2009年08月10日

「夏野菜とインコとダリア」

またまた頂き物のご紹介で申し訳ございません;

茨城のとうもろこし人形作家、木村拓子さんから
自家製のお野菜が届きました
そして瓶に入っているのは、こちらも手作りの紫蘇味噌・・
昨年も頂戴し、とても美味しかったものです
さっそく冷奴にしたり、ミンチ&ピーマンと炒めて頂いたりと大活躍
木村様、ありがとうございます♪

ブログに載せようと写真を撮ったのですが
今月の喫茶ギャラリーの課題に投稿したくなりました
画像、こちらにUPしましたので、ご高覧下さいませ
ピカピカのピーマン&トマト
そして、とうもろこしや唐辛子・・
無農薬で、美味しくてとても綺麗です

もう一点、我が家のインコ、ルーシーくんもUPしました
綺麗なダリアの前で、一段とカラフルです

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

第35回喫茶ギャラリー 夏野菜

第35回喫茶ギャラリー インコとダリア 



posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

「ひまわりとソフィアロ−レン(らしき;)を描く」

ギャラリーの課題写真に、一面のひまわり畑が出ていました
このところ淡彩が続いたせいか、夏のせいか
久しぶりに強烈な絵が描きたくなって
こんな風にアレンジしてみました

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
第35回・喫茶ギャラリー・向日葵


YouTubeからです
1970年、万博の年だったのですね・・


posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:58| Comment(8) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

「夏の果実を描いてみる」

いやはや・・筋肉痛です(^^;
手全体、特に両手二の腕の内側・・
無茶はするもんではありません;;
後、夜ふと見たら、Tシャツの襟ぐりの線、半袖の境目がくっきり・・
そして鼻が真っ赤・・
日焼けしてしまいました・・・(;;;
そして、右手の親指と人差し指の間の股の辺り・・
手のひら側に水泡が・・・;;

昨日半日、ぼ〜〜っとしているのも癪に障るので
ギャラリーの課題を描いてみました
残念ながら、昨日は、もう仕事をする気力が起こりませんでした
すみません・・・;;

課題の夏の果実ですが、我が家に何があったか冷蔵庫を開けてみると・・

デラウェア、ゴールドキウイ、スイカ、無花果、幸水がありました
無花果とスイカは、近所の無人販売で買ったものです
スイカは半分にカットされたものが入っているのですが
見るとどうしても買いたくなってしまいますね(^^;

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
「第35回喫茶ギャラリー  夏の実り」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 13:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

「再チャレンジ♪」

先の、フランスの美しい村【コロン・ラ・ルージュ】
お気に入りの風景なので画材を変えてもう一度描いてみました
今度は透明水彩を使って描きました
・・こちらの方が、私的には新鮮で好きかな・・?

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
第34回喫茶ギャラリー コロン・ラ・ルージュ〜a
  

posted by マロニエのこみち・・・。 at 01:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

「【フランスの美しい村】を描く」

ケルシー地方にある美しい村の中の、とある場所らしいです
ちょっと気晴らしに描いてみました

それにしても・・・
どうしてこんなに日の経つのが早いのでしょう?
一日が20時間くらいしかないように思えます
気がついたら、もう7月も終わり
すぐにお盆、そして秋・・・
なんて気ぜわしい毎日なんでしょうね(;;;

【京都マロニエ・お絵描き手帖】
喫茶ギャラリー・第34回 コロン・ラ・ルージュ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

「フランス南西の町【コンク】を描く」

歴史を感じながらも可愛らしい雰囲気のある素敵な街
コンクって聞いた事も無かったですが、行ってみたくなりました
そんな街を二種類のタッチで描いてみました

と、ころで課題写真を拝見したときに思ったのは
今は無き木屋町の老舗喫茶店【みゅ〜ず】
きっとこんな外国の街をイメージして作ったのでしょうね
最近木屋町、歩いていません
もう取り壊されてしまったのでしょうね・・

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

「喫茶ギャラリー・第34回 コンク 」

「第34回喫茶ギャラリー コンク〜α」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

「今日のお絵描き…アッシジと信州の風景と」

毎月5日は、ネット仲間展、喫茶ギャラリーの課題提出日です
絵の課題にする写真を投稿し、その写真を見ながら
独自のスタイルで絵を描き提出するというシステム

今日は7月に入り、早7日
七夕さまの日ですね
5日が過ぎたのも気づかずに、何気にギャラリーに行ってみたら
新しい課題がたくさん出ていたので、描いてみました
時間もないので、ハガキサイズにラフ画ばかりですが・・;
別館にUPしました

