
今日は、生地を探しに四条に出ておりましたが
帰り、裏道を歩いて帰りました

若い頃、徘徊した懐かしい場所
最近は、たまに昼間通り過ぎるだけなのですが
街の様子が変わってきたことを感じます
新しい建物にまぎれて、見覚えのある古い店を見つけたりすると
なんだか旧知の友に出会ったような気がいたします

こちらは雑居ビルが立ち並ぶ西木屋町の建物を
裏側の木屋町通りから、高瀬川の向こうに眺めた景色です
このなんとなく、うら寂しいような感じが好き
宮本輝さんの【道頓堀川】の冒頭のシーンと共通するものを感じます
いつか、朝、高瀬川を望めるカフェで、
ゆっくりと、温かい珈琲でも頂きたいものです

紅葉には、まだ半月は早そうです・・・

●画像つきの記事は、別館にUPしております
【京都・ぶら〜り・お散歩日和・・・木屋町の朝】 

posted by マロニエのこみち・・・。 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

「朝の風景」

京都は、ここ数日、めっきり冷え込んでまいりました

二年ほど前のクリスマスに買った
赤と黒のバッファローチェックのお気に入りのブランケットが
色んな場面で活躍をしてくれています

寝るときのお布団にも、毛布を敷きました
朝の温かいひと時、お布団から離れがたい季節になりました

別館の朝のお散歩の風景をUPしました
どうぞご高覧くださいませ

【京都・ぶら〜り・お散歩日和・・・朝の風景】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

「朝の坂」

朝の坂

あっちに行ってもこっちに行っても坂、坂、坂・・です
こちらは、パン屋さんへの坂ではなくて
毎朝、ケイヨウを送っていく道の坂です

かなり傾斜があるのですが、
このところ、学校でもマラソンで鍛えているらしいケイヨウは
大人と変わらない・・否もっと早い?スピードで歩いてくれます
むしろ付いて行くのが大変・(汗;

石塀や、大きな農家のお屋敷の向こうに見えるお庭や
お地蔵様や、 山から立ち上る朝靄や・・・
撮りたいものがたくさんあります
でも、引越し貧乏です
早くデジカメ欲しい〜〜(願

posted by マロニエのこみち・・・。 at 10:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

「京都・9月最後の日の風景」

今日は、futabaさんのところにお邪魔しておりました
お土産も頂いてルンルン♪で帰って参りました

帰途、街角で撮ったケータイ写真と、
目に毒な『あるもの』を別館にUPしております

京都・ぶら〜り・お散歩日和

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ところで、夏からこの秋にかけて、ビミョウな発言をしておりましたので
皆様には色々とご心配をおかけしてしまったようで、
申し訳ございませんでした

また、引越しに関して、個人的にもたくさんのメールを頂戴し、
本当にありがとうございます
なかなかお返事が返せませんが、お心、温かく受け止めております
本当に本当に、ありがとうございます!(涙;;

神経がピリピリしていたときもあったようで
ちょっと傷つけるようなことを言ってしまったかもしれない貴方さま
(特に男性の・約2名さま・笑)
私は基本的に平和主義ですので、決して他意はございません
知り合った皆様、『皆家族です』
(ここは、【ペ】さん風に・・笑)

はい、愛しています・・皆様・・ほんと(^^v

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

「学生街のラーメン屋」

喫茶店じゃないところがダサイですが・・(^^;

土曜日だけ、ケイの学童保育のお迎えに行っています
先週に比べると、めっきり陽の落ちるのが早くなっておりました
薄暗い夕刻、オレンジ色の灯が恋しくなる季節です
こんなときは、まっすぐ家に帰らずに、
どこかで夕食を済ませてしまいたいなぁと、怠け心が起こります

お迎えに行く場所は、龍谷大学の近く
キャンパスの周りには
居酒屋さんやファミレス、中華屋さんがたくさん並んでいます

入ったことにない、ラーメン屋さんでしたが、一応、有名なところですし
単品もたくさんあるようなので、ケイと一緒に入ってみました

うれしかったのが中ジョッキの生ビール
(すみません、それしかないんかい・・って突っ込まないでね;)
通常500円のところが、
学生さん向けに380円の値引き価格になっております
(学生でなくてもこのお値段です)

ラーメンは、専門店だけにおいしいです
京都はラーメンの激戦区
あえて選択するなら、私はおうどん派なので
特別にラーメンが好きなわけではないのですが
それでも美味しいものに出会ったときはうれしいです^^