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

●第34回喫茶ギャラリー アッシジ 

●第34回喫茶ギャラリー 伊那谷・部奈の里 

posted by マロニエのこみち・・・。 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

「日曜はお絵描き」

大口納品のダンスの衣装
とりあえず、先の大会に着られる2、3年生の分を納品し
残るは1年の後納品だけになったので、
昨日は少しだけゆっくり出来ました

で、いつものギャラリーを覗いて課題を見ていると
描きたい気持ちがムラムラと沸いてきたので
短時間で仕上がる絵葉書絵ばかり描いてみました

今回は、全て画仙紙&透明水彩使用のあっさりバージョンです
別館にUPしております

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

●「第33回・喫茶ギャラリー・ 府中市郷土の森」

●「第33回・喫茶ギャラリー・ 雨の日」

●「33回・喫茶ギャラリー・ どくだみ」

●「喫茶ギャラリー・33回・ 静物」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

「久しぶりのお絵描き」

仕事も行事も立て込んでいるので
今月は、絵の投稿は出来ないかなと思い
ギャラリーにも行っていなかったのですが;
ちょっと覗いてみたら、素敵な課題がたくさん投稿されていたので
ひょっこり空いた時間で一気に描いてみました

全部30分前後で迷わず一気に描けたので
出来はともかくとして
『逢えない時間が愛育てるのさ〜♪』
 @Hiromi Go 【よろしく哀愁】
ではないですけれど(^^;
気持ちを溜め込んで描いたほうが、どうやら私には向いているようです;

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

「第33回・喫茶ギャラリー ・横浜開港祭 」

「喫茶ギャラリー・第33回・ アラビア風」

「喫茶ギャラリー・第33回・ 薔薇のアーチの教会」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

「夕暮れの風景」

昨日UPしたケイヨウの撮った夕暮れの風景の写真を描いてみました
ノスタルジック
私の永遠のテーマです♪

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「第32回喫茶ギャラリー 夕暮れ」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

「新聞小説の挿絵のつもりで絵を描く」

一人遊びのつもりです(^^;
阿寒湖の写真が、喫茶ギャラリーの課題に出されていたので
こんな絵を描いてみました

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「喫茶ギャラリー 第32回 阿寒湖」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

「祭りの夜の絵&復刻版ひまわり・絵画教室の言葉より」

時間を見つけて久しぶりに描いてみました
先日別館にUPした藤森神社のお祭の風景です

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
「第32回喫茶ギャラリー 祭りの夜」


ところで、先日記事にした復刻版【ひまわり】の中で
「絵画教室」の記事がとても面白いのです
読者である少女が投稿した絵を選び、大久保泰(おおくぼ・たい)
さんという画家の先生が解説をなさるものですが
その内容をちょっと書き出してみたいと思います
セピア色の一色刷りのページなので、色はわかりません
出されている絵は5点ですが、30人程の方の絵を、
名前と題名で評されています

独立美術協会の審査に出席して、出品者の絵を見てきました。
専門家の絵でも本当にいい絵は少なかったと思います。
絵をかくことはつくづくむずかしいものです。
こんなことを考えながら、皆さんの絵を見ますと、
今月は、全体によくありません。
どうして、こうも月々によって、いい時と悪い時があるのか、
不思議に思いました。
その中から目にとまった絵をひろいましょう。

●さんの「」は、顔の色や、背景が単調です。
それに、首が体についていません。
パステルとクレパスでは、いつも出品される●さんの「」は、
おもしろいところがありますが、デッサンがまだまだです。
●さんの「」は、まじめに描いていますが、
色がなまで、テーブルの切り方がななめすぎます。
●さんの「」は、色彩はきれいですが、
ビンのそばにリンゴが左右同じに並んでいるのは、絵を二分します。
●さんの「」は、背景がうるさくなりました。
(中略)
●さんの「」はへたな絵ですが、
いっしょうけんめいな気もちがあふれているので好感がもてました。
●さんの「」はおもいきってかき、●さんの「」は、技術の上では、よくかけていますが、見方があまいと思います。
●さんの「」もたっしゃな絵ですが、技術におぼれるのはあぶない。
●さんは、じょうずにかこうとしないことです。
●さんの「」は、色彩が美しいし、構図もおもしろくいい絵です。
(中略)
こうして見てきますと、
彩色画よりデッサンの方がましのように思いました。
●さんの「」は、顔と首のつきかたがあやしい。
●さんのやはり「」は、よくかけていますが、少しかたくなりました。
例えば左右の目など同じようにかたいのです。
●さん、●さん、●さん、●さんなどは、
絵をきれいにまとめようとして、
絵として大切な精神をわすれています。
どうか画面をととのえようとすることより、
強く心に感じたものをかくようにしてください。
●さん、●さん、●さん、●さん、●さん、●さんなどの「」は、
形ができていません。と申しますのは物をじっくり見て、
うまくできなかったら消して、紙がやぶれるまでえがきこむほどの
気力がほしいと思います。
抒情画は、あいかわらず作り物の絵が多いようです。
●さん、●さん、●さんなどかけるうでを持っているのに、
なぜ写実をなさらないのか、私には不満です。
写生をじゅうぶんにしてから抒情画に移れば、
もっともっと新鮮な絵になります。
重ねて申します。
今月は、あまりいい絵がなかったのでむりに選びました。
来月はどうかいい絵を送ってください。
私が、皆さんの絵に失礼なことを申し上げました。
実は、独立展にならんだ私自身の絵を見て、
これはいけないと思いたいへん失望して、
皆さんにやつあたりしているのかもしれません。
私自身デッサンができていないのです。
デッサンができていないから色彩が思いきってぬれないのです。
つくづくデッサンは絵の骨ぐみだと思いました。
セザンヌは、形(デッサン)がしっかりすれば、
色彩も強くなるといっていますがその通りだと感じました。
 秋にしては、寒々とした雨がいけがきに降りそそいでいます。
近くの芝居小屋のたいこの音もしずまりました。
どうして、こうさえざえと淋しいのでしょうか。
いい絵をかきましょう。
自己に忠実な絵をかこうではありませんか。