スープだけ頂くと、ちょっとお味が濃いですが、
メンマ、おネギ、チャーシューもたっぷり入って
トンコツベースの醤油味、美味しかったです

セットメニュー、唐揚げ、焼肉などの単品メニュー色々あります
京都では有名な王将などに比べると、少し量は少なめかも知れませんが
そこそこ納得できる美味しさと価格帯でした

学生街だけにウォッチングしていて面白かったのが
お店の小母さんと学生上がり風のお客さんが
うれしそうに話しながらレジを済ませていることでした
多分、学生のときから通っていたお店なのでしょうね
そんな人が何人も帰っていきました

もちろん、学生さんの団体も座っています
みんな、若い・・
でも、この子たちが、
自分の子供くらいの歳という認識はしたくありません(;;

激戦区だけに、開店しても、すぐに閉鎖されてしまうお店も多いのです
でも、こうして卒業生が通ってくるような古いお店は、
座っていても楽しいですね

普段は昼間に通り過ぎるだけの街ですが、
こうして時間帯を変えて、じっくり向き合ってみると
いい街だと思いました・・・

ちなみに、こちらのサイトには、付近のお店がたくさんUPされています
私の知っている店、時々入るお店も数件載っています(^^;

京都ラーメン

京都ラーメンツアー・伏見桃山周辺

西浦探検隊 北側の地域

posted by マロニエのこみち・・・。 at 21:48| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

「京都四条・・・出雲の阿国と八ッ橋」

先日からの記事の流れで、今日はこんなスポットを
薀蓄交えてのご紹介です

別館にてご高覧下さいませ

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】

「京都四条・・・出雲の阿国と八ッ橋」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

「京の建物」

6月に撮った写真ですが
別館に、京都の町屋の風景をUPしております
どうぞご高覧下さいませ

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

「秋の京都旅行プラン♪」

昨日の早朝、お散歩に外に出ると、いつもと空気が変わっていました

一番の違いは気温
少し湿気はありましたが、確実に温度が下がっておりました

そして一番驚いたのがセミの鳴声・・・
朝は、まったく聞こえませんでした
突然いなくなったのかと不思議に思いましたが
日中は、再びミンミンと復活しておりました
でも、心なしか、勢いが衰えているように感じます

同じく昨夕、外に出ると、
野分とでも呼びたいような強い風が吹き、
確実に季節の変わり目を実感しました・・・

ところで、昨日でお盆休みも終わり、
今日からお仕事に復帰された方も多いことかと存じます
今度の祝日までご旅行はお預けという方が多いだろうと思うのですが
秋、京都にご旅行の計画を立てていらっしゃる皆様、
ちょっと面白い体験旅行は如何でしょう?

調べてみると、色々あります
一番驚いたのが、すごくご近所(同じ町内)で
面白そうなお店があることでした

これはぜひ、体験してみなければ・・・
今度、さっそく時間を作って行ってみます♪

●京都伝統工芸体験工房

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

「大文字と日々の徒然」

新しい髪色は、子供に不評です
どうやらわが息子は、金髪がお好きのよう・・・(^^;

ところで、昨夜は親戚の家に行き、送り火を見てきました
住んでいるマンションの窓から、綺麗に『法』の字が見えるのです
メインの『大』は、斜めの方角から、少しだけ遠くに見えます

大学院生、大学生の甥、姪、そして一番年少者のケイヨウと
若いメンバーもいるのですが
殆どが中年、そして後期高齢者

このところ、集まると病気や更年期障害、体脂肪の話が多くなりました
少し前まで、私はこのメンバーの中の
一番の年少者(ヤング)だったのですが(^^;
時は残酷なものです
今ではしっかりその話題に入れます・・・

今日は、高校野球を観ていました
ケイヨウも流石に男の子のようで
このところ、毎日チャンネルを野球に合わせています

何気なく覗いた甲子園の球児の中で
哀愁のある横顔が気になっていた横浜高校のエース
ピッチャーの土屋君を今日は応援していました
ついつい感情が入ってしまい、最後には号泣です

負けていても、ナイスプレーににっこり微笑む球児の無邪気な笑顔
負けて地面に涙をこぼしながら、甲子園の土を集める姿
涙なしには見られません

土屋君は、周りが泣きじゃくる中で、最後まで涙を見せませんでした
責任感の強い選手なのでしょう
彼はいったい何処で泣くのか・・
そう考えたらますます健気に思えてきました

プロになったら応援したいと思います!
(申し訳ないのですが、オリンピックよりも私はこちらの方がいいです)