どうでしょう?
投稿された絵を観たくなりませんか?
私も絵をみないで、文だけ読んでいても感じるところがありました
検索してみると、この大久保泰先生の描かれた絵が出てきて
「マロニエの花咲くセーヌ河畔」

「・・・う〜ん・・・マロニエ」(絶句・笑)
作風も何となく似ているような・・・
元銀行員で、その後画家
お顔は、役者の長門勇(父似・笑)に少し似ている
ちなみに【独立美術協会】とは、
佐伯祐三(!)、前田寛治らが結成した【1930年協会】の
展覧会が発端となり設立されたものだそうです

なんかこの斜に構えながらも率直な文章と言い
経歴その他、すごく親しみを感じてしまう
あちこち見ていると、画家としてよりも、
美術評論家としての評価が高かったようですが、
残念ながら既に故人です

私もこの直球で、バシバシ斬られてみたかったです・・・(願

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

「お絵描き色々」

描き溜めていた絵を17枚、まとめて別館にUPしました;
新しい試みとしては画仙紙に描く水彩画です
紙の吸い込みがよくソフトに仕上がるので
新しい表現ができて楽しんでいます
他は素描や、いつもどおりのコテコテ不透明水彩
お時間ございましたら、別館にてご高覧下さいませ

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

中でも比較的気に入っているフラミンゴの絵ですが
フラミンゴへの思いを書いた過去ログはこちらです

2007年10月04日
「扁桃腺とフラミンゴと古の映画」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

「ネット仲間展・39回投稿・叱られて・・・」

今日はひとまず、絵と歌のご紹介です

坊主頭にしたケイヨウを描きました
このポーズ、よくするのですが
描きあがった絵の表題を決めかねているとき
ふと、叱られて・・・♪の童謡が頭に浮かんできましたので
迷わずこれに決めました

この歌について検索してみると、
なんと発表されたのは大正9年なのだそうです
古くから私たち日本人に親しまれてきた歌なのですね

こちらのサイトで知りました
それにしても、叱られて一人で行くおつかいは辛いでしょうね・・

●こころの歌「叱られて」

●【京都マロニエ・お絵描き手帖】
「ネット仲間展・39回投稿・叱られて・・・」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

「京都・円山の枝垂桜」

京都、今朝から穏やかに晴れ、絶好のお花見日和です
今朝、外出した際、近所の京都教育大学の前を通ると
ちょうど入学式の人たちで賑わっておりました

女子大生は、揃ってリクルート風の二つ釦の黒のスーツ
あまりにも似たスタイルだったので、あれは制服なのでしょうか?
同じ数ほどの付き添いのお母さんがいらっしゃいましたが
比較的地味目の服装でした

さて、その花見・・・
ずっと前に、ある方のブログで「自分の桜を持つ」
という記事を拝見して以来、
私自身も心に決めている自分の桜を持っています
それはちょっと恐れ多いのですが、円山公園の枝垂桜です
美しい桜はどこにでもありますが
私自身がこれほど感動を覚える桜は他にないからです

この桜、京都を代表する花にしては、あまりにも無残です
枝は至るところで切られ、花もまばらで、
その姿、決して美しいとは言えません
シンボルであるが故に、惨めな姿を晒してでも
咲かなければならない老木の宿命・・
でも、生きた枝に咲かせる花は
凄艶とでも表現できるほどに美しく見事です
この花の気高さ、誇り高く健気に咲く姿に畏敬の念を覚え
毎年花を愛でるたびに涙が出て止まりません・・・

何度か写真でご高覧頂きましたが
今年は絵に表現してみました
別館にUPしております

【京都マロニエ・お絵かき手帖】
ネット仲間展・38回投稿「円山の枝垂桜」

posted by マロニエのこみち・・・。 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

「イタリアの山上の都市&桜並木の女の子」

今日もまた外出でした
この時期、子供関係の行事も多くなります;
スケジュール管理が大変です;;