大文字の様子、別館にUPしました♪

【京都・ぶら〜り・お散歩日和】
「大文字の日の風景」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

「京都・市バス80周年〜市民しんぶん」

市バス

こちら、8月1日付けの市民しんぶんの一部です
京都市内にお住まいの方には『なんや、これかいな』
市内以外にお住まいの方には、
なかなか興味深い画像ではないかと思うのですが・・・

昭和37年までの市バスのデザインって、
すごくレトロで可愛いと思われませんか?
私、車には乗りませんが、車のデザインは
レトロ&クラシックなのが好きです

昭和3年のヨーロピアンなデザインはすごく特徴的なので、
これをアレンジしたようなものが、
観光用や、一部、園バスのようなもので見られるのですが、
それ以降のものって、すごく珍しいと思います

いいですね〜〜〜可愛いですね♪
こんなバス、なんで復活しないんでしょ

ところで、80周年記念事業として、
カードの発行や、バス型目覚まし時計の発売、
バス停や案内書で記念スタンプを集めて
オリジナルグッズが抽選で当たるなど色んな企画があるようですが
面白いなと思ったのがこちら・・・
紙面から引用します

8月31日(日)まで
保護者同伴時の市バス子ども運賃が2人まで無料!
市バスeco(エコ)サマー
合言葉は「エコサマー」

 降車の際に、大人分の運賃をお支払いいただき、
運転手に合言葉「エコサマー」と告げてください。


もっと気の利いた合言葉はなかったのかと思わないでもないですが・・・(^^;
でも、なかなかユニークですね
ちょっと恥ずかしい気もいたしますが・・・(^^;

これから京都にご旅行のご予定がある方も、乗物マニアの方も・・・
ちょっと楽しい企画ではないでしょうか

お問い合わせはこちらです♪
交通局企画課(п`075-863-5065)

posted by マロニエのこみち・・・。 at 18:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

「昨日の京都・今朝の京都」

スタバ

ケータイが古くなり、すぐに充電が切れるので
新しいのに変えました
0円なので、旧品種なのでしょうが、今までのよりは快適です
昨日の朝、行ったスタバで画像の確認
写真も前のより大きくなりました
(画質はいまいちだけどね・・^^;)

京都駅までのバスは1時間に1〜2本程度なので
9時20分に乗り、目的場所の素材屋さんのオープンの10時まで
銀行行ったり、タワービルのお土産物屋さんをぶらぶらしたり
スタバに入ったりして時間をつぶします

珈琲のきぶんではなかったので、ハイビスカスのお茶を♪
バナナのパンケーキのキャンペーン中なのか
一切れおまけにつけて下さいました(ラッキー♪)

その後、30分でお買物を済ませ、
10時30分のバスでとんぼ返りしています(汗;;

ところで、数日前から京都市内は厳戒態勢
今日、サミットの外相会合があるようです
今朝、ケイを送りにいつもの場所に立っていると
あちらのほうから、10人ほど、制服姿のおまわりさんが・・・
各々、小さな箱や、こまごましたものを手にし、物々しい雰囲気です
信号待ちをされています

信号が青になり、歩き出したおまわりさん
その中の箱を抱えたおまわりさんが
段差につまづき、前のめりに・・・
そのまま転んでしまわれたのですが(^^;
箱を小脇に抱えたまま、くるりと綺麗に回転されました
(回転の意味はないように思ったんだけど・・^^;

でも、流石ですね〜〜!
受身の稽古をされているんでしょう
すごく綺麗な転げ方でした
まるでドラマの一こまを観ているようでした♪

少し呆気にとられながらそのまま後を見送っていると
ケイと一緒にバスに乗る高校生のお兄ちゃんが

『あ〜〜・・おまわりさんが、こけはった〜』

思わず笑ってしまいました・・(^^;

皆様、くれぐれも今日は、お車での京都入りはお控えくださいませ(拝

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

「京都街角クイズ」

今日のお昼ごろ、お使い物の用事で、祇園まで出かけていました
すると、なにやら人だかりがしています
『うわ〜〜テレビで観るよりめっちゃ細い〜〜♪』
と、口々に言われています
人々の視線の方を追ってみると・・・

背が高くてスマートな茶髪にTシャツ姿(不鮮明)の若そうな男性と、
鳩羽紫のお着物に、光った灰色の帯を巻いた
すご〜〜〜〜く粋な着こなしの中年女性が、並んで歩いておられました
お兄ちゃんが、女性を気遣っているのが、後姿でもよくわかります
カメラさんや、大勢のスタッフの方に囲まれていました・・・

四条縄手の一銭洋食の斜め向かいの
地下に降りる食べ物屋さんらしき場所に入られました
女性のお顔は、斜め後ろ辺りから見えたので、
誰だか判明いたしましたが、
男性の方は、残念ながら、後姿だけでした・・・が、
人々の会話から、ああ〜〜〜そうだったのか〜〜と納得しました

さて、このお二方、いったいどなただと思われますか?
本番で、野次馬な姿が映っていたら、
ちょっと恥ずかしいのですが・・・(^^;

当たった方への賞金は・・・
はい、特にはございません(^^v

●追記・・・ヒント
女性は年齢で言えば、昔なら中年というよりお婆さんで京都のご出身
●男性は、歌手です♪


☆更に追記・・・おまけヒントで〜す♪
女性は、ご主人亡き後、しおらしい猫の皮を
見事に脱いでしまった方です(ダハハがヒント)
☆男性は、特におばさま方に超人気の演歌歌手です♪
 

posted by マロニエのこみち・・・。 at 22:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

「京都・北山・鴨川の風景&桜便り」

今日、親戚の家に、子供を連れて遊びに行っていました
帰り、北山通りから、工芸繊維大学の脇を抜けて南に下がり
ダラダラと鴨川に出て、出町柳まで歩いていたときの風景です・・・

京都の桜は今、一分咲き
風の冷たい一日でした

途中、晴れているのにパラパラと雨が降ってきました
狐の嫁入りです
何気なく北山を見ると、何とそこに大きな虹が・・
昨年の暮れ、四条大橋で偶然であった虹以来、
二度目のサプライズです!

虹は、一瞬のうちにその色を増し、
そして短い間に消えてしまったようでしたが・・・
もう一度、東の空を見てみると・・・
さっきよりも薄い色の虹が、再びその姿を現しました

写真の山の中央辺りに見えているのは、夏の盆の風物詩、
大文字五山の送り火の【大文字】です

(写真は全てクリックで拡大されますので、
臨場感のある大画面でお楽しみくださいませ♪)

以上、昨日UPした【京都・ぶら〜り・お散歩日和】の記事です

posted by マロニエのこみち・・・。 at 01:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

「お散歩と京都鴨川、リバーサイドカフェ」

卒園の日から、明日で一週間
この間、彼にとっては、ほぼ軟禁状態とも言えるような
自宅での生活を強いられていたので(><;
そろそろ堪忍袋の尾も限界かと思い
今日は、仕事を仕方なく放棄して、外出を致しました(++;

北山まで、入学準備の買物に行き、その後、近所に住む
ケイヨウの好きな叔父ちゃんと叔母ちゃんの家に行きました
お昼の食事の後、また買物がてら、
叔母ちゃんと3人でブラブラとお散歩へ・・・
これは鴨川
後ろに見えている大きな山は比叡山です


鴨川で・・・

だいぶ歩きました
久々に会った叔母ちゃんと、手をつないでニコニコ顔です
カッコいい靴を2足も買っていただきました
Jさん、ありがとうございます(ぺこ・・・

歩きつかれて出町柳にあるリバーサイドのカフェへ・・
私たちが休憩している間、ケイヨウカメラマンは、
素敵な店内をせっせと撮影しておりました
面白い写真がたくさん出来ていたので、集めてみました

元々銀行だったところを改装したカフェらしく
レトロで重厚な造りの生かされているパリ風のお洒落なお店でした
北山を見ながら橋の上に立ち、
フランス風に言えば、左岸にその店はあります
川沿いにあるので、すぐにわかりますよ♪

●追記・・・写真は、子供デジカメ日記
ケイヨウの写真館 in kyoto】に移しました

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

「京都・伏見・丹波橋の風景」

先日、お客様の家に伺うため、京阪電車の丹波橋駅で降りた
駅の東(山側)に行ったことはあるけれど、
西に向かうのは初めて・・
電話で伺っていたメモを頼りにダラダラと坂を下りてゆく・・・

丹波橋という駅名はよく聞くけれど、
本当に【丹波橋】という橋があることは知らなかった
道行く女性に道を尋ねると、
どうやら一筋南の道を歩いていたようで、
北に上がり左折すると、まもなく小さな川が見えた