空いた時間で、ちょこちょこと絵を描いていますが
喫茶ギャラリーの課題は、バラエティに富んでいて楽しいです

【京都マロニエ・お絵描き手帖】

●第30回喫茶ギャラリー 山上の都市

『ローマからナポリへ下った途中のリゾート地
南イタリアの山上都市スベルロンガの住居』
という魅力的な、外国の路地の民家の写真がありました
じっと見ていると、住んでいる人の体温を感じました

●第30回喫茶ギャラリー さくら、さくら 

こちらは、桜並木を背景に立つ可愛らしい女の子の写真からです
女の子を見ていると、あのドーナッツのパッケージでも見覚えのある
ペーター佐藤さん風のタッチで描いてみたくなりました^^

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

「納品&外出&お絵描きの日々」

相変わらず、納期の切迫したお仕事と、ケイヨウ関係の外出と
その合間にストレスがたまらないようお絵描きの日々です
でも、時間のかかる絵を描いている時間はありません
合間にちゃちゃっとスケッチ・・・です

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

●「第30回喫茶ギャラリー 人物A」
外国のニヒルなオジサンです

●「第30回喫茶ギャラリー 渋谷」
渋谷駅です

posted by マロニエのこみち・・・。 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

「朽ちかけた廃屋を描く」

来るものは拒まず、去るものは追わず・・が指針ですが
朽ちてゆくもの、懐かしの風景などに出会うと
心が奪われてしまいます

雑多でありながらも、郷愁や哀愁のようなもの
微かに残る人の温もりのようなものを感じ、
心が捨て置きできないような風景にであうと
絵や写真に留めておきたくなってしまいます

そんな風景が喫茶ギャラリーの課題でUPされていました
筆のすすむままに描いてみました

【京都マロニエ・お絵かき手帖
…喫茶ギャラリー・第30回 廃屋】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 14:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

「好きな人を描く」

今朝、病院に行ってお薬を頂き寝ていたら、
なんとかマシになりました
本当に、季節外れは病気になりやすいですね
皆様もどうかお気をつけ下さいませ

昨日3月4日は結婚した日でした
二人、一番似ていたのは好きな人の趣味
この方も、そんな二人で共通の大好きな人でした
なんとなく描きたくなって一昨日描いたスケッチです
どなたかおわかりになりますか?^^

【京都マロニエ・お絵かき手帖…好きな人をスケッチする】

posted by マロニエのこみち・・・。 at 19:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

「ピカソの親父さんになりました」

仕事、家事、育児、ノアール&ルーシー
進級の件、手続き、家の件で学校や学童やお役所周り
そしてこの後は確定申告・・・
諸々慌しい毎日です(;

そんな時間の隙間をぬって相変わらずお絵描きの日々ですが
昨日のこと、いつものように私の机の横に座り
ケイヨウも絵を描いています

自分のパレットを与えても、私のパレットに手を伸ばしてきます
ああだこうだと話しかけてくるので、一見楽しそうですが
集中している身には結構煩わしいもの(;

どうやら完成したようで、私の肩を叩きます
「ママ〜〜!ママ〜〜!」
「ネコ、ネコ♪」

うるさいので何気に隣の絵を見て驚きました!
確かに猫です 可愛い白猫
私はこんな風に描けません・・・

子供の絵なので、偶然の産物もあるのでしょうが
客観的に見てもなかなかよく描けているなと・・

なんだか自分の絵が馬鹿らしく見えてきて戦意喪失
ピカソの親父さんの気持ちが少しわかったような気がします
まあ、親馬鹿も入っていますので笑ってください(^^;


ケイヨウの猫

【京都マロニエ・お絵かき手帖】

●「喫茶ギャラリー・第29回・ 回れ回れ」
子供の両手を握ってグルグルまわしている
お母さんと子供をスケッチ

●「喫茶ギャラリー・第29回・ 冬支度」
ぬくぬく幸せそうな猫ちゃんを色鉛筆で

●「喫茶ギャラリー・第29回・ ヴェッキオ橋」
イタリアのユニークな橋をコンテでスケッチ

●「喫茶ギャラリー・第29回・ ヴェッキオ橋」
上と同じ課題を不透明水彩で油絵風に
それなりに力作です;

●「喫茶ギャラリー・第29回・ 瑞龍寺総門」
古いお寺の門をコンテ2色で大胆に・・

●「喫茶ギャラリー・第29回・ 娘と猫」
これが問題の戦意喪失の絵;

●「喫茶ギャラリー・第29回・ 赤い橋」
これ、案外気に入っています(^^ゝ

posted by マロニエのこみち・・・。 at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。