中書島界隈の酒蔵は見たことがあるけれど、
あれより北のこの付近にも
さすがに酒どころ伏見だけあり、至る所に高い煙突が見える

橋の東側の柱には【丹波橋】
西側の柱には、【旧堰川】と四角い字で書かれていた
この小さな川は、中書島の港に流れ出る
この橋のすぐ南にある情緒のある建物は、あの有名な【月桂冠】らしい・・

橋の上から東を見ると、山の上に桃山城が見える
でも、写真に撮ると、
電信柱にちょうど半分くらい重なって見えづらい・・・
柱がなければ、城下町のいい雰囲気がもっとあるのでしょうが・・
まあ、雰囲気だけでも・・・
静かな佇まいでありながらも、文化施設もたくさん建っていて、
なかなか住みやすそうないい雰囲気の町です

たまたま撮った写真ですが、自転車に乗った老人が多い街です
ま、ほんとにたまたまだろうとは思うのですが・・・

この橋の近くのご新規のお客様からリメイク用のお羽織を預かり
打ち合わせをしている最中に、
あとりえから転送されてきた携帯が鳴る・・
一旦、電話を切って、
お客様との打ち合わせが終わった後、外でかけ直すと、
京阪電車では一駅北の、【墨染】にお住まいの、
こちらもご新規のお客様から、オーダーのお問い合わせ・・
生地はご用意できていると言うことなので、
ついでに取りに伺うことに・・

丹波橋通りを西へ・・
【竹田街道】を歩く
この街道は、以前、81系統の市バスに乗り、
中書島に行くのに利用した道
旧街道の情緒を偲ばせる静かな通りで、
あとりえから京都駅に向かう途中の風景写真も撮っているので
そのUPは、又後日・・・
二軒目のお客様は、【墨染】の新しいマンションにお住まいで、
どうやら夜のお勤めの方のよう・・
お部屋の中に入ると、香水か化粧品だかの、いい香りが微かにした・・
同年代かな?もう少しお若いか・・・
スマートな美しい方

野良ちゃんが家猫に昇格したような雰囲気の、
おとなしくて太った猫ちゃんが
広々としたお部屋の中を、ノソッと歩いてどこかに隠れた

ワイルドなアニマル柄の生地をお預かりし、
最寄のバス停に歩く途中、
【招徳酒造】の煙突のある建物にも出会った
実はこの招徳、青春の思い出のあるお酒なのでした・・・
隣のスーパーがちょっと景観的には邪魔をしている・・

●写真付きの記事を、別館にUPしました
京都・ぶら〜り・お散歩日和

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:12| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

「京都・五条楽園・・・A」

永い間、ずっと立ち入ることのできない街だった
京都に住むようになった四半世紀前ならば、
もっと当時の面影が残っていたかもしれないのに・・・

街はやはり静かだった
訪れたのは、雨上がりの朝だった
夜になると、堤燈や、ステンドグラスの奥の部屋に
ほの暗い灯りが点るのだろうか

いにしえに思いを馳せながら街の景色を切り取っている間
頭の中には哀しいヴィオリンの旋律が、
ずっと、ずっと流れていた・・・


●写真付きの記事は、別館にUPしました
京都・ぶら〜り・お散歩日和


posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:36| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

「京都・五条楽園・・・@」

この街の歴史に触れるつもりはない
長い歴史の中で、街並も住む人も、随分変わっただろうから・・・

思い出をお持ちの方は、この拙い写真を見られ
ある種独特のほろ苦い感傷に浸られるかもしれないし、
街の名前もご存じない方は、新しく建てられた家や、
駐車場の隙間に漂う独特の空気のようなものから、
街のことを想像されることだろう・・・

京都の写真と言えば、華やかな桜と池に映る金色の寺や
鮮やかな朱塗りの屋根を期待される方も多いと思う
もちろん私も、絵に描いたような、あるいは観光ハガキのような
華やかな京都の姿が好き・・・
季節が来れば、そして時間が取れれば、金閣や清水の美しい景色を
読者の皆様にお届けしたい

でも、ビルに埋もれて、朽ちかけそうな家や、
袋小路のような狭い路地の奥に漂う
はかなく切ない哀愁の香りのする街にも惹かれる・・・

遠い昔、映画館で観た【青春の門】
ロングのソバージュ、素足に下駄、長い裾のワンピース・・・
そんなスタイルの若き日の桃井かおりが、
通りの向こうから出てきそうな街・・・

たくさん写真を撮ったので、
明日も連載させていただきます・・・


●写真付きの記事は、別館にUPしました
京都・ぶら〜り・おさんぽ日和

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。